『自分なんか認められない!』では勿体ない!人生を楽しむには?

皆さんは今の自分を認めることができていますか?

それとも認めることができませんか?

 

自分を認めることができるか、できないかで、人生は大きく変わっていきます。

 

自分を認めることができると、行動力や発言力が増します。外部への発信力が大きくなります。すると当然周囲への影響力も強くなります。周りから認められることも増え、それが自信にもつながります。自信があるのでネガティブ思考よりポジティブ思考をする余裕ができます。その結果、チャレンジ精神の強い一緒にいて楽しい人になります。

自分を認めることができないと、行動力や発言力が減ります。自分の意見を外部に発信することも少なくなります。するとあなたは、いてもいなくても同じ人になります。自分を認めることができないので、周りもわたしを認めてくれないと思い、自信がなくなります。自信がないのでポジティブ思考ができず、ネガティブな思考ばかりしてしまいます。その結果、チャレンジ精神なんてない一緒にいても楽しくない人になります。




どうですか?

けっこう違いますよね?

 

これが一回だけの話ではなく、生きている間ずっと続きます。

 

かなり人生が違ってきますよね?

 

 

さて、

あなたはどっちでしょうか??

 

 

 

ほとんどの方が認めることができないを選んだのではないかと思います。

 

認めることができている人と認めることができない人の最大の違いは、心の疲れ具合です。

自分のことを認めることができている人は、心が疲れてしまうことが少ないです。

自分のことを認めることができない人は、心が疲れてしまうことが多いです。

 

自分を認めることができるか、できないかで精神的な負担は全然違います。

 

 

あなたの心が疲れている状態なら、それは自分のことを認めることができていないからかもしれません。

 

自分を認めることができる方法なんですが、これってかなり難しいんですよね。

皆さんも調べて、いくつかの方法を実践してきませんでしたか?

その結果、まだ自分を認めることができなくて、この記事を読まれているのではないですか?

 

『自分を認めることって、こんなにも難しいんだ!』と思ったことはありませんか?

そう、自分を認めることってめちゃくちゃ難しいんですよね。

簡単そうに書いたり、言ってくる人もいますが、自分のことを認めることができない人にとっては、それはめちゃくちゃ難しいことなんです。

 

 

そもそもね、

最初は誰もが自分のことを認めているものなんです。

 

認めているというか、そんなこと思いもしないほど当たり前なことなんです。

それが生きていくうちに、つらいこと、大変なこと、責められることなどを体験し、自分に嫌気がさしてくるようになるんです。



自分に失望して、自分のことを認められなくなるんです。

 

人生経験の積み重ねで、自分のことを認めらなくなっているんです。

 

そんな自分を認められるようになるのは簡単なことじゃありません。

 

 

一度失ってしまった信頼って、取り戻そうとしたらものすごく大変ですよね?

あれと同じです。

 

 

一度自分のことを認められなくなってしまうと、自分を認めることってものすごく大変なんです。

 

 

積み上げていたものが壊れてしまうと、元に戻すためには倍以上の労力が必要になります。

『自分のことを認められないなー。しんどくなったから認めてあげよう。』とあっさりと認められるようになることはありません。

 

自分のことを認めてあげようと思ってもことあるごとに邪魔が入ります。

『こんな自分を認めていたらダメになってしまう。』
『自分を甘やかしてばかりいると、ますますいい加減な人間になってしまう。』

こんなことを思ってしまいます。

 

自分を認めようと思っても、あなたが『自分を認めてはダメだ!』と邪魔をしてきます。

 

 

自分を認めることができないと、普段から自分を否定する癖があります。

習慣的についつい自分を否定してしまいます。

いつも自分を否定されているので、当然自信もなくなります。

自信もなくなるというか、自分の能力自体が劣っているという認識になります。

本当はもっとあなたはできるのに、自分の力を過小評価して動けなくなってしまいます。

 

 

それはあまりにももったいないことだとは思いませんか?

 

 

自分を認めていく方法なんですが、

できていないことばかりに目を向ける癖を意識してやめてみましょう。

 

 

できないことばかりに目を向けると当然、自分は何もできない人になってしまいます。

できない自分を認められたらそれが一番なのですが、それは難易度が高いです。

あなたは何もできない人になっているのですから、自分を認められないんです。

 

 

だから、

自分は何もできないという勘違いを直していきましょう。

あなたは何もできないというのは、勘違いなんです。

 

勘違いというか、できないことにしか焦点を当てていないから、できない人間になってしまうんです。

あなたがあなたを何もできない人間にしているんです。

まずはその習慣を少しずつ変えていきましょう。

 

 

何もできない自分を疑ってください。

 

 

本当に自分は何もできないのかを自問してください。

 

 

何もできない人間なんていません。

あなたは、人より劣っているところが多いのかもしれません。

 

でもそれで、何もできない人間だと評価を下すのは厳しすぎます。

これからもそんな、何もできない自分で生きていかないといけないんです。

 

 

そんなのうんざりしてしまいますよね?

 

 

能力的に今までできなかったことができるようになるのは大変です。

それよりもできていることに気付いてあげるほうが、自分を認める近道になると思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):