やらなければいけない思考、するべきだ思考を手放せば自由になれる!

皆さんは『~をやらなければいけない!(~をしてはいけない!)』、『~をするべきだ!!』という思考を持ってはいませんか?

ほとんどの人が共感してくれることとして、

『親なら子どもを育てなければいけない!』と自分に思うし、『親なら子どもを育てるべきだ!!』と他人に対して思うんです。




この『~をやらなければいけない!(~をしてはいけない!)』思考や『~をするべきだ!!』思考は、日常生活を過ごしていく上でやることが当たり前のこことして社会や、あなたの頭の中に認識されていきます。

 

 

今だったらコロナ関係が新たにその思考になってますよね。

 

 

「不要不急の外出をしてはいけない!」、「外出をするときはマスクをするべきだ!!」という社会になってますよね。(これを批判しているわけではありません。ちょっとした例えとして使わせてもらってます。)

 

 

これって今では当たり前のこととして認識されていますが、コロナが広まるまではこんなこと言われたこともなかったんですよね。

 

 

インフルエンザが流行しているときでも「不要不急の外出をしてはいけない!」という認識はなく、外出を控える人もあまりいなかったと思います。

マスクにしても風邪をひいている人がしているだけで、全員がマスク姿の状態になるなんて、いままでではありえないことでした。

 

 

この『~をやらなければいけない!(~をしてはいけない!)』、『~をするべきだ!!』思考って、あなたの行動や選択を制限しているのはわかりますか?

 

 

「不要不急の外出をしてはいけない!」という思考は、用事もないのに外でブラブラしようかという選択を制限しています。

「外出をするときはマスクをするべきだ!!」という思考は、マスクをしていない人が自分に近づいてくると不快な気持ちになります。

こんなのコロナが流行するまではありえなかったことです。

 

 

新たな社会の常識があなたに新たな価値観を与えているんですね。

 

 

コロナが流行する前までは、別に用事がなくても出かけたいときに出かけられていたんですよ。

コロナが流行する前までは、別にマスクをしようがしていなかろうがどうでもよかったんですよ。

 

だけど『~をやらなければいけない!(~をしてはいけない!)』、『~をするべきだ!!』思考によってあなたは選択する項目が少なくなっているんです。

視野がね、その思考によって狭くなってしまっているんです。

 

 

人はね、それぞれに自分の『~をやらなければいけない!(~をしてはいけない!)』、『~をするべきだ!!』思考を持っています。

 

 

こだわりと言い換えてもいいかもしれません。




一般的に代表なものとして

 

人に迷惑をかけてはいけない
犯罪を犯してはいけない
仕事をして働かないといけない
結婚して家庭をもたないといけない
友だちを作って仲良くしないといけない
子どもを産んで育てないといけない
親の老後の世話をしないといけない

 

などといったものがあります。

 

上にあげた7つの『~をやらなければいけない!(~をしてはいけない!)』思考、あなたはすんなりと頭に入っていきましたか?

 

 

すんなりと入ってきた人は上の7つに対して『~をするべきだ!!』思考を持っている人です。

 

 

でもね、すんなりと入ってこない人もいるんですね。

 

別に働かなくてもいいじゃん
結婚なんかしなくていいじゃん
友だちなんか作る必要ないよ
子どもなんていらないよ
親は施設にあずけたらいいんだ

 

こういった思考の人も多くいます。

 

 

この人たちと比べてあなたは制限されていることがわかりますか?

 

 

この人たちはそれに関しては自由なんです。なにをしてもいいし、どこにでもいけるんです。

 

 

でもあなたは『~をやらなければいけない!(~をしてはいけない!)』思考によって鎖をつながれ、行動も限定されてしまうんです。

 

自由な人たちは野原を駆け回る犬だと考えてください。

そしてあなたは家の庭で鎖をつながれた犬です。

飼い犬の場合は飼い主の人間によって行動を管理されます。

 

あなたも実はこれと同じなんです。

あなたも、あなた自身や周りの人間の思考によって行動を管理されているんです。

 

 

『~をやらなければいけない!(~をしてはいけない!)』、『~をするべきだ!!』思考はあなたの世界を狭めてしまうんです。

 

 

ある程度は持っていないといけない思考ではありますが、それが多く強すぎるとあなたの首をしめ苦しめてしまいます。

 

 

そして心が弱ってしまう人ほどこれらの数が多く、しかも強いことが多いです。

鎖を断ちたくても強固すぎてできなくて、苦しみ続けます。

自分の思考にしめ殺されかけてしまいます。

 

特にね、『~をやらなければいけない!(~をしてはいけない!)』思考の方が強すぎることが多いです。鎖を外してはいけないと思っていることが多いんです。

 

息ができないような状態でもまだその思考を手放そうとはしません。

その思考を前提にどうすればいいのかを考えます。

その思考でそこまで追いつめられているのに。

その思考でどうにもならなかったから今の現状になっているのに。

 

 

『~をやらなければいけない!(~をしてはいけない!)』思考も大切ですが、疲れ果ててしまう前にその思考を少し緩めてみてもいいのではないですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



やめるわけにはいかない!プレッシャーに押し潰されそうな時は?

責任感が強いのは長所?責任感が強すぎると短所に変わる。

休むわけにはいかない!休むのが怖い!休んでなんかいられない!!

自責感が強すぎて。もう十分苦しんだはずなのに。いつまでそこを歩くの?

しなくちゃいけない使命感とやることができなかった罪悪感

自分が憎くて許せない!どうしてこんな自分が生きてるの?

介護疲れ。誰も大変さをわかってくれない!介護はやって当たり前?

辛いのは闘っているから。苦しいのは頑張っているから。譲れないから。

休んでなんかいられない!もっと頑張らないといけないのに。

自分なんか死んでしまえ!自分なんか消えてしまえ!自分が憎い!

コミュニケーション能力がないと仲間外れに!聞き上手を目指そう!!

皆さんはコミュニケーション能力は自分はあると思っていますか?

自分のコミュニケーション能力がなさ過ぎて、困ってしまった場面になったことはありませんか?

 

このコミュニケーション能力があるかないかで、人生は全く違うものへの変化していきます。




コミュニケーション能力が高いと好感を持たれやすく、あなたの周りに人が集まってきます。

反対にコミュニケーション能力が低いと敬遠されやすく、あなたの周りから人が離れていきます。

 

正反対の人生です。

 

 

コミュニケーション能力が高ければ高いほど、人生は充実しやすいです。

 

 

当然ですよね。

生きていく上での対人関係は決して切り離せないものなんですから。

低いよりは高い方がいいのは当然です。

 

 

コミュニケーション能力が高いとね、色んなメリットがあります。

 

①友人が普通の人よりも多いです。

②あなたの周りにはあなたを好きな人が集まります。

③他人のあなたに対する評価も甘々です。

④仕事も他の人よりも成績がいいことが多いです。

⑤異性からもモテます。

⑥周囲から羨望の対象になります。(嫉妬の対象にもなります。)

 

コミュニケーション能力が高くなるだけで、コミュニケーション能力が低い場合と比べてこんなにも違います。

どうせならコミュニケーション能力が高くなって、より充実した生活を送りたいですよね。

 

 

でもね、皆さん、『コミュニケーション能力は簡単には上がらない!』とあきらめていませんか?

 

 

たしかにね、コミュニケーション能力は多くの人と関わらないと上がりません。

苦手な人はコミュニケーション能力を上げる前に、自分のできなさにイラついたり幻滅したりで、よけいにコミュニケーション能力が下がります。

 

でもね、やり方さえ間違わなければコミュニケーション能力は一定基準までは簡単に上がります。

 

 

『コミュニケーション能力は簡単には上がらない!』というのは皆さんの誤解です。

 

 

コミュニケーション能力は簡単に上げることができます。

 

 

コミュニケーション能力はある一つのことを意識するだけで、一定基準までは簡単に上がります。

それは、、、

 

 

人の話を聞くことです。

 

 

はい。これだけです。

このことを意識するだけで、あなたのコミュニケーション能力は飛躍的に向上します。




コミュニケーションが苦手な人ってね、『なにを話せばいいんだろう?』と悩む人が多いです。

 

どんなことを話せばその人に好感を持たれるか?

