人間関係に疲れた。面倒でわずらわしい。何もかも放り出したい時は?

皆さんは人間関係に疲れてしまったことってありませんか?

 

わずらわしくなって、『もう嫌だー!』と追い込まれてしまったことはありませんか?

 

予想していた成果と正反対の結果が出てしまい、もうどうしたらいいのかわからなくなってしまったことってありませんか?




人間には互いに相性というものがあります。

 

「人類みな兄弟だ!」、「みんな平等!」なんてことはありえません。

 

必ず自分に合う人と合わない人がいます。

 

人と長く関わると必ず自分が好意的に思う人、苦手で嫌いな人がでてきます。

 

価値観を共有できる相手と、いくら話しても絶対にわかりあえない相手がいます。

 

 

みんな仲良しこよしなんて不可能です。

 

 

人間ね、好きな人とだけ関わって生きて、嫌いな人や苦手な人とはまったく関わらないって生き方は難しいんです。

 

社会で生きていくのならまったくの無所属でいることは難しいです。

 

人間は生きていくうちにいくつもの集団の中で生活をしていきます。

 

学校、習いごと、会社、ママ友、近所、親戚、その他にも様々なコミュニティの中に入ります。

 

生活していくことを考えると簡単には切ることができないつながりです。

 

その中でお互いに苦手な人や嫌いな人というのが現れます。

 

会う人すべて、関わる人すべてが『わたしは大好き!!』なんてことはありません。

 

 

苦手な人や嫌いな人とでも、一緒にやっていかないといけない期間はあります。

 

 

なかには嫌いを通り越して、恨みや憎しみで『〇してやりたい!』と思うほどの人とも共存していかないといけないときもあります。

 

そういう人とはもう同じ空間にいるだけでも疲れるんです。

なにもなくても、あの人がここにいるだけでも嫌気がさすんです。

 

あの人が視界に入るだけでも緊張するし、あの人に話さないといけないことがあるときは何日も前から気分がどんよりです。

 

これからあの人のいる空間にいかないといけないと考えただけで身体が拒絶反応を示すこともあります。

 

それでもそう簡単には縁を切ることはできないんですね。

 

 

そして人間関係というのは、人数が増えれば増えるほど、複雑でややこしいものになっていきます。

 

 

5人全員が仲良しだというグループはあっても、1000人全員が仲良しだという集団はありません。

一つの共通する目的のみのためなら1000人全員が団結できるかもしれませんが、1000人がお互いに深く関わらなければいけないのなら、いくつものもめごとや激しい衝突は必ずあります。派閥なんてものもできてきます。

 

 

違う人間が多くなればなるほど、人間関係の糸はもつれあう可能性は高くなります。





自分はAさんともBさんとも仲が良いけど、AさんとBさんはものすごくお互いを嫌っているなんてこともあります。

 

AさんとCさんの愚痴を話していたら、その内容がCさんに伝わってしまう(AさんがCさんに告げ口をした)なんてこともあります。

 

自分は全然関与していなかったのに、気がつけばその事態(悪い出来事)の中心人物にされていることもあります。

 

 

人との関わりが多くなればなるほど人間関係も増えていきます。

 

 

ひどい人間関係の輪の中にいて疲れているのなら、そこから脱出するのも必要になります。

 

特に人間関係が悪いわけでもないのに疲れているのなら、あなたは気を遣いすぎているのかもしれません。

 

 

気遣いが上手な人ほど人間関係に疲労していきます。

 

 

相手との関係が良好なものとなるように必要以上に気にします。

 

自分と他人だけではなく、他人と他人の人間関係も悪くしないように気を配ります。

 

グループ全体の雰囲気が悪くならないように、的確に空気を読んで言動をします。

 

他人と他人の中継役になって板挟み状態になることもあります。

 

ときには「あなたは一体どっちの味方なんだ!」と両方から責められることもあります。

 

 

人間関係に疲れてしまうと気分転換をどこまでできるかが重要になります。荒れた人間関係がすぐによくなることはないからです。

 

 

人間関係に疲れてしまったときは、まずは自分のことだけを考えていきましょう。

 

『もうどうでもいい。』となってしまったときは、その人たちからしばらく離れましょう。

 

実際に距離をあけることが難しい場合は、心の距離をあけてください。

 

あなたと相手との間に心の壁をいくつも作ってください。

 

 

人間関係に悩むのはいつでも、優しい人たちなんです。

 

 

相手との関係がどうすればよくなるかを常に考え、それに向けて行動しているからです。

 

嫌いだからといって、その人たちのことを無視できていないからです。

 

その人たちとしっかりと向き合おうとしているからです。

 

それがあなたのいいところだとも思いますが、ずっとその状態だと疲れてしまいます。

 

ときには『あいつは害虫だからどうでもいいや。』と割り切ることも大切なことだと思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



嫌いな人が職場にいて逃げられない!人間関係がうまくいかない!!

『人に好かれないといけない。人に嫌われてはいけない。』でも疲れた。

働くのが怖い!仕事をするのが不安。人間関係がうまくいかない。

他人のことを気遣って仮面をつける。本当の自分がわからない!

息が詰まる!ギスギスした人間関係とミスを許されない職場。

いじめられているけど家族には話せない。行きたくないけど休めない。

特定の人が怖くて汗と震えが止まらない!反抗することができない!

明るく社交的になりたい!暗くて陰気な自分を変えるには第一印象!!

上から目線で物を言う人、人を見下してばかりの人への関わり方は?

自分のことしか考えていない人!思いやりがない自分大好き人間には?

弱い自分が情けない。自分をいつも責めるよりも自分を認めよう!

皆さんは自分のことを「弱いなー。」と思ってしまったことはありますか?

 

自分のあまりもの弱さに落ち込んでしまったことはありますか?

「ここまでわたしは弱いのかー。」と自分に対して幻滅してしまったことはありませんか?

 

これってすごくつらいことなんですよね。




自分のことを必要以上に責めてしまいます。

自分のことを必要以上に卑下してしまいます。

 

自分のことを情けない人間と思いこみ、他人よりも劣っている存在として見てしまいます。

 

そうなると自分の悪いところばかり見えてくるようになるんです。

 

もちろんあなたは悪いところばかりでなく、良いところや他の人に比べてすぐれているところもたくさんあります。

 

でも、そんなことが見えなくなってしまうくらい自分のダメなところが目立ってしまうんです。

 

悪いところばかり見つけることが多くなり、最終的にその理由は自分が弱いからだと結論付けます。

 

自分が弱いからあの人よりもできなくて、自分が弱いから他人よりも悪いところがたくさんあって、自分が弱いからこんなにダメな人間なんだとわけのわからない結論を出します。

 

 

弱いことと劣っていることは本来は直接結びつかないことなのに、強引にそれらを結びつけます。

 

 

そして自分が弱いのを理由にして自分を徹底的に責めます。

 

自分を極端に攻撃していきます。

 

『弱いのは罪だ!』とばかりに自分を犯罪者であるかのように扱います。

 

