孤立して集団の輪の中に入れない!自分が間違っているのか?

グループの中で孤立してしまったことってありませんか?

学校だったり、部活動だったり、職場だったり、家庭だったりと、僕たちは普段色々な集団の中で生活をしています。

この集団生活がうまくいっているうちは何も問題はないのですが、このグループの中で孤立をしてしまうとかなりしんどいです。

まずね、

孤立ってめちゃくちゃ怖いことなんですよ。





人間って、自分の敵だと認識した相手にはどこまでも冷たくなれるんです。虫ケラやゴミクズ扱いならまだましですが、それ以下になってしまうことも多々あります。

『同じ空気を吸うのも嫌だ』状態になってしまうこともあります。

 

そういった人たちには、あなたや人間の常識なんか通用しません。なんの悪気もなしに平然と、人を傷付ける行動をごく自然にとれるようになるんです。

 

 

孤立している人に対してよく、孤立してしまう方にも原因があるって言われてますよね。

「孤立させている相手も好きで孤立させているんじゃないんだ。孤立されても仕方ない原因があるから孤立してしまうんだ。」

・・・

これって的外れな意見だと僕は個人的には思います。

 

 

だって、

孤立されても仕方ない原因があったとしても、孤立させてしまわない方法なんていくらでもあるでしょう?

 

 

その方法を相手がとらない時点で、問題があるのはあなたじゃなく相手なんです。

 

 

『いじめる方よりいじめられる方が悪い』ですか?

『人を殺す方より殺される方が悪い』ですか?

『自殺の原因を作った相手より自殺をした人の方が悪い』ですか?

 

全然話が違うと思うかもしれませんが、突き詰めていけば同じなんです。

 

 

『孤立させる方より孤立する方が悪い』なんて絶対にありえません。

 

 

あなたは絶対に悪くありません。

 

あなたの周りが悪いんです。

 

 

この場合、あなたの周りが悪いというより、あなたの周りが正常な判断をできていないといった方が正確かもしれません。

 

まずね、人って怖いもので集団心理が働くんです。

リーダーの思考が感染していくんです。

 

リーダーが一人のターゲットをいじめだすと、他の人もその人をいじめるようになります。

『リーダーがやっているから。』理由はただそれだけです。

 

リーダーと集団の数人がその人をいじめるようになります。そうするとそれがさらに感染します。

『皆がいじめているから。』たったそれだけの理由です。

 

段々とその割合が大きくなってしまいます。最悪なときはその集団の全員が、その人のことをいじめるようになってしまいます。

 

でも、その最初のスタート地点は、

『他の人がやっているから。』です。

 

 

なんか、『自分の意見はないのか?』とツッコミたくなる内容ですが、いじめている人はそのことに全然気付かないんですよね。

中には気付いていて嫌々やっている人もいますが、ほとんどの人は気付いていません。

 

そのターゲットのことを、自分が気に食わない奴だからいじめているんだと思っています。自分の感情でいじめているんだと思っています。

 

それが自分の感情ではないと気付かずに。

リーダーの感情だということに気付かずに。

 

なんか、マヌケな人たちですよね。他人の感情を自分の感情だと勘違いして行動している。

自分がマリオネットの操り人形だと気付かずに、自分の意思で自由に生きていると思っているのだから。

 

 

別にその人たちを責めているわけではありません。僕もその立場にいたこともありましたから。

集団の中だと気が付きにくいんです。

皆がしていると自分もしていいような気がしてくるんです。

 

『赤信号みんなで渡れば怖くない』って皆が笑う馬鹿げた言葉ですが、これなんです。

集団で特定の人をいじめている人たちは、赤信号をみんなで渡っているんです。

そのことに渡っている当人たちだけが気付かないんです。

 

 

あなたは間違っていません。

 

間違っているのは正常な判断ができなくなってしまった周りです。

 

 

これの解決法なんですが、

一番の解決法はその集団との縁を切ることです。

 

輪の中に入れなくて悩んでいるのならば、別に輪に入る必要はありません。

そこから抜けちゃいましょう。

 

それがおそらくあなたにとってベストな解決法です。

 

 

もちろん、自分は今の状況を不快に思っていることをしっかり伝えるとか、輪の中に入れてもらうようにコミュニケーションをとっていくといった方法もあります。

 

でもこれ、めちゃくちゃ大変です。

 

 

あなたを一度敵と認識してしまった相手は、あなたに対して極めて強い態度で接してきます。

あなたが下で自分が上だと心の底から思っています。

 

それが一人や二人ならまだいいですが、十人、二十人となってしまうと威圧感もすごいです。

あなたを見る冷たい視線をはっきりと感じられます。

 

そんな中で自分のはっきりした意思表示をすることって、口で言うほど簡単なことではありません。

そんな中でコミュニケーションをとっていくことって、想像以上に精神を消耗させます。

 

はっきりと意思表示をしたところで、『生意気だ!』とさらに孤立がひどくなるかもしれません。

相手に合わせてコミュニケーションをとっても、『なに?こいつ?』とケチをつけられることもあるかもしれません。

 

とにかく、

あなたのすべてにイライラする状態なんです。

 

 

この状況を変えようと思ったら、並大抵の努力では追い付きません。血反吐を吐くがんばりが必要になります。

それでも状況が変わるとは限りません。

 

 

そうじゃないですか?

 

あなたは既に血反吐を吐くがんばりをしていませんか?

 

それでも変わっていないんじゃないですか?

 

 

ただその場所に行くだけで『来るんじゃねーよ!』と態度に出されて、話し掛けると『なんだよ!話し掛けてくるなよ!めんどくせー!』とオーラを出されて、それでもがんばっているんじゃないですか?

 

誰もわかってくれる人がいなくて、自分の方が間違っているのかと悩みながら。

ここで離れてしまったら、人間として逃げてしまうことになるのではないかと考えながら。

 

 

本当に、そこまで合わせてでもいなくちゃいけない場所なんでしょうか?

 

本当に、身も心も削りながらでもいなくちゃいけない場所なんでしょうか?

 

 

なにも今すぐその場所から離れろと言っているわけではありません。

でも、『いつでも離れていいんだ。』ということは覚えておいてください。

そう思っておくだけでも心は随分軽くなると思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

全否定された時の対処法!問題があるのはあなたじゃなく相手。

誰もわかってくれない孤独感!本当は辛いんだと叫びたかった!!

見下してくる嫌な人との関わり方。あなたまで落ちてやる必要はない。

逃げたらダメは間違い!逃げるのは悪いことじゃない!!

比較ばかりされるのはもううんざり。面倒くさいと感じたら。

努力が足りない?頑張っているつもりなのに責められるときは。

認めてもらいたい人に認めてもらえない。承認欲求の制御法。

どうして皆好き勝手言ってくるの?いい加減にして・・・

明日からが憂鬱で仕方ない!サザエさん症候群になったら?

王様と奴隷?わがまますぎる人から離れられないときは?

自分の時間がない子育て。育児ノイローゼになった時は?

