大切な人を失ったとき

あなたには大切な人がいますか?

大切な人自身であったり、その人との関係性であったり、その人からの信用であったりと、色々とあると思いますが、その大切なものを失ってしまったときはどうすればいいのでしょう?

大切なものを失うというのは、本当に悲しいことです。




直後はショックで頭が真っ白になってしまうこともあります。覚悟していたらある程度はショックを和らげることができるかもしれませんが、それが唐突なもの、予想だにしないものであったなら、そのショックは想像を絶します。すぐに現実を受け入れられるものではありません。

 

あなたにとって大切なものであればあるほど、悲しみと喪失感が強くなります。

 

このショックは本当に苦しいです。胸をえぐられたように痛みが走ります。

 

 

離婚、破局、裏切りなどいくつか失う種類がありますが、その最たるものは死別ではないでしょうか?

もし、事故であなたの大切な人が亡くなったなら、あなたは事故に遭ったのはなんで私じゃないんだろうとも考えるかもしれません。

もし、通り魔にあなたの大切な人が殺されたら、なんであいつなんだ、他にもたくさんいるだろうと感じるでしょう。

 

受け入れられるはずありません。受け入れたくもありません。

 

昨日までは失っていなかったのに、今日失ってしまった。今日という日が来たことを後悔します。そして昨日までの自分がいかに幸福だったかを実感するでしょう。そう、今日に比べたら昨日のあなたは幸せでした。

 

昨日ミスをして、周囲から笑いものにされて寝る前に泣きました。それでもあなたは今日より幸せでした。

昨日志望校から不合格通知が届いて将来が見えなくなりました。それでもあなたは今日より幸せでした。

 

 

この先、あなたがどれだけ頑張っても昨日までと全く同じ幸せがあなたに手に入ることは二度とありません。頑張った先には幸せが待っているかもしれませんが、それは昨日までの幸せと別の幸せです。

 

 

・・・どうすればいいのでしょう?

 

 

失ってしまったことを受け入れる?
無理です。そんなに簡単に受け入れられるはずありません。

どうせ無理だったとあきらめる?
嫌です。そんなに簡単に受け入れたくなんてありません。

 

では、どうすればいいのでしょう?

 

 

自分の心に素直になってみませんか?

 

大切なものを失って悲しいですよね?思いっきり泣けばいいんですよ。人目も気にせずワンワンと泣いていいんですよ?
泣く元気もない?無理に泣こうと思わなくていいんですよ。とことん落ち込みましょう。どん底のどん底のどん底まで落ち込んでみましょう。

食欲ないですか?無理に食べなくていいですよ。
頭真っ白ですか?なにも考えなくていいですよ。

 

泣いてはいけない?落ち込んではいけない?食べなくてはいけない?悲しまないといけない?気丈にふるまわないといけない?

 

・・・受け入れないといけない?

 

そんなことはありません。してはいけないことなんてありません。どんなことでもしていいんです。あなたの心に素直に行動しましょう。気が済むまで泣き続けましょう。落ち込み続けましょう。

 

あなたにとって世界が終わった瞬間かもしれませんね。大袈裟ではなく、あいつがいない今日が信じられない。あいつがいない明日が想像できない。

 

でも、あいつがいなくてもそこで世界が終わるわけではありません。あいつがいなくなった時間で時が止まることはありません。あいつがいなくても、世界は残酷にも通常通り動き続けます。

 

どうしてなんでしょう?あいつがいないのに。なぜ世界は終わってくれないのでしょう?あいつがいない世界でこれからなにをしろと言うのでしょう?

 

徹底的に起こった現実を否定する?
あいつの後を追いかける?
あいつの分まで精一杯生きる?
復讐する?

 

どれを選んでも不思議ではないと思います。自殺や殺人のニュアンスの選択もいれていますが、それを選んでしまう気持ちも理解できるのではないでしょうか?個人的にはあいつの分まで精一杯生きるを選んでほしいところですが、それを選べるまでにどれだけの葛藤や時間を要するかは、筆舌に尽くし難いものがあります。

 

だって、あなたがそう思うほど、あいつはあなたにとって大切な存在だったのだから。あいつのことを心から愛していたのだから。

 

そう、あなたが現実を受け入れられないのは、それだけあいつのことを愛していたってことです。あいつが替えのきく人ではなく、あいつがあなたにとってかけがえのない人だったってことですよ。

最後にあいつはとんでもない爆弾を落としてはくれましたが、そんなとんでもない爆弾を落としてくれる相手に巡り逢えたのは幸せなことではないでしょうか?

 

心が壊れてしまったのは、あいつがあなたにとって大切な人だという証明です。悪いことじゃありません。その気持ちは大事にしていいものだと思います。捨ててしまう必要はありません。

 

願わくば、あいつがあなたに残してくれたものを見つけ、あいつのいない世界を、それでも生きていくことを選んでいただけたらと思います。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




 

関連記事:

強い喪失感の克服法。失ってしまったものが大きすぎて・・・

泣きたいときは

もうダメだ。終わってしまったと思ったら。

好きなのに別れるしか選択がないときは

卒業を寂しいと感じるのは

自分ではどうにもならない現実に遭遇してしまったら

足掻くのは間違い?あきらめるのが正解?

無力感から抜け出す方法

大切なものが二つ。どちらかを手放さなくてはいけないとき。

幸せになりたいのに

叶わない夢との向き合い方

夢を持つというのはいいことですよね。目標を持って毎日生活する。夢が叶うか叶わないかは別にして、夢を持つことは生きがいにもなるし充実もするでしょう。その夢に向かって毎日努力し、それを達成できたらいうことありません。万々歳ですよね。

ですが、現実はそう甘くない時もあります。毎日一生懸命夢に向かって努力しても、それが叶わないことがあります。どうしても叶えたい。けれど、いくら努力しても夢が近づいてこない。むしろ現実が突き刺さり遠ざかる。そんなときはどうすればいいのでしょう?




・・・

 

夢をあきらめてしまいましょう!

 

大変なことだとは思いますが、夢をあきらめてしまいましょう。

どうせ叶わない夢だとわかっているんです。その叶わない夢に向かうよりは、新たに叶う範囲の夢を探しましょう。今の夢に使っている労力を他の分野で使いましょう。あなたの可能性が今よりも広がるはずです。

違う夢なら叶えられるかもしれないですし、今の夢以上に叶えたい夢になるかもしれません。

だからいっそのこと、叶わない夢なら早めにあきらめてしまいましょう。叶わない夢に足掻けば足掻くほど、あなたの可能性は閉ざされていくかもしれませんよ。ひどい言い方をするなら無駄な時間をすごしてしまうかもしれませんよ?