『なんでこんなこともできないんだ。』、『なんでこんなにも弱いんだ。』、『もっと強かったはずだろ?』、『一体いつからこんなにも弱くなってしまったんだ。』と自分が情けなくてたまらなくなります。

 

 

人がね、弱い自分を必要以上に責めるときは、自分の強さを知っているときです。

 

 

自分の強さを知っていて、自分ならこんなことで落ち込んだりしないと思っているときです。

 

ショックを受けた事実はもちろん、自分が思っている以上に落ち込んでいる事実にあなたは驚いているんです。

 

こんなことで傷つくような弱い人間じゃなかったのに、こんなことに傷つくようになっていた弱い自分にすごくショックをうけているんです。

 

 

いつの間にかこんなに弱くなってしまっていた自分が許せません。





こんなことで傷つくような弱い人間は自分なんかじゃないんです。

 

自分は本当はもっと強くて、こんなことぐらいで負けてしまうような弱い人間ではなかったはずです。

 

今までの自分ならこんなにも傷つくことなんかなく、こんなにも情けなくてみじめな思いをすることもなかったはずなんです。

 

 

あんな他人なんかに自分の心を揺さぶられてしまった自分が許せません。

 

あんな他人なんかを気にしてひどく落ち込んでしまう自分が悲しいです。

 

本来の自分はこんなにも弱くなかったはずなのに、弱くなってしまった自分が情けなくて仕方ありません。

 

 

元々が強かった人ほど自分が弱くなってしまったことを実感し、弱い自分が情けなくて許せません。

 

 

今の自分をなかなか認めることができないんです。

 

 

だから落ち込んでいる自分に対して『こんなことで落ち込むな!』と活を入れるんです。

 

ひどく傷ついているのに、『こんなことで傷つくはずがないだろ!芝居をするな!』とさらに追い打ちをかけます。

 

それでも泣き言を言ってしまう自分が情けなくて悔しくなります。

 

 

なかなか強かったころのあなたに戻れません。

 

 

でもそれは当り前のことなんです。

 

弱いことを情けなく思うほど毛嫌いをしているあなたが、強いままの状態ではいられないほど疲れてしまっているんです。

本当はね、自分が思っている以上にあなたはヘトヘトなんです。

 

本当なら自分に「よくがんばったね。」、「疲れたよね。」と声をかけないといけない場面なんですね。

 

本当なら自分をいたわらないといけない時期なのですが、弱くなってしまうことを嫌うあなたはねぎらうことができないんですね。

 

 

「前みたいに強い状態に戻れ!!」があなたの要望なんです。

 

 

それを達成する前に甘やかすわけにはいかないんです。

 

それを達成するまでは泣き言なんて聞いてやりません。「弱音を吐くな!」と強く鞭を打ってやります。

 

こんなところで満足されたら困るんです。

 

 

こんなところで自分を受け入れて、弱いままの自分でいられたら困るんです。

 

 

だからどんなにしんどくても「何をしているんだ!?」、「もっとがんばれ!!」という言葉を止めません。

 

「お前はそんなもんじゃないだろ!!」と自分を奮い立たせます。

 

必死で強い自分に戻ろうとします。

 

 

あのね、あなたは別に弱い人間なんかではありません。

 

 

あなたと同じ境遇になれば、誰だって今のあなたのようになります。

 

あなたよりも弱ってしまう人も多いはずです。

 

あなたが今のように弱ってしまったのは、情けないことなんかではありません。

 

人間ならごく普通のことなんです。

 

 

だからそろそろ、今の自分を受け入れてあげませんか?

 

 

本当に弱い人間は自分のことを『なんでこんなに弱いんだ!』なんて責めません。

 

弱い自分がベースなので、自分が弱いなんて今さら責めるようなことでもなんでもないんです。

 

自分のことを弱い人間だと責めてしまうのは、いつだって強い人間なんです。

 

そんな強いあなたでも今は弱ってしまっているんです。

 

根性でどうにかなるものではありません。

 

今の自分を許してあげることが、強い自分を取り戻す一番の近道です。

 

そんなにも自分を責めてしまっては、自分がかわいそうですよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



他人の言葉にひどく傷つくようになって。こんなに弱い人間だったの?

自分が情けなくなるのは頑張っている証拠!恥ずかしいことじゃない!

傷つきやすくなった心。傷つくようなことではないのに傷ついてしまう。

こんなことで拒絶反応が出るなんて。自分はなんて弱いんだろう。

不甲斐ない自分が情けない!!うつ病からの回復期は自殺に要注意!

自分をほめることが苦手だとつまらない!もっと自分を甘やかそう!

臆病ですぐに傷つくのに平気なふり。心が弱い自分が情けない。

弱くて無様で格好悪い自分。こんな大人になんかなりたくなかった!

泣くのは恥ずかしいこと?すぐに泣いてしまう自分が情けない。

コンプレックスに悩まされる。他人と比較をしてしまうと疲れやすい。

500記事達成記念

【心が弱っても】を読んでいただきありがとうございます。

 

皆さんのおかげで500記事まで書くことができました。




・・・

 

ここまでが正直かなり長かったです。

 

 

読んでくださる人が増えていればモチベーションも上がるとは思うのですが、実は今は一番読まれていた時期と比較すると3割くらいまで落ちています。

 

記事数は増えているのに右肩下がりです。ぜひ読まれている皆さんはSNSで宣伝をお願いします。

 

 

・・・冗談はここまでにして、このブログにたどり着いて目を通していただいている皆さんには本当に感謝しています。

 

 

前にもなにかの記事で書いたことがあるんですけど、こういったブログって普通の人から敬遠されてしまうものなんですよね。

 

僕もつらい経験をしてこなかった頃はこういったブログは嫌いでした。

 

なんというか独特の気持ち悪さがあって、僕自身は元々毛嫌いしていました。

 

 

それが自分の中でかなり苦しい体験を何度も繰り返すようになり、今までにはなかったつらい経験をいくつも重ねるようになってからは、生きていくための依り代の一つになりました。

 

大げさでもなんでもなく、僕はこういったブログなどを読んでいなかったらここまで生きてこれなかったと思っています。

 

 

今読まれている皆さんもそんな状態ではないですか?




・・・で、元気だった頃のあなたに戻れたら、自然とこういったブログからは離れていくと思います。

 

だからそれまではお付き合いいただけたらと思います。

 

内容は似たり寄ったりの記事や、少し特殊系統の記事も増えてきましたが、それでもその中から何かの役に立てればとは思っています。

 

 

この【心が弱っても】を読まれている人の多くは、がんばり屋さんだと僕は思っています。

 

 

そしてがんばっているのにまだもっと『がんばろう。』と思っている人が多いと思っています。

 

がんばり続けるための給水ポイントとして、このブログを読まれているのではないかと思います。

 

 

皆さんは本当にすごい人たちです。

 

 

そんな人たちが報われず、つらくて苦しいまま終わってしまうことはあってほしくありません。

 

誰よりも幸せになってほしい人たちです。

 

このブログも利用できるなら思いっきり利用してください。

 

自分の都合のいいように全力で解釈して、思いっきり共感していただけたらと思います。

 

 

皆さんのことを僕は尊敬しています。

 

いつか他の誰よりも幸せな生活を手に入れてくださいね。

 

関連記事(一部広告):



450記事達成記念

400記事達成記念

350記事達成記念

300記事達成記念

250記事達成記念

200記事達成記念

100記事達成記念

はじめに

真面目すぎると病む可能性あり。適当でいい加減になることも必要!