子育てって大変ですよね。赤ちゃんの頃はもちろん、ある程度大きくなるまでは本当に大変です。

自分ではなく、子ども中心の生活をしないといけません。

 

赤ちゃんや小さい子どもは一人で生きていくことはできないので、自分と子どもの人生を背負わないといけません。

自分の人生が背負えているときは問題ないと思いますが、自分の人生さえ重くて引きずっている人もいます。

それなのにさらに荷物を背負わないといけません。




一般的にはお母さんが育児ノイローゼになりやすいと言われています。

お父さんより子どもと一緒にいる時間が長く、自分一人の時間を持ちにくいからです。

 

赤ちゃんのうちは本当に子どもから目を離せられません。

少し目を離したすきに命の危険さえあるときもあります。

予想だにしなかったことが起こることもあります。

 

赤ちゃんのことを第一に考えて生きていかないといけません。

 

かわいいと思えているのなら、より充実した生活を自分にもたらしてくれますが、なにかのきっかけでそれが壊れてしまったら大変なんです。

赤ちゃん中心の生活が負担になるんです。

子どもを育てることがあなたの負担になるんです。

 

いわゆる育児ノイローゼですね。

 

 

この育児ノイローゼなんですが、実はすごく大変なんです。

 

しんどいからってやめるわけにはいかないんです。

がんばり続けないといけないんです。

今日の時点でもうヘトヘトなのに、明日も明後日もこの生活を続けないといけないんです。

気に入らない赤ちゃんだからといって『こいつ、いらねー。』と簡単に捨てることはできません。

 

 

ある一定の年齢までは、親は自分の子どもを育てる義務があります。

 

逃げ場がありません。

 

 

やっと寝てくれてほっとひと息つこうとしたら、ギャーギャーギャー泣き出す。

おしっこかなと思ってみても出ていない。ミルクかなと思っても泣き止まない。

あやしてもあやしても泣き止まない。

 

赤ちゃんがまるでモンスターのように見えてしまい、パニックになってしまいます。

思わず、「泣いてないで説明して!」と言いたくなってしまいます。

 

・・・

いや、泣くのが赤ちゃんの意思表示なんですけどね。

 

ただ、こういう思考になってしまうこともあるわけです。

 

 

自分ではもう対応できないから。

 

自分ではやれることはやったのに、それでも泣き止んでくれないから。

 

赤ちゃんが『お母さん、僕の気持ちわかってよ!』、『お父さん、わたしのことちゃんと考えて!』と要求してくるから。

 

「もうやってるだろ!」と言い返したくなります。

 

 

仕事で疲れているからと育児にまったく無関心の夫。

お兄ちゃんなのに全然言うことを聞いてくれずに、問題行動ばかり起こす子ども。

気分転換に遊びに行こうとすると「子どもをほったらかして遊びに行くつもり!?」と怒鳴ってくる親。

 

毎日毎日がんばっているのに、「親なんだからして当たり前。」の一言で終わりねぎらいの言葉もない。

友人に食事に誘われたので行ってもいいか尋ねると「親の義務を放棄するのか!?」と飛躍して捉えられる。

 

 

ほんとね、ノイローゼにもなりますよ。

 

 

『お前らは好き勝手やってるじゃん!?こっちの大変さも知らないくせに!!』と言いたくなりますよね。

 

友人に相談したり、子育てサロンに行くなどの対応もありますが、育児に理解をしてくれる人が周りにいないとそれさえできません。

出かけること一つにしても気を遣い、電話も必要最低限です。

 

周りに頼れなくて一人で抱え込み、心の余裕なんかなくなります。

 

どんどん心が腐っていくのがわかり、周りの能天気さが許せなくなります。

 

 

この環境で子育てをしていくことって、かなり大変です。

あなたの大変さを理解してくれないんですよね。

 

 

子どもがやっと寝静まった頃に帰ってきて、子どもの寝顔を見て幸せそうな顔をする夫。

『こっちがどれだけ大変かも知らないくせに、幸せそうにするな!!』と言いたくなりますよね?

 

弟の子育てだけでも手一杯なのに、やんちゃが過ぎるお兄ちゃん。

『お兄ちゃんでしょ!?どうしてそんなに問題ばかり起こすの!?いい子にしてなさい!!』と言いたくなりますよね。

 

 

『わたしがこんなにつらいのに、どうしてあなたはそんなに幸せそうなの?』

『わたしが困るところを見て喜んでるの?そんなにママのことが嫌いなの?』

 

 

こっちの気持ちを理解してくれないモンスターのように感じてしまいます。

何を考えているのかわからない悪魔のように思ってしまいます。

 

でもね、これってすごく単純なことなんです。

 

 

夫の立場からすると『仕事が大変でもこの寝顔のためならがんばれる。』、『明日からもがんばるぞー!』とエネルギーを充填しているだけなんですよね。

お兄ちゃんの立場からすると『弟のことばかりで、僕のことを全然かまってくれない。』、『ママ、僕をもっと見てよ!!』とお母さんの愛情がほしいだけなんですよね。

 

ただそれだけのことなんです。

 

 

でもこれは、

お母さんが悪いというわけではありません。

 

お母さんはそういったことにも気づけない、あるいは気づいていても対応できないほど、追い込まれていたんです。

 

 

本当は子育てが大変なんだと家族に訴えてみましょう。

それでも聞き入れてくれないのなら、泣きながらでもいいですし、怒りながらでもいいです。

 

本当はつらかったのだと言ってみましょう。

本当は困っているのだと言ってみましょう。

 

わかってほしいのだと伝えてみましょう。

 

 

あなたは今まで我慢して生活をしてきたのではないですか?

あなたがそこまで追い込まれているのなら、改善をしてもらわないといけません。

 

あなたが我慢すればいいという話ではありません。

 

 

 

あなたは責任感が強く、真面目でがんばり屋さんなんだと思います。

 

今までよくがんばってきましたよね。

今もまだ、一人でがんばろうとしていますよね?

 

 

でももう、一人で抱え込みすぎるのはやめにしませんか?

もう限界だと主張する権利があなたにはあると思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

子育てを全くしない夫。どうして私だけが苦労しなくちゃいけないの!?

誰にも相談できない悩み。一人で抱え込むのは悪いこと?

誰もわかってくれない孤独感!本当は辛いんだと叫びたかった!!

責任感が強いのは長所?責任感が強すぎると短所に変わる。

今すぐできる!ストレスに潰されそうになったときの応急措置!!

一生懸命頑張っているのにどうして!?報われない原因とは?

自分のことしか考えられないのはなぜ?思いやりを持ちたい!!

自分さえ我慢すればうまくいったのに。我慢が足りなかったと後悔する前に。

しんどいなんて言ったらダメだ!もっとがんばらないと!!

こんなに尽くしているのに、私を大切にしてくれない恋人。なぜ?

もう疲れた。なにもかもどうでもいいと自暴自棄になったときは?

なにもかもどうでもいいという思考になってしまったことってありませんか?

あまりにうまくいかないことが多すぎて、やることなすこと裏目に出て、がんばろうという気力なんてまったく湧かなくなり、ただただ疲れてしまった。

 

なにもする気になれず、時間だけを浪費している感覚になり、世界から自分一人だけが切り離されたように感じてしまう。

他の人とは違う時間軸で生きているように思います。



これってがんばり屋さんに多いんです。

 

 

なにもかもどうでもいいって一種の自暴自棄なんですが、この状態になるまでがんばってしまったからです。

やりきってしまったからです。

自分のベストを尽くしてしまったからなんです。

 

 

この思考になってしまったときって、がんばろうという気力になれない自分を責めてしまうものなのですが、前提が違うんです。

 

あなたはがんばりすぎてしまっただけなんです。

 

 

泉を想像してみてください。

がんばる気力が湧いている泉です。

そこから水をすくってがんばります。

 

泉の大きさには個人差があります。

すごく大きな泉を持っている人もいますし、反対にすごく小さい泉の人もいます。

でも、大きさはそんなに重要ではないんです。

 

重要なのは自分の泉の大きさを把握していることです。

僕たちは通常なら泉の大きさを把握しています。

そして泉が枯渇しないように使用量を調整します。

 

泉からがんばる気力が湧くのと、使用する気力が同じ程度になるとバランスがとれ、人生が充実します。

基本は僕たちはそのバランスがとれるように動いてます。

 

 

だけど、その調整がうまくいかないことがあるんですよね。

 

絶対に失敗できないことだから大部分を消費する。

認めてもらえないから、認めてもらうようにさらにさらに消費する。

一つ一つは少なくても、数が多すぎて消費が大きい。

 

こういったことになってしまうことがあります。

 

 

要するに許容量を超えているんですね。キャパオーバーです。

 

これが今のあなたの状態です。

 

 

自分のバランスを崩してしまうほどがんばってしまった後なんです。

 

もう疲れたと思っているあなたは、がんばりすぎてしまったんですよ。

 

 

そのことにあなたが気づいてないからしんどいんです。

モヤモヤするんです。

どうして自分はがんばれないんだと責めてしまうんです。

 

気がついていない人もいるかと思いますが、

今のあなたは自分を責めているんですよ?