 

叶わない夢に執着していてもいいことはありません。

 

・・・ですから、叶わない夢はあきらめましょう。

 

 

今ので納得した方はここで今回のブログは終わりです。
夢を諦めることを頑張ってください。一番正しい道だと思いますし、あきらめることも簡単ではありません。むしろ、あきらめないことよりも大変ではないでしょうか?そんな茨の道を歩もうとするあなたを応援しています。大丈夫。きっと今より良い未来が手に入ります。

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

 

・・・

さて、今回はここでは終わりません。
「なにを言ってるんだ。そんなことで夢をあきらめられるか!」を選ばれた皆さん、あきらめることを茨の道と表現しましたが、こちらが安全な道でもありません。こちらも茨の道です。

 

そう、叶わない夢とあなたが思っている時点でどちらの選択も茨の道です。

あきらめることもあきらめないことも簡単ではありません。

 

 

叶わない夢だと思っているとき、うまくいかないと思ったとき、あきらめるという選択が常に頭をよぎります。あきらめないルートを選んだのに、ことあるごとに『もう無理だ。諦めよう。』とあきらめる選択肢が浮かんできます。

そのときはあきらめることを選んでもいいと思います。実際、あなたがそこまで叶えたいと思っていても叶う可能性が少ないんですから。軽い夢なんかじゃないことはわかっています。あきらめるという選択があなたにとってどれだけ重いかもわかっています。本当に苦しい苦しい選択です。ですが、それでも引き際を見極めないと人生を台無しにしてしまうかもしれません

 

 

それでもなおあきらめない、あきらめたくないというあなた。

チャレンジャーですね。誰にでも真似できることではありません。すごいことです。そこまでの夢にめぐりあえてあなたは幸せですね。そんな夢にめぐりあえたからこそ苦しんでいるのかもしれませんが・・・

 

 

もう、そこまできたらあきらめなくてもいいのではないですか?
納得できるまで最後まで突っ走ってもいいのではないでしょうか?

 

最終的には叶わないのかもしれませんが、もしかしたら叶うかもしれませんし。あきらめてしまったらそれこそ、その夢が叶うことはないのですから。100回挑戦してうまくいかなかったら、それこそ1000回挑戦してやるぐらいの気持ちで。3年で無理なら30年かけてやるってくらいの気持ちで。

 

自分が納得できるまで突っ走ってみてもいいんじゃないでしょうか?今の時点では叶わない可能性の方が高いかもしれませんが、あきらめてしまったらその時点で可能性がゼロになります。あきらめなかったら必ず夢は叶うとは言えませんが、夢を叶えてきたのはあきらめなかった人ですよ?

 

周囲の反対、金銭面、体力面、年齢制限、自分の立場、様々な要素からこの夢を追いかけるのはやめた方がいいんじゃないかと考えると思います。そんなときでもあきらめたくないと思うなら『そんなのクソくらえ!それでも絶対あきらめない!』ぐらいの気力でがんばってみてはいかがですか?

 

そこまでできる人はなかなかいないと思いますし、そこまでやっていいものかとも思いますが、そこまでしないと叶わない夢なら、あきらめられない夢なら、やるしかないでしょう。

 

いま、このページを読まれている方は心のどこかではこの夢は叶わない、あきらめるべきだと思っています。

『夢に向かって一直線!』状態の方はこんなにも悩まれていないと思います。夢を叶える難しさを実感し、実現する可能性の低さに絶望し、それでもなんとか叶えたいと思い足掻いてる。一縷の望みにかけて毎日毎日がんばっている。

それでも夢との距離が全然縮まらなくて、これ以上がんばれないのに夢との距離を保つので精一杯。むしろ現実を知れば知るほど遠ざかる。自分では届かないと何度も思って、あきらめようと何度も思って、でもあきらめられなくて。この状態って本当に苦しいです。

叶わないと思っている夢を追い続けるのは本当に疲れます。

 

 

そこまできてもあきらめられずにいるあなたは本当にすごい人です。苦しいのに今も戦っています。この苦しさは戦っている本人にしかわかりません。あなたの葛藤はあなたにしかわかりません。あきらめるべき状況は多々あって、周りからは理解されないかもしれません。

 

あなたの苦しさを理解しているつもりになっている周囲からは『夢ばかり見ずに現実を見ろ!』と言われるかもしれません。実際はそうなんでしょう。周りからは無謀、時間を無駄にしていると思われているのでしょう。

あなたが本当にがんばっていることを知っているし、あなたが真剣にその夢を叶えたいと思っていることも知っている。それでも叶うはずのない夢を追いかえて『時間を無駄にしている』、『あなたにはもっと別の可能性がある』と思い、あなたのためにと思って言ってくれます。それはきっと正しいことなんでしょう。その方が実際あなたは幸せになれるのかもしれません。

 

でも、でも、そこまでしてでもがんばっているあなただからこそ、本当に報われてほしいと僕は思います。

 

 

叶わない夢?そんなことはありません。叶う可能性が1%だって、0.01%だって、0.0001%だって、きっとあなたなら、その1を掴みとることができます。あなたの戦っていた時間が、無駄な時間で終わっていいはずがありません。無駄な時間で終わるはずがありません。

 

あなたが諦めなければ可能性がゼロになることはありません。
叶わない夢、ぜひ叶えてください。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

足掻くのは間違い?あきらめるのが正解?

やるだけやってダメならあきらめろ?

才能がない自分は

折れない心との向き合い方。今の過ごし方。

執着とは

届かない恋は

挫折してしまったときは

あきらめられない恋愛は

意地を貫くことに疲れてしまった。でも今更引けない。

闘い続けることに疲れてしまったら

意志が弱い自分は

意志が弱い自分が嫌になるときってありませんか?

『アルバイトで毎月10万稼ぐぞ!』って決めたのに、休みの日くらいゆっくり休みたいとおうちでごろごろ。
『○○の資格を取ろう!』と決めたのに、特に勉強もせず記念受験。
『禁煙しよう!』と決めたのに、夜にはタバコを買いにコンビニに。




本当、なんでこんなに意志が弱いんでしょう?

しなくてはいけないとわかっているのに、なんでできないんでしょう?

 

上の3つの例でわかることありませんか?

 

・・・

しようとしたけど、できなかった。

これだけでは不正解です。

 

 

正解は
しようと『決めた』けど、実際はできなかった。が正解です。

この『決めた』というのが曲者なんですね。

だって、しようと決めないとできないことなんですから。

 

つまり・・・

 

決意しなくてはできないこと。
意識せずにできないこと。
自分にとってかなり頑張らないといけないこと。

 

・・・なんですよ。

 

 

最初は「がんばるぞー!!」とかなりの決意をこめて臨みます。

1日目しっかりできました。2日目もできました。『なんだ、こんなの簡単じゃん!大したことないじゃん!』と思うかもしれません。簡単に感じるかもしれません。
だけど5日目、6日目になりました。最初ほどのやる気が維持できているでしょうか?『今日もしないといけないのかー、はあっ。』になってしまいませんか?
10日目です。そこであなたは気付くんです。『あれっ?これってもしかして結構難しいんじゃない?』と。

 

そう、がんばっている状態だから難しいんです。意識しないとできないから心に鞭を打ってがんばっている。

だからしんどいんです。

だから続かないんです。

 

 

三日坊主。この言葉が浸透しているように、がんばっている状態を続けることは難しいんです。

あなたの意志が人と比べて弱いというわけではありません。

普通のことなんです。

 

 

でも三日坊主にならず、がんばり続けられている人っていますよね?それはなぜなんでしょう??