皆さんは自分の性格をどんな性格だと思っていますか?

 

いい加減で適当な性格だと思っていますか?

几帳面で神経質な性格だと思っていますか?

 

この二つの性格なんですが、皆さんはまじわらないと思っていませんか?




いい加減だけど神経質な性格の人、います。

几帳面だけど適当な性格の人、います。

 

言葉上では矛盾しているのですが、人間の性格では矛盾が融合できます。

 

むしろ矛盾のない単純なものなんかではありません。

 

人間の性格は一人ひとり違っていて、あなたと同じ性格の人は一人もいません。

 

 

すごく複雑で混沌としているものなんです。

 

 

あなた自身も自分のそのときの境遇や調子の状態で行動や対応が変わってきますよね。

 

ずっと一貫して同じ選択を選び続ける人の方が少ないです。

 

そんな星の数ほどもある性格なんですが、大きくいくつかにわけられることが多いですよね。

 

 

その大項目の1つに【真面目】という項目があります。

 

 

皆さんは真面目な人でしょうか??

 

 

「はい。」、「いいえ。」どちらだったでしょうか?

 

「はい。」を選んだ人は自分でも自覚できるほど真面目な人なんでしょうね。

よく周りから「真面目だねー。」と評価されているのかもしれませんね。

 

 

では「いいえ。」を選んだ皆さんは真面目ではないんでしょうか?

 

 

すごく不真面目なんでしょうか?

 

これ、意外とそうでもないんですよね。

 

むしろ真面目かと聞かれて「はい。」を選んだ人よりも真面目な人がたくさんいます。

 

 

真面目な性格というのは案外、自分では気づきにくい性格なんです。

 

 

だって、一年中ずっと自分は真面目というわけではないから。

 

生まれたときから不真面目なことをたくさんやってきた記憶があるから。

 

学校の先生に「真面目ないい子。」と評価をされても、友だちからは「ほんっとにお前は適当でいい加減なやつだなー。もう少し真面目になった方がいいんじゃないか?」と言われたことがあると、『自分は真面目な人間ではないんだ。』という認識になります。

 

 

真面目だから。




適当な性格の人なら友だちから上のようなことを言われても『はあ?なに言ってるの?俺は真面目な性格に決まってるじゃん!』となるんです。

 

適当だと跳ね返せるものが真面目だと跳ね返せなくなるんです。

 

 

真面目な人はね、真面目すぎるんです。

 

 

バカみたいな言葉になりましたが、わりとこれ、本質をついているんです。

 

真面目な人はね、自分が真面目かどうか考えたときに、自分が不真面目だったときのことも同時に考えます。

 

『あのときあんなことをした。真面目な人間ならそんなことしない。』なんてことまで考えてしまうんです。

 

適当な性格の人からしたらアホです。

 

 

真面目に対する敷居をあげすぎているんですね。

 

 

適当な人は真面目に対する敷居はそれほど高くありません。

 

10回中3回でも真面目なことをしたら自分のことを真面目な人間と認識します。

 

でも真面目な人は10回中1回でも真面目じゃなかったら『自分は真面目な人間なんかじゃない。いい加減で適当な人間。』と認識してしまいます。

 

 

バカ真面目です。

 

 

真面目過ぎて融通が利かないんです。

 

これがね、日常生活の出来事に対しても発揮してしまいます。

 

9の成功体験をしても1の失敗体験があれば『自分はできない人間だ。』と評価をしてしまうんです。

 

9割完成させていたとしても残りの1割ができなかったら『達成できなかった。』と評価をしてしまうんです。『これでも十分できた。』、『このぐらいでいいだろ。』、『よくがんばった!』と思えないんです。

 

 

真面目な人は自己評価が低いことが多いです。

 

 

人生なんて成功体験もあれば失敗体験もあります。

 

割合は人それぞれ違えど、成功体験だけの人、失敗体験だけの人というのはいません。

 

しかし真面目な人は、成功体験よりも失敗体験を数えてしまう傾向があります。

 

その失敗体験ばかりを思い出してしまうから、自分の能力を過小評価するし、次は成功させようと普通の人よりも無理をします。

 

 

『成功させなければいけない!』と思っているから。

 

 

それで成功してそのことをしっかりと吸収できたらいいのですが、真面目な人は成功しても自分をほめることが少ないんです。

 

成功させることは当たり前で普通のことという認識なんです。

 

そして失敗することを極端に嫌います。

 

 

一生懸命がんばり続けても、少しでも失敗するとすごく自分を責めるんです。

 

 

真面目過ぎるとね、正直、輪の中から少し外れた位置にいってしまうことが多いです。

 

真面目を自分の中だけにとどめておくのならいいのですが、それを他人にまで強要してしまうことがあるからです。

 

真面目ばかりの集団の中にいるのなら問題はありませんが、一般の輪の中では多少は融通が利く人の方が好まれます。

 

 

もう少しだけ肩の力を抜きませんか?

 

 

真面目過ぎると世の中しんどいこと、許せないことがたくさん見つかります。

 

そんな状態で生活を続けると疲れてしまい、心も弱ってしまいます。

 

真面目が長所で適当が短所ということではありません。

 

もう少しリラックスして生活ができるようになればいいですね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



責任感が強いのは長所?責任感が強すぎると短所に変わる。

他人に甘く自分に厳しい人は要注意!完璧主義にはならなくていい!

やらなければいけない思考、するべきだ思考を手放せば自由になれる!

心が強い人は開き直りがうまい人。鈍感力が低い人は心が疲れる!

疲れてしまうのは完璧主義者だから?

キャパオーバーでも頑張り続けるあなたへ。責任の鎖を緩めてみよう!

『こんな自分なんかじゃダメだ!』自己否定が止まらない時は?

自信がなくて不安しかない。自分には無理!怖いけど逃げ出せない時は?

心が病んでしまう。醜い自分は生きている価値がない。

精神的な病気と心の病。家族や周囲が理解してくれない。一人きり。

前の恋人を思い出してしまう。別れた相手を忘れるにはどうすればいい?

皆さんは恋人と別れる経験をしたことはありますか?

 

恋人と別れてしまったあとに切り換えはうまくできていますか?

恋人と別れてしまったあともいつまでも相手のことを忘れることができず、苦しい思いをしていませんか?

