日に日に疲れがたまっていく。ゆっくり休めないし回復が追いつかない。

皆さんは回復が追いつかずに日に日に疲れがたまっていく状態を体験したことはありますか?

 

本当はしっかり休んだら回復するんだろうけど、その休むことさえできない状況になったことはありませんか?

 

オーバーワークが積み重なり、十分な休みも確保できない状況で日常を過ごしてはいませんか?




休むことってすごく大切なんですよね。

 

人間ってしっかりと休まないと、最高のパフォーマンスを発揮できないようになっています。

 

疲れがたまればたまるほど人間のパフォーマンスは低下します。

 

これは身体だけではなく頭の回転や反応も鈍くなります。

 

 

元気に日常生活をするためにも休息は大事なんです。

 

 

でも、実際はなかなか休息が追いつかないこともあるんですよね。

 

やらないといけないことがたくさんあったり、休んでしまったら大変なことになることもあります。

 

忙しい日常に追われながらの小休憩というカタチでしか休むことができない人もいます。

 

時間も質もたっぷりの休息なんてとれないことも多いんですね。

 

もちろんその場合は疲労やストレスは積み重なります。

 

 

楽しいから休むことも忘れてしまっていたという場合は別ですが、やらないといけないことに追われて休めないときは精神力を削っていきます。

 

 

寝る前に『今日も疲れた。やっと寝れる。明日は〇時には起きないといけないのか。嫌だなー。』と思いながら眠りにつきます。寝つきも浅く、疲れもあまりとれません。

 

朝起きたときに頭が覚醒するまで時間がかかり、目をあけてからボーッとします。気だるくて『始まってしまったか。』という思いです。布団から出るのがすごく億劫です。

 

何をやるにしても通常の何倍もの気力を使うし、体力も確実に減っていきます。

 

『絶好調だ!!』という日がほとんどなくなり、行動するまでが重りをかついでいるように遅くなります。

 

その感覚が日に日に強くなっていきます。

 

 

生きていくだけで疲れてしまうんです。

 

 

自分の日常を守るために生活をするだけで、いっぱいいっぱいになり弱っていきます。

 

開放感を感じることがほとんどなくなり、どんよりとした気分になることが増えていきます。

 

人はどれだけ忙しくてもそこに充実感があれば心は安定しますが、楽しみが少なく疲れがたまるだけの日々は心を削りとり不安定にしていきます。

 

余裕のなさからイライラもしやすくなり、不愉快に思うことも増えていきます。

 

 

がんばって人生を生きているのに、苦しくてしんどい状態が続きます。

 

 

生きていくために消耗戦を強いられてしまいます。




楽しさや喜びを感じにくい生活っていうのは、はっきり言ってつまらないです。

 

ただの惰性だけで生活しているだけで、心をおどらせる刺激がありません。そのくせ悲しい刺激やつらい刺激というのは定期的に襲ってきます。

 

疲れやストレスがたまっているところに追い打ちをかけてきます。

 

ただでさえ苦しいのに、さらなる負荷を与えてきます。

 

これが続くと、生きていくことは試練になってしまいます。

 

 

そうならないためには十分な休息をとることが必要です。

 

 

そのためには休むことの重要性をもう一度確認しておく必要があります。

 

人間って余裕がないときほど休むことをしません。

 

休むことの重要性を忘れて邪魔な時間ととらえてしまいます。

 

まずはその意識改革からです。

 

 

余裕がないときほど休まないといけないんです。

 

 

これがすごく難しいです。

 

比較的楽な生活をしているときには簡単に休んだり、必要以上に多くの休息をとってしまうこともあるんですが、本当に休みが必要な状況になるとなかなか休む選択ができません。

 

休むことの優先順位は忙しさに比例して落ちていきます。

 

 

忙しすぎると『休んでいる暇なんかない!!』になってしまいます。

 

 

あまりにもやることが多いと、そのやらないといけないことばかりに目がいってしまい、自分のことがおろそかになってしまいます。

 

やらなければいけないことばかりに神経をそそぎ、自分が疲れているという感覚が弱くなっていきます。いつも無理をすることがベースの生活となっていきます。

 

そして疲れを感じるようになったときにはもうヘトヘトなんです。自分で思っている以上に疲れています。

 

それでもすぐに休むということをしません。

 

『最近なんか特にしんどいなー。』と思っても、気合を入れて無理を続けます。

 

 

休みがとれなくて疲れがたまっているときは、精神にゆとりを持たせてあげることが大事になります。

 

 

身体の方は規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、質の高い睡眠である程度カバーできますが、心の方はここまで追い込まれてくるとそれだけでは全然カバーできません。

 

気を張りつめている状態をいかに少なくできるかがカギになります。

 

追い込まれてずっと無理をしている心に許しを与えてあげることが大切です。

 

 

誰でもやることが多くて時間がないときは焦ります。

 

 

時間内に終わらせようと思ったら気合を入れて全力でするという方法も確かにあります。

 

でもそればかりだと心と身体の消耗が激しいんです。

 

それに慣れるまでに時間がかかりますし、仮に慣れたところでいつ限界を迎えるかわからない状態です。

 

回復が追いつかずに日に日に疲れがたまっていくときは、オーバーワークや精神的な負担が大きいときです。

 

忙しいときほど心に許しを与えてあげましょう。

 

その方がうまくいく可能性が高いですよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



歳をとると回復力が弱くなる?疲れがとれない理由は本当にそれだけ?

心が疲れているのを認めたくない。無理してない!まだやれる!!

頑張っているのに充実感がない。満足感もなく疲れだけが溜まるのは?

毎日疲れてしんどくて。本当はヘトヘトでも弱音は吐きたくなくて。

疲れ切ってしまった時は休息が一番大事!あなたはもう十分頑張った!

疲れているのに気づかなくなったら要注意!頑張りすぎのサイン!

心が疲れたら生きるだけで精一杯!もう頑張れないのに・・・

すぐに人の意見に影響されてしまう。心の疲れが判断力を鈍らせる。

心が疲れた時の対処法と効果一覧!苦しさから脱出するためには?

何をやっても疲れる。何もしないのに疲れる。休んでも回復しない時は?

友だちが一人もいない。友だちが欲しいけど作れない。どうすればいい?

皆さんは友だちとよべる人たちはいますか?

友だちは多い方でしょうか?少ない方でしょうか?

 

それとも・・・

 

友だちが一人もいないでしょうか?




友だちが一人もいないって人も多いんですよね。

 

友だちがいない人はまず『この関係を友だちと呼んでいいんだろうか?』と悩みます。

 

友だちという関係の理想像が高く、『このくらいのことでは友だちとは言えないな。』と思ってしまうことも少なくありません。

 

相手からは友だちだと思われているのに、自分の方は『これくらいでは友だちではない。友だちって言葉を使っちゃいけない!』という人もたくさんいます。

 

僕も交友関係は割と広いのですが、友だちと呼べる人って何人いるかと言われたら・・・

 

 

友だちって作れる人は当たり前のように作れますが、反対に作れない人はなかなか作れません。

 

 

生まれてから友だちが一人もいないという人もいます。

 

友だちって『ほしいなー。』と思っても簡単にはできないんですよね。

 

一人ではできないことだから。

 

友だちを作るには友だちになりたい相手が必要になります。

 

そしてその相手が信用できる人なのが前提になります。

 

 

人間は自分が全然信用できない相手とは友だちになることはできません。

 

 

いつ裏切るかもしれないような人間とは友だちにはなれないんです。

 

そしてその相手からもある程度の好意を持たれていないと友人関係にはなれません。

 

相手からも友好的にみられて初めて友だちという関係になれます。

 