 

 

だって、そこまでがんばったのなら、自分の泉が枯渇してしまうまでがんばったのなら、結果はどうあれ、充実感が残ります。

こんな無力感なんて残りません。

 

 

あなたはがんばりすぎたことに気づいてないから、こんなにも疲れているんです。

 

 

・・・

本当は気づいているはずです。

自分がどれだけがんばってきたかを。

 

だけどそのことに気がつかないフリをします。

 

結果がでなかったから。

もっとがんばっている人がいるから。

 

 

結果がでなかったのにがんばったことを認めるって、それって自分の能力のなさを認めてしまうことになるんですよね。

もっとがんばっている人がいるのに自分はもうがんばれないなんて、その人より情熱が足りないことを認めることになってしまいます。

 

だからがんばってきたことを必死で否定します。

自分はもっとやれたはずだと必死で思い込みます。

やるだけやりきったはずなのに、そのことを考えないようにします。

 

 

がんばりには個人差があります。

すごくがんばれる人もいますが、全然がんばれない人もいます。

あなたは自分のことを全然がんばれない人だと思っているはずです。

 

でも違います。

 

あなたはすごくがんばれる人です。

すごくがんばっていた人でした。

 

泉の水が枯渇するまでがんばった人なんです。

大切なのは他の人よりもがんばったかではありません。

自分の容量に対してどれだけ使用したかです。

 

 

あなたの周りにもがんばっている人がたくさんいますよね?

こちらから見ても一生懸命がんばっている人ってわかるでしょ?

その人たちががんばれるのは、気力が湧くのと使用する気力のバランスがとれていからです。

自分の容量を超えていないんです。

 

 

でもあなたは違います。

 

あなたは自分の容量を超えてまでがんばってきた人なんです。

自分の限界に対してのがんばりの割合はあなたの方が大きいです。

 

その証拠として

 

動けない。

なにもやる気にならない。

もうどうでもいい。

 

こういった症状が出てきます。

 

あなたは最初からこの症状が出ていたわけじゃないですよね?

 

最初は

動けていたでしょ?

なにかをする気になっていたでしょ?

もうどうでもいいだなんて思わなかったでしょ?

 

 

あなたはがんばりすぎて疲れてしまっただけです。

 

 

今はゆっくりと休みましょう。

疲れてしまった身体をいたわりましょう。

疲れてしまった心をねぎらってあげましょう。

 

休んでもいいんだと自分に許可をだしましょう。

 

 

ここまで来てしまうと休まないと前に進めないんです。

根性論で乗り越えられる段階ではなくなっています。

 

そこまでがんばることができたあなたは素晴らしいと思います。

決してダメな人間なんかじゃありません。

 

 

でも、今はもう疲れてしまいましたよね?

 

もう、休みませんか?

 

ここまでがんばってきたんです。

もうがんばることができない自分を認めてあげてもいいのではありませんか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

もうこれ以上がんばれない。無気力で動けなくなってしまったとき。

何もする気になれないのは燃え尽き症候群?やる気を出すには?

もう心が折れた…大きな挫折をした直後にするべきことは?

なにもやる気がしないのは

自分の心がわからない。頑張りすぎて麻痺してしまったあなたに。

努力と頑張りの違いとは?頑張りすぎても破滅するだけ。

やらなくてはいけないのに動けない。やる気が出ないのはなぜ?

やることなすこと全部裏目に。あれっ!?どうやって生きていたっけ!?

休んでも休んでも疲れがとれない。休み下手のあなたに効く裏技。

もっと頑張らなきゃいけないのに、頑張れない。自分は怠け者?

何をやっても逆効果!辛くて苦しくてしんどくて悲しくて悔しいときは?

皆さんはどうしようもないくらいつらくて、苦しくて、しんどくて、悲しくて、悔しいという状態になったことはありますか?

 

何をやってもうまくいかず逆効果で、楽しいと思えるときなんてほとんどない。

気がついたら暗い気持ちになってしまって、ため息ばかりついている。

 

こんな状態になってしまったことってありませんか?




この状態ってすごくしんどいんですよね。

 

なんで自分はこんなに不幸なんだと卑屈になってしまいます。

周りの幸せそうな人が許せなくなってきます。

妬みが激しくなり、周りの幸せを一緒に喜べなくなってしまいます。

 

そんなちっぽけな自分が醜くて憐れです。

自己嫌悪も強くなってしまいます。

 

 

これって、あなたががんばっているからなんですよ?

 

 

あなたが一生懸命毎日を生きているからなんです。

 

 

一生懸命生きていたら見返りがほしいじゃないですか?

できることなら幸せでいたいじゃないですか?

 

見返りとまではいかなくても、少なくとも不幸にはなりたくないじゃないですか?

一生懸命生きてきて不幸になるなんて考えたくもないでしょう?

 

 

でもあなたは、その状態になっています。

 

 

そんな状態になってもまだ、必死にがんばっています。

 

 

自暴自棄にならず、この状態から抜け出す方法を必死で探しています。

そうじゃないとこのブログには辿り着きません。

 

 

この状態って、まるで何か呪いでもかけらているんじゃないか、呪われているんじゃないかと思うほど、悪いことばかり重なります。

昨日までの不幸の最高記録を今日は簡単に更新してしまいます。

日に日に不幸になっていくんですね。

 

全然ありがたくないです。

 

この状態って悲しみや虚しさと共に、怒りの感情もすごいんですよね。

『こんなにがんばっているのにどうして!?』と暗い気持ちが心で育っていきます。

妬みも上限がないんじゃないかと思うくらいひどくなってしまいます。

 

 

必死にそこから抜け出そうとしても、底無し沼のようにドンドン沈んでしまいます。

 

動けば動くほど沈んでいきます。

がんばればがんばるほど、沈んでいくんです。

 

報われない話ですが。。。

 

 

がんばったからといって報われるとは限らないんですよね。

『報われなかったのはがんばっていなかったからだ!』、『努力が足りなかったからだ!』と気合を入れて生きている人もいます。

 

 

あなたもかってはそうだったんじゃないですか?

 

 

今もそうなのではないですか?

 

 

今もそうだけど、その生き方に限界がきて、疑問を感じているのではないですか?

だからこういったブログを読んで見たり、本を読んでみたり、人に相談してみたりと行動されているのでしょう?

 

そうして辿り着いた答えは、『がんばらなくていい。』って答えじゃないですか?

 

 

「がんばりが足りない!もっともっとがんばれ!」と言ってくるサイトや本は少ないように思います。

みんな口を揃えたように『あなたががんばりすぎているからだ』と書いていますよね?このブログでもそうですし。

 

僕もまだうまくは実行できませんが、これを初めて目にしたときって正直むかつきました。

がんばりが足りなかったから、こんな状態になってしまったのに、何をふざけたことを言ってるんだと思いました。

 

なかなか受け入れられなかったんですよね。

がんばりを否定すると怠け者になってしまう気がして。

みんながんばっているのに自分だけフェードアウトするなんて、世界から切り離されてしまうような気がして。

世界から見捨てられてしまうような気がして。

 

だから結果が出ないのはがんばっていないからだと決めつけて、さらにがんばっていました。

 

 

当時の僕は1日2時間睡眠生活を続けていました。寝てる時間がもったいない。今日は昨日よりも成長しとかないといけないし、明日は今日よりももっと成長しないといけないとと、時間に追われていました。ほんとに分単位の生活を続けてきました。(元々僕は8~9時間睡眠ぐらいしてもまだ寝たりないというぐらいの人間でした。)

テレビを見る時間がもったいないし、ご飯を食べる時間がもったいない。風呂に入る時間ももったいないし、通勤する時間ももったいないと本気でそう思っていました。

気分転換は全然しませんでした。気分転換をしてしまうとこの場所に帰ってくることができなくなると思い、しんどさに気づく時間さえ作らないようにしていました。

 

その期間で僕は確かに成長できたと思います。

通常1年かけて成長させるところを3ヶ月で成長させました。

そんな生活を続けていました。

 

 

それで望んでいた結果にたどり着いたかというと・・・

 

 

人間的にはかなり成長できましたが、生きやすさは以前の僕の方がはるかに生きやすかったです。

がんばってがんばって、結果にばかりこだわっていた頃よりも、ただ普通に生きて結果に全然こだわらなかった頃のほうが、はるかに楽しい人生を送れていました。

 

がんばった先の結果がこれって、正直詐欺ですよ?