 

失恋をすることって悲しいですよね。




本気の恋ではなかったら失恋なんて単なる儀式の一つなんですが、相手に本気で恋をしていた場合は悲しくて悲しくて仕方ありません。

 

食欲がなくなってなにも食べられなくなるし、仮に食べられたとしても気持ちが悪くなってすぐに吐いてしまう。

 

お腹がすくという感覚が壊れ、食べなくてもそれほど苦ではありません。

 

 

人間は必ず食べないと生きていけないのですが、その行為さえ停止させてしまうほどの力が失恋にはあります。

 

 

睡眠にしても眠ろうとしてなかなか眠れず、まぶたを閉じるとその人のことばかりが浮かんできます。

 

普段なら睡魔が襲ってくるような時間になっても、一向に眠くなりません。

 

仮に眠れたとしてもいつもよりも浅い眠りで、すぐに覚醒してしまいます。

 

 

人間は眠らないと生きていけないのですが、その機能さえ奪ってしまうほどの力が失恋にはあります。

 

 

失恋をした直後は本当に絶望です。

 

悲しくて悲しくて仕方なくて、涙がポロポロこぼれて、目が痛くなってしまうくらい泣いてもまだ涙は枯れてくれなくて。

 

頭の中をグルグルと色んな考えが渦巻きます。

 

気持ちが悪くなって吐いたり、無気力になってしまったり、『もう生きているのが嫌だ。』と思えてしまうほど苦しみます。

 

 

それでもあなたの日常は続きます。

 

 

失恋をしたからといって、あなたの日常は終わってはくれません。

 

あなたは生きていくために日常を壊さないようにしないといけません。

 

悲しい気持ちを抱えながらも、あなたはいつも通り振る舞おうとします。

 

いつまでも落ち込んで何もしなかったら生きていけないので、暗い気持ちを引きずりながらも生活を続けていきます。

 

それで日常生活にとけこめて、元の恋人を忘れることができたらいいのですが、そうではない場合もあります。

 

恋人を忘れることができず、その人とのことを過去の出来事にすることがなかなかできないときがあります。

 

 

その場合は日常生活に支障をきたします。

 

 

失恋をしたときは皆ダメージを受けます。

 

それを過去の出来事にすることができないということは、現在進行形であなたにダメージがいっているということです。

 

その間は食欲がなかったり、なかなか眠れなかったり、眠ったと思ってもすぐに目が覚めてしまったりで、健康上よくはありません。

 

 

心と身体の両方からあなたをむしばんでいきます。





頭がボーッとして変なことをしてしまったり、普段なら絶対にしないようなミスも連発します。

 

気がつくと泣いていたり、泣くような場面でもないのに突然相手との過去を思い出して涙が止まらなくなったりします。

 

そんな生活は苦しすぎるのであなたは必死になんとかしようとします。

 

元の恋人のことを過去の出来事としてケジメをつけようと努力します。

 

 

でも忘れられないんです。

 

 

思い出を忘れようと思っても、あなたにこびりついて離れません。

 

前の恋人のことなんか忘れて今を生きようと思っても、ことあるごとに思い出があふれてきます。

 

その思い出の数々に押し潰されそうになります。

 

 

忘れたくてもどうしても忘れられないんです。

 

 

趣味に夢中になろうとしても、趣味をやっても熱中できません。押し寄せてくる悲しさをこらえるので精一杯です。

 

考える暇もないくらい忙しく動き回ろうと思っても、ほんのちょっとの休憩時間にすぐに思い出してしまいます。

 

友人たちと楽しもうと思っても、励ましや慰めが心地良いときと鬱陶しいときにわかれます。

 

 

忘れようと思って努力をしても、すきがあれば相手のことを考えるようになってしまいます。

 

 

今は相手は何をしているんだろうか?

 

こっちと同じように悲しんでいるのだろうか?

 

それともこっちのことなんかもう忘れて、平然と日常にとけ込んでいるのだろうか?

 

もし、あの人の隣に別の人がもういたらどうしよう?

 

元気にしてるかなー?

 

と、過去の思い出だけでなく、現在の相手のことも気になってしまいます。

 

 

これね、無理に忘れようとしているからなんですよ?

 

 

『忘れなくてはいけないー!』って思っているからよけいにその人のことを思い出してしまうんです。

 

『忘れなくてはいけないー!』と思っているということは、その間は相手のことを考えている時間なんです。

 

早く忘れよう、忘れようとして、反対に覚える方法をとってしまっているんです。

 

これでは忘れられるはずがありません。

 

 

相手のことを思い出してしまったときは、無理に忘れようとしなくていいです。

 

 

相手のことを思い出したり考えてしまうときは、忘れようとはせずにそのまま受け止めてください。

 

 

それはつらいことですよね。

 

それは悲しいことですよね。

 

それは苦しいことですよね。

 

 

でもそれほど、大切で大事な人だったんです。

 

 

思い出してしまって忘れられないときはね、それはまだ忘れなくていいときだからなんです。

 

 

今の時点で忘れようと努力をしてしまえば、ますます失恋を乗り越えることが難しくなります。

 

失恋で乗り越えられていないうちはすごくつらいものですが、焦らずにそれをかみしめてください。

 

たくさん泣いていいんです。

 

何も手につかなくなってもいいんです。

 

あなたにとってはそれほどつらい体験なんです。

 

そこまで大切な相手との失恋ですぐに立ち直れる方法なんてありません。

 

そんなに軽い存在の相手ではなかったはずです。

 

すぐに忘れるなんて無謀なことに挑戦せず、つらくても時間をかけて少しずつ受け入れていきませんか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



失恋から立ち直れない。未練たらたら。失恋を乗り越える方法は?

大恋愛からの大失恋!受け入れられない絶望から立ち直るには?

ショックで心の底から落ち込んで何も手につかない。元気を出すには?

大切な人との突然の別れ。現実逃避ばかりしてしまう。前を見れない。

絶望が支配する思考。人生のどん底から這いあがるのに必要なものは?

大好きだった恋人に振られた。生きる気力がなくなった時は?

ショックからいつまでも立ち直れない!引きずってしまう性格が嫌い。

過去にとらわれて何が悪い!過去を振り切れない時は大切にすればいい。

家族が自殺した。救えなかった悲しみと怒りに向き合うには?

自分の人生を否定してしまった時は?リセットしてやり直しはできる?

もしかしたらあったかもしれない可能性を想像してしまう。意味ないのに。

皆さんはもしかしたらあったかもしれない可能性を考えてしまうことってありませんか?

 

『あのときこうしていれば・・・』、『あのときにああなっていれば・・・』と今とは違う生活を想像してしまうことってありませんか?

 

ありえなかった、【もしも】について考えてしまうことはありませんか?