相手から嫌われていたり、敵対視されていたら友だちにはなれないんです。

(かりそめの友だちという怖い関係にはなれますけどね。)

 

 

大人になればなるほど、友だちを作るのは難しくなります。




それは友だちになるには理由がいるからです。

 

なにか理由がないと友だち認定をしないんです。

 

相手に対して遠慮をして本音を見せないので、距離感が縮まるのにも時間がかかります。

 

共通の趣味などで知り合えたら別ですが、通常は友だち関係になるのに子どものころよりも時間がかかります。

 

 

大人になると友だちってすごく敷居が高い存在になります。

 

 

子どものころは家が近いから友だちになれたのに、大人になると家が近いだけでは友だちにはなれません。

 

子どものころは教室の席が近くだから友だちになれたのに、大人になると隣の席だけでは友だちになれません。

 

子どものころは用事もないのに相手に会いに行けたのに、大人になると相手に会いに行くのにも理由がいります。

 

子どものころはほんの少しのきっかけだけで友だちになれたのに、大人になるとほんの少しのきっかけでは友だちにはなれません。

 

 

大人になると、子どものころのように純真無垢ではいられなくなります。

 

 

「よしっ!今から友だちな!!」とまだあまり知らない人に言われて『やったー!今からこの人と友だちになれるんだー!』と喜ぶ人はほとんどいません。

 

普通は『何を言ってるんだこの人?』、『なにが狙いなんだ?』、『なれなれしいな。』、『胡散臭い。信用ならない人間。』といった具合に、相手に対して強い警戒心が出てきます。

 

子どものころのように無防備とはいかないんです。

 

 

大人になれば友だちを作る難易度は一気に上がります。

 

 

お互いに警戒心を持つようになるからです。

 

本音を隠し、上辺だけの付き合いになりがちになるからです。

 

相手も自分も心の壁が高くなっています。

 

社交的な人でも広く浅くは付き合えるけど、広く深く付き合うことは難しいです。

 

大人になれば子どものころよりも本音と建前のずれが大きくなります。

社交辞令も増え、相手の気持ちを判断するのは難しくなります。

 

建前や社交辞令をそのまま真に受けて、あとで痛い目にあうことも少なくありません。

 

友だちを作るためには相手がどういう人間か見極める技術が必要になってきます。

 

 

別に友だちがいなくてもいいんですよ?

 

 

だってこんなに友だちを作るのは難しいんですから。

 

 

子どものころに親や先生から「友だちをたくさん作りなさい。」と言われてきたと思いますが、友だちって作ろうと思って作るものでもありません。

 

意気投合して一緒にいると楽しいとか、一緒にいると気が楽で素の自分でいられるという人ができたのなら友だちになればいいですが、友だちがいないからといって、なってくれる人を探すようなものではありません。

 

世の中には友だちが一人もいなくても、充実した人生を送っている人がたくさんいます。

 

 

友だちがいないからといってあなたに問題があるというわけではありません。

 

 

自然に任せてみませんか?

 

友だちがいないと肩身が狭いように感じるかもしれませんが、無理をして友だちを作ろうとするよりも気楽にいきませんか?

 

友だちがいない人なんか、世の中にたくさんいます。

 

友だちは無理をして作るようなものではないと思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



強い孤独感に襲われる!『どうしようもなく寂しい』を解消するには?

やらなければいけない思考、するべきだ思考を手放せば自由になれる!

コンプレックスに悩まされる。他人と比較をしてしまうと疲れやすい。

激しい寂しさに襲われる!寂しさをまぎらわせるのに有効な手段は?

真面目すぎると病む可能性あり。適当でいい加減になることも必要!

他人のことを気遣って仮面をつける。本当の自分がわからない!

好きな人から嫌われた。嫌いのうちは好きになってもらえるチャンス!

主導権を握られている恋愛は疲れる。追いかけるだけでは長続きしない!

私がいくら願っても手に入れられないモノを簡単に手放せるアイツ。許せない!

自分の人生を否定してしまった時は?リセットしてやり直しはできる?

心が弱った時ほど何かにすがりつきたくなる。依存しすぎに注意!

皆さんは自分の心が『すごく弱ってしまったなー。』と感じてしまうようなときはありませんか?

 

もっと自分を強く持とうとしても無理で、なにかにすがりつきたくなってしまうことってありませんか?

 

これって心が疲れてしまって弱りきっているんですね。




心が強い状態、または普通の状態ならば自立して立てるのですが、それすらもできないほど、なにかにすがりついていないと立っていられないほど弱ってしまっているんです。

 

自分の力だけでは立っていることもままならないから、他の力も使うんです。

 

それが他人であったり物です。

 

 

他人の場合はもちろん人ですよね。

 

自分一人で立っているのがつらくなったから、もたれかかれる人を探すんです。

 

弱った自分を支えてくれる人を探します。

 

もしくは自分よりもさらに弱っている人を探し、『この人を支えるために生きているんだ!』と自分に意味を持たせます。

 

 

それ以外にも宗教や心理系のサイトなどがあります。

 

弱ってしまった心に力を与えてくれるような【許し】を探します。

 

心の拠りどころとなる考えを探します。

 

特に宗教などは、のめりこんでしまう人は抜け出せないくらいのめりこんでしまいます。

 

それで人生が狂ってしまう人もいるほどです。

 

 

元気な心の人からしたら『どうしてそんなものに手を出すんだ。危ういってことがわからないのか?』です。

 

 

そう。心が弱っているときって危ういんです。

 

 

恋愛ではよく「相手の失恋直後を狙え!」って言われてますよね。

 

誰かに依存したくもなるし、誰かに依存してもらいたくなります。

 

人をすぐに信用する(というよりも疑う力が弱くなる)し、簡単にだまされるようになります。

 

自分の判断に自信が持てなくなり、他人の思考に染められやすくなります。

 

確たる自分が小さくなり、外部の影響を大きく受けるようになります。

 

 

よく幸運を呼ぶ○○とかって売ってますよね。

 

 

あれって『誰がこんなの買うんだろう?』って思ったことはありませんか?

 

『ただの○○に幸運を呼ぶ力なんてないだろう。』、『え?1000円?たったの1000円でなれるような安っぽい幸運なんていらない。』、『100万円?100万円もする○○なんて高すぎる。もったいない。』といった具合に思ったことはありませんか?

 

ようするに胡散臭いんですよね。

 

それを買ったところで幸運が舞い込んでくるなんて、あなたは思っていないんです。

 

だって怪しすぎます。




でもそれを買ってしまう人もいます。

 

真剣に『幸運をもたらしてくれるんだ!』と思って買う人がいます。

 

『少しでも今の状態が改善すれば!』と藁にもすがる思いで買う人がいます。

 

『試しに持っとくか。』と気休めに買う人がいます。

 

そしてその幸運を呼ぶ○○を手にしたときに、幸運なことがあったとします。

 

するとあなたは『これは本物だ!!』と思うようになります。

 

もちろん一度や二度の小さな幸運や、ほんの些細な幸運ではそうなりませんが、一定以上の大きな幸運がやってきたときは幸運を呼ぶ○○の存在を信じるようになります。

 

その幸運が続けばあなたはその幸運を呼ぶ○○の信者です。

 

誰よりもその幸運を呼ぶ○○の存在を信じ、あがめたてまつります。

 

 

なにか幸運なことが起こると、すべて幸運を呼ぶ○○のおかげだとなります。

 

 

あなた自身の行動や努力の結果ではありません。

 

周りの環境の変化の結果でもありません。

 

ただの運や偶然でもありません。

 

すべて幸運を呼ぶ○○の力です。

 

心が弱っているときほどこのことに何の疑いもなく思い込みます。

 

 

自分ではない何かのおかげにしてしまいます。

 

 

普通の状態でも占いや風水、お守りなどを信じる人は大勢いますが、その信じる範囲が心が弱くなってくると拡大していきます。

 

一般の人が『怪しいんじゃないか?』と思ってしまうようなものにまで手を出し、そして一度信用するとなかなか離れられなくなります。

 

 

でもそれをしないと生きていけないんですね。

 

 

心が弱ってしまって何かを頼りにしないと苦しすぎるんです。

 

心の拠りどころを探さないとつらすぎるんです。

 

 

皆さんも元気なときはこのブログを見たことなかったですよね?