どんな話題にすれば相手に好印象を与えることができるか?

そっちの方に意識が向きすぎてしまっているんですね。

この時点で間違っているんですよ。

 

 

自分のことを相手に知ってもらおうと必死になりすぎているんです。

 

 

コミュニケーションはお互いに相手がいないと成立しません。

なにもあなたから話さないといけないということはないんです。

共通の話題がまったくなくても全然問題ないんです。

むしろ共通の話題がまったくない方が話が盛り上がることもあります。

 

 

『自分のことを知ってもらおう!!』と思うよりも『相手のことを知りたい。』と思ってください。

 

 

あなたが積極的にならないといけないことはないんです。

 

 

むしろ相手を積極的にしてあげてください。

話し上手よりも聞き上手を目指してください。

 

というか、

 

 

話し上手は聞き上手な人でもあります。

 

 

聞き上手は相手の気持ちをリラックスさせるので、相手は気分よく話をすることができます。相手は気分がよくなるのであなたと話していると楽しいという感覚になります。

相手にとってあなたはコミュニケーション能力が低い人ではなく、話していて楽しい話し上手な人という認識になります。

相性がいいとも思ってくれるかもしれません。

そうすると相手の方からあなたへ話しかけてくることも増えてきます。

 

 

でもね、この聞き上手って、ただ相手の話を聞いていたらいいだけではありません。

 

 

相槌を打たなければいけません。相槌を打たずに聞いていても相手の会話はすぐに終了します。

しかもただただ「うん。うん。」と言っているだけではいけません。

 

ずっと一定のペースで「うん。うん。」と言っていても、相手は『こいつ俺の話を聞いてないだろ。』と思われてしまいます。

空間を敏感に察知してその都度相槌を変え、身振り手振り、顔の表情などにも注意しなければいけません。

 

 

このテクニックさえ身につけることができれば、あなたのコミュニケーション能力は爆発的に上がります。

 

 

『それって簡単じゃねーじゃん!?』と思われる人もいるかと思いますが、自分で話題を考えて話すよりも簡単だと思います。

その都度相槌を変えと書きましたが、その言葉もそんなに大した言葉ではありません。

 

 

「うん。」、「うん。うん。」、「そっかー。」、「えーっ!?」、「そうなんだ。」ぐらいで十分なんです。

 

 

わりとほんとにこの5種類の相槌だけで相手との会話は成立します。

相手が勝手に話してくれるから。

 

これね、会話の主導権は相手が握っていると勘違いする人もいるのですが、会話の主導権はあなたが握っているんです。

聞き手側がそのときのコミュニケーションを支配しているんです。

相手は気持ちよく話している気がしても、実はあなたに話をさせられているだけなんです。

 

しかもこれの最大の利点は、

 

 

相手が満足してくれるんです。

 

 

相手に好印象を与えます。

あなたは相手にとって、もっと話をしたい人になります。

 

そこまでくればね、多少コミュニケーション能力が低くても相手は許してくれます。

許してくれるというか、相手はあなたがコミュニケーション能力が低いとは思いもしません。

あなたがどう反応しようと相手にとってのあなたは、一緒にいると楽しい人なんです。

 

 

コミュニケーション能力が低い人は話す力を鍛えないといけないと思っているかもしれませんが、それは間違いです。

 

 

コミュニケーション能力が低い人ほど聞く力(傾聴力)を鍛えれば、コミュニケーション能力が向上します。

 

 

コミュニケーションで悩まれている人は、まずは聞く力から伸ばしていきませんか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



ただわかってほしかっただけなのに・・・どうして伝わらないの?

伝え方と受け取り方。冗談で言ったつもりだったのに誤解で大問題に!

自分だけ雑に扱われるのは性格の問題?もうやってられない!!

「死にたい。」と言ってくる人への対応法。否定ではなく共感が大事!

人との交流が怖い!傷つけられるのが嫌!引きこもりになった時は?

お互いに傷つけ合う恋愛。彼女(彼)じゃないとダメなのに!どうして?

社会に適応できないのは何故?環境を変えれば劇的に変わる!

孤立して集団の輪の中に入れない!自分が間違っているのか?

自分のことしか考えられないのはなぜ?思いやりを持ちたい!!

すぐにビクビクオドオドしてしまう。挙動不審を治すにはメタ認知?

知らない方がよかったことを知ってしまった。過去に戻りたい。

皆さんは人生で『知らない方がよかった。』と思ったことはありますか?

よくね「知らない方が幸せなこともある。」ってドラマとかでは使われていますが、実際に現実でもあるんですよね。

一度知ってしまったら戻れないことが・・・




知らない方がよかった。

知らなければまだ幸せでいられたのに。

 

知らなければよかった。

知らなければまだがんばれたはずなのに。

 

知りたくなんかなかった。

知らなければ今までの人生を否定することもなかったのに。

 

 

僕ね、以前は知らなければよかったことなんてないと思っていたんですよ。

『どんなに酷いことだったとしても、それでも知らないよりは知っている方がマシだ。』と思っていました。

今は性格がだいぶひねくれてますが、20代までは結構純粋だったんですよ。

 

 

けどね、世の中にはあるんです。

 

 

知らなくていいこと。

知らない方が幸せなこと。

知ってしまったら後戻りができないこと。

 

 

知ってしまったら今までの世界に戻れないことが。

 

 

その出来事を体験するとあなたはものすごい衝撃に襲われます。

 

 

ひどい場合は『これまでの人生は嘘だったのか!?』と思うようなショックを受けます。

確固としてあった価値観が歪みます。

自分の軸が狂います。

何を信じたらいいのかわからなくなってしまいます。

 

 

『知らない方がよかった!!』と後悔しても、知る前に戻ることはできません。

 

 

その記憶を消すことはできません。

 

知ってしまったがために、あなたは幸せではなくなりました。

知ってしまったがために、あなたは今までの世界を信じることができなくなりました。

知ってしまったがために、あなたの今までの世界は偽りのものへと変わってしまいました。

知らない方がよかったことを知ってしまったときは、本当に絶望です。

 

世界が急激に変化します。

 

 

知らないままであった世界と知ってしまった後での世界は、あなたにとってはまったくの別物です。

 

 

いくらがんばっても親が妹ばかりかわいがるのは、自分だけ血が繋がっていないからだ。

彼に結婚しようと何度も言ったのに拒否されたのは、彼には自分の家庭があったからだ。

すごく尊敬して『この人に一生ついていこう!』と誓った人が、影ではわたしのことをすごく馬鹿にしていた。

彼女が近づいてきたのは愛情からではなく、僕の財産と地位が目当てだった。

 

 

こんなことを知ってしまったら、いままでのような生活はできません。

 

 

裏切られた気持ちになります。

あなたからしてみたら実際に裏切られたも当然ですしね。

 

『いままでの間、相手に何を期待していたんだ。』とやるせなくなります。

 

 

『どうせならもっと早く言ってほしかった。』、『隠すのなら最後まで隠し通してくれ!』となります。





もっと早くに言ってくれたら、あきらめることができたのに。

最後まで隠し通してくれたら、夢を見ることができていたのに。

 

 

中途半端に長引かせて打ち明けるなんて一番タチが悪いです。

 

 

何を信じていいのかわからなくなってしまいます。

最初から教えてくれていたらここまでのダメージはなかったんですけどね。

平和な生活を用意しておいて後でネタバラシなんて最悪もいいとこです。

 

 

現実はときにあなたに残酷な事実を告げてきます。

 

 

知ってしまえばもう夢や希望を持つことはできないんですね。

ただその現実を受け入れるしかなくなります。

『今は無理でも将来は・・・』と念じていたものが、そんな将来はもう存在しないんだと告げてきます。

 

