大切な人なのに変わってほしいと思ってはいけないの?

前回、『変わってほしいと願うのは』で選択をAとBにわけましたが、今回は幻のCバージョンです。本当はA.B.Cでひとつにまとめたかったのですが、Cについてはたくさん語りたかったのでわけました。

変わってほしいと願うのは相手のことが大切だからです。自分も幸せになりたいし、相手にも幸せになってほしいから変わってほしいと願うのです。これを願うことは悪いことではありません。




娘さんが結婚したい人がいると男を連れてきました。娘さんは19歳でした。相手の男は56歳です。自分よりも年上です。そんなときあなたは「あなたなら娘を任せられます。どうかよろしくお願いします。」と初対面の男に言えますか?おそらく、大抵の人が『ちょっと待ってくれ!』と心で思うのではないでしょうか。

『なんでこの男なんだ。』『いくつ離れていると思ってる。』『娘を説得しなければ。』と思ってしまうでしょう?それを思うなというのは無理でしょう?

 

なんでこんなことを思うかといったら娘さんが大切だからです。テレビで芸能人の歳の差婚に真剣に「その相手じゃダメだ!」と反対する人いないでしょう?(よっぽどのファンならともかく。)その大切な娘さんが険しい道を歩こうとしているから、安全な道はあるのにわざわざ険しい道を歩くことになるから『ちょっと待ってくれ!』と思ってしまいますし、場合によっては『結婚は許さない!』と反対してしまうのです。

 

大切だからこそ、どうしても変わってほしいと思うことはあります。

変わってほしいと願うことは悪くありません。

 

 

さて、話が変わりますが幻の選択Cです。

 

それは・・・

・・・

・・・

その変わってほしいと願う部分を好きになる。愛するようになる。

 

 

これが一番いい方法ではないかと思います。

『相手に変えてではなく、自分が変わる』ですね。

 

 

この『自分が変わる。』ですが、変に意識してはいけません。『自分が変わるんだ!』と決意して臨んでもなかなか変われないと思います。

 

だって、はっきり言って相手の数少ない嫌いな部分だから。『好きになろう、好きになろう』と意識をしたら、余計に遠ざかります。

特に意識することなく関わっていたら、変わってほしいと思っていたところが、『この人はこのままでいいんだ。これがこの人の魅力なんだ。』と自然と思うようになるということです。

 

難しいですよね?

 

人を好きになることと似ているので本当に運次第です。『好きになろう、好きになろう。』『嫌いになろう、嫌いになろう。』と思ってもなかなかその通りにいかないですよね。『気がついたらその人のことを好きになっていた。』『自然と苦手意識ができた。』といった感じで。はっきり言ってできる確証はありません。ぶっちゃけ運です。だから幻の選択C。

 

 

でもね、あなたはこのCバージョンになる可能性、他の人よりかなり高いんです。

なぜなら、、、

その相手のことが大切だから。好きだから。
好きだから、相手の嫌いなところも好きになりたいと思うんです。

 

 

相手の嫌いで許せなかったところが許せるところに変わり、それどころか、嫌いで許せなかったところが相手の最大の魅力に変身することもあります。

できないところが好き。常識はずれなところが好き。といった具合ですね。

 

普通の人からしたら欠点と思えるようなところでも、あなたにとっては相手の魅力になるんです。この状態になれたら変わってほしいという悩みはなくなります。

 

ありのままのあなたが好き。

そのままのあなたでいてほしい。

 

この状態が理想の状態だと思います。

 

 

自分より年上の男を娘さんから紹介されてもいいじゃないですか?当人同士がお互い結婚したいと思っているんでしょう?

 

娘さんはなぜ、あなたにその男性を紹介したのでしょうね?大賛成してくれると思っていたのでしょうか?喜んでくれると思っていたのでしょうか?

長い付き合いの知人ならともかく、初めて会う人にこの条件ですんなり賛成してくれる人は少ないと思います。そんなことも娘さんはわからなかったのでしょうか?

 

おそらく違いますよね。娘さんも反対されることはわかっていたと思います。ではなぜ、娘さんはあなたに紹介したのでしょう?

ケンカがしたかった?駆け落ちして家を出たかった?相手の男と別れたかった?

 

全部違いますよね?

それでもあなたに結婚を認めてほしかった。それでもあなたに祝福されたかった。

 

あなたに認められること、祝福されることが娘さんの幸せだったんです。あなたが認めるだけで娘さんは幸せになれたんです。

 

たしかにその後には平坦ではない人生が待っていますが、娘さんもそんなことは覚悟した上でしょう?それでもその相手と歩んでいきたいと思ったのでしょう?娘さんの幸せを願うなら娘さんのことをもう少し信用してあげましょう。相手はあなたの娘さんが選んだ男性ですよ?素晴らしい男性に決まっているじゃないですか。

そんな選択ができるようになりたいですね。娘さんもあなたも幸せになれる選択を選べるように。

 

大丈夫ですよ。そこまで真剣に相手のことを思い悩んでいるあなたならいつか、幻のCを自然と選べるようになっていると思いますよ。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

変わってほしいと願うのは

もしかして浮気してる?信じたいのに疑ってしまうのは。

価値観の違いが許せない!どうしてわかってくれないの!?

変わらないといけないのに変われない自分。自己嫌悪の解消法。

こんなに尽くしているのに、私を大切にしてくれない恋人。なぜ?

報われないのは期待しすぎているから?報われないと嘆く前に・・・

自傷行為をする人を救うには。一人で抱え込みすぎないで。

理想の相手に巡り合えない。条件で選ぶ結婚は幸せが遠ざかる。

変わりたいのに変われないのは

あきらめられない恋愛は

変わってほしいと願うのは

皆さんは『変わってほしいなー。』と思う相手と出会ったことはありますか?

『もう少しこうだったら。』、『こういうときこうしてくれたら。』と相手に願ったことはありませんか?

なんでこんなことを思ってしまうんでしょうね?



相手に期待しているから。

 

この『もう少しこうだったら。』、『こういうときこうしてくれたら。』って、それをすればさらに相手のことをよく思えるのに、『もっと好きになれるのにー。』っていう願望です。

 

ええ。あなたは変わってほしいと思う相手をもっと好きになりたいんです。

 

交際中の相手を思い浮かべたあなた、おめでとうございます。彼女(彼)のこと、あなたはもっと好きになりたいと思っているんですよ。

職場の嫌いな上司を思い浮かべたあなた、残念ながらあなたは、その人のことを好きになりたいみたいです。

 

まずはこのことを押さえていただけたらと思います。変わってほしいと思うのは『相手のことを私がもっと好きになりたいから』だと。その感情を知ることが基本です。

 

 

では、次はどうしましょう??

 

A.こういう風に変わってほしいと相手にお願いする。

B.この人は変わらないんだとあきらめる。

 

 

あなたはAとBどちらを選びますか?

 

相手とあなたとの関係性も重要になってくると思います。
相手が上司、ご近所さんの場合はBを選ぶかたがほとんどだと思います。ご近所さんに「あなたのこういうところが私は苦手だから、そこをこういう風に変えてほしい。」とお願いする人はほとんどいないのではないでしょうか?(騒音ばかり出されてあなたが迷惑しているとかは別ですよ)

 

なぜお願いしないのでしょうかね??
世間体?今後の関係?・・・色々あると思いますが、結局は、、、

 

『変わってくれるはずがない。』と思っているから。

 

 

あなたのために相手がそこまでしてくれるとは思っていないからでしょう。『変わってほしいなー。』とは思うけど、本当に変わるとは思っていないんですね。最初から期待していないんです。最初から期待していないから、相手が変わってくれなくても心が疲れることはないんです。相手との交流は疲れると思いますが。ただの気疲れですね。

 

 

ではAを選ぶときはどんなときでしょう?