 

【心が弱っても】にたどり着いたとしても、変なページに来たと思いすぐに閉じていましたよね?

 

仮に少し読んでみても『なんだこれ?胡散臭い。気持ち悪い。』と敬遠していましたよね?

 

流し読みで内容なんてほとんど入ってきませんでしたよね?

 

 

今はどうですか?

 

 

もし今、あなたがこのブログをしっかりと読まれているのなら、それだけ心が疲れてきているということです。

 

嫌悪感のある内容に共感できるようになっていたのなら、それだけ苦しい状態にいるということです。

 

心が弱ったときはね、なにかにすがりついてもいいと思います。僕もそうやってここまで生きてこられました。

 

ですが深く依存してしまうと大変なことになるかもしれません。

 

何事もほどほどを心掛けていてくださいね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



すぐに人の意見に影響されてしまう。心の疲れが判断力を鈍らせる。

他人に支配された心。自分の心を取り戻すのは簡単なことじゃない!

自信がなくなってしまった時こそ他人の言葉を気にしたらいけない!

依存症からの脱出は何度失敗してもいい。頑張りすぎないことが大切!

心を強くするには?豆腐メンタルからこんにゃくメンタルを目指そう。

心をいつも傷つけて。他人よりの心よりもっと自分の心を大事にしよう!

理不尽すぎる現実。言い聞かすのも疲れた。心が壊れそう。

騙すより騙される方がいいなんて嘘!騙された時は相手を憎んでいい。

心が不安定で落ち着かない。情緒不安定。自分の気持ちがわからない。

心が強い人は開き直りがうまい人。鈍感力が低い人は心が疲れる!

好きの温度差がありすぎて寂しい。本当に私のこと好きなのかな?

皆さんは恋人との温度差を感じたことはありますか?

 

こっちは相手のことがすごく好きなんだけど、相手は別にこっちのことを好きだと思っていないように感じる。

 

どんなに努力しても相手との温度差がうまらない経験をしたことはありますか?




これってすごく寂しいんですよね。

 

相手のことがすごく好きだから。

 

相手のことがすごく好きだから、相手にも同じようにこっちを好きでいてほしいんです。

 

『この人は別にわたしのことが好きなわけじゃないんだな。』と感じさせるようなことはしてほしくないんです。

 

相手のことが好きだからこそ相手にも同じくらいあなたのことを好きになってもらいたいし、それができないとわかったときに心が傷つくんです。

 

 

好きにはね、温度差があります。

 

 

お互いにまったく同じ大きさの好きはありません。

 

比べようもないことですが、必ずあなたと相手の好きに大きい小さいがあります。

 

その好きの大きさの差が小さければ満たされやすいですし、好きの大きさの差が大きいと不満や不安を抱きやすいです。

 

互いの好きの大きさの差が小さければ幸せを感じることが多いですし、好きの大きさの差が大きいと寂しさや疲れを感じることが多くなります。

 

 

あなたが寂しいと感じることが多いのならそれは、相手との好きの大きさの差が大きいのだと思います。

 

 

しかもあなたの方が相手よりもかなり好きの大きさが大きいかたちで。

 

 

相手の好きの大きさがあなたよりも大きすぎると、寂しさよりもわずらわしさや鬱陶しさを感じます。これはこれでしんどいものですが、不安などとは無縁です。

 

恋愛って好きの大きさが大きい方が積極的になりやすいです。

 

恋人の喜ぶ顔が見たいし、悲しんでいるときはなんとかしてあげたいです。

 

自分にとって負担や不都合が多いことでも、恋人のためになるなら行動しようとします。

 

簡単に言えば無理をしやすくなります。

 

それで相手があなたの期待していた反応を見せてくれればいいのですが、なかなかあなたの期待通りの反応をしてくれることは少ないです。

 

 

恋人の方が好きの大きさが小さいから。

 

 

好きの大きさが小さければ態度や反応も小さくなります。

 

もし自分だったなら『これくらいの反応をするだろうなー。』という予想ラインを超えてくれることは少ないです。

 

点数をつけるなら60点や40点。それ以下の赤点であることも多いです。

 

あなたにとっては不満な数字になります。

(そのかわり相手が100点で返してくれたときのうれしさは、あなたを興奮状態にさせるほど大きいです。)

 

『あれ?そんなにうれしくなかったのかな?』、『もう少しぐらい反応をしてくれてもいいんじゃないか?』となってしまいます。




一般的にはね、恋愛の温度差が大きいと長くは続きません。

 

 

温度差が大きいのに長く続けるとお互いに違和感を強く感じるようになり、相手のことがわからなくなっていくからです。

 

「相手が何を考えているかわからないから恋愛は楽しいんだ。」という人ももちろんいますが、ここまでくると相手とは人種が違うように思えてきます。

 

国籍が違う人たちはお互いがそれぞれの文化などを理解しようとするからうまくいくわけであって、それをしなくなるとうまくいかなくなります。

 

相手のことを違う人種のように感じるようになってしまっては、相手を理解しようとする気持ちがなくなります。

 

恋人は理解不能の人種になります。

 

そんな理解不能の人種と一緒にいたってお互い楽しくはありません。

 

 

お互いに疲れていくだけです。

 

 

恋愛の温度差が違いすぎるときは、好きの気持ちの大きい方が我慢をするのが一般的な対策となっています。

 

・恋人と連絡が取れない間に自分磨きをがんばる。

・夢中になれる趣味を作る。

・精神的に自立できるように努力する。

・運動をする習慣を作る。

・友だちと一緒にいる時間を長く作る。

 

などといったことがよく書かれていると思います。

 

 

相手の好きって気持ちを急にあなたみたいに大きくできないからです。

 

 

だからあなたが少しでも下げてバランスをとれるようにしていきます。

 

 

でもこれもすごく大変なんですよね。

 

成果が出てくるまでには時間がかかるし、その間も寂しい気持ちが続きます。

 

あなたの好きが大きいほど相手とバランスのとれる温度まで下げることは難しくなりますし、あなたの負担が大きくなります。

 

そして仮にそれが成功できたとしても、その時点ではほとんど相手への関心がなくなっているという結果さえありえます。

 

あんなに好きだった相手のことが『別にどうでもいい。』と思えるようになってしまうことさえあります。

 

 

そこまでして合わせる必要が本当にありますか?

 

 

そんなに苦労しなくても、あなたの恋愛の価値観に近い人はもっとたくさんいますよ?

 

 

ほんとにね、温度差がありすぎると恋愛って急に心を苦しめるものに豹変します。

 

『好きだけどつらい。』、『好きだからこそ苦しい。』といった恋愛の苦い部分が前面に出てきます。

 

相手との温度差はね、簡単には縮まりません。

 

相手と一緒にいる限り、あなたはその寂しさをこれからもことあるごとに実感します。

 

それでもその人がいいですか?

 

それでもその人でなきゃダメですか?

 

その選択の先に幸せな恋愛が待っていることを願っています。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



恋人との温度差が大きすぎて寂しい。つらい恋愛になってしまったら?

温度差を感じる恋愛。どうしてこんなに寂しいの?