多少なら人間はこの【もしも】について考えます。

 

【もしも】のことを考えるのは何も悪いことではありません。

 

未来について『もしも宝くじが当たったら何に使おう?』と期待もするし、『もしも病気になってしまったらどうしよう?』と不安にもなります。

 

過去について『もしもあのときああしていたら・・・』、『あのときに違う方を選んでいたら・・・』と考え、それから連なる現在を想像します。

 

 

人間なら【もしも】を考えるのは当然のことです。

 

ですが、この【もしも】、未来について考える場合と過去について考える場合はまったく反対の意味を持ちます。

 

 

未来についての【もしも】を考える場合は、現在に不満がないことが多いです。

 

 

現在でも不満はなく十分幸せだが、さらなる幸せを求めたいと思うときに想像します。

 

現在が満たされていて幸せだということがわかるから、それを壊してくる危険性があるものに恐怖を感じます。

 

『もっと幸せになりたい!』、『どうか幸せの現在がいつまでも続いてくれ!』なんです。

 

 

未来についての【もしも】は、手に入れたいという欲望と、失いたくないという願望なんです。

 

 

過去は違います。

 

 

過去についての【もしも】を考える場合は、現在に不満があることが多いです。

 

 

現在に不満があり幸せを感じることが少なく、過去のあの時点で違う選択をしていたら現在の自分は幸せを築けていられたんじゃないかと想像します。

 

現在の生活が満たされていないことがわかるから、こんなつまらない人生、不幸になってしまった人生の原因を妄想します。

 

『なんでこんなことになってしまったんだ!』、『どうして幸せになれるはずの手を払いのけてしまったんだ!』なんです。

 

 

過去についての【もしも】は、こんなのは嫌だという現在の拒絶と、幸せになれたはずなのにという後悔なんです。

 

 

もちろん『ああしていなければこんなに幸せな今はない。』という感謝の【もしも】もあります。

 

現在が幸せで仕方なくて「ありがとう。」の【もしも】の場合もあります。

 

ですがそれよりも強い【もしも】は拒絶と後悔なんです。

 

 

人はね、幸せに慣れていく生き物なんです。



夢のない話ですが、感謝の【もしも】はその場限りの一過性で、拒絶と後悔の【もしも】は継続的です。

 

 

人間は誰もが未来の【もしも】について考えます。

 

これから起こるかもしれない可能性を想像し、それにどう対応していくかを考えていきます。

 

他の動物のように今だけに集中して生きることは不可能です。

 

今の生活を確認し、将来のことを考えます。

 

 

ですが、過去の【もしも】については考えないで生きていける人がいます。

 

 

後悔をしない生き方をしている人たちです。

 

その場その場での今をしっかりと受け入れてそれを糧に未来を目指し、そこにたどり着いた人たちです。

 

現在の位置に満足し、過去を誇りに思っている人たちです。

 

今に満足しているので『もしもしていれば・・・』、『もしもしていなかったなら・・・』なんてありもしない仮定で振り返る必要もないんです。

 

 

過去の【もしも】についてよく考えてしまう人は、今の人生に不満があり『こんなはずではなかった。』と後悔しているんです。

 

 

この過去の【もしも】なんですが、一度考えだすと止まりません。

 

現在に不満があればあるほど、強い気持ちでいくつもの【もしも】が思い浮かんできます。

 

それこそそんな選択をすることはありえなかっただろというくらいの【もしも】が次々に浮かんできます。

そしてその【もしも】が叶ったときの今を想像し、自分が今どれだけ不幸な境遇にいるのかを確認します。

 

 

手に入っていたかもしれない幸せを逃してしまったことを実感します。

 

 

悔しくて泣けてきます。

 

つらくて泣けてきます。

 

『なんで自分はこんなに不幸な人生を歩いているんだろうか?』と悲しくなります。

 

『よりにもよってここまで落ちてしまうのか。』とむなしくて笑えてきます。

 

 

【もしも】と比べてしまうとキリがないんですよね。

 

 

どうしてもそれができなかった現実があるのに、【もしも】を出されたら勝てるはずがないんです。

 

妄想の方が現実よりもあなたに優しい世界になってしまうのは当たり前なんです。

 

 

でもね、一度考え始めると止めることは難しいんです。

 

 

今よりも良い世界にいるはずの自分、幸せとまではいかなくてもここまで落ちぶれていない自分、これらの魅力は今がつらい人ほど強力に誘惑してきます。

 

もしかしたらあったかもしれない現在の可能性は、今はあなたの手の届かないところにある世界です。

 

あなたが今さら何をしたところで追いつくことなんかできません。

 

そのことをあなたもわかっています。だからこそ悔しいんです。

 

【もしも】を考えることは決して悪いことではありません。

 

ですが【もしも】ばかり考えすぎてしまうと、今がよりつらくなってしまうかもしれません。

前を向くためにも過去の【もしも】が必要になるときはありますが、考えすぎて底なし沼にはまってしまわないように注意してくださいね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



どうしてこうなった?こんなはずじゃなかったのに・・・

頑張って生きてきた結果がこれ?周りが羨ましくて妬ましい。

幸せになりたかっただけなのに。どうしてこんなに辛い目にあうの?

弱くて無様で格好悪い自分。こんな大人になんかなりたくなかった!

史上最悪の振られ方。こんな終わり方なんて納得できない!!

どうして自分だけこんな目に。悲劇の主人公になってしまったら?

周りが皆幸せそうに見えるのは?『自分はこんなに苦しいのに!!』

悔しくて悔しくて仕方ない!醜い嫉妬をコントロールする方法は?

希望を捨てられない。希望にすがりつく。依存体質は要注意?

努力と頑張りを積み重ねて無理をして。それでもどうにもならない時は?

周りの人間が敵に見える。傷つけられるのが怖い。そんな自分が情けない。

皆さんが周りの人間が敵に見えてしまうような経験をしてしまったことはありますか?

 

こちらのことをことあるごとに責めてくるように感じるようになってしまったことはありますか?

 

これってすごく大変です。




相手からしたら傷つける意図も、攻撃している意図もないのに、あなたは攻撃されているように感じ、そして傷つきます。

 

しかもそれがあなたの苦手な人や嫌いな人であるとは限りません。

 

あなたにとって大切な人の場合もあります。

 

 

相手が誰であっても攻撃されたように感じ、あなたは傷ついてしまいます。

 

 

相手が大切な人で、『わたしを傷つけるようなことはない!』とわかっている人であっても、あなたは傷ついてしまうことがあります。

 

そのときにあなたは、その人相手に傷ついてしまった自分にショックを受け、そして申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

 

あなたのことをよく想ってくれている相手であればあるほど、そのことがわかっているのに傷ついてしまう自分に衝撃を受けます。

 

いつも自分の味方をしてくれている人が相手でも、攻撃されているように感じてしまう自分が情けないし、その人に申し訳なくて苦しくなります。

 

そんな風にあなたにとっての絶対的な味方であるはずの相手でさえ、今のあなたには攻撃をしてきているように見えてしまうんです。

 

 

では特に親しいわけでもない他人ならどうでしょう??