・・・

相手が家族、親友、恋人など、自分にとって近しい人の場合です。

 

・・・おかしいですよね。相手が自分にとって一定の距離感のある相手なら変わってほしいとはさほど思わないのに、自分にとって近しい相手には変わってほしいと願うことがあります。極端に言いますと嫌いな相手には変わってほしいと思わないのに、好きな相手には変わってほしいと思うんです。

 

なぜなんでしょう??

 

相手のことが好きだから。

 

これなんです。

 

これだけなんです。

 

 

結局、好きな相手だからこそ変わってほしいと思ってしまうんです。

嫌いな相手があなたのために変わってくれるとは思っていません。

 

ですが・・・
好きな相手ならあなたのために変わってくれかもしれないと期待してしまうんです。

 

もしかしたら、『好きな相手だからこそ自分のために変わってほしい』『自分のために変わる努力をしてほしい』と思っているのかもしれません。

 

でも、それがうまくいかなくてもどかしい思いしていませんか?
期待していたのに変わってくれなくて、やるせない思いをしているのではないですか?

 

 

変わってほしいというのは相手のことが大切だからです。『もっとこうしてほしい。』『こうしてくれたらもっともっとあなたのことを好きになるよ。』『あなたのこともっと好きになりたいよ。』というあなたの願望です。

『もっとこうしてあげたい。』『これをしたらもっともっと私のこと好きになってくれるかな。』『私のこともっと好きになってほしいよ。』という相手の願望はどうですか?

 

・・・

二人の願望一致していますか?

 

今あなたが変わってくれないと嘆いているのは、あなたの願望だけを優先して、相手の願望のことを考えていないからかもしれません。

 

相手の願望とあなたの願望が一致しているときはうまくいくと思います。相手も協力的ですし。ですが、あなたの願望だけが先走っている状態だと、相手はあなた以上に『苦しい。』『つらい。』と感じているかもしれませんよ?

 

変わってほしいのに変わってくれないと嘆くときは、相手の変化にも目を向けてください。あなたが相手に伝えて変わってくれた部分、どこかあるのではないでしょうか?あなたにとっては小さい、取るに足りないほどの変化かもしれませんが、相手があなたのことを思って、必死にがんばって変わってくれた部分ですよ。

 

変わるというのは大変なんです。あなたが変わってほしいと相手に思っていた部分は、相手が今まで生きてきたなかで変わる必要がないと判断していた部分なんですから。たしかに、あなたにとっては小さい変化だったかもしれません。ですがその変化は、あなたが思っているよりもずっと苦労をして相手が変えてくれた部分ですよ。そこまで相手がしてくれたのは、相手もあなたのことを大切だと思っているからですよ?

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

大切な人なのに変わってほしいと思ってはいけないの?

価値観の違いが許せない!どうしてわかってくれないの!?

自傷行為をする人を救うには。一人で抱え込みすぎないで。

八つ当たりでいつも人を傷つけてばかり。なんで我慢できないの?

理想の相手に巡り合えない。条件で選ぶ結婚は幸せが遠ざかる。

恐怖政治の会社。威張り散らしてくる上司への接し方。

温度差を感じる恋愛。どうしてこんなに寂しいの?

物覚えの悪い職員に仕事を覚えさせるには

自分を責めてくる相手には

変わりたいのに変われないのは

ブラック企業に尽くす誇り?

ブラック企業。世間で話題になっていますよね。

違法な労働時間や残業代未払い、過激すぎるノルマなど、いろいろな意味で暗闇です。皆さんはブラック企業で働いた経験ありますか?




『働いていて納得できる本当にホワイトなところって少ないのではないでしょうか?何かに関しては自分が納得できない部分があり、その部分をブラックだと捉えることもあると思います。』

 

・・・ブラックなところで働いている人はある程度共感できる内容だと思います。というか、多分、誰しもが働くことに疲れたときに思うことではないでしょうか?

 

でもね、本当に何も問題なく充実した仕事生活ができている人が見たら思うんです。『何この負け犬の社畜脳、こんな風にだけは絶対なりたくないわ。』と憐れまれるんです。

あなたは憐れまれるほどのかわいそうな人生を送っているんでしょうか?

 

おそらく、ほとんどの人が「そんなことない!」と反論するんじゃないでしょうか?実際ね、社畜脳になりたくないと思っている人があなたと同じ職場に入ったら1週間で逃げ出すと思います。憐れまれて見下されるんだけど、相手はその見下している生活もできないんです。そこであなたは『やっぱり続かなかったか、逃げ出した。』と思います。でも相手は『逃げ出した。』とは全然思ってないんですね。『よくこんなところで働くことができるな。あいつらバカなんじゃないか?』と思います。

この違いってなんなのでしょう?

 

僕自身ね、今、ものすごいブラック企業で働いています。1回転職をして2回目の職場になります。前の職場も世間ではブラック企業でまかり通っていて、それが嫌で辞めたんですけど、今働いている職場は格が違います。前の職場がすごく真っ白なホワイトに見えるほど、真っ黒。黒よりも黒のどす黒い職場で働いています。ブラック企業のニュースを見ても、『うわ、なにこれ!?こんなところあるんだ。』という感じではなく、『そのくらいのこと、うちでも当たり前だよ。というかうちのほうがもっとひどいし。』といった感じになります。(職員に対してものすごくブラックなだけであって、仕事内容自体はしっかりしたところですよ。法にふれるような業務内容ではないです。有休なし。長時間のボランティア残業。一人一人の仕事量が同業他社の3倍くらいあって、給料は他社と同じか、安いぐらい。いくら利益があってもボーナスなし。社長は高級車を何度も乗り換え、そのたびに赤字だからと職員の給料を下げたり、解雇する。社長の独裁体制で反抗する者は出ていけって方針なだけです。)

完全に社畜脳です。書いていて『うわっ!』となってしまいました。

 

・・・で、そんな職場にどれくらいいるかと言うと、5年が経過し、6年目になります。新入社員(新卒だけでなく社会人経験者含む)の1年以内の離職率が90%越えのところに5年いるんですから、結構すごいでしょう?

 

「そう、結構すごいんです。」

 

 

なにを言ってるんだ状態ですよね?

 

でも、結構すごいんです。そんなほとんどの人が辞めていく、『逃げ出していく』職場に自分は残っているんですから。洗脳状態なことはわかっていますが、そんな誰もが辞めていく職場で働いていることがある意味自信なんです。誇りなんです。

 

ブラック企業で働いてやっていることに、誇りを持っている人いませんか?
すごくわがままな彼女と付き合ってあげていることに、誇りを持っている人いませんか?
働かない彼氏を養ってあげていることに、誇りを持っている人いませんか?

 

ええ。他の人ではここまでできません。あなただからこそここまでできたんです。誇りに思ってください。

でも同時に、あなたががんばりすぎてしまったからこそ、ここまで来てしまったんだということも覚えておいてください。

 

 

がんばってしまった勲章があるから、なかなかその関係を変えることは難しいと思います。『ここまでやってきたのだから今更やめてしまっては。』と思うと思います。がんばってきただけにそれが無駄になることに恐怖を覚えます。

 

 

ですが、今回の内容をなんの違和感もなく共感して読めてしまった人は、もう少し自分に焦点を当てていただけたらと思います。

 

だってあなた今、ものすごくがんばっているんですよ?疲れているんですよ?

 

働いてやっている。付き合ってあげている。養ってあげている。

どれも上から目線でしょう??
仕方なくしてあげている感あるでしょう?

 

がんばってきた誇りもありますが、やっぱりそれはあなたが本当にやりたいことではなかったんです。

 

会社に命を捧げます!どんな無理難題でも言ってください。すごく楽しいです!!
わがままな彼女、なんて可愛いんだろう!もっとどんどんわがまま言って!!
彼氏を養うことができて本当に幸せ!私が一生養ってあげるから遊んでいてね!!