幸せなだけじゃない!クリスマスが原因で破局するカップルは多い!

お互いに傷つけ合う恋愛。彼女(彼)じゃないとダメなのに!どうして?

性格が違いすぎる!性格が合わない恋人との付き合い方。

恋人の一番になれない苦しい恋愛。どうすれば一番になれる?

嫌われたくないから無理をする。無理をするから恩着せがましくなる。

こんなに尽くしているのに、私を大切にしてくれない恋人。なぜ?

嫌いになりたくない!失望したくない!大切な存在でいてほしかった。

主導権を握られている恋愛は疲れる。追いかけるだけでは長続きしない!

休むことに罪悪感を感じる。サボっているだけなんじゃないか?

皆さんは休むときに何の抵抗もなく休むことができますか?

 

休むことがなんだか悪いような気がして、無理をしてでも休まずにがんばってはいませんか?

 

学校や会社に休むと連絡をしたあとで、『これならがんばれば行けたんじゃないか?』、『本当に休むくらいひどい状態なのか?サボりたかっただけなんじゃないか?』って面倒なことを考えてしまってはいませんか?




休むことって悪いことではないんですよ。

 

 

『他の人ががんばっているのに自分だけ休んでしまうなんて・・・』なんて思う必要はありません。

 

『他のみんなは休んでいないのに、なんでわたしだけがんばれないんだろう・・・』なんて悩む必要はありません。

 

『休んだら他の人に迷惑をかけてしまうのに、これくらいのことで休むなんてダメだ。』なんて考える必要はありません。

 

 

あなたは休まないといけないほど疲れているんです。

 

 

だってそんなにクヨクヨするほど休むことにあなたは抵抗があるんです。

 

精神的には休まないで無理をした方があなたは楽なんです。

 

休むことよりも休まないを選ぶ方があなた的には気楽なんです。

 

休むことに罪悪感を感じ『サボっているだけなんじゃないか?』なんて面倒なことにはなりません。

 

 

あなたはサボりなんかじゃないですよ。

 

 

だって、サボりたいだけの人ならこんなの悩みません。

 

休むと連絡をした直後に急に元気になります。

 

休むと連絡した後に『やっぱり行った方がよかったんじゃ・・・』なんて頭に浮かびません。

 

『今日は何をしようか?』、『ゆっくり休めるなー。』、『明日もついでに休んじゃおうかなー。』とウキウキです。

 

休んでもいいという事実がうれしくてたまりません。

 

・・・

あなたはそうではないでしょう?

 

 

ではそれは、あなたに本当に休息が必要だったってことです。

 

 

あなたが自分の能力を発揮させるためにも休む時間が必要だったってことです。

 

 

たしかにね、休み基準には個人差があります。

 

仕事や学校を少し風邪気味なだけで休む人もいますし、コロナになっても「休めないから。」と隠して出勤する人もいます。(ほんとにやめてほしいですが。)

 

右足首をねんざして休む人もいますし、右足首を骨折しても車を運転して出勤する人もいます。(アクセルを踏むときなどの痛みは我慢するらしいです。)

 

午前中に倒れて救急車で運ばれたのに、午後になると出勤してくる冗談みたいな人もいます。(周りが驚いて慌てて帰らせましたが。)

 

上に書いたことはすべて実際に僕の職場で起こったことです。

 

こんな超人が周りに大勢いるとたしかに休みにくいです。




今のあなたは『自分は完全に休んでいい。』という基準を満たしていないのかもしれません。

 

 

完全に合格ラインを超えて気兼ねなく休めないから、罪悪感なんて感じなくてもいいものまで感じてしまうんです。

 

そして休むことになっても頭は常にグルグルと思考を続け、気がつけば一日が終わっています。

 

ぐっすり休めたという実感はなく、中途半端に休んでしまったという感覚です。

 

『わざわざ休んだのに一体なにをしていたんだろう?サボってしまっただけだった。』と反省をしてしまいます。

 

そして明日はより一層休みにくくなります。

 

あのね・・・

 

 

自分に厳しくなりすぎですよ?

 

 

疲れたら休むなんて当たり前のことです。

 

調子が悪くなったら休むなんて当たり前のことです。

 

休んだらいけないんじゃありません。休まないといけないんです。

 

無理をしてがんばり続けていても、限界がどんどん迫ってくるだけです。

 

 

あなたは、ずーっとがんばり続けてきたんじゃないですか?

 

 

休むことを悪いことだと認識してしまうほどに。

 

休むことなんて考える暇もないほどに。

 

少しくらいの無理なんてどうってことないと感じるほどに。

 

自分が疲れているかどうかもわからなくなってしまうほどに。

 

 

そうやって無理を続ける生活をしてきたのではないですか?

 

 

そこまでね、がんばらなくていいんですよ。

 

そんなにもね、無理をしなくていいんですよ。

 

そこまで自分を追い込まなくていいし、そんなに自分を追いつめなくていいんです。

 

もっと楽な環境に自分の身をゆだねていいんです。

 

 

『休んだらダメだ!!』なんていうのはあなたのただの思い込みです。

 

 

『まだ動けるから!』、『まだ倒れてないから!』、『まだがんばれるから!』と自分を叱責して無理をする必要はありません。

 

これだとあなたは『倒れて動けなくなるまでがんばらないといけない!!』ってことになってしまいます。

『倒れるまでがんばらないといけない!!』なんていうのは、自分のことをないがしろにしすぎです。

 

 

もっと自分を大切にしてあげましょう?

 

 

休みたくないあなたが休まないといけない状況っていうのはよっぽどです。

 

 

それほど身体や心が疲れているってことです。

 

そのために休むことはサボりなんかでは決してありません。

 

休まずに無理を続けることは偉いことではありません。自分を大事にしない愚かなことです。

 

疲れているときは無理をせず休んでくださいね。

 

サボっているだけの人の方が堂々と休んでいますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



疲れ切ってしまった時は休息が一番大事!あなたはもう十分頑張った!

仕事に行くと吐き気がするのは気持ちの問題?適応障害はずる休み?

休むわけにはいかない!休むのが怖い!休んでなんかいられない!!

適応障害で休職中。うつ病で働けない。焦ってばかりで治らない。

心が壊れそうな時でも無理をする人は危険!絶対に休まないといけない!

休んでなんかいられない!もっと頑張らないといけないのに。

のんびりすることができない。リラックスしてゆっくり休む方法は?

心が悲鳴をあげる時は中止のサイン。無理を続けると倒れてしまう。

心が疲れているのを認めたくない。無理してない!まだやれる!!

精神的な病気と心の病。家族や周囲が理解してくれない。一人きり。

社会復帰ってこんなにも難しいの?普通になりたいだけなのに!?

皆さんは社会の一員としての活動ができていますか?

 

普通に外に出て遊んだり、学校に行ったり働いたり、どこか遠出をしたり、誰かに恋をしてみたりと、一般的に普通と呼ばれるような生活ができていますか?