 

でもね、僕たちはわりと何でも知りたがるんですよね。

 

 

自分に関することや自分の周りのことで、何か隠されているとわかったことはどんなことでも知りたがるんです。

 

 

それがパンドラの箱だということにも気づかずに。

開けてしまえばもう戻ってこれないことになるとは思わずに。

一度気になってしまったことを『そんなことどうでもいいわ。』と捨てることが難しいんですよね。

 

 

よっぽどの悪寒を感じない限り、人は好奇心が勝ってしまいます。

 

 

知りたいという欲求があなたの行動力を何倍にもしてしまい、思考力も研ぎ澄まされていきます。

 

 

そして知らないほうがよかった事実に近づいていくんです。

そして知ってしまったらもう引き返すことはできなくなってしまいます。

絶望の世界で様々なことを葛藤する生活をしなくてはならなくなってしまいます。

 

 

この世界からの脱出法はね、正直言ってありません。

 

 

再度年月をかけて自分の世界を作り直していくことしかありません。

知ってしまった上で、そこでの生き方を模索し続けていくしかありません。

『ありえない!』と考えることすらなかったことが起こった世界で、少しずつ世界の確認をしながら生き方を模索し、自分の新たな人生観を組み立てていくしかありません。

 

人生観が変わるほどの衝撃って本当にすごいんですよね。

ショック死するんじゃないかというほどの衝撃から守るために、解離や多重人格になってしまう人もいます。

 

 

知らない方がいいことを知ってしまった後は、人生経験をさらに積み重ねるしか道はありません。

 

 

その道は長くて険しくて苦しい道になります。

それでも一歩一歩、少しずつ歩いていきましょうね。

 

安定する状態まで歩けたとき、あなたの世界は今よりもはるかに広く、強いあなたになっているはずですよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



理不尽すぎる現実。言い聞かすのも疲れた。心が壊れそう。

ショックを受けてトラウマに。心の傷を癒すこともできない時は?

信じていたのに浮気、不倫された。ずっと騙されていた。裏切られた。

自分には才能があると思っていたのに。才能の違いを思い知った時は?

信頼していたのに裏切られた!心に穴が開いたときは?

ショックからいつまでも立ち直れない!引きずってしまう性格が嫌い。

関わってはいけない人間と関わってしまった。更生させることはできる?

大切な人との突然の別れ。現実逃避ばかりしてしまう。前を見れない。

人生をやり直せる年齢制限はいくつ?何歳からでも間に合う?

強い喪失感の克服法。失ってしまったものが大きすぎて・・・

生きるのが苦しいと思っているあなたへ。生きているだけで皆前向き!

皆さんは生きていくのが苦しい、つらいと感じたことはありますか?

思ってはいけないことだとはわかっているんだけど、生きているのがつらすぎて涙を流したことはありますか?

 

『誰か助けて!なんとかしてくれー!!』と思ったことはありませんか?




すごくつらい思いをされたんでしょうね。

 

 

でもそれでも、生きることに真摯に向き合っているんですね、あなたは。

 

 

自暴自棄になりそうなのを一生懸命制御して、必死の思いで生きているんですね。

 

 

世の中が自分の思い通りになればどれだけよかったのかですが、なかなか思い通りにはいってくれないものなんですよね。

良いことは想定を超えることは少ないのに、悪いことは想定を超えてやってきます。

しかもなぜか悪いことは重なることが多いです。

 

弱っているところにたたみかけるように負の連鎖が続きます。

必死に耐えているところにトドメをさすように重圧をかけてきます。

そんな人生にあなたは疲れてしまったのかもしれませんね。

 

 

あなたはすごい人ですね。

 

 

そんな状態なのにあなたはまだ闘っているんですよ。

 

 

現実に打ちのめされ、世界からひどい仕打ちをくらっても、それでも心が折れてしまうことなく闘っているんです。

 

疲れるのはね、前を向こうとしているからなんです。

 

『一生懸命生きてやろう!!』と心の中では人一倍燃えているからなんです。

あなたは今、誰よりも生きることに対して真摯に向き合っているんです。

なにもできないからといって落ち込む必要なんかありません。

 

むしろその状態でなにもしないことこそが、あなたが真っ直ぐに生きたいという信念がある人であることを表しています。

 

 

人間ね、道を踏み外そうと思ったらいくらでも、それこそどこまでも道を踏み外せます。

 

 

心が弱っているときなどはブレーキもきかないので、あなたがやろうと思っただけで簡単に道を踏み外せるんです。

 

 

自分をひどく傷つけることや他人をひどく傷つけることなどが、通常時よりはるかにやりやすい精神状態なんです。

(なにも道を踏み外すことが悪いことだとは言ってません。そうしなければ自分が生きられない状況になってしまうこともあります。むしろ少しくらいなら生きるために道を踏み外してもいいとさえ僕は思っています。)

 

 

でもあなたはそれをしないんですね。

 

 

自棄を起こすことなく生きています。

 

もうね、

 

それだけですごく前向きなんですよ。

 

 

当たり前のことなんかじゃないです。

すごいことです。

 

 

あなたは誰よりも一生懸命生きようとしているじゃないですか。





そんな過酷な環境にいながら。

投げ出してもいい状況にありながら。

他の人なら耐えられない場所にいるのに。

 

あなたはとても強い人ですね。

 

 

誰よりも真っ直ぐな心を持っています。

 

 

でもね、この状態はすごくつらいんですよね。

心と身体の機能が『通常の半分以下になっているんじゃないか?』と思えてしまうくらい何もできていないのではないですか?

 

なにかをやらないといけないとは思っても、思うだけで心と身体がついてこない。

そんな自分が情けなく、そんな自分が大嫌いなんじゃないですか?

 

これね、違うんですよ?

 

 

なにかをやらなければいけないと思っているだけでもあなたは偉いんです!

 

 

なにもするべきことをしなくても元気に過ごしている人なんて山ほどいます。

『自分じゃなく世界が悪いんだ!』と思ってやりたい放題して、それを楽しいと感じる人もたくさんいます。

 

 

あなたにもそれぐらいの図々しさがあったらよかったんですけどね。

 

 

あなたはそういった人間にはなりたくないと思っているのでしょうね。

そういった人間にはなりたくないから必死でしんどいのに耐え抜いて。

さらにがんばらないといけない生活に突入していきます。

 

 

ほんと堅物で不器用で生きるのが下手ですね。

 

 

もう少し柔軟に、いい加減に生きてみてもいいと思いますよ?

もう少しリラックスして、器用な人生を過ごしてもいいと思いますよ?

 

 

あなたの人生なのだから。

 

 

あなた以外の誰の人生でもありません。

あなたの人生の主役はあなたなんです。

 

 

あなたの人生に文句を言う権利は誰にもありません。

 

 

家族であっても、親友であっても、恋人であっても、上司であっても、誰もあなたの人生に文句を言う権利はないんです。

あなたが何をしようと、どんなことをしても、誰にも文句を言う権利はありません。

(ただ一つの例外としてあなたがしたことによる被害者は別ですが。)

 

『前向きになれない。』とか『惰性で生活していているだけ。』と悩んでいるのかもしれませんが、生きるのが苦しい状態で生きているだけでもすごいんです。

 

 

生きるのが苦しい状態で、今の生活を続けられているだけでもすごいんです。

 

 

生きるのが苦しい状態って本当につらいんですよ。

『嫌だ。』、『なんで?』、『どうして!』、『したくない。』、『自分ばかり・・・』、『うらやましい。』といった気持ちがすごく内からわいてくるんですよね。

それをコントロールするので精一杯になって当たり前です。

 

あなたは必死になってそれをコントロールしようと思っているのでしょうが、そのコントロールをもう少しだけ弱めてみてもいいのではないですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



辛いのは闘っているから。苦しいのは頑張っているから。譲れないから。

死にたくなるのは頑張っている証拠!恥じることなんかない!!