・・・状態なら全然問題なく、そのまま幸せになってくださいねですが、残念ながらあなたの場合は、そうはなれなかったんです。

 

いきなりね、すぐに思考を変えようと思っても無理なんです。

少しずつ少しずつ今のあなたを形成してきたように、思考を変えていくのも少しずつ少しずつです。急に変えないといけないと思うと強いストレスになりますので、まずは『変われたらいいなー。』ぐらいの軽い気持ちでほんの少し意識していきましょう。その積み重ねが、あなたの張り詰めた心を和らげてくれると思います。

 

無理をしてまでがんばっているあなた、いつもお疲れ様です。

いつか無理をせずにがんばれるようになれたらいいですね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

自分軸で行動すると人生が変わる!他人軸で疲れたときは。

責任感が強いと損をする?人手不足を解消するには。

しんどいなんて言ったらダメだ!もっとがんばらないと!!

こんなに尽くしているのに、私を大切にしてくれない恋人。なぜ?

仕事を辞めたいのに

意地を貫くことに疲れてしまった。でも今更引けない。

中間管理職の恐怖。周りは敵だらけ。誰も味方がいない。

恐怖政治の会社。威張り散らしてくる上司への接し方。

思っていた仕事じゃなかった。自分には合わない。辞めたい。

弱者には厳しい世界。どうしてこんなに生きづらい・・・

闘い続けることに疲れてしまったら

このサイトを読まれている方は全員、なにかと現在進行形で闘っている方だと思います。理不尽な出来事、受け入れがたい出来事に対して闘っているのだと思います。

そして今もなにかいい方法はないかと闘いながら模索しているのではないでしょうか?

未来に希望を持てたらいいのですが、やればやるほどドツボにはまり解決の糸口さえみつからない。もっとがんばらないといけないとわかっているのに、思うようにがんばれない。




余計なお世話かもしれませんが・・・

 

あなた、大丈夫ですか?
疲れていませんか?

 

・・・
・・・

大丈夫じゃないでしょう?
疲れているでしょう?

 

心が疲れてしまっているでしょう?

心が疲れてしまったら気力が低下します。気力が低下すると何もやる気がしません。何もやる気がしないと「なにをやっているんだ!」と自分を攻撃します。完全に悪循環です。

 

あなたはそんな状態になっていませんか?

・・・

・・・

・・・

はい。なっていませんね。

・・・でも、心が疲れたとどこかで感じてはいませんか?

 

心が疲れたと感じている時点であなたは限界を超えているんです。しかも目標に向かっていい方向に限界を超えているのならいいのですが、残念ながら苦しい、しんどいと悪い方向への限界を超えています。

 

 

そんなこと言われなくても本当は気づいていますよね?
けど、気づきたくなくてがんばっている。

 

気づいてしまったらがんばれないから。

闘えなくなってしまうから。

 

 

 

そもそもなぜ闘うことになったのでしょう?

 

理不尽に負けたくないから。

受け入れたくなんかないから。

 

そうですよね。

 

 

・・・でも、理不尽に負けてもいいんですよ?受け入れてもいいんですよ?

 

・・・

そうなりたくないから闘っているのにふざけるなですよね。

 

でも、いいんですよ。負けてしまっても。受け入れてしまっても。

 

だって、

受け入れたくないと必死でがんばっているあなた、つらそうですよ?

 

 

これが本当に難しいんですよね。
理不尽に負けてしまった方が楽になれる。受け入れたくないけど受け入れることができたら楽になれる。

 

そんなこと誰に言われなくてもあなたはわかっています。

 

 

あなたが誰よりも一番わかっています。

 

 

楽になれる選択は目の前にぶら下がっているんです。馬が目の前に大好物の人参を垂らされているんです。もうよだれダラダラです。今にも人参に飛びかかりたいという欲求があります。

でも、それをあなたは選べないんです。選んでしまったら終わってしまうから。この理不尽に負けて受け入れてしまったら終わってしまうから。

 

 

受け入れられるはずがないですよね?
・・・そうですね。無理です。

受け入れたくなんかないですよね?
・・・わかります。

受け入れられないですよね?
・・・でもしんどいですね。

 

受け入れなくちゃいけないんですかね?
・・・受け入れないといけないんです。

終わってしまうんですよ?
・・・終わってしまいますね。

受け入れられるわけがない!
・・・でも受け入れないと心が壊れてしまいますよ?

 

 

謎の文章が続きましたが、こんな感じであなたがあなたに自問自答をしてください。いつもやっていることだとは思いますが、あなたは今まで、受け入れるよりもがんばる方向で自問自答をしていたのではないですか?

 

もう無理かな?
・・・無理じゃない。まだできる。

今度こそ無理なんじゃ?
・・・まだあきらめる段階じゃない。

どうにもならないのかな?
・・・わたしががんばればどうにかなる。

 

といった感じで。

 

 

受け入れるというのはあなたにとって苦しい選択なのだと思います。そうならないように今苦しんで必死で闘っているのに、ここで受け入れてしまったら今まで必死で受け入れまいと闘ってきた自分はなんだったんだってなりますよね。

 

やるせない気持ちになります。がんばっていたらがんばっていた分だけ反動が大きくなります。世界を憎むこともあるでしょう。無力自分が許せないこともあるでしょう。

 

でも、

・・・無駄にはならないんですよ?

 

だって、必死で必死でがんばっても、あなたにはどうしようもないことだってわかったんですから。あなたでは今回のことにどんなにがんばっても敵わないとわかったんですから。

 

だから・・・

闘うことはもうやめませんか?

 

疲れ果てていますよ。もう休みませんか?

あなたはもう十分がんばったのではないですか?

がんばりが足りなかったですか?そこまでボロボロになっているのに。

 

まだ自分を許せませんか?

 

・・・

・・・

 

ここで、『そうだな。よくがんばったよな。』と少しでも思った方は闘うことやめてしまいましょう。限界をとっくに超えています。『でも、・・・』と反論が続くかもしれませんが、その反論に強い意志で打ち勝ってください。

あなたはがんばったんです。

 

 

今の時点でがんばったという感情が全くない方は、もう少しがんばってみてもいいと思います。やれるだけやったと自分を納得させる段階ではまだないのかもしれません。この時点でやめてしまったら後悔が残るかもしれません。ただ、そこから先の道を歩くのは今まで以上に厳しい道が待っていると思ってください。

心が病気になるまでしてはいけないと人は言いますが、病気になるまでやらないと気が済まないこともあるかと思うんです。

 

そのときがまた厄介なんですよね。自分でも『あ、ヤバイ。』とわかるから。それでもまだその選択を貫きたいときは後ろめたいんです。破滅に向かっている感覚がでてきます。そこが本当に最後のボーダーラインですね。それ以上踏み込んだら心が一度完全に壊れます。

可能であればその選択はしてほしくはないのですが、それでも闘う選択しかないという方は貫き通してもいいかと思います。貫き通した結果、報われることもありますし、たとえ、心が壊れてしまったとしても、今まで闘ってきたあなたの強い心ならきっと完全復活することができます。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

意地を貫くことに疲れてしまった。でも今更引けない。

限界?それとも甘えているだけ?

しんどいなんて言ったらダメだ!もっとがんばらないと!!

もっと頑張らなきゃいけないのに、頑張れない。自分は怠け者?

燃え尽き症候群とは

休んでも休んでも疲れがとれない。休み下手のあなたに効く裏技。

弱者には厳しい世界。どうしてこんなに生きづらい・・・

死ぬ気になればなんでもできる!でも死ぬ気になれない。

足掻くのは間違い?あきらめるのが正解?

心が弱ってしまうのは弱い人間だから?

 

依存症とマニアの違い。依存症を治せないときは。

皆さんは依存症にかかったことはありますか?