 

この一般的には普通といわれることでも、その生活が難しい人もいるんですよね。




一度休憩をとることを余儀なくされた人たちです。

 

「これ以上このまま活動してはいけない!!」とストップがかかってしまった人たちです。

 

外からの刺激が強くなりすぎて、避難をしなくてはいけなくなった人たちです。

 

外からの刺激で一度ボロボロになってしまった人たちです。

 

もちろんなかにはただの甘えだけで社会から離れている人もいますが・・・(そういう人はこのブログを読まれていないと思います。)

 

 

普通の生活ってね、意外と難しいんですよね。

 

 

普通の生活には個人差が大きくありますが、あなたが望む夢のような生活ではなりませんよね。

 

少なくとも多少の妥協をし、現実から考えられるたどり着きそうな地点がこの場合の普通になります。

 

・大金持ちと結婚して玉の輿にのる

・プロの世界に入り超一流と呼ばれる存在になる

・あこがれのアイドルと結婚する

 

みたいなことを望んでいるわけではありません。

 

 

普通に社会と交流して、普通にメシを食べて、普通に屋根のある部屋で寝る。

 

 

極端に言えばこれが普通なんですよね。

 

あなたの望みはこれだけなんです。

 

なにも大それたことを望んでいるわけではないし、一般的にみんながしていることです。

 

みんなの当たり前の日常です。

 

今はそれがほしいだけなんです。

 

 

けどそれさえ、今のあなたには与えてくれないこともあります。




一度社会から切り離されてしまうと、それを取り戻すのは大変なんです。

 

 

前はがっちりとしたロープでしっかりとつながっていたのに、ときにはそれが鬱陶しくて自由になりたいとさえ思っていたのに、そのロープが真ん中でブチリと切れてしまったんですね。

 

一度切れてしまったロープを元通りにしようと接着剤でとめても、引っ張られるとすぐに接合部分から切れてしまいます。

 

見た目には一度切れてしまったロープだということをわからなくしたいのに、それでは修復が難しいんです。

 

元通りにはなかなか戻れません。

 

『たったこれぐらいのことで・・・』と思うようなことでもつまづいてしまうし、『どうしてこんなことも・・・』と思うくらいのことでもできないんです。

 

以前のように戻りたいけど、何事もなくスムーズにはなかなか戻れません。

 

 

元のように戻ろうと思っても、いくつもの障害が襲ってきます。

 

 

まずね、社会から離れていたって事実を社会は重く見ます。

 

どういう原因があるにせよ離れたということは、そこではやっていけなかったという事実として受け止めます。(あなたには正当な理由があったり、よくそこまでがんばったという環境でも、あなたの周囲にしか伝わりません。そこを一歩でも離れてしまうと、適応できなかった人と認識されてしまいます。)

 

『心が弱い人だ。』、『なにか問題がある人なんじゃないか?』、『またそういうことになられたら迷惑だ。』と敬遠されがちになります。

 

 

同じ条件であれば社会から一度も離れたことがない人を人は選びます。

 

 

この時点からしてなんなんだって感じですよね。

 

好きで社会から離れていたわけではないのに、戻るときにマイナス評価として加えられるなんて。

 

一度落とし穴に落ちてしまったら、そこから這い出してもハンデをつけられるんです。

 

這い出すことさえすごくしんどくて、やっとの思いで穴から出てきても、落とし穴に落ちたことがない人の方が優遇される世界になっています。

 

 

それにね、体力面でも問題が出てきます。

 

 

社会から切り離されている間は、行動範囲や活動時間が極端に短くなっています。

 

身体を動かす機会も減り、自分でも思っている以上に体力がなくなっています。

 

少し動いただけでも息切れやめまいがしたり、それを回復するのに2~3日かかるってこともあります。

 

太陽の光さえ刺激が強くて焼かれているようです。

 

社会とふれあっている時間が通常時の何倍も何十倍も長く感じます。

 

 

そしてなんといっても精神面の問題があります。

 

 

以前は日常として社会でできていたことが怖くてできなくなることがあります。

 

前は人と関わることが大好きだったけど、今は人が怖くて人が大勢いるところにいるだけで気持ちが悪くなる。

 

電車やバスに乗ると言いようのない不安に襲われ、パニックで乗れなくなってしまった。

 

ほんの少し電話で人と話しただけなのに身体中から汗が滝のようにふきだしてきた。

 

人がいると緊張して気を張ってしまう。こちらに視線を向けられるだけでも全身が硬直して思考停止してしまう。

 

特に疲れることは何もしていないはずなのに、家に帰ったらすぐに横になりそのままぐっすり眠ってしまった。

 

 

あなたが今までしていた普通の生活が、今の自分ではすごく大変な生活なんです。

 

 

社会復帰を目指す人はいつも走っています。

 

『早く元に戻りたい!』、『やっと治ったんだ!』、『このままじゃいけないんだ!』とすぐに全力疾走をしてしまいます。

 

そして以前との違いに愕然とします。

 

あのね、まずはゆっくりと歩いてみましょう。

 

 

いきなり全力疾走をしても無理です。

 

 

ブランクがあって転ぶだけです。

 

しかも自分で思っているほどスピードも出ていません。

 

焦らないで少しずついきましょう。

 

困難を乗り越えてきたあなたなら、今は焦らなくても後で追いつきます。

 

あの状況からでも這い上がってきたあなたの力を、少しは信じてみてはいかがですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



適応障害で休職中。うつ病で働けない。焦ってばかりで治らない。

社会復帰は遠い?体力低下で歩くだけで気持ちが悪い時は?

不甲斐ない自分が情けない!!うつ病からの回復期は自殺に要注意!

人との交流が怖い!傷つけられるのが嫌!引きこもりになった時は?

無職の期間があればどこも雇ってくれない。履歴書の空白期間はどうする?

社会に適応できないのは何故?環境を変えれば劇的に変わる!

何度も転職を繰り返して。すぐに辞めてしまうのは根性がないから?

弱者には厳しい世界。どうしてこんなに生きづらい・・・

心が壊れそうな時でも無理をする人は危険!絶対に休まないといけない!

何をやってもうまくいかない。頑張ってもうまくいかない。もう嫌だ。

失望されてがっかりされた。失望されたくなくて頑張ったのに・・・

皆さんは誰かに失望されたことはありますか?

 

その人から期待してもらえる場所にいたのに、期待に応えることができずにがっかりされてしまったことはありますか?

 

その人の悲しそうな顔が忘れられなくなってしまったことはありませんか?




失望されることってつらいですよね。

 

あなたがその人に期待されていたのなら特にきついです。

 

失望されることって見切りをつけられることなんです。

 

『なんだ。もっとしてくれると思っていたのにこんなものだったのか。』と落ち込まれるんです。

 

ついさっきまであったあなたの評価が崩れさります。

 

期待してくれていた相手からの評価が急降下します。

 

あなたとその人の関係は変化してしまいました。

 

 

相手があなたに期待していればいるほど、あなたが期待に応えなかったときの落胆は大きく、相手は強い失望をあなたと自分に抱きます。

 

 

失望されるってことは突き放されるということです。

 

相手はあなたが裏切ったと思い悲しくなり、あなたへ期待をしないようになります。

 

『期待した自分がバカだった。』と落ち込まれ、近かったはずの心の距離は遠のいてしまいます。

 

期待してくれていた相手から『あなたなんかいらない。』と見捨てられるんです。

 

 

これってすごく怖いことなんですよね。

 

 

今までは好意を寄せてくれていた相手が、あなたの実態を知り去っていくんです。

 

今までは相手との間に何の壁もなかったのに、あなたと相手との間に急に太い壁がそびえ立つんです。

 

失望された状態になると相手の態度が冷たく感じます。

 

互いに穏やかに笑っていた日々はもうやってこないかもしれません。

 

 

だからがんばるんですよね。

 

 

失望なんかされたくないから。

 

 

失望されてしまって関係性が破壊されるのはショックなことだから。

 

そんな浅い人間関係だったなんて思いたくもないから。

 

けどもしそんな浅い人間関係だったとしたら、自分が耐えられないかもしれないから。

 

相手から見捨てられないように一生懸命期待に応えようとします。

 

多少の無理なんか気にせず、全力で結果を出そうとします。

 

 

それでも相手の期待に応えることができないことってあるんですよね。




相手がこっちの能力をはるかに超えた期待をしていた場合や、万全の準備をしていたのにそのときに限って不運に見舞われたり、緊張で実力の半分も発揮できなかったりで。

 