 

 

もう、敵にしか見えないんですよね。

 

いつ自分を攻撃してくるかわかりません。

 

どれほど傷つけられるかも想像もつきません。

 

話しかけるのに勇気がいるし、相手から予期していないときに話しかけられるとビクッーとします。

 

 

人と会話をするのも怖くなります。

 

 

相手が発した何気ない言葉に、いつ致命傷をあたえられるかわかりません。

 

相手がわたしを責めるような言葉を言ったときには『自分は耐えられるんだろうか?』と不安になります。

 

『どうかわたしを傷つけるようなこともなく、無事に終わってください!』と願い続けます。

 

普通にただ会話をしているだけなのに、心臓をつかまれているかのような緊張が走ります。

 

そして相手との会話が終わり安全圏にたどり着いた瞬間、全身が急激に脱力します。

 

冷や汗がだらだらと垂れてきます。

身体の震えが止まらなくなります。

心臓は爆発しそうです。

 

自分でも信じられないくらいの異常を体中から感じます。

 

 

あなたにとって周りの人間は味方でもただの景色でもなく、敵なんです。





ちょっとしたことでも「お前が悪い。」と攻撃されているように感じるようになり、あなたはひどく傷つきます。

 

『なんでこれぐらいのことで傷つくんだ!』、『こんなのただの被害妄想じゃないか!』と思っていても、自分が傷つくのを防ぐことはできないんです。

 

傷つくことってもちろんつらいです。心に大きなダメージが残ります。

 

それがいつどこからくるかわからない、そんな恐怖の連続の世界で生きていかないといけなくなります。

 

 

そしてそんな日常生活を送らないといけなくなってしまった、弱い自分を心底情けなく思います。

 

 

他人から傷つけられて、あなた自身も自分を傷つけます。

 

『いつからこんなにも弱い人間になってしまったんだ。情けない。もっとお前は強い人間だったはずだろう?』と自分をののしります。

 

外と内から傷つけられて、あなたの心はもうボロボロです。

 

ボロボロ状態の心では物事を悪いように悪いようにととらえてしまいます。

 

極端な解釈をしてしまったり、言われたこと以上のことを勝手に思い込んで傷ついてしまうこともあります。

 

傷つきやすくなっている状態なので、人と関わることが怖くて仕方ありません。

 

 

こういうときはね、無理に人と関わることをしなくていいんです。

 

 

必要最小限の関わりだけでおさえて、消極的にいきましょう。

 

社交的にならなければいけないなんてことはありません。

 

周りが敵に見えているときに上手にコミュニケーションなんてとれるわけがありません。

 

 

怖いのに無理をする必要はありません。

 

 

まずは自分を大事にしましょう。

 

 

怖いのにがんばって外に出る必要はありません。家に引きこもっていていいです。

 

怖いのに電話に出る必要はありません。電源を切っていたらいいです。

 

『怖くない!』、『このままじゃダメだ!』なんて言い聞かせて勇気を出す必要もありません。

 

 

怖いものは怖いんです。

 

 

自分がおかしいと思っていても、怖いと感じることをなくすことは急にはできません。

 

周りの人を怖いと思う気持ちを否定しなくていいです。

 

あなたのことを考えてくれている人ほど、「そんなことでどうするんだ!?」と言ってくるかもしれません。

 

でもね、そんなことはあなたが一番よくわかっているんです。

 

 

わかったうえでも、それでもどうしようもできないことなんです。

 

 

今はね、焦らずに自分を大切にしてください。

自分を大切にすることで余裕を持てるようになり、それが結果として敵を減らしていきます。

 

周りが敵だらけの世界でがんばっていこうと思ってもそんなことは無理です。

 

自分を大切にして敵が少ない世界で生きてみませんか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



傷つきやすくなった心。傷つくようなことではないのに傷ついてしまう。

他人の言葉にひどく傷つくようになって。こんなに弱い人間だったの?

人との交流が怖い!傷つけられるのが嫌!引きこもりになった時は?

心をいつも傷つけて。他人よりの心よりもっと自分の心を大事にしよう!

人の言葉に過剰反応してしまう。傷つきやすい性格が嫌い。

ショックを受けてトラウマに。心の傷を癒すこともできない時は?

相手から傷つくことを言われたときは

我慢のしすぎはよくない!辛抱強いとストレスをため込みやすい。

明るく社交的になりたい!暗くて陰気な自分を変えるには第一印象!!

特定の人が怖くて汗と震えが止まらない!反抗することができない!

上から目線で物を言う人、人を見下してばかりの人への関わり方は?

皆さんの周りに、何を言うにしても上から目線で物を言う人っていませんか?

 

言葉にトゲがあるように聞こえたり、自分以外の人のことをどこか見下しているように聞こえてしまう人はいませんか?

 

『なにもそんな言い方しなくても』と思うような経験はありませんか?




この人たちに合わせるのってけっこう大変なんですよね。

 

 

自分が上から目線で物を言っている自覚がないから。

 

 

その人たちにとって上から目線は嫌味や皮肉などではなく、自然体なんです。

 

ナチュラルに自分の方が上だと思い込み、他人を見下すことなんて当たり前のことなんです。

 

当たり前すぎてまったくの無自覚です。

 

 

指摘をしたとしてもこちらの言葉は通じません。

 

 

「わたしのどこが上から目線なんだ!?」と反撃をくらいます。

 

しかも下の人間としてみているから、言葉はきついし表情はするどいです。

 

『わたしにそんなことを言うなんて無礼者!!』ってノリなんです。

 

人のことを見下している自覚がある人なら『あ、そうだな。気をつけないといけないな。』と反省をしてくれることもありますが、無自覚なので反省はしないし、そもそも何を指摘されているのかの意味さえわかりません。

 

 

自分は人を見下しているということにすら気づかずに生活をしています。

 

 

もちろん、本人には自覚がなくても周りには様々な面で見下しているように伝わります。

 

「あの人と話をするのは疲れる。」、「あんなことを言われて腹が立った!」など、本人は無関心なのに周りは荒らされてしまいます。

 

 

そして上から目線で物を言う人は周りに合わせるということが苦手です。

 

自分と周りの意見がわかれたとき、自分の意見を貫き通すことが多いです。

 

意志が強いと言えば聞こえはいいですが、この人たちの場合は意志が強いのではなく、『周りの意見なんか聞く価値もない。』と思っていることが多いです。

 

しっかりとした自分を持っているというよりも、『わたしより劣っている人の意見なんて聞いても無駄。』精神が強いです。

 

 

だからその人が見下していない人の意見には耳を貸すことができるし、その人が尊敬している人の意見ならあっさりと自分の意見を変えられます。

 

 

自分が認めた人間以外は同じ人間とは認めていないんです。

 

根本的な部分で周りを見下し、自分の方が優れていると思っているんです。

 

やっかいな人です。

 

そしてかわいそうな人でもあります。



こういう人たちと仲良くやっていこうと思ったら、その人に見下されないことが大事になります。

 

 

一度見下されてしまっては、この人たちの評価はなかなか変わりません。

 

いつもことあるごとに『自分の方が上だ。』というような態度をとられるし、あなたは勝手に競争相手にさせられてしまいます。

 

そして自分があなたより優れているところを無自覚で探しだし、優越感にひたります。

 

あなたがよほどできた人間でないと、そんな人と一緒にいても楽しくはありません。

 

 

上から目線で物を言う人たちは本当は自分に自信がない人たちが多いです。

 

 

『自分の方がお前より優れているんだぞー!』と思わなければ、普通のコミュニケーションもとれない人たちなんです。

 

自信がなくて、そのままでは人と関わることが怖すぎるから、自分の方が上だと徹底的に思い込み、自分を洗脳するんです。

 

上から目線になってしまうのはただの去勢です。

 

 

本当に自分に自信がある人は謙虚でもあるし、他人に合わせるということもするのですが、それができないため周囲からは異分子として扱われます。

 

 

上から目線の人と上手に付き合っていくには、あなたが距離感をあける必要があります。

 