心がしんどい時は無理は禁物!生きているだけでもあなたはすごい!

世界で一番大切な人が亡くなった。もう生きる意味なんてない。それでも?

弱くて無様で格好悪い自分。こんな大人になんかなりたくなかった!

楽しいことなんて全然ない、生きていても辛いだけ思考になった時は?

今までの全てが無駄になった日。人生が終わってからの生き方は?

リストカットは死ぬための行為じゃない。生きるための行為!!

自分が憎くて許せない!どうしてこんな自分が生きてるの?

何もかも自分が悪い。自分さえいなければ。迷惑ばかりかけている。

一緒にいると疲れてしまう!人の否定しかしない人間との関わり方。

皆さんは人の否定しかしない人間と関わったことはありますか?

ただの愚痴レベルならいいのですが、本気で相手をダメ出しするほどの否定しかしない人と関わったことはありますか?

 

これって大変です。




だって、否定しかしないんです。

あなたのいない場所で陰口を叩かれているのなら、あなたもさほど気にならないとは思います。『この人は本人を前にしたらいい人ぶるのに、陰ではみんなの悪口を言ってるなー。どうせわたしのことも陰で色々言ってるんだろう。あまり関わらないようにしよう。』と対応ができます。

 

 

だけど人の否定ばかりする人は、強い人はものすごく強いです。

 

 

本人に面と向かって直接否定をします。陰で言うことはなく、はっきりと言葉で伝えます。ある意味男らしい人です。

「こうしろ!」、「ああしろ!」、「こんなことはするな!」、「なんであんなことしたんだ!」、「なぜ言うことが聞けないんだ!」などなど、まるであなたのことを自分の所有物であるかのように扱ってきます。

 

いやいや、『なんでわたしがあなたの言うことを聞かないといけないんですか??』状態なんですが、否定ばかりしてくる人ってそのことに気づいていません。

さらに猛者ともなると、それをわかった上で「俺の言うことを聞け!!」と押しつけてくるんです。

 

どこまでも俺様な人ですね。

すべてが自分中心の人です。

 

 

否定する対象は一人では終わりません。

 

 

関わる人、関わる人にダメなところを探しだし、ほめることなく否定をします。

その人のいいところなんか全然目に入っていないんです。

 

 

相手の長所を見つけることはできず、相手の短所を見つけるスペシャリストです。

(しかも自分にとっての。)

 

 

人を否定することってあまり楽しくないですよね?

 

その対象者が自分がすごく嫌っている人で、言いたいことも山ほどあり共感できる場合は別ですが、その人のことを特になんとも思ってなかったり、むしろ好意を持っている相手なら、その人を否定されることは面白くありません。うんざりします。

 

話が合い盛り上がっているときは別ですが、次第に話も合わなくなり、その人のことを毛嫌いする人も増えてきます。

話題が合っているうちはいいですが、話題がずれてしまうと急に嫌な人に変身してしまいます。

 

人のいいところを見ようともせず、悪いところだけを探しだして、自分より下だと見下してちっぽけなプライドを守る。

競争することしかできなくなって、負けたくはないから相手の欠点を作り出す。自分の都合のいいように相手を悪い方へと解釈する。

 

 

小さな人間です。

 

 

そんな小さな人間なのにプライドだけは人一倍あるんですね。

 

 

自分の悪いところはわからずいいところばかりがわかっていて、他人のいいところがわからず悪いところばかりわかってしまうというスペシャリストです。

自分が長所(だと思っている点)と、相手の短所(だと思っている点)で比較して勝手に勝負をします。



それでも勝てないときは、相手の短所を妄想で作り上げます。

(その人自身は分析をしていると思っているのですが、妄想のようになるようにこじつけていきます。)

 

自分の長所を伸ばすよりも、相手の短所を理屈をつけて落とす方が簡単なんです。

 

 

人と比べて自分が勝てないと尊厳を保てない人たちなので、自分に勝てるところがなければ相手が負けることを作るんです。

相手との関わり方として

 

①相手を見るときに悪いところから見つけていきます。

②相手の良いところからは目をそらします。

③相手の悪いところを拡大解釈していきます。

④相手の良いところは過小評価をします。

 

こういうことを意識せずに行います。

 

もはや意識せずに悪いところばかりが見えてしまい、発言もその人の悪口ばかりになっています。(しかも特に意識していないので悪口を言っていると気づいていない場合も多いです。)

そんな人と一緒にいることが多いと、あなたがその悪口の対象になってしまいます。

 

 

ずっとあなたの否定ばかりです。

 

 

言動のいたるところであなたの否定が入ります。

あなたを肯定することはほとんどなく、否定ばかりされてしまいます。

 

そして自分がどれだけあなたより優れた人間であるかを延々と説明してきます。

『いや、そんなに説明しなくても・・・』とこちらがうんざりするほどに。

それにうんざりしているうちはまだいいです。

 

 

最悪なのは何度も何度も繰り返し言われることによって、あなた自身がその思考にそまってしまうことです。

 

 

否定ばかりしてくる相手に洗脳されてしまうことになります。

 

 

その人に洗脳されてしまうと『自分は何もできない人間だ。』と思い込んでしまうようになります。

当然ですよね。

いいところは全然見てくれず、悪いところばかり指摘されるのですから。

肯定してもらえることなんてなく、いくらがんばっても否定しかしてこないのだから。

 

そんな人ばかりがあなたの近くにいたり、一番近い相手がそんな人だった場合は、自分の方がズレているんだと思ってしまいます。

だって本当に徹底的ですからね。

「わたしは正しくて、お前が間違っている!!」を本当に徹底的に言われ続けてしまったら、『自分の方が間違っているのか?』と不安になるのも無理はありません。

 

 

相手の方が正しいことを言っているような気になってしまうのも仕方がありません。

 

 

そういう人とは一定以上の距離をとることがベストですが、それができない場合は『あっ、この人飽きもせずにまだ言ってる。よっぽど暇なんだなー。』と流すことを意識しましょう。

 

 

あなたにとって正しいのは相手ではなく、あなた自身です。

 

 

否定ばかりしてくるような相手に負けてしまうのはもったいないですよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



全否定された時の対処法!問題があるのはあなたじゃなく相手。

器が小さすぎる!!頭ごなしに怒ってくる相手への対応法!

できない自分がおかしいの?即戦力を求めてくる職場。

嫌われたくないから無理をする。無理をするから恩着せがましくなる。

長所を否定された時は気にする必要なし。それがあなたの自分の芯!

元彼、元カノといつも比べられる。ダメ出しばかりで悔しい。

「こんなこともできないのか!」と叱られた時は?相手にしたら負け!

いつもバカにされて萎縮。鼻で笑われて動けなくなったら?

見下してくる嫌な人との関わり方。あなたまで落ちてやる必要はない。

比較ばかりされるのはもううんざり。面倒くさいと感じたら。

自分を傷つけるのはもう終わり。心をいじめないで優しくなろう!

皆さんはいま、楽しく生活できているでしょうか?

楽しみもなくしんどい生活をしていませんか?

毎日つらくて苦しい生活をしていませんか?

 

それってもしかしたら自分を傷つけて生活をしているからかもしれませんよ?




自分の心が泣いているのに、さらに追い打ちをかけていませんか?

あまりに自分を傷つけすぎて、もはや痛みさえわからなくなっていませんか?

あまりにも心をいじめすぎて情緒不安定になっていませんか?

 

 

どうしてこんな状態になってしまったんでしょうか?

 

 

あなたが自分の心を押し殺して生きてきたからです。

 

 

自分の心の本当の声を聞かずに、理性で生活してきたからです。

 

 

利益を優先させて行動してきたからです。

自分よりも他人の心配をして生活をしてきたからです。

自分の許容量を超えて他人のために生活をしてきたからです。

 

本当はやりたくないことでも、誰かの負担になるならと進んでやっていたのではないですか?

本当はやりたかったことでも、周りに気を遣ってやらなかったのではないですか?