・・・

 

本当はがんばっていないか

本当に強い決意をもって取り組んでいるか

 

のどちらかだと思います。

 

 

本当はがんばっていないとは?

努力していないことではありません。むしろ一生懸命努力していると思います。でも、がんばってはいないんです。

謎ですよね?

・・・

がんばっているのではなく、努力を楽しんでいるんです!

 

努力を苦しいことと捉えず、努力を楽しいことと捉えているんです。

 

アルバイトで10万円を稼ごうと思うなら、アルバイトをお金を稼ぐだけの方法にせず、自分の働きたい場所でアルバイトをして、そのアルバイト自体を楽しむんです。極端に言うとお金を稼ぐのが目的ではなく、アルバイトをするのが目的。10万円は働いたオマケにすぎないぐらいの感覚ですね。この楽しむ状態にまでもっていくことができたら、続けられる可能性はグンと上がります。

楽しいからやりたい。やりたいから続けられる。

 

この状態ってはっきり言って無敵です。心と身体のやりたいことが一致しているので、成長スピードも著しいです。なにより最大のポイントは自分は無理をしていないということなんです。苦痛じゃないんです。だから最後まで続けられるんです。

 

でもこの状態にしようと思うとかなり大変なんですよね。感情の問題ですから。自分が好きなことならこの状態にもっていけますが、自分にとって苦痛のことをこの状態にもっていくのは難しいものではあります。

 

 

本当に強い決意をもって取り組んでいるとは?

これができる人は本当に意志が強い人だと思います。上記とは逆の方です。楽しんでいないんです。でもがんばっているんです!

楽しいことと捉えられないんですね。すごく苦痛なんです。嫌なんです。でも、がんばって続けているんです。言ってみれば無理をしている状態だからやりたくないのに、それを根性でねじ伏せている状態です。

アルバイトで10万円を稼ぎます。ですがあなたは仕事の覚えが悪く、アルバイト先の人間関係もよくありません。いつも怒られてばかりで家に帰った後もずっと落ち込んでいます。アルバイトの時間が苦痛で仕方ありません。でも辞めずにずっと続けます。なぜ続けられるのでしょう?

 

性格もあるとは思いますが、立場も関係しませんか?

①あなたは大学生です。親の仕送りもあり、生活に困っていません。10万円は遊びに使うつもりです。
②あなたは先月リストラにあった会社員です。53歳で再就職先を探していますが、なかなか雇ってもらえません。大学生の子どもが2人おり、貯金も全くありません。アルバイトから正社員登用のある会社で働くことができました。

 

どうでしょうか?①の状態のあなたと②の状態のあなた。答えは同じでしょうか?

①なら多くの人は苦痛なアルバイトを辞めてしまうのではないでしょうか?でも②苦痛なアルバイトを続ける人、結構多くないですか?

 

一概に自分は意志が弱いとは言えないのではないでしょうか?

環境や立場が違えばできること、できないことも違います。それぞれを考慮して皆できることをしているのです。

 

 

意志が弱いと感じているあなた。あなたは強い意志をもつ必要がない環境で生活しているのではないですか?いざというときのあなたは、自分でも驚くほどの強い意志をみせてくれるかもしれませんよ?それこそ意志が弱いと悩んでいる今が幸せだったと感じるくらいに。

意志が弱いと思うときは、今は幸せなんだと噛みしめてみてはいかがでしょう?それはまだ、あなたに拒否をする自由が残されているということですよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

変わりたいのに変われないのは

限界を超えてがんばりたいときは

自分が許せない!この苦しみから解放されるたった一つの方法。

やらないといけないのに集中力が全然持続しないのは

意地を貫くことに疲れてしまった。でも今更引けない。

死ぬ気になればなんでもできる!でも死ぬ気になれない。

敷かれたレールの上しか歩くことができない臆病な自分は

仕事を辞めたいのに

信じたいのに

お前はよくやった。十分がんばったと言われても・・・

なにもやる気がしないのは

やる気が全然起きないときってありませんか?なにかしなくてはいけないと思っているのに行動できない、なにをやればいいのかもわからない。
そんなときどうすればいいのでしょう?

・・・

なにもしなくていいんです!ゆっくり休んでください。





やる気が起きないのは心からの黄信号です。心が『疲れたー』とあなたにメッセージを送っています。ここで無理にがんばってしまうと心がレッドゾーンに突入してしまう可能性があります。

やる気が起きないのは、心があなたに『助けてくれー!』とメッセージを送っている状態です。心からのSOS。無視をするのではなく助けてあげましょう。なにもせずにゆっくりと休みましょう。あるいはあなたが好きなことや趣味に没頭しましょう。

 

しばらくすると『こんなことしてていいのか?』と。『もっとやるべきことがあるんじゃないか?』と思うようになると思います。自分のやるべきことをせずに遊んでいていいのだろうかと思うようになります。

 

 

その問いかけに「いいんです!」とはっきり答えてあげましょう。

がんばろうとする自分を拒否しましょう。

そしてなにもしていない自分を許しましょう。

 

気が済むまであなたのやりたいことをやりましょう。

 

だって、なにもやる気がしないのはあなたがヘトヘトな状態だから。限界ギリギリの状態だから。それなのに、まだ足りない、もっとしなければと思ってしまっている状態なんです。周りから見たらあなたは疲れているように見えるのに、そのことにあなただけが気づいてない。がんばりすぎだぞって声をかけずにまだまだ足りない、もっとしなくてはと気を張っている。

 

 

そりゃー、心がブレーキをかけてしまいますよ。それ以上したら限界を完全に超えてしまうぞーと。だからなにもやる気がしないんです。あなたは本当は疲れ果ててヘトヘトだから。フラフラだから。やる気が出ないのはあなたのせいではありません。

 

だから今は休んでください。

自分のしたいことをしてください。

 

しばらくは休んでいる間もモヤモヤすると思います。やりたいことをやっていても、こんなことをしていていいのだろうかと思いスッキリしないと思います。もっとしなくてはいけないことがあるのではないかと考えてしまうと思います。

 

でもなにもしないでください。休んでください。あなたのやりたいことをやってください。

 

 

抵抗がありますか?