 

 

がんばっていなかったときの方が幸せだったんですから。

自分は苦しい思いをしたのに不幸になったのだから。

 

がんばりってやりすぎると心を消耗させるんです。

がんばりすぎると結果がついてこなくなるんです。

 

がんばることを楽しむことができているうちは、人生に充実感や満足感が出ると思います。

ですが、がんばることが負担になってしまうと、人生がしんどいものに変わってしまうんです。

 

 

あなたはがんばりすぎているのではないですか?

 

 

もうクタクタなのに、まだがんばろうとしているのではないですか?

 

 

歯を食いしばってがんばることも大切だとは思いますが、それ以上に自分を休ませることも大切だと思います。

 

 

つらかったですよね?

 

苦しかったですよね?

 

しんどかったですよね?

 

 

もうそろそろ休んでもいい頃なのではないですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

やることなすこと全部裏目に。あれっ!?どうやって生きていたっけ!?

心が病んでしまう。醜い自分は生きている価値がない。

心が壊れてしまう不安と恐怖。取り返しのつかないことになる前に。

どうしてこうなった?こんなはずじゃなかったのに・・・

一生懸命頑張っているのにどうして!?報われない原因とは?

元気を出さないといけないのに元気が出ない。心が沈んでる時は?

誰にも相談できない悩み。一人で抱え込むのは悪いこと?

努力が足りない?頑張っているつもりなのに責められるときは。

世界で一番不幸でかわいそうで惨めな自分は

弱者には厳しい世界。どうしてこんなに生きづらい・・・

どうして皆好き勝手言ってくるの?いい加減にして・・・

『みんな好き勝手言いやがって!いい加減にしろ!!』と思うことってありませんか?

かなりストレスがたまっていますね。

これね、

あなたが他人に振り回されているからなんです。





あなたが無理をしてまで、他人の要望に応えようとしているからなんです。

あなたがやりたくないことを、他人のためにやっているからなんです。

 

あなたが無理をして、我慢をして、他人のために行動しているからなんです。

 

あなたは思いやりのある人です。

 

ですが、さすがのあなたのキャパシティーも限界がきているのかもしれません。

 

 

他人の要望に応えていてもキリがないんです。

他人は山のようにいるから。

 

要望に応えて満足してくれる他人だけならいいのですが、どんどんエスカレートしてくる他人もいます。

エスカレートしてくる他人は要望に応えてくれる相手を探しています。パートナーですね。

あなたが相手の要望に応えていくとパートナーになってしまいます。

 

そういう人たちってなかなか離れてくれないんです。ピタッと張り付いて、こちらの元気を吸収していくんです。

あなたが花で相手が蜂ですかね?蜜をチューッと吸い付くしてくるんです。

最後の一滴まで搾り取ろうとしてきます。もうこっちは元気なんてほとんどないのに、まだ出るだろうと離れないんです。

 

 

好き勝手言ってくる人は、あなたのことをなめている人です。

自分よりも下の地位にあなたがいると思っている人です。

(誰彼かまわず好き勝手言える人もごくまれにいますが、少数です。)

 

 

好き勝手言ってくる人は、相手を選んで言ってきます。

 

あなたには好き勝手言ってきても、会社の上司には従順です。

あなたには好き勝手言ってきても、怖い奥さんには逆らえません。

あなたには好き勝手言ってきても、わがままな彼氏には寄りそうことができます。

 

あなたは相手になめられています。

 

・・・

・・・

なんか、むかつきません?

 

あなたがしんどい、生きづらいと思うほど、相手の言うことを真剣に聞いてきたのに、そんなあなたは相手に適当に扱われるんです。

 

相手の要望に応えていたら、ただの便利な人。

相手の要望に反論したら、反抗的で協調性がない人。

 

 

こんなふざけた答えないですよね?

 

どちらを選んでも、あなたは損な役回りです。

 

 

他人の言うことばかり聞いていると、あなたの周りにはそんな人ばかりが集まるようになります。

 

エスカレートする他人は感染していきます。

 

初めのうちはそんな感じではない人も、悪影響を受けモンスターへと成長していきます。

 

『この人はなんでも頼みごとを聞いてくれる人だ。』、『他の人には頼みにくいことでもこの人に頼めばいいんだ。』という認識になってしまうんです。

あなたが文句を言わないことをいいことに、周りはあなたに頼めばいいやという空気になるんです。

 

あなたが従順なのをいいことに、周りはどんどんエスカレートしていくんです。

 

気がつけば集団の中でただの便利屋さんに成り下がってしまいます。

もう少し自己主張をしていかないと疲れてしまいます。

 

 

好き勝手言ってくるのは、信頼している証であるときもあります。

この人は何を言っても許してくれる、自分のことを嫌わないでいてくれる、という信頼感から言ってくることもあります。

外ではすごく内向的な子どもが、家では言いたい放題、やりたい放題している。これって、家族のことを信頼しているんです。

自分が何を言っても、何をやっても、絶対嫌わないでいてくれるって。

 

恋人や親友にしてもそうです。他の人とは全然違う態度になることはあります。それは相手を信頼しているからです。

この人は絶対何があっても自分のことを裏切らない。ありのままの自分を認めてくれる人だって信頼しているからです。

 

そういった信頼関係から来るときって、実はあまり疲れないんです。

相手が純粋に自分を信頼して、認めてくれた上での要求なんだとわかるから。

 

 

だけどあなたの場合は違います。

 

あなたの場合は疲れてしまっています。

 

 

それは他人が信頼の証として好き勝手言っているのではなく、都合のいいコマとしてあなたを見ているからです。

相手の信頼が純粋なものではなく、濁っていることがわかるから、あなたは疲れるんです。むかつくんです。

 

純粋な信頼から来ているものだとわかるときは、周りが好き勝手言っていても心はあまりすり減らないんです。

仮にもし、相手の信頼からきていることだとしても、あなたが疲れているということは相手はあきらかにやりすぎています。

 

 

これの対処法なんですが、

 

好き勝手言わしていたらいいんです。

言いたい奴には勝手に言わしてやればいいんです。

 

 

あなたは他人の要望に応えなければいけないということはありません。

あなたには使命も義務もありません。

 

他人は無責任なんです。

 

そんな無責任な人たちの責任をあなたがとることはありません。

そんな無責任な人たちの期待に応えてあげる必要なんかありません。

 

 

皆が好き放題を言ってくるのは、あなたが周りの要望に応えすぎているからです。

 

 

かなり無理をしてきましたよね?

何気なくやってあげたけど、本当は疲れてましたよね?

やって当たり前みたいな空気、むかつきましたよね?

 

 

もうね、やらなくていいんですよ?

 

 

周りが勝手にあなたに期待しているだけなんです。

あなたのことを考えずに、言いたい放題言っているだけなんです。

 

期待を裏切って、いいじゃないですか?

相手のことを考えなくて、いいじゃないですか?

仮にそんなことぐらいで失望してくるような相手なら、あなたにとっては重要な相手ではありません。ただの害虫です。

 

 

もう無理をするのはやめませんか?

他人のことを気遣えるのも才能だとは思いますが、あなたはやりすぎているのではないですか?

もう少し自分のことも大切にしてあげてはいかがですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

優しすぎるあなたが苦しいと感じているのなら

自分軸で行動すると人生が変わる!他人軸で疲れたときは。

期待に応え続けるのに疲れてしまったら

外部の影響を受けすぎるのはHSP?生きづらいのは敏感で優しいから。

自分らしく生きられないのはなぜ?自分らしく生きたい。

期待に応えられない自分は

自分さえ我慢すればうまくいったのに。我慢が足りなかったと後悔する前に。

期待を裏切ってしまった。消えない罪悪感を消す方法。

全否定された時の対処法!問題があるのはあなたじゃなく相手。

どうしてこんなに被害妄想が強いの?惨めな自分が嫌だ。

何もできない落ちこぼれ。無能な自分との付き合い方。

何もできない自分に嫌気がしたことはありませんか?