 

 

あなたは気づかなくていいところまで、人の心に気づくことができる人なんですね。

 

 

そして気づいてしまったからにはそれを無視できない人なんです。

 

 

他人にはすごく敏感で思いやりがあり優しいあなたですが、自分には鈍感で無理を強要する思いやりのかけらもない人なんです。

今までの人生を振り返ってみてください。

 

どれほど無理をしてきたかを。

どれほど自分の楽しみを削ってきたかを。

どれだけ自分をいじめて生きてきたかを。

どれほどそれを他人のせいにしてきたかを。
(誤解を与える書き方になっていますが、そこまで無理をして生きてきた人は少なからずの恨みも持っています。)

 

 

本当にね、不器用な人生を送っていますね。

 

 

別に他人の心に気づいたからといって、それに応えなくてはいけないなんてことはないんですよ。

 

 

知らんぷりをして器用に生きてきてもよかったんです。

 

他人の心に敏感な人でも知らんぷりをしている人なんてたくさんいます。

知らんぷりをしているだけならまだしも、その心を踏みにじることを当たり前にできる人もたくさんいます。

そんな風にあなたも器用に生きてみてもよかったんです。

 

 

でもあなたはそれができない人だったんですね。

 

 

優しすぎて。

思いやりがありすぎて。

他人の心を踏みにじることが平気でできる人の餌食になってずっと傷つき、苦しみながらの人生を過ごしてきたんですね。

 

 

あなたは本当に他人からもたくさん傷つけられ、自分自身をひどく痛め続けてきたはずです。

 

 

それこそ他の人に言っても理解されないようなレベルまで、わかってくれる人が少ないレベルまで、自分をいじめてしまったはずです。

心に負担をたくさんかけて。

精神が不安定になるまで。

身体症状になって表れるまで。



他人のことを気にして思いやり、気遣い、自分のことは考えずに放置、我慢をしてでもという生活を長い間送ってきたはずです。

 

 

その一つ一つが自分を傷つけていることにも気づかずに。

その一つ一つの反動が今出ているのに、生き方を変えられなくて。

自分の心をいじめるのをやめる方法さえわからなくなってしまって。

 

 

そして心の病になり『弱い人』と判断され、さぼっているように思われてしまいます。

 

 

それはあなた自身に対しても言えます。

 

 

『動かないと!』と思っていてもダメージが大きすぎて動けない。

そんなことにも気づかずに『自分はダメなやつだ!!』と責めてしまう。

サボっている自分に誰よりも強くダメ出しします。

 

 

自分のことを考えずに心をいじめていると、そんな生活にまでなってしまいます。

 

 

自分を傷つけていてもいいことなんて一つもないんです。

 

 

すごくがんばって、苦しい思いをしながらも生きてきたのに、そのせいで心が壊れて自分の気持ちもわからなくなってしまうなんて割に合いません。

オマケに周りからは『自分に甘いやつ。自分だったらそうならない!!』という誤解まで与えてしまうなんて。

 

動けなくなった後もしんどい生活が続き、そこから回復するには長い年月がかかります。

しかも完治はなく、いつ再発するかわからないという爆弾までセットされて。

 

 

自分に厳しくなりすぎるといつかそこまで行きます。

 

 

そこから復活できるか、さらにもう一段階悪い状態にいくかはわかれますが。

どちらにしても言えることは、この状態になってしまう前から既にすごくしんどいんです。まだ悪い状態があるのかと想像するだけで怖くなるくらいの。

 

 

自分に優しくなる練習を少しずつ始めていきませんか?

 

 

あなたは既に自分に甘くて優しいと思っているかもしれませんが、全然そんなことはありません。

そんな状態であったのなら、あなたはここまでしんどい状態になってはいません。

 

 

あなたは自分に厳しくなりすぎて、自分をひどく痛めつけてきました。

 

 

そのことをまず自覚してください。

 

 

あなたは自分にとても厳しい人です。

それを自覚することがスタートラインです。

 

 

そして自分に優しくなる必要があるのですがその方法は、、、

 

 

自分の気持ちに素直に行動することです。

 

 

・・・
・・・
とはいえ、それがわからなくなっているんですよね。

 

 

第一段階として、嫌なことは「嫌だ!!」と言ってみましょう。

 

 

この状態って楽しいことには気づきにくいものなんですが、嫌なことには敏感にセンサーが反応する時期があります。そこを通過してしまうと感情を感じなくなってしまうのですが、そこを通過するときこそ脱出するチャンスでもあるんです。

嫌なことが山のように思い浮かんだら最高です。

最悪の段階まではまだいってません。

そこから元に戻ることもできます。

 

 

『嫌だ!!』センサーに反応したことは極力しないようにしましょう。

 

 

自分でやらなくちゃいけないことなら、必要最低限だけして『よくやったね!』とほめてあげてください。

あなたがやらなくてもいいことなら、放棄して他の人に任せてしまいましょう。

 

 

最初はあなたはそのことに違和感を感じると思います。

 

 

『こんなことをしてしまっても本当にいいのか?』と感じると思います。

それを感じることができたら成功です。

それを感じることができずにスッキリしてしまったのなら、別に心をいじめてなかっただけだと思います。

 

 

この違和感の強さはね、あなたが普段からどれだけ自分を傷つけてきたかに比例します。

 

 

自分の心をひどくいじめているほど違和感が大きく、罪悪感や『しなくていいんだろうか?』という気持ちがでてきます。

この違和感は成功の証です。

 

違和感が徐々になくなっていったとき、あなたは自分をいじめる生活から解放されていると考えてください。

何度も繰り返し、自分の心をいじめる生活から少しずつ抜け出していきましょう。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



優しい人、いい人だと損をする?世の中不公平だと感じたら?

他人のことを気遣って仮面をつける。本当の自分がわからない!

やる気が出ないのは怠け者?やらなくちゃいけないという思いはあるのにどうして?

心の病はただの甘え?なったことがない人には辛さはわからない!

人の顔色を伺って生きる仮面をかぶる自分。本当の自分はどこ?

疲れているのに気づかなくなったら要注意!頑張りすぎのサイン!

自分軸で行動すると人生が変わる!他人軸で疲れたときは。

周りが皆幸せそうに見えるのは?『自分はこんなに苦しいのに!!』

利用するだけ利用されてポイ捨て。あんなに尽くしたのに・・・

どうして皆好き勝手言ってくるの?いい加減にして・・・

『あの時どうすればよかったんだ!』はあなたが全力で行動していた証拠。

皆さんは『あのときどうすればよかったんだ!』、『あのときどうしていれば正解だったんだ!』って思うことはありますか?

過去の出来事で悔やんでも悔やみきれない体験をしたことはあるでしょうか?

 

そして今もその悩みにとらわれていませんか?




あのとき一体どうしていたらよかったんでしょうかね??

どうすれば正解をつかむことができていたんでしょう??

 

あのときはね、

 

 

あなたの対応が正解でした!!