本当にあなたは頑張り屋さんですね。
もう少し器用に生きられたら楽なんだと思いますけど、それはあなたの長所だと思います。

 

罪悪感を抱く必要はないんですよ?あなたはがんばってきたのですから。

 

身体の疲れはわかりやすいんです。
例えば、マラソンをして疲れたら休みますよね?ずっと走り続けることはできませんよね?疲れている身体に鞭打って走ったとしてもそこから長時間は走れません。

それと同じ理屈だと思うのですが、問題は心の疲れというのはわかりにくいということなんですよね。だから、こんなことをしていたらいけないと疲れているのにがんばろうとしてしまうんです。

 

でも実際はやる気がしないのは、心が疲れてしまっているってことなんです。

 

あなたは普段から全然やる気がしませんか?

 

違いますよね?『最近やる気がなくなった。今まではできていたのに。』と感じていますよね。だからしんどいんですよ。だから悩んでいるんですよ?

 

 

一番の解決方法は

やる気がしない自分を認める、心が疲れていると自覚することです。

 

 

頑張り屋さんのあなたには難しいかもしれませんが、なにもしないことをがんばってください。がんばらないことをがんばってください。

 

今はまだ心を休めましょう。思いっきり休みましょう。
そのうちやる気が満ち溢れるときが来ます。行動するのはそれからです。

そのときは必ず来ます。だから焦る必要はありません。気兼ねする必要もありません。あなたは疲れている。だから休んでもいいんだと許可を出してくださいね。疲れているのにがんばってしまっては疲れもなかなかとれませんよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

何もする気になれないのは燃え尽き症候群?やる気を出すには?

立ち上がろうとする気力がもてないときは

キャパオーバーとは

燃え尽き症候群とは

重たい心を軽くするには

心が弱ったときは

もうダメだ。終わってしまったと思ったら。

限界?それとも甘えているだけ?

期待に応え続けるのに疲れてしまったら

限界を超えてがんばりたいときは

何も持っていない自分は

人より優れたところがあるわけでもない。それどころか周りと比べて劣っているところが多い。できないことが多い。何もできない。

今までの人生を怠けてきたわけではない。だけど、一生懸命頑張ってもこなかった。
でも、このままで終わりたくない。

一体どうすればいいのでしょう?




大丈夫です。安心してください。あなたは前に進めてます。
だって自分が何も持っていないことに気付いたのですから。

 

何も持っていないことに気付いていないあなたと、何も持っていないことに気付いたあなた、どちらの方がこれから成長できるでしょう?

 

後者ですよね?

 

今あなたが苦しんでいるのは自分は何も持っていないと思っているからです。この場合の思っているというのは現実ではなく、思い込みの割合の方が強いのです。
『何も持っていない』とあなたが思い込んでいるんです。

 

今回、現実問題としてあなたは何もできませんでした。

何も役に立てませんでした。
無力な自分がみじめで腹立たしい。今までできるようになる努力をしていなかった自分を『なんてダメな奴なんだ!』と罵ります。

 

ですが、自分を責める前にもう一度考えてみて下さい。あなたは本当に何も持っていないのでしょうか?

 

できること、ほんとにありませんか?
あなたの周囲に人が誰もいませんか?

 

あなたは本当に何も持っていない人間ではありません。

 

極論を言えば、あなたは今生きることができている。

当たり前だと思いますか?でも、幼い頃に事故で、病気で、あなたの年齢まで生きることができなかった人もたくさんいるんですよ?

 

 

あなたは『何も』持っていないのではないんです。あなたは『それ』を持っていなかっただけなんです。だけど今回、あなたの中で『それ』を持っていないことに対してのショックが強すぎて『何も』持っていないと思い込んでしまっているんですね。

 

あなたにはあなたならではの、あなたにしかない魅力が必ずあります。あなたから影響を受けている人が必ずいます。あなたのことを良く想ってくれている、認めてくれている人たちもいるはずです。あなたが短所だと思っていることでも、あなたの良いところだと捉えてくれている人たちがいるのではないですか?

 

そんな人たちの声にも耳を傾けてはいかがですか?

第一、あなたが自分を責めることは、そのままのあなたがいいと思ってくれている人たちに失礼ではないですか?

 

自分と一緒にいる時間が一番長いのは自分です。一緒にいるということは良いところと悪いところを見てしまいます。人間なんだから良いところばかりではありません。悪いところもたくさんあります。それこそ他人には伝えたことのないコンプレックスの部分も自分は知っています。

 

そのコンプレックスの部分にばかり目を向けていては、落ち込んでしまいますよね。そんな状態になると、せっかくのあなたの魅力が半減されてしまうのではないですか?

たしかにあなたは持っていない自分を情けなく思ってしまいますし、その出来事にあなたの大切な人が関わっているのなら、そのダメージや無力感も一際大きいものでしょう。落ち込むなというのも無理かもしれません。ですが、必要以上に落ち込んでしまうのはよくないことだと思います。

 

 

あなたが『それ』を持っていなかったのは、別にあなたのせいということでもないんですよ。あなたが生きていくために必要なことなら『食べること』や『寝ること』みたいに普通にこなせます。

あなたが『それ』を持っていなかったのは、今までの人生で持つ必要がなかったからです。代わりにしてくれてる人がいたり、そもそも『それ』をする必要のない環境で生活してきたからです。だから、『それ』を持っていなくても仕方のないことなんです。

 

 

ここからがあなたの選択です。『それ』を持てるように努力するか、『それ』を持つことを諦めて持っていない自分を認めるか。
落ち込んで自分を責めていたって状況はよくなりません。前を向いて選択をしたいですね。

 

 

何も持っていない自分を責めてしまうのは、相手のことを思ってのことだと思います。相手に迷惑をかける、相手の希望を叶えられなかった、と。素敵なことだと思います。心優しいですね。あなたは。

あなたは何も持っていないことはありません。苦しい経験をし、見えなくなってしまっているだけです。今は見えづらくなっているかもしれませんが、今持っているものをもう一度見ようとしてください。

 

あなたは自分に厳しい人。。。その厳しさをほんの少し緩めてみてください。きっと、今とは違う景色が見えるはずです。

ここまで真剣に悩めることができるあなたは、十分素敵な人だと思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

無力感から抜け出す方法

満足感を得られない。いつまでたっても満たされない心。

ありのままの自分でいいって本当?こんな自分認められない。

悩んでしまう弱い心にさようなら。強い心を手に入れたい!

自分を責めてしまうことをやめられる魔法の言葉

普通の基準って何?普通から外れるのってそんなに悪いこと?

自信がなくなってしまったときは

自己肯定感とは

期待に応えられない自分は

助けたいのに助けることができない自分は

 

後悔の仕組み。後悔しないで生きるためには。

後悔というのは皆さん一度は体験したことがあると思います。過去を振り返り、『あのときこうしていれば・・・』、『あのとき、もっとうまくできていれば・・・』と、今の選択をした自分を責めてしまいます。

後悔することなく生きていきたいとは考えていますが、なかなか難しいものです。自分の選んだ答えがすべて100パーセント正しいなんてこともありませんしね。




「後できっと後悔するぞ。」ドラマや映画なんかでよく聞く言葉ですよね。主に悪役が捨て台詞として吐くことが多いですが、そこで主役が格好良く言うんですよね。「自分は後悔なんかしない。」と。この台詞を言うことができるようになるのでしょうか?