相手の期待に応えてあげたかったのに、どうしてもそれができないときはやってきます。

 

相手があなたに期待をしてくるのなら、永遠にその期待に応え続けることなんて不可能なんです。

 

 

あなたは相手の期待に応えるために生み出されたものではないから。

 

 

すべての期待に応えられるほど万能でもないし、相手の期待とあなたの気持ちが正反対になることも多いです。

 

 

通常であれば、あなたが相手の期待に応えなくても相手は離れていかないと思います。

 

期待に応えてくれようが期待外れであろうが、あなたの存在自体に価値を見出してくれていると思います。

 

相手の期待に応えられなくて落ち込んでいるあなたを励ましてくれる人も多いと思います。

 

「そんなことぐらいでは関係は揺るがないから。」と安心させてくれます。

 

 

でも中には結果を重視してしまう人もいます。

 

結果を重視というか、結果がすべてだという価値観の人もいます。

 

そして実際にあなたを利用しているだけの人も・・・

 

そんな人はあなたから離れていく可能性が高いし、あなたが期待外れの人間であったことへの怒りをあなたにぶつけます。

 

あなたが相手の期待に応えることができなくて落ち込んでいても、励ますことなんかしません。

 

「わたしの方がつらいのに、なんでお前がつらそうにしているんだ!?」とブチギレます。

 

 

あなたはそんな相手を見たくないんですよね。

 

 

そうやって失望して「お前なんかいらない!」、「被害者ぶるな!」となってしまう相手の姿を見たくなかったんです。

 

だから必死になって相手の期待に応えようとがんばっていたんです。

 

失望なんかしてほしくないから、その可能性がたとえ1パーセントでもあるのなら、そんな現実が来ないように一生懸命がんばっていました。

 

そして何よりも・・・

 

 

相手に喜んでほしかったから。

 

 

相手の喜ぶ顔を見るために全力でがんばります。

 

自分が無理をして相手が幸せになるのなら安いものです。

 

失望をされる怖さももちろんありますが、それよりも『相手に喜んでほしい。』という気持ちが勝っていたはずです。

 

それでも今回はうまくいなかったんですよね。

 

失望されて現実には起こってほしくなかったことが起こりました。

 

どんな結果になろうと失望してほしくなかったのに失望されてしまいました。

 

 

このときはね、あなたもちゃんとショックを受けたらいいんです。

 

 

失望なんかしてほしくなかった相手に失望されたんですから、あなたも立派な被害者なんです。

 

相手の喜ぶ結果にならなくても受け入れてほしかったのに、相手は受け入れてはくれなかったのだから。

 

 

失望されたときはね、相手に失望していいんです。

 

 

それをしたくなくてあなたは苦しんでいるのかもしれません。

 

それができなくてあなたは自分を責めているのかもしれません。

 

相手に失望したくなくてあなたは精一杯闘っているのかもしれません。

 

失望なんかするのはいけないことだと思っているのかもしれません。

 

でもね、自分の気持ちを否定しすぎると心は疲れていきます。

 

心の優しいあなたには抵抗があるかもしれませんが、相手に失望をすることもときには大切なことだと思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



嫌いになりたくない!失望したくない!大切な存在でいてほしかった。

『人に好かれないといけない。人に嫌われてはいけない。』でも疲れた。

期待を裏切ってしまった。消えない罪悪感を消す方法。

嫌われたくないから無理をする。無理をするから恩着せがましくなる。

頑張っているのに認めてくれない。できて当たり前で褒めてくれない。

見捨ててしまった!救えなかった!守れなかった!それはただの勘違い。

期待に応え続けるのに疲れてしまったら

役に立たない自分は価値がない。誰からも必要とされなくなるのが怖い。

わかってくれていると思っていたのに、わかってくれていなかった

期待に応えられない自分は

「もっと思いやりを持て!」に注意。自分勝手な人に利用されるな!

皆さんの周りに『自分勝手だなー。』と思う人間はいませんか?

 

その人とは対等の立場のはずなのに、なぜか偉そうに命令してきたりする人はいませんか?

 

その人から「もっと思いやりを持て!!」って言葉を浴びせられたことはありませんか?




【もっと思いやりを持て】っていい言葉ですよね。

 

相手に思いやりを持って関わっていくと相手は喜んでくれるし、こちらとしてもうれしいです。

 

思いやりがないから互いに傷つけあったりするわけで、思いやりさえあれば傷つけあうことなんてありません。

 

あなたがもっと思いやりを持てばみんなが幸せになれます。

 

・・・

・・・

 

本当にそうでしょうか??

 

 

僕もね、定期的に言われるんです。「もっと思いやりを持て。」って。

 

僕の場合は大勢から言われることはなく、特定の数人とかになるんですが「そんなに自分のことばかり考えてどうするんだ!もっと思いやりを持てないのか!?」って言われます。

 

その人たちに共通していることとして僕の中では『え?よりにもよってあんたが言うの?』なんです。

 

『それはこちらのセリフですよ?』とか『いや、あなたって皆から自分勝手で周りに迷惑ばかりかけるって言われてますよ?』って人なんです。

 

『あなたに思いやりって概念があったんだ。』って驚かされます。

 

 

「思いやりを持て!」って言ってくる人って思いやりがないと思いませんか??

 

 

なんかややこしい文章になってしまいましたが、「思いやりを持て!」ってあなたのことを全然思ってなんかいないですよね。

 

だって思いっきり否定されています。

 

そりゃ極端に外れた行動や、人間としてそれはどうなのかといったことをいつもしているような人に言うのならともかく、人間の範囲内の人にはいう言葉ではない気がします。

 

人間として全然尊重してくれていないんですね。

 

 

「思いやりを持て!」言ってくる人たちはあなたに思いやりを持ってほしいわけではありません。

 

 

あなたに自分の都合のいいように動いてくれる人間になってほしいんです。

 

 

あなたのことを思って言ってくれているのではありません。

 

自分のためを思って言っているんです。

 

その人たちにとっての思いやりとは、自分の思い通りになってくれる人間のことなんです。

 

ようは自分の思い通りになってくれたらあとは、他人に対して思いやりがあってもなくてもどうでもいいんです。

 

 

あなたを利用したいだけなんです。




そのもっともらしい言い分として使われるのが「自分のことばかり考えるな!もっと人に対して思いやりを持て!!」です。

 

本当に思いやりがある人はそんな発言しないですよね。

 

少なくとも人に対して思いやりを持っているような人は、こんな人を傷つけるような言葉を選びません。

 

人に言う前にまずはあなたが思いやりを持てです。大ブーメランです。

 

だけどその人の言うことを信じてしまうこともあるんですよね。

 

 

あまりにもその人が自信満々に言うから。

 

 

『自分は思いやりがない人間なんだ。』と思い込んでしまうこともあります。

 

『もっと人に思いやりを持たなくてはいけない。』と思ってしまうこともあります。

 

『どうして自分には思いやりがないんだろう?』と落ち込んでしまうこともあります。

 

 

あのね、そういう風に思える時点で十分思いやりを持っているんですよ??