薬物依存症、恋愛依存症、アルコール依存症、仕事依存症、ギャンブル依存症、ゲーム依存症などなど、いくつ種類があるのかわからないくらいありますよね?




・・・ところで依存症ってなんですかね?

それを『することが好き』ってことですよね?

 

でも、そんなの誰もが持っている感情でしょう。

運動するのが好き。
食べるのが好き。
寝るのが好き。

たくさんの好きがあると思います。『マニア』ですね。

 

でも、『マニア』や『オタク』といった表現より『依存』という言葉がつくと悪いことのように感じるのはなぜでしょう?

『依存』に危険なイメージを持っていませんか??

 

『依存』=『中毒』と表現されることもあります。
薬物中毒、恋愛中毒、アルコール中毒、仕事中毒、ギャンブル中毒、ゲーム中毒、・・・

・・・そう、『毒』なんです。

好きすぎて『毒』になっているんです。

 

依存症にかかっている方は身体や精神に『毒』が回っている状態なんですね。排除した方がいいでしょう?

 

でも、どうすれば『毒』を取り除けるんでしょうか?

 

そもそもあなたはなぜ依存症になってしまったのでしょうか?

 

そう、、、

好きすぎたからです。

尋常じゃないほどそれをすることが好きだったからです。

 

『マニア』や『オタク』と書きましたが、その人たちは自分ができる範囲でそのことが好きなんです。

勉強マニアは倒れるほど勉強しません。ちゃんと食事や休息をとります。アニメオタクはアニメのDVDを買うお金がなかったらお金が貯まるまで我慢します。

そう自制ができるんです。

自分を客観的に分析し、しっかりした判断ができるんです。

 

 

ですが『依存』はどうでしょう?

勉強依存症は周りが止めに入らない限り、食事や休息もとらずにノンストップです。本当に何日も不眠不休でやろうと思えばできます。
アニメ依存症はDVDを買うお金がなかったら万引きを考えます。場合によってはリスク度外視で実行します。

超えてはいけないレベルを完全に超えています。

 

『それがないと生きていけない。』『なにを犠牲にしてもそれさえあればいい。』

これが依存症だと思います。『中毒』ですよね?

 

だから依存症はなるべく治していった方がいいと思います。

 

アルコール依存症になって家庭内暴力をふるっている。お子さん、泣いていませんか?

ギャンブル依存症になって多額の借金。奥さん、必死になって働いていませんか?

仕事依存症になって家に帰らない。あなたを家で待っている人、いませんか?

などなど。あなたが依存症になってしまって悲しんでいる人を思い浮かべてください。

 

そんな人、一人もいないという方は別に無理してやめなくてもいいと思いますよ?治すのは大変なことですし、それをしている間は自分はすごく幸せなんですから。ただ、続けるのなら、その結果からは何があろうと目をそらさないでくださいね。自分が選んだことに責任を持ってください。(なにかあるように書きましたが、なにも起こらず幸せに人生を謳歌できることも多々あります。)

 

さて、、、もう一度
あなたが依存症になってしまって悲しんでいる人を思い浮かべてください。

・・・

一人でも思い浮かびましたか?

一人でも思い浮かんだのなら治す努力してみませんか?

 

 

依存症にかかるのと治すのどちらが難しいでしょうか??

 

 

そう、依存症を治すことの方がはるかに難しいです。

『嫌いなものを好きになる』より『好きなものを嫌いになる』ことのほうが難しいでしょう?

 

なんでなんでしょうかね??

『嫌いなものを好きになる』ことはさほど抵抗なく受け入れられると思うんです。でも『好きなものを嫌いになる』のは少し抵抗があるんですよね。『嫌いになりたくない。好きなままでいたい。』と。この少しの抵抗が依存症を治すうえでは大きな壁として立ちはだかります。

 

依存症を治そう、治そうとがんばっても語りかけてきます。『嫌いになんかなりたくない!』と邪魔をしてきます。

 

そんなときは『別にお前のこと嫌いにならないよ。ただ、もう少しだけ冷静になれる時間を増やしたいんだ。』と自分に語りかけてください。

そう、皆さん、依存症を治そうとして嫌いになろう、嫌いになろうとされますが、別に嫌いになる必要はないんですよ?(本当に害悪しかないものは別ですが…)

 

世界で一番好きから世界で一番嫌いにならなくていいんです。まずは世界で一番好きから世界で三番目に好きを目指しましょう。それができたら五番目、十番目と好きの順位を落としていきましょう。

徐々に。

徐々に。

これなら少しできそうな気がしませんか?順番に順番に落としていって、自分が正確な判断ができているか、周りに迷惑がかかっていないか、悲しんでいる人はいないかを確認していきましょう。そしてそれがクリアできたのなら、そこでストップをしてみましょう。そこが『中毒』と『マニア』の境界線です。

 

まずはそこを目指してみませんか?
嫌いになるのは難しいことだと思いますけど、この状態までならなんとか行けそうな気がしませんか?

 

もちろん、この状態にもっていくのにもすごく苦労が伴います。

どんどんどんどん誘惑が押し寄せてきます。

負けそうになってしまうことも多々あると思います。

そんなときは、あなたが依存症を克服しようと思ったきっかけを思い出してください。

 

依存症を治そうと思えることって実はすごいことなんです。依存をしていた方があなた自身は楽なんです。依存をすることによって心のバランスをとっているんです。

依存症だと気づかないふりをしている人も多いのですが、あなたは気づくことができました。あなたは向き合うことに決めました。

 

きっと大丈夫です。

悲しんでいる人をもう悲しませたくないと思った優しいあなたなら、きっと、依存症から脱出することができます。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

変わらないといけないのに変われない自分。自己嫌悪の解消法。

自分軸で行動すると人生が変わる!他人軸で疲れたときは。

暴力をふるわれても構わない。私は必要とされている。

助けたい症候群(恋愛)

ブラック企業に尽くす誇り?

限界を超えてがんばりたいときは

助けたい症候群とは

交際期間が長い相手との関係に疑問を感じたら

卒業を寂しいと感じるのは

重たい心を軽くするには

物覚えの悪い職員に仕事を覚えさせるには

何度説明しても教えたことができない、何度注意しても同じ失敗を繰り返す人と同じ職場で働いたことはありますか?(僕もわりとそのタイプですが…)教えても教えても学習することなく、何度も何度も同じ注意をしないといけません。

教わるほうは『こいつ、何度も注意してきて面倒くせー。』と感じているかもしれませんが、教えるほうにも悩みはあるんですよね。『どうすれば伝わるんだろう?』『教え方が悪いのかな?』と色々と悩まれている方もいるのではないでしょうか?




はっきり言って・・・

「しんどいです!!」

 

自分のことではなく、人のことで頭を抱え悩んでいるのですから。
自分にゆとりがあればいいですが、自分に余裕がないときは『人のことで悩むほどしんどいことはない』のではないでしょうか?仕事をしてくれないと自分がしないといけないことが増える(自分にも迷惑がかかる)というのもあるかもしれませんが、それでも自分の余裕がないときに、他人のことで悩むことができるあなたは優しい人だと思いますよ?

 

注意をしている相手も真剣に悩んでくれていたら、どうすればよいかお互いに考えあえます。この場合はこちらもさほど不満はなく、『あいつもがんばっているんだから。』と気持ちを落ち着かせることができます。この場合はお互いに提案・検討し、より良い方法を模索していきましょう。相手も真剣に悩んでいるので、意外とちょっとした助言だけで驚くほど変化することもあるかもしれませんよ?それこそ、周りから見たら『変化』というより『進化』と感じるほどに。

そうなってくれたら嬉しいですよね。でも、うかうかしているとあなた、相手に抜かれちゃうかもしれませんよ?意地を見せてやりましょうね!

