ありのままの自分でいいって本当?こんな自分認められない。

ありのままの自分でいいって言葉をよく聞くと思います。『できなくても自分はそれでいい。』、『ナンバーワンよりオンリーワンでいいんだ。』とよく耳にします。

・・・
これって本当なんでしょうか?




「ありのままの自分でいい。」ってあなたは言いますが、『あなたはわたしのこと全部知っているのですか?わたしのこと全然知らないでしょう?無責任なこと言わないで。』と僕は思います。(性格歪んでますが…)

「ありのままの自分でいい。」と言える人は、成功者なんじゃないかと思います。自分を受け入れられて、そこそこの成果を出して、ある程度その結果に満足している、そんな人たちなのではと思います。『うまくいかないことも人生だ。』と楽しんでいる人、充実している人だと思います。

 

少なくとも本当に挫折しているときには絶対に言えません。

クラスメイトにいじめられています。ありのままの自分でいい。
恋人に振られてしまいました。ありのままの自分でいい。
仕事をクビになりました。ありのままの自分でいい。
友人にだまされていました。ありのままの自分でいい。

本当に??「ありのままの自分でいい。」とこの状況で言えますか?

 

だって、ありのままの自分でいたから、こうやって不幸になっているんですよ?

そりゃー、ありのままの自分で幸せになれる人たちは「変わる必要はない。ありのままの自分でいいんだ。」って言いますよ。「わざわざ苦労しなくても幸せになれるよ。だから自分を変えようとしなくていいよ。そんなことしたってしんどいだけだよ。」って言いますよ。それで幸せになってきた人たちなんですから、嘘でもなんでもなく、心から「あなたはありのままのあなたでいい。」と言いますよ。

でもね、これって持っている人の理屈なんですよ。ありのままの自分でも好かれる能力はあるし、必要とされるし、ある程度なんでも器用にこなせるんですよね。そんな持っている人の理屈です。

 

何も持っていない人は、ありのままの自分ではいけないと思ってしまいます。

ありのままの自分でいたら、友人が一人もいませんでした。
ありのままの自分でいたら、恋人ができたことがありませんでした。
ありのままの自分でいたら、どこにも雇ってもらえませんでした。

ありのままの自分でいたら、誰にも選んでもらえませんでした。

ありのままの自分でいたら、変わることができませんでした。

 

この状態が続くと・・・

自分は誰からも認められていない。

自分は誰からも必要とされない。

自分は本当になにもできない。

・・・
といった思考になってしまいます。

 

『自分は無価値だ。』、『自分は無力だ。』と思い込んでしまいます。この状態って体験した方はわかると思うんですけど、ものすごく苦しいんですよね。自己否定感も大きく、孤独感も強いです。

 

ありのままの自分でいたからこうなってしまったのに、そんな状態でも自分はありのままの自分でいないといけないのでしょうか?

 

自分に自信を持てないときって『なんで自分はこんなに…』、『どうしてあの人みたいに…』と、よく考えるようになってしまいます。周りがまぶしく輝いているのに、自分だけ薄暗い場所に一人でいる気がします。

『わたしじゃなかったら…』、『俺がもしあの人だったら…』と考えてしまうこともあるかもしれません。

 

でもね、そう考えるのはやめましょう。
なにかあれば無意識のうちに考えてしまうので、いきなりやめてしまうのは難しいかもしれませんが、考える時間を意図的に短くしてみましょう!

それだけでも心の負担は全然違います。

 

実りのあることなら考えてもいいと思うんですが、今回の仮定・イフは考えるだけ無駄です。

だって、

あなたはあなたでしかないから。

 

いくらがんばってもあなたは他の人にはなれません。他の人がいくらがんばってもあなたにはなれません。あなたは世界でただ一人。あなただけです。かけがえのない存在です。

・・・
きれいごとですか?

でもこれは事実なんです。

あなたがいなくなってしまうと、誰もあなたになってくれないんです。

そんなの寂しすぎませんか?

 

では、このままありのままの自分でいるしかないのでしょうか??

・・・
ありのままの自分でいるしかありません。
あなたのままでいることが、あなたとして生を受けたあなたの責任です。投げ出してはいけません。

でも、今の自分に嫌気がさしている状態はつらいですよね。ことあるごとに自分を責めてしまい、しんどいですよね。ありのままを受け入れようとしても、そこまで嫌いになってしまった自分を受け入れるのは結構難しいと思うんです。

 

そんな状態を改善する方法があります。

それは・・・

ありのままの自分を広げること。

あなたではなくなるのではなく、あなたのまま少しずつ変わることです。

あなたが今の自分を嫌いなら、あなたが好きになれる自分に変わっていきましょう。別人ではなく、あなたのままで。

 

ありのままの自分じゃダメだと思っているときは、自分の全てを変えなくてはいけないと思っています。100%変わらなくてはと思っています。

そこまでとはいかなくても70%~80%、少なくとも50%以上は自分を変えなくてはいけないと思っています。

でも、そこまで変わるのはやめましょう。そこまで変わるのはすごく大変ですし、なによりも、そこまで変わってしまったらあなたじゃなくなってしまいます。

 

・・・妥協案です。

3%変わりましょう。1カ月で、ではなく1年で。時間をかけてゆっくり変わりましょう。自分を確立しながら自分のままで変わっていきましょう。

 

簡単だと思いますか?1年で3%なんて何も変わってないと思いますか?

 

実際にやってみたらわかると思うんですけど、ものすごく難しいですよ。たった3%でも。

 

どんな自分になりたいかを整理し、そうなるためには何をすればいいか考えてみましょう。そしてそれを実践してみましょう。

順調に行ったら3%変われると思います。たった3%の変化ですが、その変化は大きな自信になりますあなたが自分を好きになれる第一歩になれます。

あなたはあなたのままで、かけがえのないあなたになりましょう。

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

変わらないといけないのに変われない自分。自己嫌悪の解消法。

こんな自分はもう嫌だ!性格を変えて生まれ変わりたい!

自分を安売りすると、とんでもない赤字になる。借金地獄で苦しむ前に。

弱者には厳しい世界。どうしてこんなに生きづらい・・・

こんなに尽くしているのに、私を大切にしてくれない恋人。なぜ?

孤独感とは

しんどいなんて言ったらダメだ!もっとがんばらないと!!

変わりたいのに変われないのは

何の取り柄もない私。強い劣等感から解放されるには。

足掻くのは間違い?あきらめるのが正解?