相手は自分が上であることを示すためにドンドン距離を縮めて圧力をかけようとしてきます。

 

そのまま相手に任せていてはぶつかります。

 

上から目線の人はそれほど相手と自分との距離感をはかることが苦手なんです。

 

 

近づいてくる人には逃げましょう。

 

 

あなたや周りがいくら注意したところでなおりません。

 

態度を改めることもないし、その必要性も感じていません。

 

その人が近くにいてはあなたや周りに被害がでるだけです。

 

 

大丈夫です。あなたが離れてもその人には別の人がいます。

 

 

その人が同じ人間だと認めた人たちがいます。

 

あなたが離れたからといって一人きりにさせることではないし、仮に一人きりにさせることになったとしても、そこまであなたがつきあう必要のないことです。

 

あなたが無理をしてまで近くにいる必要はありません。

 

その人から避難し、被害の少ない位置までいきましょう。

 

 

あなたがその人のために嫌な思いをする必要はありません。

 

 

その人との関わりは必要最小限にしてみましょう。

 

その人に根気よくつきあってあげる必要もありません。

 

人を見下すことがその人の価値観だと認めてあげませんか?

 

イチイチまともに相手をしていたら疲れてしまいます。

 

その人から離れることは逃げではありません。お互いにとって必要なことだと思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



見下してくる嫌な人との関わり方。あなたまで落ちてやる必要はない。

関わってはいけない人間と関わってしまった。更生させることはできる?

一緒にいると疲れてしまう!人の否定しかしない人間との関わり方。

嫌いな人が職場にいて逃げられない!人間関係がうまくいかない!!

デリカシーがない人間への関わり方は?無意識に人を傷つける人間。

命令ばかりしてくる恋人。偉そうな態度の彼氏。泣いてばかりの彼女。

「こんなこともできないのか!」と叱られた時は?相手にしたら負け!

主従関係のある恋愛は続かない!対等に見てくれない傲慢な相手には?

底辺職ってあるの?職業や自分の仕事をバカにされたときは?

彼女がダメ出しばかりしてくるのはなぜ?ブラック彼女に疲れたら。

精一杯頑張っているつもりでも否定されて。認めてくれない相手。

皆さんは自分的には一生懸命、精一杯がんばっているつもりだったのに、それを他人に否定されてしまったことはありますか?

 

自分のできる範囲でできることはやっていると思うのに、全然認めてくれなくて「もっとやれ!」、「しっかりやれ!」ばかり言われるようになってしまったことはありませんか?

 

これってすごく悲しいことなんですよね。




自分とその人との温度差にがく然としてしまいます。

 

たしかに結果としては自分はほめられたものではないかもしれない。

 

だけど、一生懸命がんばっているということだけは見ていてほしかった。

 

その人にとっては結果がすべてなのかもしれないが、それでも過程を尊重してほしかった。

 

結果がその人にとって期待外れであったとしても、一生懸命がんばっていること、せめてそれだけは理解してもらいたかった。

 

 

それなのに『それすらわかってくれていなかったんだ。』と悲しくなります。

 

 

あなたが普段から一生懸命がんばっていればいるほど、ひどくむなしくなります。

 

 

もしくはその過程すら、その人にとってはがんばっているように見えなかったのか?

 

「まだまだお前は甘い!!」と言われているのか?

 

「そんなものはがんばりでもなんでもない。できて当たり前のことだ。」と言われているのか?

 

『わたしは周りと比べて甘いのだろうか?こんなにがんばっているつもりなのに?』と疑問が浮かびます。

 

 

そして、もっとがんばらなくてはならないという現実に茫然とします。

 

 

そうなんですよね。

 

自分では精一杯がんばっているつもりでも、それでも相手、あるいは周りは認めてくれないんです。

 

「全然がんばっていない!」、「もっとしっかりしろ!!」と厳しい評価をくだされます。

 

自分では精一杯がんばっているつもりでも、相手に伝わっていないんです。あるいは自分はすごく甘いんです。

 

今のままではダメなんです。

 

 

もっともっと、もーっと、がんばらなくてはいけないんです。

 

 

今のがんばりでも認めてくれないのなら、もっとがんばって相手を認めさせないといけないんです。

 

今のがんばりでも「しっかりやれ!!」と文句を言ってくるのなら、もっともっとがんばって相手を黙らせないといけないんです。

 

今のがんばりでも「お前は甘い!」と指摘されたのなら、もっとがんばって自分に厳しくならないといけないんです。

 

どうしても相手にわたしががんばっていることを認めてもらいたいんです。

 

 

こんなにもがんばっているのに、それを否定されてしまうことだけは嫌なんです。

 

 

そのためにはもっとがんばるしか方法はないんです。

 

 

今まで以上にがんばって、相手が否定する余地も残さないようにすればいいんです。

 

今まで以上にものすごくがんばって、相手を感心させるようにすればいいんです。

 

「全然がんばっていない!」なんて戯れ言を二度と口にできないくらい、わたしのがんばりを見せつけてやればいいんです。




はい。残念。不正解です。

 

 

そもそも、今のあなたにこれ以上がんばることは無理です。

 

がんばりを否定されて悲しくなるほどに、あなたは既にがんばりすぎているのだから。

 

『わたしはすごくがんばっているんだ!』と言いたくなるほどに、既にすごくがんばっているのだから。

 

普段からがんばっていない人なら、もっとがんばるということも可能ですが、あなたは普段からもう十分すぎるほどがんばっている人なんです。

 

 

かかとをあげて、既に背伸びをしてしまっている状態なんです。

 

 

背伸びをしている状態でさらなる背伸びはできません。

 

 

本当につま先だけで立とうとしてこけてケガをするか、もしくは自重に耐えきれずに足の指を骨折します。

 

もうこれ以上は無理だというくらいに、あなたは現在もがんばっているんです。

 

その人に認めてもらうにはもっとがんばらないといけないんですが、あなたにはその余地がもうないんです。

 

 

残念なことですが、あなたはその人に認めてもらえるほどがんばることはできません。

 

 

「もっとがんばれ!!」という声にうんざりしてしまうほど、あなたはがんばってきたのでしょう?

 

『まだ認めてくれないのか!?』と思ってしまうほど、あなたはがんばってきたのでしょう?

 

なら、それが正解なんです。

 

 

あなたが本当に『わたしはがんばってきたのに・・・』と思うのなら、あなたは自分に満足がいくぐらいがんばってきたんです。

 

 

他人なんかに否定されたくないくらい今もがんばっているんです。

 

 

それでもそれを理解してくれない人間はいます。

 

「あなたならもっとできるはずだ!」と過剰な期待をしてくる相手もいます。

 

自分の都合からあなたががんばり続けてくれないと困るから、「もっとがんばれ!しっかりしろ!!」と言い続けてくる人はいます。

 

 

その人たちはね、いくらがんばろうがあなたをほめてくれることはありません。

 

 

結果を出したら出したでもっと上の結果を求めます。

 

あなたの結果に満足してくれる人たちではありません。

 

あなたががんばっているかどうかなんて関係ないんです。

 

ただ、もっと自分自身を満たしてほしいんです。

 

もっと自分に貢いでほしいんです。

 

 

そんな人たちにあなたががんばっているかどうかを決めてもらいたいですか?