人より劣っている自分に吐き気がしたことはありませんか?

無力な自分に絶望してしまったことはありませんか?

 

『どうして僕はこんなことすらできないんだ。』、『どうしてわたしはこんなにダメな人間なんだ。』とクヨクヨしてしまったことってありませんか?

これって結構精神的にきついものがありますよね。




落ちこぼれの自分が惨めで悔しくて。だけど今すぐどうにかなるほどの軽い問題じゃなくて。

こんな自分からすぐに抜け出したいのに、出口ははるか彼方。

コツコツと行けばいいと思っても、難しいものがあります。

 

だって、

コツコツ行っている間も苦しいのだから。

 

今すぐどうにかしたいのだから。

 

 

「これを続けたら5年で出口に辿り着けます!」と言われても全然嬉しくありません。

『5年なんて長過ぎる!』って思うでしょ?

こんな苦しい状態が5年も続くのかと思うとゾッとします。(ひどい場合は数十年続きます。)

 

 

今でさえ限界なのに、そんなにもつはずがありません。

 

 

なんとかしたいけど、どうにもできないから、精神的にはかなり苦しいです。

それだけあなたは今まで無理をしてきたんです。

 

そんなになるまでがんばってきたんです。

 

 

自分に何度も裏切られて、それでも自分を信じて、その度に自分に失望して。そんな生活を続けてきたんです。

今も続けているんです。

 

 

自分の欠点ばかりに目がいってしまうと、人生は途端に苦しいものに変わります。

自分の欠点ばかりに目がいってしまうと、自分を責めてしまうことも増えてしまいます。

 

自分を責めてしまう傾向にある人は、完璧主義の人間が多いです。

完璧主義とまではいかなくても、できない自分が許せない人です。

 

『別にできなくてもいいじゃないか。そんなのができないくらいで死にゃしない。』といった思考が苦手な人です。

 

別にできなくてもいいんじゃないですか?

あなたは死んでないでしょ。

できなくても死にはしないんです。

 

できなかったせいで最悪の結果になった?

そんなのどうでもいいことじゃないですか。

あなたには力がなかっただけです。

 

 

これを認められないから苦しいんですよね。

 

『自分ならなんとかできたはずだ!』とあなたは思っているんです。

 

あなたが一番、あなたに期待しているんです。

 

 

自己評価、めちゃくちゃ高くないですか?

あなたは所詮はあなたなのに、自分のことをスーパーマンだと勘違いしているんです。

 

自分を責めているときって、自信がドンドン失くなっていきます。自己肯定感が弱くなっていきます。

でも、その最初のスタート地点は、あなたが自信過剰だっただけです。

 

『俺は特別だ!』、『僕は他の人とは違う!』

スタート地点はこれです。

 

自分は特別だから、できないはずがないんです。

自分の本当の力を出せたら、できなかったはずがないんです。

 

・・・

なんか、めちゃくちゃ恥ずかしくありません?

穴があったら入りたくなりません?

 

自信がなくなってしまった原因は、あなたが自分に過剰な自信を持っていたからです。

 

身の程をわきまえてなかったからです。

自分ごときと最初から思っていたら、自分を責めてしまうこともないんです。

だって、自分ごときには最初からそんなことできるはずがないことだったんですから。

 

100メートルを10秒で走れない自分を責める人はいないでしょう?

誰も自分が、100メートルを10秒で走れるようになるとは思ってもいないですよね?

あなたは自分が100メートルを10秒で走れると思っていたけど、走れなかった。

ただそれだけのことなんです。

 

もう少し自分のハードルを下げていきませんか?

 

あなたは自分で思っているほど万能ではないし、完璧でもありません。

 

できないことがたくさんあってもいいじゃないですか。

 

ダメな自分でもいいじゃないですか。

 

無力な自分でもいいじゃないですか。

 

 

そんなことを言っていたら成長できませんか?

負け犬思考になってしまいますか?

 

これね、あなたの勝手な思い込みなんです。

あなたの価値観で考えているだけなんです。

 

 

別にいいんですよ?

 

できない自分を受け入れても。

ダメな自分を受け入れても。

無力な自分を受け入れても。

 

あなたの人生なのだから、誰にも文句を言われる筋合いはありません。

 

 

それにね、これらを受け入れることってあなたが考えている以上にメリットもあるんです。

 

成長できないとあなたが思っているだけで、受け入れることによって自分の新たな一面が見えてくることもあります。狭い視野でしか見ていなかった世界を、広い視野で見ることができるようになります。

負け犬思考ってあなたが思っているだけで、この思考ができるようになった人はノビノビと生きていけるようになっていきます。

 

人生を楽しむことができるようになります。

 

今のあなたよりよっぽどいいと思いませんか?

 

 

あなたが今苦しい思いをしているのならそれは、自分に対する期待値が大きいからです。

この苦しい状態でも自分が成長したらいいと考えているからです。

 

残念ながら世の中そんなに甘くありません。

そんなに簡単に成長できません。

あなたは一生懸命がんばってこの状態なんです。

今の時点での限界値です。

 

 

結果だけを見て自分の能力を責めるよりも、がんばってきた過程に目を向けてみはいかがですか?

 

あなたはあなたが思っている以上にがんばってきたはずです。

 

そろそろそんな自分を認めてあげてもいい頃ではありませんか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




 

関連記事:

ありのままの自分でいいって本当?こんな自分認められない。

何の取り柄もない私。強い劣等感から解放されるには。

変わらないといけないのに変われない自分。自己嫌悪の解消法。

無力感から抜け出す方法

無力感から抜け出す方法②

自分が許せない!この苦しみから解放されるたった一つの方法。

普通の基準って何?普通から外れるのってそんなに悪いこと?

なにもしてあげられなかった無力な自分。後悔と罪悪感。

比較ばかりされるのはもううんざり。面倒くさいと感じたら。

無価値観とは

泣いてばかりの自分が嫌だ。泣いたらダメってわかっているのに。

いつも泣いてばかりの自分に嫌気がさしたことはありませんか?

もう一生分の涙を出し尽くしたと思っても、またドンドンと溢れてくる。

まだ出るのかと驚くとともに、そんな自分に幻滅する。

 

『いつまで泣いてるんだ!泣くんじゃない!!』自分にそう言い聞かせても、止まることはなくて、さらに悲しくなって。

泣いてばかりいる自分を責めたことはありませんか?




これね、

 

泣くのはいけないことだと思っているからなんです。

 

 

泣くのはいけないことだと思っているから気持ちよく泣けないんです。

泣くことによってさらに不快な感情になるんです。

 

 

これって実はしんどいことなんですよ?

 

つらくて、悔しくて、悲しくて、その感情に気付こうとして涙が出てくるのに、『そんな弱音を吐くな!』とダメ出しをするんですね。

 

泣いてばかりだから。

 

 

でも、これって、

 

泣いてばかりのあなたが悪いんじゃないんです。

 

 

そもそも泣くことって簡単じゃないんです。

楽しいときに泣けないでしょ?(嬉し泣きは別として。)

楽しいときに、悲しくて泣けないでしょ?

 

悲しいから泣いてしまうんです。

つらいから涙が出てくるんです。

泣いているときって、もうそれで手一杯になってしまいますよね。

 

すごい感情が心をグルグルと駆け巡って、暴れだして、すごく悲しい気持ちになりますよね。

ひどいときには発作かと思うくらい泣いてしまい、何もできなくなってしまいます。

 

 

それほどあなたは耐えてきたんですよ?

 

そんなに苦しくなるほど、つらい気持ちを我慢してきたんですよ?

 

 

泣いてしまったっていいじゃないですか?

泣いてばかりでもいいじゃないですか?

 

 

泣いてばかりじゃ何も解決しない?

泣いてばかりじゃ前に進めない?