 

 

余談ですが、後悔とは後で悔やむから後悔なんです。ですから「後できっと後悔するぞ。」はちょっと言葉がおかしいですね。

 

でもこの言葉ってちょっと考えてみたらすごい発見がありませんか?

 

自分がある選択をして、後で後悔するんですよ。

自分がある選択をしている今は後悔しないんですよ?

 

何故なんでしょう??

 

・・・

それは、

今できる最善の選択をしているから。

 

後悔しないように与えられた選択肢の中からその時、その時点で最善のものを選んでいます。

Aという選択は自分が幸せになれる可能性が高い、Bという選択は自分が不幸になる可能性が高い、どちらを選びますか?

まったく同じ条件であったのならAを選択するでしょう。「Bを選んだら俺は不幸になれるんだ、Aなんか選ぶか!」という人はいないでしょう?

 

私たちはそのときそのときで、そのときにできる最善のことをしています。自分が幸せになれる可能性の高い選択をしています。だから、選択をしている今の時点では後悔しないんですよね。

では何故、後で後悔をしてしまうのでしょう?

 

自分の選んだ選択が間違いだったと、後になって思ってしまうからです。

 

今の自分は後悔しないように選んだのに、未来の自分はあの時の選択は間違いだったと感じているのです。『何故、あのとき、あんなことをしてしまったのか?』、『何故、あそこで、あれをしなかったのか?』と自分が選んだ選択が、自分が予想していた成果をあげられなかったとき、(幸せになれると思って選んだのに、幸せになれなかったとき)自分が選んでいない選択が正しいものだと思ってしまうんです。『Aを選んでしまったから自分はこんなにつらい目にあっている。あのときBを選んでいたらここまでの苦労はしていない。』と思い込んでしまうのです。自分の選択は間違いだったと後悔してしまい、選ばなかったほうの可能性を探してしまいます。

 

ほんとのところはわからないんですけどね。Bを選んでいたら未来の自分はもっとひどい目にあっているかもしれませんし。でも、Aを選ぶよりはBを選んだほうがよかったと思い込んでしまうんですよね。

何故なんでしょう??

 

自分には幸せになれる資格があったはずだから。AもBも、もしくはC、D、と無数にあった選択肢の全てが自分が幸せになれないルートしかないと思いたくないから。

あのときの時点では自分は幸せになれるはずだったと言い聞かせたいんです。世界は優しいはずだと思っていたいんです。

 

 

実際問題として選んでいない選択肢がどうなるのかは、わかりません。過去に戻ることもできないので一生わからないままです。

 

あなたの選択は正しかったのかもしれないし、やはり間違いだったのかもしれない。その答えを知ることは永遠にできません。

 

 

後悔というのは自分にとって悪いことに対してついてきます。自分にとって良いことに後悔することはありません。そしてあのときの自分に救いを求めます。もっといい選択をしていればと。

ですがその時点では、あなたは最も後悔しない道を進んでいるんです。つらい未来にならない可能性が一番高い選択をしています。
なのに、なんで後悔してしまうのでしょう?

 

元も子もない言い方をしてしまうなら、自分のそのときの選択に責任をもてていないから後悔してしまうんです。ちゃんとそのときに『自分はこの選択をしたらつらい思いをするかもしれない、だけど後悔はしないぞ』と覚悟ができていたら後悔することも少なくなるでしょう。

 

 

実際生きていく中でそれを行うのは難しいものですがね。わかりやすい選択だけでなく、わかりにくい選択も混じっています。

例えば、今日はいつもより30分早く目が覚めた。散歩をしよう。事故に遭う。なんてこともあります。これを『今日、私は30分早く起きたからといって散歩をしたら、事故に遭って後悔するからやめとこう。』とそのとき思うことはできますか?できませんよね。防ぎようがありませんよね。本当に未来から来ない限りは。だけど、私たちは過去に戻ることはできません。

 

言ってみればどうしようもできないんですよね。なるようになってこの状態になったんですから。あなたは最善を尽くして今に至っているんですから。もっといい今があるはずだと考えてもどうしようもありません。

 

 

それでも後悔をしないというのは難しいです。どうしようもなかったという言葉だけであきらめがつくほど簡単じゃないものでもあります。簡単なものは後悔しても「ま、いっか。」で終わってますしね。

 

後悔の怖いところは、そんな選択をしてしまった過去の自分を責め、今の自分を見ていないんですよね。どうにもならなかったことに対して、あの時ああしていればと仮定の話をしてしまう。過去にとらわれ今と未来を見ていない。そんな状態でいると今があのとき動いておけばという過去に変わってしまいます

 

後悔をしないというのは本当に難しいです。なかには致命的な後悔をしてしまうこともあるかもしれません。でも、そのときはいくら悔やんでも過去は変えられない。変えられるのは今と未来だということも覚えておいてくださいね。後悔している今を未来の自分が後悔しているかもしれませんよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

自分さえ我慢すればうまくいったのに。我慢が足りなかったと後悔する前に。

自分が許せない!この苦しみから解放されるたった一つの方法。

思い通りにいかない人生を生きるには

ありのままの自分でいいって本当?こんな自分認められない。

自分を責めてしまうことをやめられる魔法の言葉

無力感から抜け出す方法

疲れてしまうのは完璧主義者だから?

大切なものが二つ。どちらかを手放さなくてはいけないとき。

お前はよくやった。十分がんばったと言われても・・・

どうしてこうなった?こんなはずじゃなかったのに・・・

あきらめられない恋愛は

あきらめられない恋愛・・・

 

この言葉が出る時点であなたは実はあきらめたほうがいいということがわかっています。もがき、苦しんで、足掻いて、・・・それでも報われなくて、・・・それでもあきらめられなくて・・・今、必死で戦っているのだと思います。

あきらめることができないのは弱さだと表現する人はいますが、その状態でもあきらめていないのはあなたの強さだと思います。




あきらめられない恋愛・・・

一方的な片想い、結婚できない関係性、誰も幸せにならない恋、などがありますかね?それでもあきらめたくないというのは、あなたが相手との関係性を終わらせたくないと思っているということですよね?