 

 

これだけです。

ほんとに。

 

あなたの対応はあのとき、あの瞬間、あの時点では完璧でした。

あなたはあのときに自分のできる最善で最大限の行動をしていました。

それでもどうにもならなかった現在があるのなら、あなたの手には負えないことだった。

 

ただそれだけのことです。

 

 

でもね、あのとき完璧な対応をしていればいるほど、考え込んでしまうんですよね。

 

 

『もっとなにかいい方法があったんじゃないか?』と。

『もっとなにかすべきことがあったんじゃないか?』と。

 

長い時間そのことにとらわれ考え込んでしまいます。

だって、

 

 

解決方法がみつからないから。

 

 

いくら探しても、結局は同じ答えになってしまうから。

 

 

『あのときはあれ以外方法はなかったんだ。』と。

そのことを認めたくなくて、なにかないかと考え悩みこんでしまいます。

 

 

これがね、あなたがすることをしていなかったら悩まないんです。

 

 

『あのときああしていればよかった。』で終わりなんです。

 

 

後悔はありますが、するべきことをしていなかったので悩みはしません。

答えは『あれをこうしてああしていればよかった!』であなたは納得できているんです。

それでなんとかなっていたと思い込んで終わりです。

 

本当はその答えを実行していたとしても足りないことだったとしても。

それ以上の言葉なんて探しません。

 

だって『それができていたらどうにかなっていたはずだ。』と思い込んでいるのですから。

答えは一つなんです。

 

 

答えがいくつも出てくるのは、するべきことをしていた人だけなんですね。

 

 

その答えもめちゃくちゃなことが多いです。

 

 

お金をちょうだいと言われたときに、内臓を売ってお金を渡しておけばよかったんだ。

学歴のないやつは生きている資格がないのなら、もう一度勉強しなおして東大に入ればよかったんだ。

ブサイクすぎて近寄るなと言われたのなら、整形をして別人レベルになってしまえばよかったんだ。

 

どれもこれもめちゃくちゃです。

そして

 

 

どうしようもできないことだった。という答えが見えてきます。

 

 

その答えをまたさらに無視して新たな答えを探し求めてしまうのが、あなたなんです。





これ、ものすごく疲れます。

答えがいつまでたってもわからないのに、それを探そうと必死で悩み続けるんです。

 

あのね、『あのときどうすればよかったんだ!』の答えは・・・

 

 

『あのときはどうしようもできなかったことなんだ。』が正解なんです。

 

 

これを少しずつ受け入れていくしかないんです。

 

 

あなたは人より責任感が強いのでしょうね。

あなたは人より自責の念が強いんでしょうね。

 

周りに責任を押しつけてもいいのに、それができずに自分にだけ責任を求めてる。

自分を悪者にしてまで、周りのことをかばっている。

そして人一倍疲労し、疲れ果てていきます。

 

 

あのね、あなたはいつも自分を責めていますが、あなたに罪なんかないんですよ?

 

 

やるべきことをやっていた。

それでもどうにもならなかったことなら仕方ない。

これで終わりのことなんです。

 

違いますね。

 

これで終わらせなくちゃいけないことなんです。

ここは譲らないといけないところなんです。

このまま譲らずに押し通してしまったら、あなたは心の病気にかかります。

いつまでも引きずってしまったら、最悪命に関わります。

 

 

でもこれを譲るのが本当に難しいんですよね。

 

 

普通なら悩まなくてもいいことで悩んで、こんな結果になってしまったのは自分のせいだと自分を責めて。

そんな苦しい思いをしているのにまだ手放せない気持ちなんだから。

それほど『あのときなんとかしておけばよかった!』と後悔していることなんだから。

自分の全てをもってしても何もできなかったなんて無力すぎます。

 

 

でもね、世の中にはそういうこともあります。

 

 

あなたの全てを費やしていても、あなたの限界を何度も超えていても、いくらあなたの気持ちが強くても、それでも報われるとは限りません。

あなたではどうにもならないことがたくさんあります。

あなたの周りの人脈、コネ、つながり、その全てを使ってもどうにもならないことがたくさんあります。

 

 

『あのときどうすればよかったんだ。』って思い悩んでいるということは、あなたができる範囲の全てを使って全力でやっていたからなんです。

 

 

本来ならあなたは悔やむべきではなく、そこを誇るべきところなのかもしれません。

 

でもね、後悔しかないんですよね。

後悔がなかなか離れてくれないんですよね。

そんなときは後悔してはいけないなんて思わなくていいです。

やるべきことをやったはずなのに、それでも後悔している自分を認めてあげましょう。

 

なんか、ややこしくなってしまいましたね。

 

とにかくね、『あのときどうすればよかったんだ。』思考になってしまうと、後悔の渦の中で身動きができません。

そして次第に『ああ、あのときはどうすることもできなかったんだなー。』と納得するようになってきます。

 

 

それへの移行をがんばろうとしてはいけません。

 

 

納得しなくちゃいけないのに、後悔ばかりしている自分でもいいじゃないですか?

 

 

あなたは否定をするかもしれませんが、第三者から見たらそのときのあなたは、全力で行動をしていたと思います。

そのことだけは頭の隅にでも入れておいてくださいね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



どうしても譲れないものを譲るには?たった一つの方法とは?

『もう無理だとわかっているのに!』どうしても諦められない時は?

自己犠牲は絶対にしてはいけない!人を大切にしろという言葉の本当の意味。

どうして皆好き勝手言ってくるの?いい加減にして・・・

なにもしてあげられなかった無力な自分。後悔と罪悪感。

ショックからいつまでも立ち直れない!引きずってしまう性格が嫌い。

自分さえ我慢すればうまくいったのに。我慢が足りなかったと後悔する前に。

理不尽すぎる現実。言い聞かすのも疲れた。心が壊れそう。

障害を受け入れられない情けない自分。どうして立ち上がれないんだろう?

どうしてこうなった?こんなはずじゃなかったのに・・・

幸せなだけじゃない!クリスマスが原因で破局するカップルは多い!

皆さんクリスマスはいかが過ごされましたか?

家族と団らん、恋人とラブラブ、友だちとワイワイ、独りでため息、どれだったでしょうか?

 

このクリスマス後の記事の第一発目の記事が、少し不謹慎なものになっているのは許してくださいね。




クリスマスって恋人や夫婦がラブラブできるイベントだと多くの人が思っているかもしれませんが、その逆もあるんです。

 

 

クリスマスはカップルや夫婦を破局させるイベントでもあります。

 

 

ほんと、幸せの余韻に浸っている皆さんには申し訳ないんですが、クリスマスが原因で別れてしまう人って結構いるんですよ?

 

それは、相手に特別な期待をしてしまって、その期待を相手が全然してくれなかったから。

相手の対応にあなたが幻滅してしまったんですね。

 

もちろん逆のパターンもあります。

 

相手があなたに特別な期待をしてしまって、その期待をあなたが全然しなかったから。

あなたの対応に相手が幻滅してしまうこともあります。

 

 

ある程度歳がいったら『クリスマスなんて関係ないやー。』思考になるのですが、若い人にとってはクリスマスってやっぱり特別なものなんですね。

日常とは違う気分になりどこか浮かれてしまいます。

 

 

なにか特別なことを期待してしまう気分になってしまうんです。

 

 

そしてその特別な期待がカップルや若い夫婦に襲いかかります。

『あれ?こんなことしかしてくれないの?』、『えっ?プロポーズは今日じゃないの?』、『今日クリスマスなのになんで夕飯がコンビニ弁当?』などなど。

 

 

日常では特に期待していないことでも、特別な日だからこそ期待してしまうわけです。

 

 

バレンタインデーとかも同じですよね。

 

日常では相手からチョコレートをもらえるとは思ってません。

渡す方も6月4日くらいに『チョコレートを手作りして渡そう!!』なんて思わないでしょ?(好きな人の誕生日がその日なら別ですが。)

 

でもそのバレンタインデーだけは男はソワソワするんです。

 

独りであったら誰かからチョコレートを渡されて告白されるかもしれないし、恋人がいるのならその恋人からチョコレートがもらえるはずだって思ってしまうんです。

 

恋人からその日はチョコレートをもらうのは当たり前だって考えの男性だって多いと思います。

あげても全然喜ばないかもしれませんが、渡さなかったらすごくがっかりされます。激怒する人もいます。

 

 

それは『俺はかならずチョコレートをもらえるはずだ!!』って期待しているからです。

 

 

もらって当たり前でもらえなかったら異常なんです。

でもね、そんなことを1年中考えている男性なんていません。

8月27日に『今日は恋人からチョコレートがもらえるかもしれないぞー!?』なんて考えている男性はいません。いたら少しお話してみたいです。



特別な日が特別な期待を作っているんです。

 

 

そういう意味ではクリスマスの方がもっと特別ではないでしょうか?