 

これ、違いますよ。

 

 

泣かないと前に進む第一歩が出せないんです。

 

 

本当に泣くのが好きな人なら話は違いますが、あなたは泣いてばかりいる自分を嫌悪しています。

それなのに泣いてしまうのは、それだけあなたがつらい思いをしているってことです。

 

止められないほど、あなたが追い込まれているということです。

気の毒なほど追い込まれています。

 

だけどそのことに、あなたは気が付いていません。

 

『泣くな!』、『甘えるな!』、『弱音を吐くな!』、『負けるな!』、自分に激しくムチを打ち付けます。

つらい思い、悲しい気持ちが見えないようにフタをして、気力を振り絞ります。

 

 

あなたはがんばりすぎていて、普通の基準がわからなくなっています。

 

周りには「しんどいだろ?無理するなよ。」と声を掛けられるのに、自分には『怠けるな!もっと無理をしろ!』と叱責するんです。

かなり面倒な人ですよね。

 

 

もう一度考えてみてください。

 

 

もし、あなたの大切な人が突然泣き出したらどうですか?

「うるさい!泣くんじゃない!!」と怒鳴りますか?

どうしたのかすごく心配になるでしょう?

優しく声をかけるでしょう?

なぐさめるでしょう?

 

 

あなたはそれが、自分に対してはできないんです。

 

泣いたらいけないと思っているから。

 

 

泣き出したら自分を思いっきり否定します。『なんでこんなに弱いんだ!』と情けなくなってしまいます。

 

 

情けなくなんかないですよ。

 

 

あなたはよく耐えてきたんです。

あなたはすごくがんばってきたんです。

 

だけどそれがもう、溢れてきてしまっているんです。

たくさん我慢してきて、もう限界なんです。

一生懸命がんばりすぎて、もう限界なんです。

 

 

今は思いっきり泣きましょう。

 

泣きたくなったら我慢せず泣きましょう。

 

 

今は泣かないといけない期間です。

 

 

泣いて泣いて泣いて、泣きまくりましょう。

たまっていたものを吐き出しましょう。

 

泣いてばかりじゃ前に進めないとは言いますが、泣いて吐き出さないとたまってしまったものが重すぎて動けません。

泣かないと重たくて進めないんです。

 

 

泣いてばかりいるあなたを責めてくる人もいるかもしれません。

 

でもその人は、あなたほど苦しんだ経験がない人なんです。

自分に実際に起こってみないと人の気持ちはわかりません。

「泣くな!」という言葉は簡単に出てきます。

 

今のあなたの立場で、それがどれだけ難しいことか理解できていないだけなんです。

そんな人たちの言葉に惑わされないでください。

あなた自身がその人たちと同じ思考にならないでください。

 

 

大したこともないのに泣いているわけじゃありません。

泣くには泣くだけの理由があります。

 

とめようと思っているあなたが、とめられないほどの大きな理由があります。

 

どうか、それに気づいてあげて下さい。

そのことに気づこうとしてあげて下さい。

 

泣いてばかりの自分を責めないであげてください。

 

あなたはもう、気の毒なほど悲しい思いをしています。

あなたはもう、気の毒なほど苦しい思いをしています。

あなたは今も、つらい思いと闘っています。

 

だから泣いてしまうんです。

 

 

泣いてしまう自分を許してあげて下さい。

 

もう限界まで闘ってきたんですよ?

本当は悲しかったですよね?

本当はつらかったですよね?

本当は苦しかったですよね?

 

 

もう、泣いてもいいんですよ。

 

いつまででも、泣いていいんですよ。

 

壊れそうなくらい泣いて、おかしくなりそうなくらい泣いて、涙が枯れてしまうまで泣いてみましょう。

最後まで泣ききった後に自分の気持ちがわかる瞬間がきます。

 

その気持ちを抱き上げてあげましょう。

『いままでがんばってきたな。』と認めてあげましょう。

これを繰り返すことによって、前に進むための第一歩を踏み出せるようになります。

 

 

今は泣くのを我慢する必要はありません。

 

 

あなたの心はあなたに気づいてほしくて泣いているんです。

心からのSOSです。

 

今はひたすら泣きましょう。

 

今までたくさん無理をしてがんばってきたんです。

せめて今ぐらいはゆっくり泣いてみてもいいんじゃないですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




 

関連記事:

苦しい時こそ笑えは間違い!本当に苦しかったら笑わなくていい。

泣くのは恥ずかしいこと?すぐに泣いてしまう自分が情けない。

心が病んでしまう。醜い自分は生きている価値がない。

障害を受け入れられない情けない自分。どうして立ち上がれないんだろう?

優しすぎるあなたが苦しいと感じているのなら

世界で一番不幸でかわいそうで惨めな自分は

自分を責めてしまうことをやめられる魔法の言葉

大切な人を失ったとき

弱者には厳しい世界。どうしてこんなに生きづらい・・・

もう心が折れた…大きな挫折をした直後にするべきことは?

 

恋人の一番になれない苦しい恋愛。どうすれば一番になれる?

恋人の一番になれない恋愛ってしたことはありますか?自分は恋人のことが一番なのに、恋人にとっての自分は一番ではない恋愛を経験したことはありますか?

これって結構つらいものがありますよね。

 

こっちも恋人が一番じゃないのなら割り切ることもできるかと思いますが、こっちだけが一番のときは『どうして自分ばっかり・・・』となってしまいます。

恋愛に温度差を感じてしまいます。

本当に好きなのかなと疑ってしまいます。




こちらだけが一番なのはつらいものです。

 

だから相手の一番になってやろうと努力するんです。

 

 

少々の無茶をしてでもがんばってしまうんです。

 

それで一番になれたらいいのですが・・・ねぇ?

なかなかそううまくはいかないものなんですよね。

 

仕事最優先の恋人。
友だち最優先の恋人。
家族最優先の恋人。
元恋人のことが忘れられない恋人。
趣味最優先の恋人。

 

様々な理由で一番になれないことがあります。

 

いつまで経っても2番手。

それならまだいいですが、10番手、20番手と感じることもあるかもしれません。

 

 

本当に付き合っているのだろうか?

他に本命がいるんじゃないのか?

自分のことは好きではなく、一人は嫌だからとりあえずキープされているだけなんじゃないか?

 

こんなことを考えてしまうようになります。

相手を疑う気持ちが出てきます。

 

 

『自分なら好きな人にはこうするはずだ!』、『一番大切な人になら絶対こんな態度をとらない!』、こういった思いが頭の中に浮かんできます。

 

でもその思いを必死で否定します。

 

 

人それぞれに価値観は違うんだから。

相手も好きだからまだつながっていられるんだから。

こちらが求めすぎているだけかもしれない。自重しないと。

 

 

好きな人と一緒にいたいから必死で言い訳を考えます。

 

自分の都合のいいように全力でポジティブシンキングをします。

まだ一緒にいれるように、まだがんばれるように、全力で自分の都合のいいように思い込もうとします。

 

・・・

・・・

この状態って正直疲れます。

 

 

だって、『相手は自分のことなんてどうでもいいと思っている。』と自分で思っておいて、『いや、そんなことはない。相手にとって自分も特別であるはずだ!』と自分でその考えを否定するんです。

 

頭の中で自分と自分が『はずだ!』、『そんなことはない!』と討論を何度もしているんです。

疲れますよね。一人で討論をしているのだから。

しかも相手の答えを知らないわけだから、不毛なやりとりです。

 

 

こういうときはあなたの直感に任せたらいいと思いますよ?

 

 

いくら考えても相手のことなんだから、正確な答えなんかわかるはずがありません。

あなたの感じ方を信じたらいいと思います。

・・・

・・・

それなら答えなんてとっくに出ていますよね?

 

 

だって、あなたの満足のいく恋愛ができていないのだから。

不安や不満のほうが大きい恋愛だから。

あなたは相手にとっての一番じゃないと感じているのだから。

 

 

直感に任せてしまったら、残酷な現実に気づいてしまうんです。

 

まだ夢を見ていたいのに。

まだ一緒にいたいのに。

 

だから必死で直感を否定します。

 

 

これが皆さんの今の状態ではないですか?