 

『自分にはこの人しかいない。』『この人じゃないと自分は幸せになれない。』と思い必死で追いかけている。でも、未来には絶望的な結果しか待ち受けていないとわかっている。それでも、そんな未来を回避しようと必死で戦っている。

 

なかにはあきらめようと言い聞かせている人もいるでしょう。どちらを選ぶのもすごく勇気がいることですし、どちらも苦しい選択です。だけどあなたはどちらかを選ばないといけない。

 

 

・・・ほんと、なんなんでしょうね?この理不尽さは。お互い両思いになり、周囲からもすごく祝福され、あっさり結ばれて幸せになる、そういった人もいるのになんで自分がこんなに苦しまないといけないんでしょう?自分がいったい何をしたんだって気になります。

 

誰もそんな気持ち味わいたくないし、こんなつらい恋愛をするとは思ってもいなかった。でも、現実問題として自分は苦しんでいる。

 

 

でもこれってあなたがすごい人だってことなんですよ?そこまで苦しんでもまだ頑張っているのは。普通だったらそこまで苦しむ前に「この人とは縁がない。」と離れて行ってしまうものなんです。自分が傷つくのがわかっているから、傷が浅いうちに他の相手を探すんです。

 

あなたはそれができなかった人。

 

良くいえば真面目で一途な頑張り屋さん。

悪くいえば要領の悪い執着者。

 

でも仕方ないですよね。あきらめたくないんですから。

 

 

ほんと、すっきりとあきらめられて次の恋に進んでいけたらどんなに楽か。でも理屈じゃないんですよね。心なんです。よく心に正直にと言いますが、心に正直になると幸せになれないから悩んでいる。どうすればいいんでしょう?

 

 

こういった恋愛って人に相談できないことも多いんですよね。だって、相談すればやめとけって言われるのがわかってるから。

 

反対されると思うから相談もしたくない。

 

・・・反対されるとは限らない?まあ、そうですが、9割以上の方は反対するんじゃないでしょうか?だって、あなたが幸せそうに見えないから。あなたがつらそうにしているから。そこまでしなくてもとほとんどの方が、あなたのことを思って反対すると思います。

 

 

でも、あなたが聞きたいのはそんな言葉じゃない。「大丈夫だよ!もっと頑張れよ。」という言葉が聞きたいんですよね。でも、そんな言葉を贈ってくれる人はいない。どうすればいいんでしょうか?

 

① あなたが自分でその言葉を贈り鼓舞する。
それができているうちは頑張れます。でも、頑張り続けているからしんどくなる。弱音を吐きたくなる。疲れます。

② 周りの意見を取り入れあきらめる。
これが一番いい方法かもしれません。あきらめる努力をするということですね。あきらめようとしているときはしんどいですが、割り切ることができれば「あの時の自分は視野が狭かったなー。」と思うことができるかもしれません。あきらめられればですが。

③ あなたが頑張っている方向性を変えてみる。
疲れているのはあなたが頑張っているからです。そしてその成果が思うようにでていないからです。もしかしたら少し頑張る方向を変えるだけで信じられないくらいうまくいくこともあるかもしれません。

 

残念なことにどれを選んでもすぐに解決することはありません。戦いが続きます。あきらめないようにと頑張ってきたあなたなのに、まだ休ませてもらえません。心休まるのはさらなる戦いの後です。

 

 

 

報われない恋はしないほうがいいと言いますが、してしまったものは仕方ないですよね。誰だって苦しい恋なんてしたくはありません。でも、してしまったんですから。仕方がないです。

 

 

・・・ではないんですよ?そもそも報われない恋になってしまったのはあなたがその人のことを本当に大切で、どうしても叶えたいと頑張ってきたからなんです。言い換えれば努力の証ですよ?

 

 

第一、あきらめないといけない恋愛、報われない恋とは誰が判断しているんでしょうか・・・?

常識で考えて?社会的に?

でも最終判断をするのはあなたなんですよ?

 

 

同性愛・・・貫いてもいいんじゃないですか?

家族持ちとの不倫関係・・・10年待ってもいいんじゃないですか?

身分が違いすぎる・・・あなたの大切な人は宇宙人ですか?

 

 

ただ、相手の方はどうですかね?

 

同性愛者だと世間に知られるのを恐れている。

今の家族を捨ててまであなたと一緒になることを望んでない。

身分違いの恋にあきらめている。

 

もし、あなたの相手があなたと同じ土俵に立っていないなら、相手を同じ土俵に立たせる努力をしてみてもいいのではないでしょうか?

 

 

選択肢はあなたの中にあるということを覚えておいてください。必ずあきらめないといけないということもありません。今のあなたはあきらめたくない、一縷の望みに賭けてみたいと思っているのですから。あきらめたくないと思っているうちは徹底的に突っ走ってみたり、現状維持でもいいと思うんですよ。今どうにかするのではなく、未来の自分にゆだねてみるのも一つの手ではないでしょうか?

 

あきらめられない恋愛には執着が入ってしまいます。ですが、それと同じくらい、いや、それ以上の相手に対しての愛があることも忘れないでくださいね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

執着とは

悩んでしまう弱い心にさようなら。強い心を手に入れたい!

温度差を感じる恋愛。どうしてこんなに寂しいの?

意地を貫くことに疲れてしまった。でも今更引けない。

好きなのに別れるしか選択がないときは

足掻くのは間違い?あきらめるのが正解?

大切なものが二つ。どちらかを手放さなくてはいけないとき。

闘い続けることに疲れてしまったら

幸せになりたいのに

もしかして浮気してる?信じたいのに疑ってしまうのは。

無価値観とは

無価値観・・・何が無価値なのでしょうか?

 

そう、自分です。

『自分には何の価値もない』と思ってしまうことを無価値観といいます。




この無価値観に陥ってしまうと周りの全てがまぶしく、周りの人が自分より幸せそうに見える。言い方を変えると自分が世界で一番不幸に思えてしまうのです。大げさに聞こえるかもしれませんが、本当にそう思ってしまうのです。最悪の場合は自分には生きている価値がないと命を絶たれてしまうこともあります。

そこまではいかなくても『なんで自分は…』、『どうして自分ばかり』と必要以上に自分を卑下して、他の人を羨み、妬むようになってしまうこともあります。

 

では、本当にあなたには何の価値もないのでしょうか?あなたは世界で一番役立たずですか?

 

そんなことないですよね?あなたが気づいてないだけなんですよね。あなたの魅力が自分にはわかっていないから、自分には価値がないと思えてしまう。自分には持っていないものを他人は持っているから羨ましく思ってしまう。そんな自分が嫌だと感じてしまう。

 

では、どうすればいいのか?

まずは、自分は本当に価値のない人間か考えてみてください。確かにあなたは周りと比べてできないことがたくさんあって、周囲からもあまりよく思われていないかもしれません。確かにあなたは性格が悪く、誰も近くに寄ってこないかもしれません。出来の良い兄と出来の悪い弟とずっと評価されてきたかもしれません。

 

でもあなたは本当に何もできませんか?

本当に周りと比べて全てにおいて劣っていますか?

勝っている部分、本当はあるんじゃないですか?

 

本当に完璧に何でもできる人間・・・いると思いますか?

本当に全く何もできない人間・・・いると思いますか?