 

さて、
ここで終われたらいい話なのですが、世の中そんなに甘くないこともあります。

 

それは・・・

『こっちは真剣に悩んでいるのに、向こうは全然気にもしていない!』といった場合です。

 

この場合が大変ですし、『どうやって仕事を教えればいいんだ。』と悩まれている対象は、こっちの方が多いのではないでしょうか?

そもそも、話し合っても全然変わらなかったから『どうすればいいんだ。』と悩まれているのだと思いますし。まあ、能力的に本当にどうしようもないときもあるのかもしれませんが、大抵の場合は本人の意識の持ちよう、やる気である程度はどうにかなると思いますし。

 

小学生のピッチャーに「150キロの剛速球を投げろ!」と言っているわけではないでしょう?できもしないと思っていることで真剣に悩むことはないでしょう?相手ならこのくらいのことはできると思っているのに、それができない(してくれない)から悩んでいるのでしょう?

 

してくれない人に少しでもマシになってもらおうと真剣に注意しても「すみません。次から気を付けます。」で右から左に流され、後日同じことを注意するハメになったり。「ここはこうして、こうやって・・・」と丁寧に教えて「はい。わかりました。」と返事があったのに、いざ実践してもらおうとしたら第一歩から全然違う見当はずれのことをされる。何度かなら許せると思いますがそれが10回、20回、100回、200回となってきたらどうでしょう?

 

相手のやる気が見えないですよね?本人はがんばっているのかもしれませんけど、あなたから見たらがんばっているようには感じませんよね。こちらが変わってもらおうと思って、真剣に悩んで注意をしても、『相手は気にもしていない』『あっけらかんとしている』と感じることもあります。

・・・

そんなときはこう思ってしまうのではないでしょうか?

 

『お前のことなんだぞ!!』と。

 

なんで本人は悩んでなくて、自分は悩まなくてはいけないんだと馬鹿馬鹿しくなると思います。これが悩み、苛立ちの原因だと思います。

 

・・・

この場合はどうすればいいんでしょう??

 

100回言ってもダメなら1000回言ってみる?
ダメです。1000回言っても変わりません。あなたの苛立ちが募るだけです。だって、相手が変わろうと思っていないから。

 

残念ながら相手にとってあなたは『私のことを気にかけてくれる優しい人』ではなく、『調子にのって仕切りたがるお節介野郎』だからです。あなたの忠告も余計なお世話と感じているからです。

 

だからそんなときは・・・

 

あきらめてしまいましょう!

 

 

仕事なんだからしっかり働いてもらわないといけませんか?

でも残念ながらこの人は、あなたがこれぐらいならできて当然と思っていることでもできない人なんです。

やる気じゃないんです。意識の持ちようではありません。

 

『能力的に無理なんです!』

・・・と、思い込んでください。

 

 

だからその人ができない部分は、他の職員でフォローして補ってあげましょう。助けてあげましょう。

だってその人はその仕事に、自分が変わるほどの価値を見出せていないのですから。

相手に変わってくれと望むことはやめましょう。

相手次第なんです。自分ではどうしようもできません。

 

 

相手が変わろうとしてくるのなら協力してあげたらいいと思います。だけど相手が変わることを望んでいないのに、「いや、お前は変わらないといけないんだ!!」は、干渉しすぎじゃないでしょうか?相手の人生なんです。あなたが決めることではありません。

 

あなたは、相手が心の底から変わりたいと思えるような説得ができますか?相手を変えることは、自分が変わることよりもはるかに難しいことです。相手を変えるよりも自分を変える方がはるかに簡単です。

 

だから相手に変わってもらうことを願うよりも、あなたが変わりましょう。この人はできない人だとあきらめてしまいましょう。身体的には負担が増えると思いますが、精神的にはかなり負担が軽減されますよ。

 

仕事ができなくてクビになろうが、周りから使えない職員とハブられようが、あなたではないんです。その人が自分で決めたことなのだから、それ以上の干渉は余計なお世話ですよ?

 

タイトル詐欺の内容になってしまいましたが、その人が変わろうと思わない限り、あなたがいくらがんばっても無理です。無駄です。あなたの方が先にギブアップしてしまいます。

他人のためにそこまでやることはないですよ?

あなた自身を守るためにもあきらめてしまいましょう。

 

それでもどうしてもしっかり働いてもらわないといけないときは、覚悟してください。長期戦です。すぐに変化を期待してはいけません。少しずつ、少しずつ、相手の意識を変えることに目を向けてください。マシになったかなーと思えば、また同じことで注意をしての繰り返しです。目に見えるような大きな変化ではないかもしれませんが、小さな変化は起こるかもしれません。その小さな変化に気づいたのなら、当たり前のことと思わず、相手に伝えてみてください。「よくやっているね。」と相手に声を掛けてください。相手は今、しんどい思いをしています。たったそれだけの言葉ですが、その言葉は相手に響くはずです。

 

ただ、あなたが『その人を変えなければいけないんだ。』と気を張り詰めすぎないでくださいね。使命感は持たないでください。あなたは他人なんですから相手の人生を勝手に背負ってはいけません。『変わってくれたらいいなー。』『変わってくれればラッキー!』ぐらいの気持ちで臨んでください。

あなたは『他人の人生を背負えるほどできた人間ではない』ですよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

変わってほしいと願うのは

価値観の違いが許せない!どうしてわかってくれないの!?

中間管理職の恐怖。周りは敵だらけ。誰も味方がいない。

八つ当たりでいつも人を傷つけてばかり。なんで我慢できないの?

自信がなくなってしまったときは

疲れてしまうのは完璧主義者だから?

普通の基準って何?普通から外れるのってそんなに悪いこと?

変わらないといけないのに変われない自分。自己嫌悪の解消法。

大切な人なのに変わってほしいと思ってはいけないの?

恐怖政治の会社。威張り散らしてくる上司への接し方。

やらないといけないのに集中力が全然持続しないのは

試験勉強をやらないといけないのに後回し。今日中に会議の資料を作らないといけないのにコーヒーブレイクばかり。こんなときってありませんか?

頭ではやらないといけないとわかっているのにできない。やり始めても3分で集中力が途絶え、スマホをイジイジ。あげくには普段はやらない部屋の大掃除へ現実逃避。

なぜなんでしょう??



やりたくないからです。

 

やりたくもないことをやらないといけないからです。

 

大掃除へ現実逃避と書きましたが、あなたの中では答えがでているんですよね。

そんなことをするぐらいなら

 

「大っ嫌いな大掃除でもしているほうがマシだ!!」

・・・

いや、ほんとにこれなんですよね。

 

なんでやらないといけないのに後回しにしてしまうか、やり始めても全然集中できないかは

やりたくないから

なんですよ。

 

だからそんなやりたくないことはやらなくていいですよ。めでたしめでたし。

・・・で終われたら楽なんですけどね。世の中。

 

めでたしめでたしで終われないときもあります。特にプライベートではなく、仕事や学校など社会の一員となっているときは自分の『やりたくないからやらない』を実践するのは難しいことだと思います。

 

やりたくないからといって宿題をしないと、先生に怒られます。

やりたくないからといって受験勉強しないと、志望校に合格できません。

やりたくないからといって練習しないと、試合に勝てません。

やりたくないからといって会議の資料を作成しないと、上司のお叱りを受けます。

やりたくないからといって働かないと、お金は入ってきません。

・・・などなど。

 

やりたくないからといって○○しないと、結局あとで自分がひどい目に遭うんですね。

 

ある種の強制だと思います。
『したくないならしなくてもいいぞ。だけどあとで困るのはお前だぞ。』ってことです。ある意味おどしです。

なら、

やるしかないでしょう。後で自分が困るのだから。

 

後で自分が困るとわかっているから今、悩んでいるのでしょうね。現在やりたくないけど、そうしないと未来の自分にツケが回ると。自分が困らないことなら皆さん悩まずにやらないと思いますし。

 

でも、なんでやりたくないんでしょうかね?