 

 

相手の5番手10番手でも満足できる自分だったらよかったのですが、残念ながらあなたは相手の一番にならないと満足できないんですね。

 

一番とまではいかなくても、今の自分の順位に不服があるはずです。

もっと相手の上の順位になりたいと思っています。

 

けど、なかなか簡単には上には行けません。

 

 

相手の考え方や気持ちもあるので、あなたが努力をしたからといって成果が出るとは限りません。

やるだけのことをやっても、それでもまだ届きません。

 

一番になりたくとも一番になれない日々が続きます。

 

これは本当に苦しいです。

 

 

努力をしても報われるとは限らないし、だからといって何もしなかったらそのままです。相手の一番になることはありません。

・・・
・・・
これなんですよね。

 

あなたが相手の一番になれていないのなら、すぐに相手の一番になれる方法はありません。

 

 

相手の一番になりたいのなら、相手が一番にしてくれるまで待つ必要があります。

短期戦で相手の心を動かそうなんて虫が良すぎます。

相手の心を動かそうとするのなら長期戦が最低条件です。

 

 

あなたは今、相手の一番になりたくてムキになっている状態です。

相手のことばかりに目がいきすぎています。

相手のことばかりに目を向けていると当然、相手のことが気になってしまいます。

そして一番にしてくれない相手に怒り、一番になれない自分への無力さに絶望します。

 

こんな状態で長期戦なんて不可能です。

 

 

もう少し相手のことを意識するのをやめてみましょう。

 

相手のことばかり気にするのではなく、自分のことに目を向けてみましょう。

友だちと遊ぶ回数を増やすとか、趣味の時間をいつもより多く使うとか、自分の好きなものをたくさん食べるとか、とにかくどんなことでもいいです。

いろんなことをして、相手のことを考える時間を少しでも減らしていきましょう。

 

 

相手の一番になりたいのになれないのは、本当につらいことですよね。

すぐになんとかしたいと焦る気持ちはよくわかります。

苦しいから今すぐにでも脱出したいですよね。

 

でも、すぐになんとかなることはこの場合はほとんどありません。

『一番になれなくても別にいいや。』とあなたが割り切るほうが簡単かもしれません。

・・・

・・・

そんなことできませんよね?

 

あなたが相手に望んでいるのはそれと同じレベルのことです。

 

 

本当に相手のことが大切なら、長期戦でいきましょう。

 

長期戦にするためにまずは、あなたが準備をしないといけません。

相手のことを考えすぎていては苦しすぎます。

相手のことを考えない時間を作りましょう。

 

短期戦では難しいことでも、長期戦なら可能なこともあります。

 

なによりあなたにそこまで想われているんです。

そこまで自分のことを想っていてくれる相手を、人は嫌いになれません。

相手のことを信じて、じっくりと待ってみてはいかがですか?

 

焦れば焦るほど、お互いの距離は広がりますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




 

関連記事:

苦しくて切ない恋愛依存症。どうして抜け出せない?

もしかして浮気してる?信じたいのに疑ってしまうのは。

恋人に振り回されてしまう。好きなのに疲れてしまうのは。

しんどい恋愛をやめるには

こんなに尽くしているのに、私を大切にしてくれない恋人。なぜ?

こんなに好きなのに…どうしても諦められない片想いは?

性格が違いすぎる!性格が合わない恋人との付き合い方。

温度差を感じる恋愛。どうしてこんなに寂しいの?

交際期間が長い相手との関係に疑問を感じたら

誰もわかってくれない孤独感!本当は辛いんだと叫びたかった!!

どうしてこうなった?こんなはずじゃなかったのに・・・

『どうしてこうなった?こんなはずじゃなかったのに…』って思ったことはありませんか?

思い描いていた結末になると思っていたのに、全然違う結末、最悪の結果と言っていいほどの場所に来てしまった。

 

これってつらいですよね?





ものすごくやるせない気持ちになりますし、自分が不幸のどん底にいるように錯覚してしまいます。

周りのすべてがうらやましく思い、世界に怒りを抱くようになります。

 

『どうして自分なんだ!?ただ真面目に生きてきただけだろ!?』、『俺なんかより不幸になるべき人間はたくさんいるだろ!?』、『なんで私よりがんばっていないアイツが幸せを手にしているの!?』

 

・・・
暗いですよね。妬みがひどいです。

 

『こんな思考だから幸せになれないんだ。』と思う人も多いと思います。

 

 

実際にこの思考にいる間は、幸せは感じにくくなっています。

 

不幸には人一倍敏感で、幸せには人一倍鈍感です。

 

 

でもね、この状態になってしまったことは一つの事実を表しているんです。

それは、、、

 

あなたがすごくがんばってきたこと。

 

 

希望する未来、期待していた未来があって、それに向かって一生懸命行動してきたんですね。

だけどそれが希望する未来に届かなかった。期待していた未来とは全然違う結果になってしまった。

思い描いていた未来とは違う未来に来てしまった。

 

 

報われなかったんですよね?

 

あれだけがんばってきたのに。

 

どこで道を間違えたのでしょう??

 

 

もっといい未来にたどり着けるはずだと思っていたのに、なんでこんな現在になってしまったんだろうとやるせなくなってしまいます。

 

急に泣きたくなることもあります。

人生に絶望してしまうこともあります。

どうして自分ばかりこんな目にあうんだろう?

どうして自分だけがこんなに不幸なんだろう?

 

憤りと怒り、悔しさ、やるせなさを感じてしまいます。

 

 

でもこれは、

あなたが一生懸命生きてきた証拠でもあります。

 

 

一生懸命行動してきたんです。がんばってきたんです。

一生懸命がんばってきたから、結果に期待をしてしまったんです。

 

でもそれが報われなかったんです。

期待していた報酬に届かなかったんです。

 

 

がんばっていなかったら、『こんなはずじゃなかった。』なんて思うことはありません。

 

『どうしてこうなった?』と思うのは、あなたががんばってきた証拠です。

 

 

なにも努力もせず、なにもがんばらずに生きてきたのなら、こんなやるせない思いなんてしないんです。

 

だから、こんな思考になってしまう自分を醜いとさげすむこともありません。

そういう風に考えてしまうのは、ごく当たり前のことです。

 

 

さて、それでは、こういう思考に陥ってしまったときの対処法なんですが、、、

 

今のこの結果を受け入れるしかありません。

 

不本意な結果を認めるしかありません。

 

・・・

・・・

それができないから苦しんでいるのですが、『こんな結果は認められない!』とここでさらにがんばってしまったら余計に報われなくなります。

 

飢えてしまいます。

渇いてしまいます。

何度食べたところで、何度飲んだところで、飢えと渇きはおさまりません。満たされません。

 

あるのは怒り、悲しみ、恨み、憎しみです。

この黒い感情に支配されてしまい、ますます幸せを感じなくなってしまいます。

底無し沼にはまったように、もがけばもがくほど沈んでいきます。

 

そうならないためには今を受け入れるしかありません。

 

・・・

・・・

でもね、これがなかなか難しいんですよね。

 

願っていた未来と全然違うところにいる現在だから。

やるせない気持ちになってしまうほど、遠い場所に来てしまっているんだから。

 

これを認めることって、その場所に満足するということです。

自分ならもっと素敵な場所に行けると思っていたのに、こんな汚ないちっぽけな場所が自分にはいいんだと認めないといけません。

 

がんばっていなかったら認めることにそれほど抵抗はありませんが、皆さんはがんばってきました。今も一生懸命がんばっています。

これを認めることって、すごく悔しいです。

 

もっといい場所に行けていたはずなのに、こんなところでいいと思うなんて、妥協をすることになります。

難しいです。

 

 

でもね、これをしないと心は腐っていくばかりなんです。

これができないとドンドン苦しくなってしまいます。

 

 

いきなりね、『この場所が大好き!』となる必要はありません。あなたの理想の未来とは別のところにいる現在なのですから。

『なんで?』、『どうして?』という気持ちは簡単には消せません。

 

一生懸命生きてきた人ほど、そして望んでいた未来がしっかりあった人ほど、この気持ちは大きくなります。

理想と現実のギャップが大きければ大きいほど、現実を認めることは難しいことです。

 

あのときああしていれば・・・

あそこで違う選択をしていたら・・・

 

そんなこと思ってもどうしようもないことはわかっていても、簡単には割り切れません。

 

・・・

だけど、今の場所はそんなに最低の場所ですか?

