自分の芯がない!流されてばかり!意思がない!ブレない軸がほしい!!

皆さんは自分の芯を持っていますか?

自分の考え方の基準だったり、行動を起こす基準であったり、そういった自分の軸というものを持っていますか?

 

これがあるのとないのでは、人生の疲れ具合が全然違ってきます。




自分の芯があると、それを軸に生活をします。自分の中での答えが決まっているので、判断に迷うことなくすぐに行動に移れます。元々答えはわかっているので悩むこともなく、答えにそって動けます。

自分の芯がないと、生活の軸というものがありません。自分の中で確固とした答えが決まってないので、判断に迷うことも多くすぐには行動できません。答えが全然わからない状態なので多くの情報収集から始めます。その過程で周りの声も耳に入ります。『それが正解なのかな?』自分が最初に何となく思い浮かべていた答えと違って迷います。

 

自分の芯があるとやるべきこと、やらないでいいことの区分が明確にできます。なにかあってもあまり悩むことなく即断できます。

自分の芯がないとやるべきこと、やらないでいいことの区分がありません。一から検討します。悩みます。

 

自分の芯がある人は、ブレることが少ないです。他人から見てもどんな人かわかりやすいです。ブレないので方向性があっているうちはすごく信頼できます。ただ、いきすぎると、人の意見を聞かない融通の利かない人になってしまいます。

自分の芯がない人は、ブレることがあります。人の意見を柔軟に取り入れることができるので、自分一人だけの考えよりも客観性のある言動ができます。一つに固執してしまうことなく幅広い視野に立てますが、意見を変えてばかりだとなにを考えているかわからない人になってしまいます。

 

どちらも長所と短所があります。

どちらが上で、どちらが下ということではありません。

 

ただ、日ごろの疲れの蓄積は、自分の芯がない人のほうがたまりやすいと思います。

 

 

自分の芯がある人は人間関係で疲れることは少ないです。相手に合わせすぎず、適切な距離感で交流できます。相手があなたに合わせてくれることも多いです。

自分の芯がない人は人間関係で疲れてしまうことが多いです。相手に合わせすぎてしまい、距離感もあやふやです。相手があなたに合わせてくれることは少ないです。

 

この自分の芯がある人と、自分の芯がない人は互いに引き寄せ合います。

 

 

お互いに自分には持っていないものを持っている相手なので、磁石のように引き寄せます。そしてパズルのようにピッタリとくっつきます。

芯がある人と芯がある人、芯がない人と芯がない人よりは、芯がある人と芯がない人のペアは相性がいいです。

 

 

その相性のよさが問題になってくることがあります。

 

自分の芯がある人は相手を見極めて交流しますが、芯がない人は相手の見極めが苦手です。

自分が苦手な人に対しても距離をあけるということができません。

その結果、自分の芯がある人の中で、より苦手なタイプに捕まってしまいます。

 

相手はあなたなら無害だと見極め、すり寄ってきます。

あなたはそれを拒絶することができません。

 

自分の芯がないと、自分の芯がある人に振り回されてしまうことになってしまいます。

自分の芯がないと、他人の意見に行動が左右されてしまうときがあります。

 

自分の判断ではないので、自分の行動にいまいち自信がもてません。これを続けていくと自分で判断をすることが減り、相手の指示待ちしかできなくなってしまいます。

 

なにをするにも相手の顔色を窺うようになってしまいます。

 

 

 

自分の芯を作る方法なんですが、

 

自分のことをよく知ることです。

 

 

なにが好きで、なにが嫌いで、どういうことを大切にしていて、どんな価値観を持っているか、それらを知る必要があります。

自分のことだから自分が一番よくわかっていると思うかもしれませんが、人の意見に流されてばかりいるとそれが麻痺してしまい、意外とわからなくなってしまいます。

 

もう一度じっくり、自分とはどんな人間だったかを確認していきましょう。

 

細かいことまで思い出してください。

どういうときに喜び、笑い、悲しみ、怒るのかを、もう一度思い出してみましょう。

 

これを何度も何度も繰り返してください。

最後まで残ったものがあなたの芯です。自分の軸です。

 

 

この芯が自分でわかるようになったら、それを意識して生活するようにしてください。

 

自分の芯と他人の意見がわかれたとき、自分の芯を優先させるようにしてください。

 

初めのうちは抵抗があると思います。

自分の芯を優先させることによって、いままでに起こらなかった新しい問題もでてくると思います。人と衝突することもあるかもしれません。

 

ですが、これを繰り返すことによって自分の芯が固まってきます。

自分の中でしっかりした判断の基準ができてきます。

 

この判断基準が明確になるだけでも、疲れ具合は全然違ってくると思います。

自分の芯が弱く疲れているのなら、少しずつ確認をしながら自分の芯を作ってみてはいかがですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




 

関連記事:

自分軸で行動すると人生が変わる!他人軸で疲れたときは。

自分の心がわからない。頑張りすぎて麻痺してしまったあなたに。

自分らしく生きられないのはなぜ?自分らしく生きたい。

比較ばかりされるのはもううんざり。面倒くさいと感じたら。

すぐに行動できない自分が嫌!行動力を身につけるには?

人の言葉に過剰反応してしまう。傷つきやすい性格が嫌い。

敷かれたレールの上しか歩くことができない臆病な自分は

意志が弱い自分は

変わらないといけないのに変われない自分。自己嫌悪の解消法。

外部の影響を受けすぎるのはHSP?生きづらいのは敏感で優しいから。