・・・楽しくないから。

 

では、なぜ楽しくないのでしょう?

・・・『やれ』と強制されるから。

 

自分の自発的な行動ではないからやりたくないし、やっても楽しくないんです。

 

子どものしつけで教育熱心な親と、のびのび好きなことをさせる親を比べると、のびのび好きなことをさせる親の方が子どもの成績がよく、勉強時間が多いということもあるそうです。

なぜだかわかりますか?

 

人間って結構、『あまのじゃく』だと思いませんか?

「このボタンを押すな!」と命令されたら、ボタンを押してみたくなる自分、いませんか?
逆に「このボタンを押せ!」と命令されたら、ボタンを押したい気持ち遠退きませんか?「なんで俺に言うんだよ。」みたいな感じで。

それと同じことが子どもの教育にも言えるんですね。
「勉強しろ」「勉強しろ」で育てたら、反抗力が強く、あまり勉強しない。逆に何も言わないと、自分でやらないといけないことだとわかっているから自主的に勉強する。そして、イヤイヤやっている状態じゃなく自分がやりたくてやっているから吸収力が桁違い。
ってことにもなるらしいです。

 

そんなのびのびできる環境だったらいいんですけど、今の皆さんは違いますよね?『これをするのは楽しいなー。』と思ってできる状態じゃないですよね?自分にとっては嫌いなこと、嫌なことと認識してしまったんですし、強制されずに楽しく取り組んだらいいとはいきません。

 

なら、どうすればいいんでしょう??

はい。ここからはまたしんどい話です。

 

『しなくちゃいけないんだから、する!!』
と覚悟を決めてください。

 

・・・なんか今、書いていてバンジージャンプを飛ぼうとして躊躇している芸人の映像が頭をかすめましたが、そうなんです。あなたがバンジージャンプを飛ぶところを映像に残したいのだから、あなたが飛ばない限り収録は終わらないんです。

飛ぶしかないでしょう?

あきらめちゃってください。あなたに拒否権はありません。

 

あとはどう飛ぶか、ですね?

決死の覚悟で飛んだのに、「面白くない、もう一度だ。」なんて言われたくないでしょう?

 

『やるからには成功させる!!』と自分を鼓舞してください。

 

やりたくもない受験勉強を無理して毎日何時間もしても、試験に合格できなかったら無駄になるでしょう?(がんばったという結果は残りますが。)やりたいことをやってそれならまだしも、やりたくないことをやって結果がそれって最悪でしょう?

やりたくもないことをやってあげるんです。どうせなら見返りは大きくいきましょう。不合格なんて考えない。受かることだけ考えましょう。受かってやりましょう!

そこがスタートラインです。

 

さて、そこで受かるためにはどうするか、なのですが、まずはやることを習慣づけましょう。1日、無理をしてでも勉強をしてみましょう。『20時から21時は勉強をする』と時間を決めて取り組むのがより効果的です。そして、1日で終わらずに2日、3日、1週間、2週間、とがんばって続けてみましょう。途中で何回か『もういいや』と投げ出したくなるときが来ると思いますが、そのときは自分を鼓舞してなんとか乗り切りましょう。この時期は心が無理をしているので一番つらい時期かもしれません。

1か月まずは続けてみましょう。1か月すると少し変化が現れると思います。

なんと、、、

 

そんなに苦痛じゃないんですね。

 

もちろん、やりたくないことだから大変なんですけど、最初ほどしんどいと感じることがなくなるんです。自分がやることとして日常生活の習慣に入りつつあるんです。

それができたら3か月続けましょう。最初の1か月が続いたら3か月続けるのはそんなに難しいことではありません。むしろ気がついたら3か月続いていたという感覚になるかと思います。この時点になるとあなたの習慣に入っているはずです。朝起きて新聞を読むことと同じレベルになります。それどころか、やめてしまうとムズムズします。やり続けるよりもやめてしまうことの方が苦痛になります。

 

ここまで来れたらチャンスです。

あなたにとってやりたくないことだったのが、あなたがやらないといけないことになり、あなたがやるべきことに変わります。(なかにはその過程で純粋に楽しみを見つけられることもあると思います。)

ここまで来ると集中力、結構あると思いますよ?
イヤイヤ状態ではないので、吸収力も比較的あると思います。

 

この状態を目指しましょう。この状態までなれると成功率、大幅に上がると思いますし。

やりたくないことを中途半端にがんばってもしんどいだけです。やりたくないことだからこそ、どうせなら、徹底的にがんばってやりましょう!!

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

限界を超えてがんばりたいときは

もっと頑張らなきゃいけないのに、頑張れない。自分は怠け者?

変わらないといけないのに変われない自分。自己嫌悪の解消法。

立ち上がろうとする気力がもてないときは

やるだけやってダメならあきらめろ?

休んでも休んでも疲れがとれない。休み下手のあなたに効く裏技。

変わりたいのに変われないのは

闘い続けることに疲れてしまったら

燃え尽き症候群とは

しなくちゃいけない使命感とやることができなかった罪悪感

敷かれたレールの上しか歩くことができない臆病な自分は

敷かれたレールの上を歩いていると感じたことはありませんか?僕も今ではそんなに感じることも少なくなったのですが、中学や高校、大学あたりではそんなことをよく思っていました。

普通に生活していても毎日毎日同じことの繰り返し。同じ時間に起きて、同じ時間に学校や会社に行って、似たり寄ったりの授業や業務をこなす。『5年後、自分はなにをしているんだろう?』と考えても、いいイメージは湧かず、暗い印象。このままでいいのかと焦りもあるのに、自分にはどうしようもできないこととあきらめてもいる。今の生活に不満があるのに、その生活を変える勇気もない。




毎日毎日、モヤモヤ、モヤモヤと、なんとなく生活して時間が経っていく。なにをやってもいまいちスッキリしない。心のどこかがくすぶっている

 

こんな感じになったことってありませんか?

 

なんでこんなことを感じるのでしょうか?

 

 

自分のやりたいことをやっていないから。
本当の自分を押し殺して、やりたくもないことをやっているから。

 

 

あなたは医者の両親に「お前は医者になって私の跡を継ぐんだ。」と言われ続けて育ちました。医学部に合格するために高校生活は勉強に費やしました。周りの子はゲームセンターやカラオケなどで遊んでいるのに、誘いも断り勉強に打ち込んできました。断ってばかりいたので次第に誘いも少なくなり、付き合いの悪い奴と認識されてしまいました。

でもあなたは、本当は勉強なんかしたくなかったんです。友達と楽しく遊びたかったんです。楽しそうに話をする周囲にあなたは憧れを抱いていました。でも誰もあなたに積極的に話しかけてくれる人はいません。

あなたは勉強を続けました。続けるしかなかったんですね。友達との楽しい高校生活を犠牲にしてまで勉強に力を注いできたのだから、ここで勉強をやめて遊びに走ってしまったらそれこそ何をしてるんだになってしまいます。勉強しか残されていなかったあなたは今まで以上に勉学に力を入れるようになりました。

その甲斐もあってあなたは難関大学の名門医学部にストレート合格できました。両親も「お前ならできると思っていた。」と普段は厳しく育てられてきましたが、そのときは今まで見たこともないくらい喜んでくれました。あなたは両親に褒められ、気持ちが満たされました。

さて、大学生活のスタートです。
そこであなたは現実を思い知ります。講義についていけないのです。周りはそんなに必至に勉強しているようには見えないのに、あなたよりも試験でいい点をとります。自分の方が周りよりも一生懸命勉強していると思うのに、いわゆる『落ちこぼれ組』になってしまいました。

高校時代は学年で一番だったのに。勉強ができない同級生をバカな奴と見下してきたのに。今度は自分がその立場になってしまいました。あなたのプライドは粉々に打ち砕かれてしまいました。

両親に成績のことを打ち明けました。報告するのは恐怖でしたが、励ましてくれることも心のどこかで期待していました。そこで両親の反応です。「なにをやってるんだお前は。私の子だからできるはずだ。こんな点をとって・・・恥ずかしい。遊んでばかりで努力が足りないんだ!」と言われたらどうでしょう?