 

 

 

人間なんだからできることなんて限られています。鳥のように自分の力で自由に飛び回れることもないですし、魚のように海の中で生活もできません。でも、それができないからといって、私はなんて価値のない人間なんだと思う人は少ないと思います。

 

それは何故でしょう??

みんなできないとわかっているからです。できないのは自分だけではないとわかっているからです。

 

 

では、あなただけができないことは何でしょう?

 

恋人がいない?
恋人がいない人、たくさんいますよね?

友達がいない?
友達がいない人、あなた以外にいませんか?

両親から愛されていない?
両親から愛されていない人、あなただけですか?

お金がない?
お金がない人、あなたより困っている人いませんか?

 

仮に全部がないと思っていてもそれは現在なんですよね。未来ではないんです。

あなたにわかっていることは、今現在のことだけなんです。明日のことはわからないんですよ?

 

なのに、自分には価値がないと落ち込んでしまうのはもったいなくないですか?仮に今、あなたにつらい未来が見えていたとしても、あなたの行動次第でその未来を変えることはできませんか?今までできなかったからといって、これからもできませんか?

 

価値がないからといって何もしなかったら、あなたは価値のないままですよ?

 

 

元々僕たちは、無価値観とは縁がない生活をしてきました。自分にはなんの価値もないんだと悩む1歳児、見たことありませんよね。

初めは自分に価値があって当然と考えているわけです。それが思い通りにいかないことがあったり、他人に厳しく責めたてられたり、自分の無力さを嫌というほど思い知ったときに

 

自分には価値がないと思い込んでしまうんです。

そう、ぶっちゃけ、あなたの思い込みです。

 

誰もあなたに価値がないとは思っていません。あなたに価値がないと思っているのはあなただけです。

あなたが無価値だと思うのはあなたの勘違いです。あなたに何の価値もないなんてことは絶対にありません。

あなたは今できていないことに目が行っているだけです。できないことばかりを見て、できていることに目を向けていないだけです。もう少し自分にできていることにも目を向けてみてはどうでしょう?新しい気付きもあるかもしれません。

 

あなたは自分で思っているよりも、価値のある人間だとおもいますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

自分を安売りすると、とんでもない赤字になる。借金地獄で苦しむ前に。

無力感から抜け出す方法

何も持っていない自分は

1日5分でできる悲劇のヒロイン症候群の治し方

自信がなくなってしまったときは

自己否定感とは

自分が大嫌い!!ここから自分を大好きになるには?

比較ばかりされるのはもううんざり。面倒くさいと感じたら。

認めてもらいたい人に認めてもらえない。承認欲求の制御法。

無力感から抜け出す方法②

報われないのは期待しすぎているから?報われないと嘆く前に・・・

なにをやってもうまくいかない。がんばっているのに思うような結果が出てこない。報われない。なぜなんでしょうか?

報われないのはあなたががんばっているからです。

以上!




・・・としてしまうとここで終わってしまいますのでもう少し詳しく説明します。

 

報われないのはあなたががんばった成果としての報酬としては少なすぎると感じているからです。現状の評価に満足せず、もっともっと評価してくれと思っているからです。

 

なんか、すごく欲深い人のように感じますが、実際そうなんです。

努力と報酬が見合ってないとあなたが感じているから報われないのです。

 

例えば、あなたが努力して仕事で多大な利益をもたらし、臨時ボーナスが出ることになりました。社長から呼び出され手渡しされました。やったと期待して金額を見ると3000円。

・・・どうですか?

3000円で満足する人は不満なく喜びます。頑張りが認められた。努力してよかった。報われた。と。

ですが、100万円を期待していた人からしたらどうでしょう?『3000円?ふざけているのか?私があんなに寝る間も惜しんで働いたのに、利益がもっともっと出てるだろ!わざわざ呼び出しておいて3000円?3000円なんて小学生の小遣いじゃないか!』と思いませんか?

 

どちらを判断するかはあなたの自由なんですよ。3000円を妥当だと思うか、安すぎると思うか、どちらを選んでもあなたの自由です。(ちなみに3000円は安いみたいな書き方をしましたが、僕の仕事先はいくら利益を出しても臨時ボーナスなんか出ないのでうらやましいです。笑)

 

あなたががんばったことに対して、その結果にあなたがどのように感じるかによって報われる、報われないがでてくるのです。報われないと感じるのは他人じゃないんですね。結局のところ自分次第なんですね。

 

・・・では、報われたと思えばいいことじゃないかといえば、そんなに簡単なことじゃないんですね。

意識して報われたと思うことができたらいいのですが、最初の判断は無意識化で行われます。無意識のうちに努力に対しての結果を評価してしまいます。そこで報われたと思えればいいのですが、全然だめだ、報われないと思ってしまうこともあります。最初の第一印象が肝心で、その評価を意識的に変えていくのは難しいことです。

 

 

では、その第一印象は何をもって判断しているのでしょう?

 

 

答えはあなたが今まで生きてきた経験、人生観です。努力に見合った評価は、あなたのこれまでの経験で判断されます。ですから、進学や転職や結婚、引っ越しなど、あなたの周りの環境が変わると今までの人生観と違う評価をされることも多くなり、報われないと感じることが増えます。これってかなり大変なことなんですよ?だって、今までの人生を否定されていることになるのですから。それが良い方にならいいのですが、報われないと感じているのですから当然悪い方ですよね。報われないというのは承認してほしいという欲求でもあります。

 

でも全員があなたと同じ判断基準なわけではないのです。あなたと違う人生を送ってきたのですから、当然、判断基準もあなたと違ってきます。そんな人に対して『私はこういう基準を持っているから、あなたもその基準で判断してくれ。』は無理ですよね?

 

報われるためには相手ではなく、あなたが変わるしかないのです。あなたの価値観で相手に報酬を期待して、その報酬が自分が思っていたより少なかったからやるせない気持ちになっているのです。相手や結果に報酬を期待しなかったら報われないことはありません。

 

 

まあ、人間なんですから全く期待しないことは無理だと思います。でも、努力したから必ず報酬が出ると思わないほうがいいかもしれません。夢のない話かもしれませんが、、、

 

期待していた報酬が出なくても、あなたがそこまでがんばったことは、絶対にあなたに良い影響を与えてくれます。あなたのがんばりが全くの無意味で終わることは絶対にありえません。ですからもう少し肩の力を抜いてみてはいかがですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

満足感を得られない。いつまでたっても満たされない心。

しんどいなんて言ったらダメだ!もっとがんばらないと!!

私がいくら願っても手に入れられないモノを簡単に手放せるアイツ。許せない!

価値観の違いが許せない!どうしてわかってくれないの!?