 

 

彼氏との初めてのクリスマス、『どうやって過ごそう!!』とワクワクして考えていても、彼氏は「あ、その日仕事の日だから会わないよ。次は来週の火曜かなー?」ということもあります。さらにそれが『お前18時あがりだろ!?十分会えるだろうが!?』なんてこともありえます。

彼女に喜んでもらえるだろうと思ってクリスマスプレゼントを渡します。反応を楽しみにしてると目の前には冷めた顔が。「なに?この安物は?センスも悪いし、こんなのなんかいらない。」なんてこともありえます。

結婚のプロポーズを期待していたのに、いつものように食事をして終了。『えっ!?まだ言わないの?いつまで待てばいいの?』なんてこともありえます。

その日は家族サービスをするって言ってたのに、「急に仕事が入った!」で帰ってこない夫。実は愛人と会っていたってことも・・・

 

 

特別な日だからこそ特別な期待を持つし、特別な警戒もしてしまいます。

 

 

それが原因となって口論となり、破局してしまうカップルや離婚してしまう夫婦もいます。

 

 

これが普通の日であったのなら破局しないですんだカップルや離婚しないですんだ夫婦もあると思います。

だけどクリスマスという特別な日だからこそ、期待をしていたからこそ、それが許せなくなってしまうんですね。

 

 

クリスマスは独り身にだけ厳しい日という認識もありますが違います。

 

 

クリスマスはときとしてカップルや夫婦、家族にも厳しい日になってしまいます。

 

 

もしかしたら今この記事を読まれている人の中に、クリスマスで何かがあって別れを考えている人もいるかもしれませんね。

そのときはね、

 

『せっかくのクリスマスなのに!!』という言葉を捨ててみてください。

 

 

特別な日ではなく、ただの普通の日で同じことをされたときのこととして考えてみてください。

その上で今後どうするかを判断してみてください。

クリスマスだからこそ許せないことなのか、ただの普通の日でも許せないことなのかを。

 

もちろんね、特別な日に特別なことをしてくれないのはアウトという価値観でもいいです。

だけど結論をくだす前にもう一度考えていただけたらと思います。

 

クリスマスという特別な日だからこそ、破局してしまった日などもずっと覚えてしまう可能性もあります。

冷静に判断をしたうえで別れるのならその判断をしてくださいね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



信じていたのに浮気、不倫された。ずっと騙されていた。裏切られた。

誕生日を覚えてくれない恋人は愛がない?どうすれば覚えてくれるの?

信頼していたのに裏切られた!心に穴が開いたときは?

大好きだった恋人に振られた。生きる気力がなくなった時は?

離婚した方がいい?この人とはもう無理だと思ったら?

史上最悪の振られ方。こんな終わり方なんて納得できない!!

好きだけど怖い!彼がいないと生きていけない!DV男を信じるのは?

運命の相手だと思ったのにうまくいかない!勘違い?別れる運命?

あれだけ決心をしたのに。決意が揺らぐのは意志が弱いから?

元彼、元カノといつも比べられる。ダメ出しばかりで悔しい。

責任ばかり押し付けられて。自分のキャパシティを超えた仕事量には?

皆さんは自分のキャパシティ(許容量)を超えた仕事量をしたことはありますか?

自分でできる範囲の仕事の量をあきらかに超えている量をしなくてはいけなくなった場面はありますか?

 

これって本当に大変なんですよね。




僕も何回かそういう職場にいたのですが、転職したときに驚きました。(同じ業種で似たようなことをしているところです。)

 

今まで自分一人でしていた仕事を、そこでは5人にわけて分担して仕事をしていたんですね。

しかもその人たちは「しんどい。」とか「なんでこんなに仕事が多いんだろう?」とか「もっといいところに転職しようかなー。」って言っていたんです。

 

 

『・・・えっ!?』です。

 

 

『この人たちは何を言ってるの?』、『こんなに楽な状態で仕事をしているのに?』、『ほとんど定時で帰れる仕事なのに?』、『翌日に仕事を持ち越すことなんてほとんどないのに。』、『しかも失敗をしたとしても、分担しているから責任も自分一人のせいにされることもないのに。』

なんて考えていました。

 

転職したところが普通の基準なのか、甘い基準なのかはわかりません。

ただ言えることとして、前の職場では転職先の職場5人分の仕事量を一人でこなしていたんですね。

ちなみに給料は転職先の方が高かったです。

仕事量はかなり激減したのに。

 

 

自分のキャパシティ以上の仕事量をしないといけないとなると、すごく焦ってしまうんですよね。

 

 

やらなくちゃいけないことが山ほどあるのに、それを片付けることができない。

むしろその山は日を重ねるごとに大きくなる。

もはや一人ではどうにもならない、どこから手をつければいいのかさえわからない状態になっても、誰も助けてくれない。

 

仕事をミスすると怒られる。

できない人間だとして冷たい目で見られる。

『それぐらいのこともできないのか。』と失望される。

 

休みの日でも仕事のことばかりを考えるようになり、『どうしようか?』、『まずはあれからやって・・・』、『明日も何か言われるのだろうか?』、『昨日なにかミスをしなかったかな?』、『もう午後3時だ。休みも終わってしまう。』といった感じで休息になりません。

 

 

かといって『もう仕事なんかいいや!!』と開き直ることも難しいですよね。

 

 

あなたは責任感があるから。

 

 

貯金や養ってくれる人がいるならそういう選択もとれますが、働かないと生活ができない状態であったり、反対に養っていかないといけない側だとなかなか辞めるという手段をとることも難しいです。

仕事で疲れ切ってもいるので転職活動もなかなかできない状態で、毎日終わることのない仕事量に精神を削られる日々です。




僕がこの状態を乗り切る手段としてやっていたことは、とにかく仕事に打ち込む時間を増やすことだったんですね。

 

毎日15時間くらいは勤務していたと思います。多いときだと30時間くらいは不眠不休とかもありました。休憩は食事をかきこんで食べる5分間とトイレに行くとき、シャワーを浴びる少しの時間だけでした。

10時間くらいで帰ったら「お前こんなに早く帰るのか?仕事は終わったのか?」とトップに怒られていました。

 

ちなみにその職場、防犯カメラという名の監視カメラがありました。僕が仕事をさぼっていないかトップが家で監視していました。

書類上では僕は8時間勤務ということにされていましたが、その時間で帰れたことは数回しかありません。書類上で8時間勤務なので残業手当もゼロです。

 

とにかく独裁者のところにいたんです。

休日が完全週休二日制だったのは救いでしたけどね。

そんな独裁者のところで7年くらい働いていたと思います。(上のような状態になってしまったのは後半の4年くらいです。)

 

なんでもっと早くに辞めなかったかというと

 

 

『辞めたら逃げたようになってしまう!!』という気持ちがあったからです。

 

 

すごく負けず嫌いだったんですよ、昔は。(今も変なところで負けず嫌いです。)

 

それにね、『この仕事を僕が辞めてしまったら、ここはどうなってしまうんだろう?』いうのもありました。

僕しか知らない仕事が7割くらいあったので、僕が辞めてしまった後のことを心配していたんです。(笑)

 

 

責任感や守らなくてはいけないものもあるとは思いますが、まずは『ここを辞めてはいけない!!』というプレッシャーから少し心を軽くしてあげませんか?

 

 

極端な話ね、仕事ができないくんでもいいと思います。何度も怒られて注意されて、それでも同じ態度のままでも。

 

 

周りから何を言われようとも『うるせー!俺は金さえもらえればなんでもいいんだ。』、『できないわたしにこんな仕事を押し付けてくる方が悪いんだ。』となってもいいんです。

それで「あいつには仕事は任せられない!」となっても別にいいじゃないですか?

 

 

実際に一人ではどうにもならないんだし。

 

 

山のように仕事をたくさん溜めて、富士山を目指してもいいんです。

あなたが無茶をして、身体や心を壊してしまわないといけないような状況になるのなら。

 

 

『こんなもんでいいや。』、『とりあえずこれだけするかな。』ぐらいの軽い気持ちでいましょう。

 

 

どうせ全力でやっても叱られるんです。それなら手を抜いて叱られる方があなたも納得できるでしょう?

