こんな自分はもう嫌だ!性格を変えて生まれ変わりたい!

自分の性格を変えたいと思ったことはありますか?

性格って本当に色々ありますよね。わがまま、泣き虫、目立ちたがり屋、マイペース、神経質、などなど、いくつ種類があるかもわからないほどあります。

 

普段はその性格がいいと思ってあなたは生活をしているのですから、性格を変えたいと思うにはなにかきっかけがあったと思います。

失敗ばかりだったり、自分の無力さを痛感したり、大事な人をひどく傷つけてしまったりと、このままの性格ではいけないと思う出来事があったと思います。




性格を変えようとチャレンジしている人もたくさんいると思います。変えようとチャレンジしている人ならわかると思うんですけど、これってめちゃくちゃ難しいんですよね。

 

以前『変わらないといけないのに変われない自分。自己嫌悪の解消法。』にも書きましたが、自分が変わったと感じるほど変わるのは難しいことです。とりわけ、性格を変えたいを選んでしまったあなたは最悪です。

 

難易度マックスです。

 

性格ってなかなか変わりません。根暗な人が『明るい人になりたい!』とか、自分勝手な人が『思いやりをもって行動できる人になりたい!』とか、大雑把な人が『几帳面な人になりたい!』とか意気込んでも、これは相当難しいと思います。

正反対の性格を組み合わせて書きましたが、『変わりたい!』、『変わらないといけない!』と思うときって、ゴールを自分の性格と正反対の位置に置いているんです。

 

『変わりたい!』、『変わらないといけない!』というのは今の自分のままではダメだということです。今の自分ではダメなので、ダメじゃない自分を目指すということです。ダメじゃない自分というのは、今のダメな自分の正反対に位置するところなんですね。

 

そこが目的地です。

 

・・・
・・・

遠くないですか?

 

今までの自分と正反対の位置がゴールって?

しかも性格を変えたいと思うときって、かなりの緊急時だと思うんですよね。

 

今までのあなたでは対応ができなくなったから、対応できるように早く身につけないといけないんです。

のんびりしている暇はありません。すぐに変化を、結果を求めます。

最初は一生懸命変わろうとします。ゴールに向かって歩いていきます。ただね、そのゴールがめちゃくちゃ遠いんですよね。一生懸命ゴールに向かって歩き続けても、ゴールが遠すぎてちっとも近づいている気がしないんです。・・・で、歩き疲れたのでどのぐらい進んだか確認するために後ろを振り返りました。そしたらでかでかとあるわけです。スタート地点が。スタート地点からだいぶ歩いたと思っていたのに、スタート地点のゲートから10メートルくらいしか進んでいないわけです。それでもあなたは既に疲れています。ゴールまでは1キロ以上離れています。

どうしますか?(スタート地点とゴール地点をオアシスと考えてくださいね。スタートとゴールの間は心を落ち着かせることができない砂漠です。)

 

・・・

スタート地点に戻ってしまいますよね??

習慣とか身体を変えたいはまだ簡単なんですが(それでもすごく難しいですが)、性格を変えたいとまで思ってしまうと、本当に難しいです。

すごく疲れるので、短期決戦を望みたいわけなんですが、短期決戦では絶対に変わりません。性格を変えようと思ったのなら長期戦です。

 

1カ月や2カ月で変わろうとしなければ、10年、20年を視野に意識すれば性格も変えられるかもしれません。理想の性格の人だと『こんなときどう行動するのだろう?どういう思考をするのだろう?』と考え、そのイメージの模倣を続けていきます。今までの自分と行動を変えるんですね。それを何十回、何百回、何千回、何万回と繰り返していけば変われるかもしれません。ただ、確実に変わるとは言えません。それほど難しいです。時間をかけたら必ず変わるというものでもありません。一か八かの賭けです。

 

性格が変わる=生まれ変わる

ともいえると思います。

 

変わりたいと強く思っている人は、今の自分がダメなことをよく知っているのだと思います。『もっといい自分になりたい!』というのもいいことだとは思いますが、性格を変えたいと思うより、今の自分をもう一度見つめてみたらどうでしょう?

 

性格を変えるのは、本当に難しいです。本当にしんどいです。そんなつらい思いをしても確実に変わるとは言えません。

リスク高すぎです。

 

仮に性格を変えることに成功しても、それは今のあなたじゃありません。

あなたは一度死ぬことになります。

 

生活習慣が変わったり、付き合う人間の種類が変わったり、趣味が変わったり、物事に対する捉え方、感じ方が変わったりと、今のあなたではなくなっています。

 

・・・で、『やっぱり前のほうがよかった。』と元に戻ろうとしても、なかなか戻れません。スタートからゴールまで苦労して長い距離を歩いたんです。またその距離を歩かないといけません。『これをするのが自分は好きだったなー。久しぶりに昔みたいにやってみようか!』と思ってしても、『えっ!?全然楽しくない!』ということも少なくありません。

 

未来のあなたは、今のあなたの記憶を知識としてもっている別人です。

 

 

大人になれば味覚は変わると言われていますが、あれのズレがすごく大きいものだと思えばわかりやすいかもしれませんね。

子どもの頃は苦手で食べられなかったものが、今は大好物。
子どもの頃大好きで何個も食べていたものが、今は1個食べれば十分。

なんてことよくありますよね。

その誤差が数えきれる数だったのが、数えきれないほど多くなります。

 

・・・

それでもいいですか?

今のあなた、捨てちゃってもいいですか?

 

それでも今の自分が嫌だという人は、覚悟を決めて臨んでください。ゴールまでには高い壁がいくつもあなたの前に立ちふさがりますが、強い意志をもったあなたなら変わることができるかもしれません。

 

今回の内容を見て少しでも『えっ、それはちょっと・・・』と考えてしまった方は、今は変わろうとしなくていいのではないですか?性格を変えようとするメリットは、あなたが思っているよりはるかに少ないです。

 

自分が大嫌いで未練がない状態なら挑戦してみるのも一つの手だとは思いますが、少しでも今の自分に未練があるのなら変わろうとせず、自分を認めることに力を注いでください。そのほうが性格を変えるよりはるかに簡単で楽ですよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

変わらないといけないのに変われない自分。自己嫌悪の解消法。

変わりたいのに変われないのは

ありのままの自分でいいって本当?こんな自分認められない。

満足感を得られない。いつまでたっても満たされない心。

自分軸で行動すると人生が変わる!他人軸で疲れたときは。

自信がなくなってしまったときは

死ぬ気になればなんでもできる!でも死ぬ気になれない。

わたしって気楽なの?「お前は気楽でいいよなー。」と言われたら。

幸せになりたいのに

変わってほしいと願うのは