 

 

がんばっているかどうかはあなたが決めたらいいんです。

 

 

本来なら自分で決めていいことなのに、あなたは疲れすぎて相手にゆだねるような状態になっています。

 

そんなに疲れている人ががんばっていないなんてことはありえません。

 

もっと自分の判断を信じたらいいと思います。

 

他人なんかにあなたががんばっているかどうか決めてもらうのは、もったいないことだと思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



努力が足りない?頑張っているつもりなのに責められるときは。

背伸びをすると過剰評価に。「もう少し頑張れば・・・」は無理。

わかってくれていると思っていたのに、わかってくれていなかった

親から否定ばかりされて育って。学校や職場でも認めてもらえなくて。

心が疲れたら生きるだけで精一杯!もう頑張れないのに・・・

頑張っているのに認めてくれない。できて当たり前で褒めてくれない。

誰もわかってくれない孤独感!本当は辛いんだと叫びたかった!!

認めてもらいたい人に認めてもらえない。承認欲求の制御法。

ただわかってほしかっただけなのに・・・どうして伝わらないの?

「頑張れ!」と励ましてくれているのに、傷つくようになった時は?

できないものをできるようにするには? それでもできないときは?

皆さんは自分にできないことにどんなことがありますか?

 

また、それを『できるようになりたい!』、『できるようにならないといけない!』というときにどんなことをしていますか?

 

なにかしらの工夫や努力をしているんですよね。




『できるようになりたい!』と強く願っているのに、なにもしていないことはありません。

 

『できるようにならないといけない!』と追い込まれている状況なのに、なにもしていないことはありません。

 

 

できるようになるためにあなたは生活の何かを変えています。

 

 

まずはできるようになるまで自分で何度も挑戦してみます。

 

自分でどうすればできるようになるかを考え、それを何度も試してみます。

 

試行錯誤を繰り返してコツをつかみ、それでできるようになることもあります。

 

でも、自分だけではなかなか解決しないことも多いんですよね。

 

そもそも自分で考えて繰り返すだけでできるようになることなら苦労はしませんしね。

(この手順は省略する人も多いです。)

 

 

次に調べます。

 

本だったり、ネットだったりで【〇〇ができるようになる方法!】というのはあふれかえっています。

 

まったくそのことについて情報がないというときの方が少ないかと思います。

 

そこで今の自分の状況と同じもの、酷似しているものを探します。

 

そこには作者なりの体験談や解決策などが書かれています。

 

まずはそれを読み漁ります。

 

それが自分がまだ取り組んでいないことで新しい発見があればいいのですが、自分自身で試行錯誤の時間を繰り返してきた人ほど壁にぶつかります。

 

 

『そんなこととっくにやってるよ!それでもできねーんだよ!!』、『そもそもそんなことができているのなら、調べることなんかしねーよ!!』です。

 

 

これが多いです。

 

むしろ、心の悩みや問題で困っている人はほとんどがこのケースではないですかね?




自分なりに解決策を何度も考えてなんとかしようとしてもどうにもならなくて、それでもなんとかならないかと模索をしているときに出くわすのが、もう既に自分が何度も挑戦して試してみたことしか書いてない。

 

それでもできないときはどうすればいいのかを書いていないというのがよくあります。

 

『そんな簡単なことで解決するようなことなら、何年間もそれができなくて困っている自分はバカだろ?』と思ってしまいます。

 

 

実際にあなたとその人は違います。

 

 

その人の場合はそれでうまくいったとしても、あなたもそれをすればうまくいくというわけではありません。

 

難易度と言ってしまっては失礼かもしれませんが、あなたの方がその人よりもよっぽど難しい状態にあることも少なくありません。

 

あなたの方がそのことについてよく調べていて、その人よりも多くの知識や解決策を知っていることもあります。

 

 

それでもあなたはできるようにはならないんです。

 

 

怒りや焦り、苛立ちや悲しみが出てきます。

 

このままではダメなのに、次はもう何をすればいいのかわからないんです。

 

実際にあなたと同じ体験をして、それを克服できた人がいるのならその人に体験談を具体的に教えてもらうなどのことができますが、身近にそういう人ってなかなかいないんですよね。

 

できない状態のまま日々は過ぎていきます。

 

 

できるようになりたいのにそれがいつまでたってもできるようにならないとき、できるようにならなければいけないのにそれがいつまでたってもできないとき、人は精神的に強いストレスを受けます。

 

 

自分の今のままの状態ではいけないのに、いつになったらそんな自分から脱出できるのか想定できません。

 

今のままの自分では嫌なのに、なにをしても、どうやっても、嫌な自分のままなんです。

 

できるようになる未来が全く見えないから、不安で不安でたまらないんです。

 

こういうときの対処法なんですが・・・

 

 

できない自分をそのまま受け入れてあげましょう。

 

 

なにをしてもできるようになれないのなら、それも含めて自分であることを認めてあげましょう。

 

できるようになる可能性が見えないときから自分を否定していては、自分のことが大嫌いになってしまいます。

 

自分を嫌うよりもリスクのあることって、この世界にはほとんどありません。

 

自分を大嫌いになるくらいなら、できないことをあきらめてしまった方がよっぽど利口です。

 

 

それも無理だという人は、【今は】できない自分のことを許してあげましょう。

 

 

もう少しだけ気長にいきましょう。

 

できないことをできるようになるのは、あなたが思っているよりもはるかに難しいことです。

 

時間もいるし、根気も必要になります。

 

そしてそんな大変なことに挑戦している自分をもっとほめてあげてください。

 

できないことだけにどうしても注目してしまうものなんですが、それをできるようにしようと努力しているあなたはすごいんです。

 

 

もっと自分のすごさに気づいてあげてください。

 

 

できない現実に腹を立ててしまったり、悲しくなってしまうのはわかりますが、それでも自分のすごさだけは忘れないであげてください。

 

できないことに対してこんなに感情がでてくるのはね、それだけできないことに対して真剣に向き合っているからです。

 

それは当たり前のことでは決してありません。

 

いくらやってもできないことにぶつかってしまうと自分を責めてしまいがちになってしまうものですが、それよりもすごい自分がいることを思い出してみてくださいね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



努力と頑張りを積み重ねて無理をして。それでもどうにもならない時は?

自分が情けなくなるのは頑張っている証拠!恥ずかしいことじゃない!

どうしようもできないこと。どうにもならないこと。それでも・・・

不甲斐ない自分が情けない!!うつ病からの回復期は自殺に要注意!

辛いのは闘っているから。苦しいのは頑張っているから。譲れないから。

臆病ですぐに傷つくのに平気なふり。心が弱い自分が情けない。

何をやってもうまくいかない。頑張ってもうまくいかない。もう嫌だ。

自分ではどうにもならない現実に遭遇してしまったら

諦めることができない心。ギブアップしてくれない心。強い心。

理不尽すぎる現実。言い聞かすのも疲れた。心が壊れそう。