 

たしかに理想とはかけ離れた場所かもしれません。

その理想の場所に行くために、あなたは一生懸命生きてきたのかもしれません。

現実に絶望しているかもしれません。

 

 

でも、今の場所のこと、ちゃんと見えていますか?

 

どんな環境にあなたがいるのか、ちゃんと把握できていますか?

そこが本当に最悪の場所で、何もいいところがないというのは意外と少ないものです。

その場所にもいいところはあると思います。

理想が高すぎて、そのいいところが見えなくなっているのかもしれません。

 

 

もう一度あなたがいる場所はどんなところか確認してみてください。

 

つい見落としがちになってしまいそうな細かいところまで、丁寧に確認してみてください。

 

 

つらいと思っているときは視野が狭くなっています。

視野を広くすることを意識してみてください。

 

つらいことばかりが見えている状態はしんどいです。

 

本当にその場所には幸せはありませんか?

小さなことでもなにかあるのではないですか?

 

今ある幸せに少しずつ気づいてあげませんか?

その場所を失ってしまってから後悔をすることになるかもしれませんよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




 

関連記事:

世界で一番不幸でかわいそうで惨めな自分は

満足感を得られない。いつまでたっても満たされない心。

一生懸命頑張っているのにどうして!?報われない原因とは?

強かったあの頃に戻りたい!弱った自己肯定感を高める方法。

ありのままの自分でいいって本当?こんな自分認められない。

苦しい時こそ笑えは間違い!本当に苦しかったら笑わなくていい。

なにもしてあげられなかった無力な自分。後悔と罪悪感。

不幸は束になって襲い掛かってくる?

どうしてこんなに被害妄想が強いの?惨めな自分が嫌だ。

ブラック企業に尽くす誇り?

初出勤がドキドキで不安!就職初日の緊張を和らげる方法!!

就職初日って色々と不安ですよね?

初出勤が近づくにつれドキドキしてきませんか?

『どんな仕事をするんだろうか?自分にちゃんと務まるかな?』
『どんな人が働いているんだろう?ちゃんと仲良くできるかな?』
『職場に嫌な人とかいないかな?いい人ばかりだといいな・・・』

などなど色んなことを考えてしまうと思います。

 

緊張しますよね?

不安になりますよね?




これね、

別に悪いことではないんです。

 

当たり前のことなんですよ。

 

 

なかには不安は一切なく、ワクワクと期待しかないという人もいますが、そういった人は少数だと思います。

皆どこかには不安があると思います。

 

だって

新しい生活が始まるのだから。

今までしてこなかったことをやり始めるのだから。

 

 

これってわりとプレッシャーなんですよ?

 

初めてのことなんだから、うまくできるかという不安があります。

何の問題もなく、うまくすることができたらいいのですが、自分の能力でそれができるのか不安になります。

 

誰も嫌な思いはしたくありません。

『こんなはずじゃなかったのに・・・』と後悔をすることになるかもしれませんが、そんな後悔なんて誰もしたくはありません。

 

環境が変わることはストレスでもあります。

 

人間は順応力、適応力があります。簡単に言えば『慣れ』ですね。

その環境でも過ごせるように調整力が働きます。

 

いままでのあなたはその『慣れ』の中で生活をしてきました。

満たされた環境の中にいても慣れてきましたし、苦しい環境の中でも慣れてきました。

ストレスを最大限に軽減できるように調整して生きてきました。

 

そこに新たな環境が加わります。

『新たな職場』という環境が。

慣れてきた環境の中に大きな異物が混入されます。

 

 

不安に思うのは当然です。

 

心配になって当たり前です。

 

 

緊張で夜も眠れないといった人もいるかもしれません。

不安で食事がのどを通らないといった人もいるかもしれません。

今が一番ドキドキする時期かもしれませんね。

 

でも少し落ち着きましょう。

 

まだ時間はあるのに、今からそんな状態じゃ身がもちません。

 

 

こういう書き方をしたら怒る人もいるかもしれませんが、

たかが仕事です。

 

 

仕事ができなくても死にはしません。

 

思っていた仕事じゃなかったのなら無理をしなくていいんです。

人間関係の輪に入れなかったのなら入らなくてもいいんです。

 

嫌だと思ったら辞めたらいいんです。

 

めちゃくちゃ無責任なこと言っていますが・・・

でも、これなんですよ。

 

 

ほんとに嫌だったなら、そのときは辞めたらいいんです。

たかが仕事なんです。

仕事なんて選ばなければいくらでもあります。

 

あなたは絶対に辞められないと思っているから、それがプレッシャーになってあなたを苦しめているんです。

 

仕事を辞めないためには、仕事がしっかりできるようにならなければならない。
仕事ができるようになって、職場の人に認めてもらわないといけない。
職場の人に認めてもらって、人間関係を円滑にしないといけない。

こんなことばかり考えていたら気が滅入ってしまいます。

 

 

前提が違います。

 

仕事は辞めていいんです。

 

一生懸命とりあえずやってみて、それでダメだったならそのときは辞めたらいいんです。

無責任に聞こえるかもしれませんが、心や身体を壊してまですることではありません。

無理して続けて、完治までに何年もかかるほどの病にかかってしまったら本末転倒です。

 

 

仕事を辞める前提で働くのではなく、『いつ辞めてもいいよ。』という気持ちにしましょう。(その方が案外仕事も続きます。)

 

辞めてはいけない、してはいけない思考はプレッシャーに変わってしまいます。

失敗できないなんて考えていたら力んでしまって、あなたの本来の力を出せません。

 

もう少し気軽に考えましょう。

 

 

初出勤なんてみんな多かれ少なかれ緊張しているんです。

あなただけじゃないんです。

 

考えすぎてドキドキが止まらなくなってしまったときは、深呼吸を意識してみましょう。

鼻から大きく息を吸って、口からゆっくりと吐いていきましょう。腹式呼吸を意識してみてください。

 

これだけでもほんの少し気持ちが軽くなるはずです。

 

 

もう少し気休めを言うのなら、

新入社員には誰も期待なんかしていません。

 

 

誰も最初からあなたが完璧にできるなんて考えていません。

『教えやすいヤツが来てくれたらいいな。』ぐらいの感覚です。

 

自分をよく見せようなんて思わなくていいです。

背伸びをしたところでいつかはボロが出ます。

等身大のあなたでいいんです。

 

 

なかには初日から仕事を完璧にこなせと言ってくる職場もあるかもしれませんが、そんなのは聞き流してください。

先輩たちが偉そうに言ってくるところもあるかもしれませんが、気にしなくていいです。

その先輩たちも仕事ができるようになるまでに、何カ月も何年も経っています。

 

そのことを忘れてしまう人もいるんですよね。

自分のことを棚に上げて言ってくる人もいるかもしれませんが、そんな人たちの言葉に惑わされることはありません。

『うわー、こんな人たちとこれから仕事をしないといけないのかー。』と落胆してかまいません。

 

 

最初から仕事ができる人なんかいません。

 

新入社員は仕事ができなくて当たり前です。

 

 

小学1年生に大学入試を解けと強要してくる人はいないでしょう?

あなたは1年生です。

 

できなくて当たり前、失敗して当たり前です。

日々を積み重ねて、少しずつできることを増やしていきましょう。

 

 

『失敗してはいけない!』、『辞めてはいけない!』と思っていると緊張しますよね。

 

そんなときは、『別に失敗してもいい。』、『いつ辞めてもいい。』と頭の中で唱えてみてください。

自分に少し囁くだけでも、あなたの不安や緊張を軽くしてくれると思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




 

関連記事:

新生活が不安なのはなぜ?悪いことが待っている?

思っていた仕事じゃなかった。自分には合わない。辞めたい。

明日からが憂鬱で仕方ない!サザエさん症候群になったら?

今すぐできる!ストレスに潰されそうになったときの応急措置!!

息が詰まる!ギスギスした人間関係とミスを許されない職場。

いつも叱られてばかり。仕事をなかなか覚えられないのはどうして?

卒業を寂しいと感じるのは

無職のままだと居心地が悪い。働かないって悪いこと?

責任感が強いのは長所?責任感が強すぎると短所に変わる。

誰にも相談できない悩み。一人で抱え込むのは悪いこと?