変わりたいのに変われないのは

弱者には厳しい世界。どうしてこんなに生きづらい・・・

期待に応え続けるのに疲れてしまったら

届かない恋は

叶わない夢は

幸せになりたいのに

罪悪感を感じてしまうのは

罪悪感を感じたことって皆さん1度は経験があるのではないかと思います。あれって物凄くつらいですよね。

自分が悪いと思い込んでしまう。

 

有名な例では『ポストが赤いのも私のせいだ』でしょうか?なにを言ってるんだって感じですよね?でも、ここまでの罪悪感を感じてしまうことも実際あるんですよ。




ところで、罪悪感ってなんですかね?罪と悪?誰が判断するんでしょう?

 

・・・そう、自分なんですよね。上でも自分が悪いと思い込んでしまうと書きましたが『自分が』、『悪いと』、『思い込む』これが罪悪感なんです。罪悪感ってすごくつらいんですよ。他人に言われてへこむレベルじゃないんですよね。

『自分が』、

『心の底から』、

『自分が悪いと』、

『思い込んでいる』

 

これってかなり厳しいんですよ。お前が悪いと責められ続けるんですから。なにより自分に責められるのだから、逃げ場がないんですよ。誰かに言われるのならその誰かから離れたら責められることはないのですが、自分が相手なのでいつでも、どこにいても責められてしまいます。

 

しかも罪悪感が大きければ大きいほど自分を酷く責めますし、その回数もすごいんですよね。

もしあなたが、自分を責めてる人をみかけたら「そんなに責めなくてもいいのに。」、「あなただけのせいじゃないのに。」と言いたくなるくらいに自分を責めます。しかも他人のあなたが見ているのは、その人の罪悪感のほんの1部分なんですよね。自分を責めて責めて責めて、そこで収まりきらなかった罪悪感の1部をみてしまっただけ。あなたが感じている何倍も何十倍もその人は自分を責めているんです。それが一瞬で終わらない。延々と、何度も何度も自分を責めて責めて責めまくります。

 

・・・一体いつまで?

 

自分を許せるようになるまで。

 

・・・いつ自分を許せるのですか?

 

罪悪感の大小にもよりますが、もちろん罪悪感が大きいほうが自分を許せるようになるまで時間がかかります。自分を許せるようになるというのは罪を許すということなのですから。『自分が悪いんだ。』、『俺はなんてことをしてしまったんだ。』と思っている罪を許す。

 

これってかなり難しいんですよ?

だって『自分は悪いことをしたんだから。』、『自分は簡単に許されてはいけない。』と自分を許そうとする気持ちに歯止めがかかるんですよね。

 

なにより

自分自身が心の底から自分が悪いと思っているからなかなか治せません。

 

急には自分を許すという気持ちにはなれません。すぐには気持ちの切り替えはできません。時間が必要になります。でも、この時間をかける過程こそが自分を許すきっかけになるんです。

 

すぐに罪悪感から解放されることはありません。『ま、いっか。』で終わることならそもそも罪悪感なんて感じないですしね。罪悪感が大きければ大きいほど自分を許すことは難しくなりますし、自分が許せないと感じるようになります。つらい環境に身を置くことになります。100%自分を許せる日が来ないこともあるかと思います。

 

でもそれは、、、

あなたがすごく心の綺麗な人だってことなんですよ?罪悪感とは自分本位な感情ではありません。罪悪感を感じるには相手が必要になります。あなたが思いやりを持った素敵な人だから罪悪感を感じてしまっているんです。

そのことだけは覚えておいてくださいね。

 

 

なかには一生罪悪感を感じて生きていかないといけないときもあるかと思います。自分を許そうとどんなに努力しても許せないときが。

 

そのときは他人が悪いと思ってもいいと思うんです。あなたが罪悪感を感じてしまっても、あなた一人だけに原因があることはないと思います。難癖や言いがかりレベルでもいいんですよ。相手も悪いんだと考えてみてください。

 

例えば友人が大切にしていた物を借りてそれをなくしてしまった。壊してしまった。「別にいいよ。」と友人は笑って許してくれました。交友関係が壊れることなくあなたに普通に接してくれています。『悪いことをしたなぁ。』と思いつつも月日が経つにつれ、次第にそう思うことも少なくなりました。あなたの中では友人の物をなくしたことはもう終わったことで、気にもしていませんでした。ところがある日、あなたは友人が陰で泣いているのを見てしまいました。自分には笑顔で接していてくれた友人が、あなたがなくした物のことで陰でずっと泣いていたとしたら?あなたはきっと『自分はなんてことをしてしまったんだ。』、『勝手に許された気になっていた。』と罪悪感を感じるかと思います。

そしてあなたはその罪悪感に苦しむようになります。友人があなたに良くしてくれればくれるほど、その罪悪感は強くなります。半年、一年と経ちましたがあなたの罪悪感は全然消えてくれません。

苦しいけど救われてはいけないと思っています。

 

 

そんなときは自分に罪はないと思ってください。

 

『あいつが俺なんかに大切なものを貸すから悪いんだ。なくしたくないものなら金庫にでも入れて保管してろ!』、『いつまでも終わったことをネチネチと。お前は別にいいと言ったじゃないか、陰でこそこそ泣くんじゃない!』と思ってください。

 

 

勝手ですかね?

でも、それでいいと思いますよ?

 

だって、それができなくてあなたはずっと苦しんでいるんだから。抱え込んでしまって自分のことが嫌いになってしまいそうなんですから。そうなる前に逃げ道を作ってみてはいかがですか?

 

罪悪感を感じる人は責任感がある人です。無責任な人なら罪悪感を感じることも少ないです。責任感って一般的には良い言葉として使われますが、今回はその責任感が原因で苦しんでいます。責任感が強い人ほど罪悪感も大きいんです。

 

責任感が強い人は自分が抱えなくてもいい罪まで抱えてしまう傾向にあります。

許されてはいけないんだと自分を極悪人に見立てます。

 

本当に苦しいですよね。

人にされたことは許せるのに、自分がしたことは許せない。

 

でも、もう少し肩の力を抜いてもいいんじゃないかと思います。

たとえあなたに罪があったとしても、あなたはもう許されてもいいくらい自分を責めてきたのではないですか?

 

あなたの罪悪感を許すことができるのはあなただけです。

 

心が弱ってしまうほど罪悪感に悩まされているのなら、自分を許すという選択も視野に入れてみてはいかがでしょう?

 

あなたは責任感が強く真面目な、人の心の痛みがわかる人です。そんなあなただからこそ罪悪感に悩まされず、救われてほしいと願います。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

しなくちゃいけない使命感とやることができなかった罪悪感

八つ当たりでいつも人を傷つけてばかり。なんで我慢できないの?

自分が許せない!この苦しみから解放されるたった一つの方法。

自分を責めてしまうことをやめられる魔法の言葉

疲れてしまうのは完璧主義者だから?

責任感が強いのは長所?責任感が強すぎると短所に変わる。

期待を裏切ってしまった。消えない罪悪感を消す方法。

自分さえ我慢すればうまくいったのに。我慢が足りなかったと後悔する前に。

変わらないといけないのに変われない自分。自己嫌悪の解消法。

期待に応えられない自分は