 

 

だって本当に思いやりがない人なら「人にもっと思いやりを持て!」なんて言われても気にもなりません。

 

思いやりなんて価値観がないから、思いやりを持たないといけないと思うこともないし、自分に思いやりがないと言われても『そんなの当たり前だよ?』で終わります。

 

 

「思いやりを持て!」と言われて突き刺さるのは、いつだって思いやりがある人間です。

 

 

元から思いやりのある人だけが『もっと思いやりを持とう!』と意識をするんです。

 

そして思いやりを意識しすぎて、しんどい思いをすることになります。

 

「もっと思いやりを持て!!」って人の言葉にだまされてはいけません。

 

そういうことを言う人は自分自身は思いやりを持っているつもりかもしれませんが、違う人からは「なんであの人は自分のことだけしか考えられないんだろう?」と言われている人たちです。

 

苦しくなるほどの思いやりを持ったことがない人です。

 

 

思いやりで困った経験がない人たちです。

 

 

思いやりで困るって時点で『そんなの思いやりじゃない。』と思うかもしれませんが・・・

思いやりってね、ありすぎると困るんです。

 

思いやりがあるために自分の本当の気持ちを殺してしまうことはよくあります。

 

思いやりがあるために自分の能力以上のものを抱え込んでしまうことはよくあります。

 

思いやりがあるために自分の人生を生きずに他人を支え続けてしまうことはよくあります。

 

思いやりは強すぎてもダメなんです。

 

 

「思いやりを持て!」と言う人たちにだまされないでください。

 

 

あなたは思いやりを十分持っています。

 

 

少なくともあなたに「思いやりを持て!」と言ってくる人よりも。

 

思いやりがない人があなたをもっと利用しようとして吠えてるだけです。

 

思いやりが強い人はときとして自分勝手な人を引き寄せてしまいます。

 

そしてただの自分勝手な人を傲慢ですごくわがままな人に成長さえさせてしまいます。

 

そういう自分勝手な人たちにあなたが利用されてしまうのは、あまりにももったいないことだと思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



自分のことしか考えられないのはなぜ?思いやりを持ちたい!!

自分のことしか考えていない人、すごくわがままな人との付き合い方。

自分のことしか考えていない人!思いやりがない自分大好き人間には?

思いやりと自己満足の違い。出しゃばりの助けたがり屋には注意しよう!

誰も悲しまないように。優しい人ほど無理をして自分を責める。

嫌だと言えない。頼みごとをされても断れない。しんどくなってきたら?

デリカシーがない人間への関わり方は?無意識に人を傷つける人間。

自分の価値観を押し付けてくるわがままな人との関わり方。

王様と奴隷?わがまますぎる人から離れられないときは?

他人に支配された心。自分の心を取り戻すのは簡単なことじゃない!

毎日疲れてしんどくて。本当はヘトヘトでも弱音は吐きたくなくて。

皆さんは毎日がすごくしんどくて、ヘトヘト状態で生きているような状態になってはいませんか?

 

疲れているけど休むことができず、歯を食いしばってがんばってはいませんか?

 

今までは平坦な道を歩くような感じだったのに、今では崖をよじ登るような生活になってはいませんか?




これってあなたが限界近くまで身体と心を消耗させてしまったからなんです。

 

本当ならこんなことになる前にそれから逃げないといけなかったのに、あなたはそこから逃げることができなかったんですね。

 

『逃げてはいけない!』と気合を入れて生活を続けてきました。

 

『ここで逃げては負け犬だ!』と負けん気の強さで戦い続けてきました。

 

『他の人はしているから!』と自分だけが弱音を吐くことを嫌ってきました。

 

『もし逃げたとして、そこからどうする?他にいい案もないだろ?』と責任感を発揮して日常を守ってきました。

 

 

日に日に消耗されていく身体と心に、回復が間に合わなくなっても精神力の強さで無理をし続けてきました。

 

 

そう、あなたは精神力が強いんです。

 

 

あなた自身はそんなことを思っていないかもしれないですが、一般の人と比べても無理をできてしまうんです。

 

痛みや苦しさに対して我慢強く、耐えることができてしまうんです。

 

『これぐらいで弱っていってはいけない!』とあなたは認識してしまいます。

 

『しんどい。』と思うことは恥ずかしいことだと認識してしまいます。

 

だから周りにしんどいと伝えることなく自分の中でとどめます。

 

疲れを他人に見せることはカッコ悪いことだと思い込み、弱さを見せることは情けないことだと思い込みます。

 

 

でもね、みんな意外と疲れや弱さをさらしているんですよ??

 

 

あなたの周りに『すごく大げさだなー。』と感じる人間はいませんか?

 

『なんでこの人はこれぐらいのことですごくしんどいんだー!わかってよー!!』と周りにアピールできるのかと疑問に思ったことはありませんか?

 

『それくらいのことなら自分もよくあるし、他の人だってよくあることだろう?なぜ自分だけがしんどいんだって大声で伝えることができるんだろう?』と不思議に思ったことはありませんか?

 

『そんなに甘い自分を周りにさらけ出して、一体何の得になるんだろう?かまってほしいのならもっと普通にしていればいいのに、あんなんじゃ逆効果になるんじゃ・・・』とすら思えてしまう人はいませんか?

 

 

その人たちがあなたの先生です。

 

 

その人たちとあなたの中間がちょうど一般の人たちの立ち位置です。




あなたとその人たちは両極端な位置にいるんです。

 

あなたからしたらその人たちがなんであんなに泣き言を言っているのかわからないし、その人たちからしたらあなたがなんで泣き言も言わずに淡々としているのかがわからないんです。

 

目指せ中間地点です。

 

 

あのね、疲れているときは疲れているって言ってもいいんです。

 

 

あのね、しんどいときはしんどいって言ってもいいんです。

 

 

それらに黙々と耐えないといけないわけではありません。

 

泣き言を言ったら負けになるとかはありません。

 

弱音を吐かないのが強さだと思っているのならそれは違います。

 

そんなのは強さなんかじゃなく、ただ強がっているだけです。

 

 

疲れやしんどさをあなた自身が認めてあげないと、心は緊張したまま無理をし続けてしまいます。

 

 

そうすると疲れも急加速でたまっていきます。

 

今までは平坦で真っすぐな道を歩いていたのに、いつの間にか緩い上り坂が続いていくようになります。

 

だけどそのことにあなたは気づきません。

 

緩やかな傾斜なので気のせいだろうと思い歩き続けます。

 

歩いていくうちに坂道の勾配がどんどんきつくなっていることにも気づかないで。

 

いつの間にか息をハアハアときらすようになります。

 

歩くペースもだんだんと遅くなっています。

 

そんな自分にムチを打って同じペースで歩かせようとします。

 

息切れなんかを起こす自分が情けなくてイライラします。

 

 

そして一度限界が来て立ち止まり、後ろを振り返るとびっくりします。

 

 

すごい急斜面を歩いてきていたことにそのときになってやっと気づきます。

 

気づいたからには垂直に立ってはいられません。

 

手を地面につけ、転がり落ちてしまわないように身体全体で踏ん張ります。

 

そしていざ前を見てみると、そこにはもう見上げてよじ登らないと登れないような壁に変化しています。

 

このときに引き返すという手段をとることができていたらよかったんですけどね、残念ながらあなたには後退という文字はありません。

 

あなたの性格が来た道をゆっくりと引き返すなんてことを許しません。

 

崖下だろうが、壁のような角度だろうが、「よじ登れ!!」と命令します。

 

 

あのね、そこまで前進前進でいかなくてもいいんですよ?

 

 

ときには脇道にそれたり、歩いてきた道を引き返すことも大切なんです。

 

よじ登る前に一休みし、他に方法がないかを考えるのも大切なんです。

 

あなたのしんどさはね、他人にはわかりません。

 

本来ならあなたのしんどさはあなたにしかわからないもののはずです。

 

だけどあなたは無理をしすぎて、自分がしんどいのかどうかさえわからなくなってはいませんか?

 

あなたを大切にできるのも、あなたを過酷な環境に追いやるのも、あなた次第だというのは覚えていてくださいね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



しんどいと言えない。きつくてもまだ大丈夫という言葉に置き換えて・・・

毎日がしんどい。生きているのが辛い。苦しくても幸せを求めて。

疲れているのに気づかなくなったら要注意!頑張りすぎのサイン!