 

 

一番やってはいけないことは、僕みたいにムキになって張り合ってしまうことです。

そうなると常に緊張状態になり、リラックスができなくなってしまいます。

リラックスができないと、できるも仕事もできなくなってしまいます。

 

あとは現実的にはやはり転職活動ですね。

 

すぐに動く必要はありませんが、『どんな求人があるのだろう?』とかを少しずつ調べてみるのも気分がまぎれるかもしれません。

あなたは仕事山積みで自信をなくしているかもしれませんが、あなたのできることはあなたが思っている以上に多いのではないかと思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



仕事がたまりすぎて終わらない!一人で抱え込んで山積みになったら?

責任感が強いと損をする?人手不足を解消するには。

転職したいけど勇気が出ない!仕事を辞められないのは?

孤立して集団の輪の中に入れない!自分が間違っているのか?

一人で抱え込みすぎるのは要注意!周りばかり気にすると押し潰される!!

自分の実力以上の結果を求められたら?死ぬ気で頑張ればいい?

責任感が強いのは長所?責任感が強すぎると短所に変わる。

息が詰まる!ギスギスした人間関係とミスを許されない職場。

キャパオーバーとは

自分だけ雑に扱われるのは性格の問題?もうやってられない!!

感情に素直になろう!我慢をすると自分の気持ちがわからなくなる。

皆さんは泣きたいとき、どうしていますか?

皆さんは怒りたいとき、どうしていますか?

素直に泣いていますか?

素直に怒っていますか?

 

感情に素直に従っていますか?




それとも我慢しているのではないですか?

 

 

泣きたいときに我慢をして泣かない人も多いです。

 

 

「そんなことぐらいで泣くな!」、「男の子なんだからしっかりしろ!」、「お姉ちゃんでしょ?いつまでも泣かないの!」、「はいはい、いい子だから泣かないの。」といった具合で幼少期から泣くことはよくないことのようにしつけられます。

 

『だいの大人が人前で泣くなんて恥ずかしい!』という価値観を持っている人も多いでしょう。

一人のときであっても『泣くな!弱虫!強くなれ!!』と自分を叱責する人も多いのではないですか?

悲しくて泣いているのに、そんな自分をひどく責めて涙を止めようとする人もいます。

 

 

泣きたいときに我慢をしてしまうことって多いんですよね。

 

 

怒ることにしても同様です。

 

 

怒りたいときに我慢をして怒らない人も多いです。

 

 

「お兄ちゃんなんだから怒らないの!」、「そんなことで怒ったらダメよ。」、「なんで○○さんに怒ったの!謝りなさい!」、「こんなことぐらいで怒るなんてバカじゃねーの?空気読めよ。」といった具合で怒ることはよくないことだと教えられます。

 

大人になればよけいにそうかもしれませんね。

職場の上司に腹が立ったからといって怒ってしまったら、その後に損をするのはあなたです。

姑に我慢できず口答えをしてしまったら、あなたの100倍以上の強い言葉が姑から返ってきます。

 

 

最終的には怒らないで我慢をするという方法が、一番被害が少ないとわかってしまうんです。

 

 

泣くことや怒ることをしない方が平和な生活ができるんです。

あなたさえ我慢をしたら、周りの平和を崩すこともなくなるんです。

 

でもね、我慢をしすぎてしまうと泣けなくなってしまうんです。

でもね、我慢をしすぎてしまうと怒れなくなってしまうんです。

 

その状態が進行すると自分が悲しいかどうかさえわからなくなります。

その状態が進行すると自分が怒っているのかどうかさえわからなくなります。

 

 

そしてそれは喜怒哀楽のすべてに広がっていきます。

(悲しみと怒りを我慢することでそうなることが多いです。嬉しさや楽しさを我慢することはそれほどないので。)

 

最終的には自分は今怒っているのか、悲しんでいるのか、うれしいのか、楽しいかさえわからなくなってしまうんですね。

 

 

つまり自分の感情がわからなくなってしまうんです。

 

 

自分自身の気持ちがわからなくなってしまいます。

 

 

それは自分自身を見失ってしまうことも意味します。





それはね、生きていく上で本当に大切なものを失ってしまっている状態になります。

それがさらに進行すると、自分の人生ではなくどこか他人の人生、まるで半分夢の中にいるような状態になってしまいます。

自分はこの世界に存在しているという現実感さえ消失してしまうんです。

 

我慢をすれば波風をたてることはありませんが、どの状況でもずっと我慢をしているとこんな状態になってしまいます。

そしてこんな状態になってしまうと、自分を取り戻すのに時間がかかります。

 

 

それは我慢をした代償としてはあまりにも大きいものです。

 

 

代償というか、我慢をすることでもあなたは耐えているのに、さらなる追い打ちですね。

 

 

ここまでなってしまうのは、あなたが人一倍忍耐力があり、我慢強さがあるからです。

 

 

迷惑をかけてはいけない。

いい人でなければいけない。

反撃されたら怖い。

自分が耐えればいいんだ。

 

という思いが強い人です。

 

 

感情に理性で蓋をできる人たちです。

 

 

だけどね、理性が強すぎです。

 

 

もっと感情を優先させてください。

 

 

感情に蓋をしすぎです。

我慢のしすぎです。

 

 

あなたがそこまで我慢する必要はどこにもありません。

 

 

あなたがそこまで我慢をして、周りに合わせる必要なんてありません。

あなたがそこまで我慢をして、周りを守る必要なんかありません。

 

もっとね、周りと激突してもいいんですよ?

もっとね、周りに迷惑をかけてもいいんですよ?

別にトラブルメーカーになったってかまわないんですよ?

 

そもそもね、あなたが感情のままに動いたとして、それは迷惑をかける行為じゃないんです。

 

 

皆が当たり前のようにやっている当然のことなんです。

 

 

もちろんね、感情を理性で蓋をしなくて自分の思うがままにしていたら、わがままです。周りからもその人は嫌われていると思います。

皆は感情と理性をコントロールし、理性で蓋をしながらも感情を出さないといけない場面では出します。

 

 

あなたの場合、理性の蓋が重すぎるんです。

 

 

他の人が理性の蓋を持ち上げるときでも、あなたの理性は重くて持ち上がらないんです。

あなたは理性で抑制できる力が強くて、いつも我慢をしているのではないですか?

 

そして自分の気持ちさえわからなくなってしまった。

本当の自分を見失ってしまった。

 

 

本当はね、そこまで我慢する必要はなかったことなんです。

 

 

たとえ相手と険悪になろうが、周りから空気を読めない人と認定されても、あの人はわがままな人だと思われてしまっても、

 

自分の気持ちがわからなくなることに比べたら全部どうでもいいことなんです。

 

 

あなたは『他の人も我慢をしているのに・・・』と思っているのかもしれませんが、違います。

断言します。

 

 

あなたは我慢のしすぎです!!

 

 

もう少し自分に優しくなってくださいね。それが自分の気持ちに気づく一番の近道だと思います。

一度わからなくなってしまうと難しいものですが、少しずつ自分の気持ちに気づいてあげる練習をしていきましょうね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



自分さえ我慢すればうまくいったのに。我慢が足りなかったと後悔する前に。

自分の心がわからない。頑張りすぎて麻痺してしまったあなたに。

無性にイライラしておさまらない!心が落ち着かない時は?

元気を出さないといけないのに元気が出ない。心が沈んでる時は?

泣くのは恥ずかしいこと?すぐに泣いてしまう自分が情けない。

ありえない対応をされた時は我慢しなくていい。思いっきり怒れ!!

笑えなくなったのは心のSOS!泣けなくなったのは心の死!!

八つ当たりでいつも人を傷つけてばかり。なんで我慢できないの?

悲しくて仕方ない!悲しみに押し潰されそうになったときは?

苦しい時こそ笑えは間違い!本当に苦しかったら笑わなくていい。