 

したいことを我慢してまで頑張ってきたのに、それでもお前の頑張りが足りないと否定されたら?したくないことだったけど、両親のためにと思って頑張ってきたのに、そんなことを言われたら?

 

そこであなたは自暴自棄にならず、さらに頑張るということを選んでしまいました。それこそ死ぬほどの努力をしました。大学生活のすべてを勉強に捧げました。

その甲斐もあり卒業時には成績が上位とまではいきませんが、中の上ぐらいにまでなることができました。

違う職業にも興味があったのですが、あなたは医者になりました。

・・・

どうでしょうか?

 

あなたは幸せだったのでしょうか?

 

敷かれたレールから外れる機会はいくつかあったと思うんです。

 

高校時代に友達ともっと遊んでもよかったと思いますし、大学で勉強についていけなくなったときも勉強をやめてもよかったと思います。卒業して医者になる必要もありませんよね?

 

上の例ではあなたがあきらかに不満がありますよね?もっと他にしたいことがたくさんあったのにできなかった。『両親のせいだ!』って。

 

でも、なんでそうしなかったんでしょう??

 

そう。違う選択をすると『敷かれたレールではないから』です。

 

敷かれたレールに留まるために違う選択はできなかったんです。

 

矛盾していますかね?

でも要はこれなんだと思います。

 

敷かれたレールの上を歩くのは嫌だけど、敷かれたレールから外れるのも嫌だ!

 

そう、イヤイヤちゃんです。

 

『両親のせいだ』って書きましたけど、そうじゃないですよね?ほんとに嫌だったのなら、敷かれたレールから一歩外れればよかったんですから。それをしなかったのはあなたでしょう?

あなたが敷かれたレールから出ないことを選んだからでしょう?

 

 

なぜ、敷かれたレールから出ないことを選んだのでしょう??

安全だから。

 

ではないですかね?

 

 

敷かれたレールの上って安全なんですよ。ここにレールがありますよって、この通りにすればあなたは安泰ですよと教えてくれるのですから。

レールから外れると道しるべがないんですね。教えてくれる人もなく、全部自分で切り開いていくしかないんです。

 

しんどいですよね?

怖いですよね?

 

確かにあなたは、敷かれたレールの上しか歩くことができない臆病な人なのかもしれません。冒険しようという精神が安定に負けているのかもしれません。

 

だけどそれがダメなんですか?

 

安定を求めるって賢い選択だと思うんです。冒険に冒険を重ね破滅した生活になってしまうよりは、よっぽど賢くはありませんか?

 

それに敷かれたレールの上しか歩くことができないことは、決して楽な道ではないと思います。つらい思いや困難な局面にも遭遇したでしょう。挫折も味わったかもしれませんね。そんな楽ではない道を歩いてきたのですから、もう少しその道を誇ってみてはいかがですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

すぐに行動できない自分が嫌!行動力を身につけるには?

変わらないといけないのに変われない自分。自己嫌悪の解消法。

こんな自分はもう嫌だ!性格を変えて生まれ変わりたい!

満足感を得られない。いつまでたっても満たされない心。

自分軸で行動すると人生が変わる!他人軸で疲れたときは。

ありのままの自分でいいって本当?こんな自分認められない。

自己否定感とは

新生活が不安なのはなぜ?悪いことが待っている?

ブラック企業に尽くす誇り?

暴力をふるわれても構わない。私は必要とされている。

しなくちゃいけない使命感とやることができなかった罪悪感

使命感を抱くことってあるかと思います。『私がしなくちゃいけない』、『僕がやらないと』といったものですね。

使命感によって自分の役割を認識することができます。




『親だから子どもをちゃんと育てないと』、『自分を選んでくれたのだから妻を幸せにしないと』、『給料をもらっているのだからしっかり働かないと』、『親に心配をかけたくないからテストで100点取らないと』『チームのエースだから俺が点を取らないと』などなど様々なことで使命感を感じることがあると思います。

この使命感というのは人生を充実させる重要な要素です。使命感があるからやりがいが生まれ、人生を退屈だと感じることなく生きていけるのです。あるいは退屈だと感じている人生でも、使命感を果たさなくてはと感じるから生きていく力になるのです。

 

使命感、いいことずくめです。皆さんも使命感を持ちましょう!!

 

・・・で終われたらよかったんですけどね。もちろんいいことずくめで終わりません。落とし穴があります。

それは・・・

使命感を果たせなかったとき

 

自分の使命をやり遂げることができなかったとき、あるいはやり遂げることができないとき。

 

子どもをちゃんと育てようとしていたのに会えなくなったとき、すててしまったとき、病気や事故で亡くなってしまったとき。

妻を幸せにしないとと思っていたのに、愛想を尽かされ別れを切りだされたとき。

しっかり働こうと思っていたのに、気分が悪くて早退したとき。

テストで100点をとろうとしたのに、90点しかとれなかったとき。

エースの自分が全然点を取れずに、試合に負けてしまったとき。

 

ことの大小はありますが、どれも共通して感じるものがあると思います。

 

自分がしなくてはいけなかったのに、できなかった。

 

自分は無力だ。

 

自分はなんて無力なんだ=無力感
無力の自分は価値がない=無価値観

といった感情が芽生えます。

 

無力感・・・自分はなにもできない無力な存在だ。
無価値観・・・自分にはなんの価値もないんだ。

 

思い込んでしまいます。

 

この状態はかなり心に厳しいです。心をビシバシ殴られている状態ですね。

だから
無力な自分を許してください。なんの価値もない自分でごめんなさい。

といった感情が生まれます。

 

 

それが罪悪感

 

できなくてごめんなさい。使命を果たせなくてごめんなさい。期待に応えられなくてごめんなさい。助けてあげられなくてごめんなさい。

 

・・・ごめんなさい。・・・ごめんなさい。・・・ごめんなさい。

・・・許してください。

 

文章に書くと相当病んでいる人ですが、実際こうじゃないですかね。

私がしなくてはいけなかったのにできなかった。ごめんなさい。・・・どうか私を許してください。

ではないですかね?

 

できなかったことが申し訳ないんですね。そして、無力感や無価値観にさいなまれ苦しい自分がいる。だから許してほしいと感じる。

これが罪悪感だと思います。

 

でもこれって誰に許してほしいんですかね?

 

もちろん相手です。

・・・

では、その相手はしてくれなかったあなたを恨んでいるのでしょうか??

 

両親にすてられた子ども?
両親がいないことをバネにして立派に成長できるのではないでしょうか?

病気や事故で亡くなってしまった子ども?
あなたのお子さんはあなたを恨むようなお子さんだったでしょうか?

妻を幸せにできなかった?
別にあなたに幸せにしてほしいと思っていなかったかもしれませんよ?

仕事を早退してしまった?
早退なんかするなんて、なんて人間なんだと思う人いるでしょうか?

テストで100点とれなくて親に心配をかけた?
100点がとれなくてあなたを嫌いになる親はいますか?

点が取れずに試合に負けてしまった?
あなたにはチームメイトはいないのですか?

 

もちろん、例外はあると思いますし、そんな簡単な話ではないかもしれません。

ですが、、、

 

罪悪感を持っているあなたに衝撃の事実です。

 

実は・・・

 

あなたが相手に期待していてほしいと思うほど、相手はあなたに期待なんかしていません!!

 

悲しいですけど、、、

 

あなたの気にしすぎです!