努力と頑張りを積み重ねて無理をして。それでもどうにもならない時は?

心配と迷惑をかけたくなくて。強がって元気なふりをするのは危険。

心がしんどい時は無理は禁物!生きているだけでもあなたはすごい!

歳をとると回復力が弱くなる?疲れがとれない理由は本当にそれだけ?

頑張りすぎ注意!「みんな頑張って生きているんだ!」って言葉の罠!

逃げたらダメは間違い!逃げるのは悪いことじゃない!!

しんどいのに無理を続けて。それでもやめるわけにはいかなくて。

仕事でいつも叱られる無能な自分。怒鳴られるのが怖くて仕方ない!

皆さんは仕事をしっかりこなせていますか?

 

それともなかなかうまくできずに叱られてばかりいますか?

 

ちゃんと叱ってくれる人ならいいのですが、叱り方が未熟な人に叱られてしまうと仕事に行くのが憂鬱になってしまいます。

 

叱り方が未熟な人にいつも叱られていると、どんどん暗い気持ちになります。




叱り方が未熟な人って自分の怒りをただただぶつけてくるんですよね。

 

『どういう風に切り出して、こういう風な流れにして、こう締めくくろう。』なんてことを一切考えません。

 

自分の怒りをそのままにぶつけてきます。

 

一度怒りをぶつけだすとその感情がふくらみ、ヒートアップしていきます。

 

そうなるとそれは叱りではなくて、ただの八つ当たりです。

 

 

ただただ自分が怒ってムカムカしているから、その鬱憤を吐き出してすっきりしたいだけです。

 

 

そのためにあなたを利用しているんです。

 

 

叱ると怒るって実はまったく別ものなんですが、それをわかっていない人は多いです。

 

職場の上司にしても授業で叱り方を習うわけではありませんし、職場で教わるわけでもありません。研修などがあるところもありますが、それだけでは足りていないのが実情です。

 

実体験で自分がこうされたからというのも大きく影響します。

 

あなたにはすごく怒ってくる上司も、まだ若いときにそうやって八つ当たりをされてきたということも多いです。

そして『自分はそんなことでは泣き言なんか言わなかった!』、『わたしの頃はもっとひどかった!』、『俺はそれで鍛えられてきたんだ!』と勘違いしてしまう人も多いです。

 

自分がされてきたことだと人にもしていいと思ってしまうようになるんです。

 

 

特に叱り方が未熟な人はそれこそが正しい叱り方だと誤認もしています。

 

 

『お前を正しい人間に導こうとしてやっているんだ!感謝しろ!!』と内心思い、ただの怒りをぶつけて終わります。

 

その人のやる気や能力を徹底的に引き下げる結果で終わるとも知らずに。

 

そして怒られた人はそんな状態で仕事をするので、また注意される機会が増えます。(注意という名の八つ当たりです。)

 

「何回注意すればわかるんだお前は!?」なんてセリフもドラマなどではよくありますが、(現実にはそれ以上に恐ろしいことを言われることもありますよね。)それはその人が成長するように叱れていない上司の責任です。

 

ちゃんと叱って理由を説明して納得させ、どうすればいいか考えさすことをしていない上司の責任です。

 

 

叱るんじゃなくて怒るだけになっている上司の責任なんですね。

 

 

あなたがいつも怒られているような状態なら、気にする必要はありません。

 

あなたが未熟ではなく、あなたの上司が未熟なんです。

 

大声を出してあなたを怒鳴りつけるようならそれは、自分の無能さを大声で披露しているんです。

 

威張っていられるような状況じゃなく、本当は恥ずかしがらないといけない状況なんだということにも気づきもしないでんですね。

 

さて、そんな恥ずかしい上司なんですが、あなたが改善しない原因はあなたにあると思っています。

 

それでも改善して自分をイライラさせないでほしいと思っています。

 

ならどうするか・・・

 

 

さらに強く怒るんです。




怒鳴り散らすだけでは足りないのなら、体中からオーラを出します。

 

【お前の敵だ】というオーラを。

 

普段から口には出さなくてもしぐさや表情で、あなたにプレッシャーを与え続けてきます。

 

『早く言うとおりにしろ!!』と念じてきます。

 

そしてあなたが自分の思っていることからずれたことをしてしまった際には、もう大激怒です。

 

 

叱るなんてことはもう頭にはありません。

(そもそも叱ることができない人たちですが、それでも自分の思い通りになってほしいという願望はありました。それがなくなります。)

 

 

ただただあなたが嫌いでどうしようもないから、あなたを傷つけてすっきりしようとします。

 

あなたがこれから自分の思い通りになるようになってほしいとさえ思わなくなります。

 

ただただあなたが不快で、あなたをとことん傷つけてやりたくなります。

 

あなたを傷つけることが快感になっていきます。

 

 

相手はあなたに対してはまともな思考回路ではなくなります。

 

 

どんどん傷つけてあなたに嫌な思いをさせたいんです。

 

色んな無理難題を言って、それができなくて困っているあなたを見て笑っていたいんです。

 

あなたが苦痛にゆがむ顔がなによりもうれしくて、あなたが悩みこんでいるのを見るとなによりも楽しいんです。

 

あなたがつらいことにあうのが、その人にとって一番のストレス解消法になります。

 

 

そしてそのストレスの解消に一番手っ取り早い方法が、自分のことをあなたが怖がってくれることなんです。

 

 

朝会うだけで身体が硬直するあなた、最高です。

 

少し声をかけただけでビクビク反応するあなた、面白いです。

 

ちょっと注意すると汗を流しまくってパニックになるあなた、これ以上楽しいことがこの世にありますか?

 

それを見るためなら多少の常軌を逸した行動ができてしまいます。

 

 

そんなことを続けられたら人が怖くなるのも当然です。

 

 

怒られるかもしれないことがあると、極端に過剰になってしまうのは当然です。

 

 

あなたはそれほどいじめられてきたんです。

 

人間という範囲をあなたに関してだけは少し踏み越えてしまった人間に。

 

あなたがそれほど耐えてきたんです。

 

あなたのことに関しては化け物の域に片足を突っ込んでしまった存在を相手に。

 

 

周りの人間には想像もできないほどの恐怖を、その存在から与えられ続けてきました。

 

 

すごく怖かったですよね。

 

出社するのが恐ろしくて震えましたよね。

 

その人を見ると時間が止まりましたよね。

 

よくそこまで戦ってこられました。あなたは本当にすごいです。

 

だけどその化け物との戦いに耐えてしまった代償も大きすぎましたね。

 

 

今はね、ゆっくりといきましょう。

 

 

急に叱られるのが怖くなることはありません。

 

そんなにすぐに治るほどの痛めつけられ方じゃなかったはずです。

 

人を怖いと感じることはいけないことではありません。

 

だから今はそんな自分を責めることなく、許してあげてください。

 

決して情けなくなんかありませんよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



叱り方が未熟な人間。生き方を否定されても落ち込む必要はない!

いつも叱られてばかり。仕事をなかなか覚えられないのはどうして?

特定の人が怖くて汗と震えが止まらない!反抗することができない!

周りの人間が敵に見える。傷つけられるのが怖い。そんな自分が情けない。

学習性無力感とは?何をしても意味がない。頑張るのもう疲れた。

「こんなこともできないのか!」と叱られた時は?相手にしたら負け!

働くのが怖い!仕事をするのが不安。人間関係がうまくいかない。

すぐに怒る人、怒りやすい人、ヒステリックを起こす人への対処法。

いつもけなされてばかり。どこに行っても怒られてばかり。私って何?

何をしても自分のせいにされる。責任を押しつけてくる集団には?