 

 

大抵の場合はこれで落ち着くのではないかと思います。

 

悲しいですけど、あなたが気にしているほど、相手はあなたのことを気にしていないと思います。

『もう少し気にしてくれよー。』、『恨んでいてくれよー。』とも思いますが、本気で真剣に恨まれるよりはマシだと思いますよ?純粋な敵意ほど怖いものはありませんから。

 

しなくちゃいけないと思う使命感は責任感の表れです。適度な使命感は人生にスパイスを与えてくれます。使命感を果たしていくうちは充実ややりがいも感じるでしょう。
ですが、そこでもし、果たせそうにない使命感を抱いてしまったとき、やろうと努力したけどそれでも届かなかったとき、無力な自分と向き合うことになります。相手の期待に応えられなかったとあなたはひどい罪悪感に襲われます。

 

できなかったという罪悪感は、あなたが相手に期待していてほしかったという願望の表れです。

ひどい言い方をするなら、ぶっちゃけあなたの思い込みにすぎません。許してほしいし、自分を責めてほしいというあなたの想いです。あなたには期待していたのにと責めてほしいし、責められることによって自分を許してほしいというあなたの勝手な思い込みです。

 

使命感がでるのはその対象があなたにとって大切な人、大事な場所だからです。その大切さゆえに使命を果たせなかったときは、強い罪悪感をあなたは抱いてしまうことになると思います。本当に心が押し潰されそうになることもあると思います。

 

そんなときは、こんな言葉も頭の片隅で思い浮かべていただけたらと思います。

 

『相手はあなたが感じている罪悪感ほどには、あなたのことを恨んでいない。相手にとってはあなたが使命を果たそうが、できなかろうが別にどっちでもいい。気にしているのは自意識過剰なあなただけ。』

 

毒舌ですが。

 

相手があなたにとって大切な人と同じように、相手にとってのあなたは大切な人なんです。使命を果たそうが、できなかろうが、そんなことは関係ないんです。そんなことどうでもいいくらいにあなたのことが大切なんですよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

自分が許せない!この苦しみから解放されるたった一つの方法。

期待に応えられない自分は

罪悪感を感じてしまうのは

助けたいのに助けることができない自分は

助けたいのに助けることができない自分は②

無価値観とは

無力感から抜け出す方法

無力感から抜け出す方法②

疲れてしまうのは完璧主義者だから?

やらないといけないのに集中力が全然持続しないのは

思い通りにいかない人生を生きるには

人生何もかも思い通りにうまくいって全てが万々歳!『この世界は俺を中心に回っている!』と思える人が一体何人いるでしょう?

・・・いたとしても少数だと思いますよね。




世界は自分の思うように回らないと嘆いている人が多いのではないでしょうか?

 

皆が思い通りにいかない理不尽さを感じ、挫折、失望している・・・

『もっとこうだったら』『あのときああしていれば』と仮定のことばかり考えている・・・

・・・

・・・

というわけではありません。

 

もちろん、うまくいかないことに対してはそういった感情を持つことはあります。
ですが、その感情をずっと継続して持ち続けている人は、あなたが思っているよりも少ないのです。そういった感情を抱くことはあっても、それが持続する人は少数だと思います。

 

なぜでしょう??

 

うまくいかないことを受け入れているから。
理不尽を受け入れているから。

 

そう。世の中理不尽です。あなたの思い通りにすべてうまくいくことはありません。それを知っているから『まあ、仕方ないか。』で終われるんです。あなたも普段はそれで終われていると思います。

 

財布を落としたとしても『まあ、仕方ないか。』で終われているんです。

 

ただ、今回のことは『まあ、仕方ないか。』で終われないところなんですね。あなたにとっては『まあ、仕方ないか。』なんて言えないことだったんです。

 

財布を落とした話に戻りますが、その財布は買い物をした後でおつりの小銭しか入っていませんでした。免許証やカードといったものは財布とは別に持ち歩いています。このときはどうでしょう?わりと皆さんスムーズに『まあ、仕方ないか。』と思うと思いませんか。翌日は引きずっている方もいるかもしれませんが、それが1週間、1か月となったらどうでしょう?1か月たった後でも「財布を落としてしまった。どこにあるんだ。」と必死で探しまわる人は少ないのではないでしょうか?

 

でも、このときの財布があなたの大切な人からのプレゼントだったならどうでしょう?普段プレゼントなんてしてくれない人が自分にくれた、ただ1つのプレゼントであった場合は?あるいはお金をおろしたてで自分にとっては大金が入っていた。免許証やカードなども一緒に紛失しました。1か月たった後でも「財布を落としてしまった。どこにあるんだ。」と必死で探しまわる人はいるのではないでしょうか?逆に翌日に『まあ、仕方ないか。』で終われる人は少ないのではないでしょうか?

 

 

『まあ、仕方ないか。』という言葉で書きましたが、要はあきらめるんですね。うまくいかなかった結果でも妥協するんです。あきらめずにいても仕方がないことだから。ズルズル考えていても時間の無駄です。だから割り切ってあきらめるんです。

あきらめることによって前に進めるから。

実際、1か月以上毎日必死になって探しても見つからなかった財布が、落としたままの状態である日突然見つかるなんてことは稀ですよね。それなのに絶対見つかると思い探し続ける。不毛ですよね。時間の無駄です。

 

・・・

でも、皆さんは時間を無駄にしているのではないですか?

なぜなんでしょう??

 

あきらめられていないから。

自分にとって譲れない部分だから、1か月探したところであきらめられるわけがないんです。

それこそ何年も何年も探すことをあきらめないんです。

だから苦しいんです。

 

 

どうにもならないこととわかっているのに、それでも可能性にかけているから苦しいんです。

あきらめたら楽になれるとわかっているのに、あきらめられないから苦しいんです。

 

 

なぜ、あきらめないのでしょうか?

 

負けず嫌いの性格だから?

執着心が強いから?

 

違います。

 

あなたにとって大切なことだからあきらめるのが嫌なんです。

嫌というか怖いんです。あきらめるのが怖いんです。

 

あきらめるのが怖いとはなんですかね?

 

あきらめる=受け入れる
ということです。

あきらめる希望していた状況にたどり着けなかったことを受け入れる
ということです。

 

受け入れたくないんですね。あきらめたくないんですね。

 

なぜなら

自分にとっては譲れないほど大切なことだから。

 

妥協なんかしたくないんです。

妥協をしてしまったら、その大切なものの価値が下がるから。

大切だから価値を下げたくないから。

 

 

だから苦しくてもあきらめずに足掻こうとして、もがき疲れます。

 

どうでもいいことだったらこんなにも苦しみません。

大切なことだからこんなにも苦しんでしまうんです。

 

苦しいですね。大切ですもんね。

 

苦しみに耐えられているうちは、耐えていてもいいと思うんです。そこまで大切なことがあるのは、ある意味幸せなことだと思いますから。

 

ですが、

苦しみに耐えられなくなったら、その大切なものを手放してしまいましょう。

 

大丈夫です。あなたにとって大切なものの価値はそんなことじゃ下がりません。そんなことくらいで価値が下がる程度の大切さではありません。心配しなくてもレベルが違います。格が違います。

あなたの大切なものは、大切なまま価値が下がることはありません。

あなたにとって、無意味な存在にはぜったいになりません。

 

ですから、苦しみに耐えられなくなったときは自分を守るためにも、大切なものを手放すということも検討してみてください。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

足掻くのは間違い?あきらめるのが正解?

弱者には厳しい世界。どうしてこんなに生きづらい・・・

私がいくら願っても手に入れられないモノを簡単に手放せるアイツ。許せない!

大切なものが二つ。どちらかを手放さなくてはいけないとき。

わかってくれていると思っていたのに、わかってくれていなかった

思っていた仕事じゃなかった。自分には合わない。辞めたい。

やるだけやってダメならあきらめろ?

しなくちゃいけない使命感とやることができなかった罪悪感

大切な人を失ったとき

理想の相手に巡り合えない。条件で選ぶ結婚は幸せが遠ざかる。