自信がなくなってしまったときは

自信がなくなってしまったことってありませんか?

自信がなくなる体験をすることはよくあるかと思いますが、実はこれってかなり危険なことなんです。

緊急事態です。



自信とは自分を信じることです。

 

この自分を信じることって生きていくうえで非常に重要なことだと思います。

 

自分を信じることができるから生きていけるんです。

 

自信が全くないと生きていけません。

 

 

極端な話ですが、今、この瞬間に、自分の頭の上に隕石が落ちてくると本気で思っている人はいないでしょう?

 

それはなぜか??

隕石が落ちてこないことに自信を持っているからです。

 

それって自分に自信があるんじゃなく、隕石が落ちてこないことに自信をもっているんじゃと考えるかもしれませんが、そうじゃありません。

今までの経験から、この瞬間に、自分の頭の上に、隕石が落ちてこないという自分の考え方に、自信を持っているんです。自分の考え方を信用しているんですね。実際には100%起こらないことではないでしょう?0.000・・・1%は今、この瞬間に、自分の頭の上に隕石が落ちてくる可能性はあるでしょう?0がいくつつくかはわかりませんが、それでも完全な0%ではないでしょう?

 

でも私たちは、この瞬間に自分の頭の上に隕石が落ちてくるなんて考えてもいません。

今まで生きてきた中で、一度も頭の上に隕石が落ちてくる体験をしたことがないからです。

 

 

この自信がなくなってしまうとどうでしょう??

 

・・・怖いでしょ?いつも隕石が自分に落ちてくると思って生活をしているわけですから。一分、一秒たりとも気が抜けません。怖くて怖くて仕方ありません。そんな状態じゃ生きていくことはできません。

 

ここまで極端ではないと思いますが、自信を失ってしまうということはこれに近い状態になってしまうということです。

自信を失ってしまうのはとても怖いことなんです。

 

 

自信って最初は誰もが持っているものですが、実は自信を維持することって、なかなか難しいことなんですよね。

 

周りは皆できているのに自分だけができなかったり、人から厳しくダメ出しや注意をされたり、自分ならできると思っていたことができなかったりと、生きていたら自信を失ってしまう場面に遭遇することがあります。

そのときに一時的な落ち込みだけですんだのならいいのですが、それが継続的になってしまうと心が弱ってしまい、最終的には今まで持っていた自信が砕け散ってしまいます。

 

 

そうなってしまうと大変なんです。

 

 

なにをするにしても不安と恐怖がつきまといます。

 

『これで正しいのだろうか?』、『間違ったことをしているんじゃ?』と疑心暗鬼におちいります。

今まで当たり前のように自信を持っていたことにも、自信を持てなくなってしまうんですね。

 

自信がないと平常心で生きていくことができません。

自信がないと心が疲れてしまいます。

自信がないと心が傷つきやすくなります。

自信がないと自分には価値がないと思ってしまいます。

 

 

自分を信じること。自信があるときは当たり前にできていたことなのに、自信をなくしてしまった後はすごく難しいことに変貌してしまいます。

 

 

自信が勝手になくなっていくことはありません。自信がなくなっていくには必ずきっかけ、理由があります。自信を再度つけるためにはそれを乗り越えていくしかありません。

 

ただ、それを乗り越えるのがかなり難しいことが問題なんですね。今まで持っていたあなたの自信を打ち砕くほどの原因なんですから、すぐに乗り越えるのは難しいです。自信を取り戻すには時間がかかります。

この自信を取り戻すのに時間がかかってしまうと、自信を取り戻すのはさらに難しくなってしまいます。自信がない状態に慣れてしまうんですね。自信がない状態が当たり前の状態になってしまいます。

 

自信って自分の心を守る防具だと思うんです。

 

外部からの攻撃を受けても強い自信、分厚い防具を着ていたら心はびくともしません。ですが、自信が弱いと外部からの攻撃を防げません。防具を着ていない、あるいは薄い防具で砕けてしまう。心に大きなダメージを与えてしまいます。

それが一時ではなく、常時続く。

 

例えるならヤドカリですかね?外敵から身を守るために貝殻を背負う。自信があるときはこの状態で、自信がないときは貝殻を背負っていない状態です。

 

ひどいときは防具自体に亀裂やヒビが入っており、動くたびに自分の身体を傷つけてしまいます。

 

 

自信って必要でしょう??

 

 

自信満々とはいかないまでも、少なくとも自分を責めないくらいの自信は欲しいですよね。

 

それにはどうすればいいんでしょう??

 

自己否定をやめましょう!

自信がないとどうしても自己否定をしてしまうものなんですが、がんばってやめましょう!

自己否定をしてもいいことないです。

否定するたびに心が傷ついてしまいます。自信がなくなっていきます。

 

本当は自己肯定をするのが一番なのですが、自信がないときに自己肯定ってすごく難しいです。だから、自分を肯定まではしなくてもいいです。まずは自分を否定することをやめましょう。

 

これも結構難しいと思います。

自分を否定することが癖になっているので、気を緩めるとすぐに自分を否定してしまいます。

 

この自己否定をやめるだけでも、少しずつですが自信が回復していきます。一度に変わるのは難しいです。だから少しずつ、少しずつ、自信を回復させていきましょう。

 

焦らなければ必ず自信は取り戻せます。

 

 

だって、元々はあなたが持っていたものだから。今は持っていた頃の感覚を忘れてしまっているだけだから。

 

自信があるのも自信がないのも自分が思っているだけです。単なる思い込みです。どうせなら悪いほうではなく、良いほうに思い込みをしてみませんか?

折れない心を手に入れることができると思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

強かったあの頃に戻りたい!弱った自己肯定感を高める方法。

自信をつけるには

自己肯定感とは

自分軸で行動すると人生が変わる!他人軸で疲れたときは。

わたしって気楽なの?「お前は気楽でいいよなー。」と言われたら

ありのままの自分でいいって本当?こんな自分認められない。

自己否定感とは

無力感から抜け出す方法

才能がない自分は

挫折してしまったときは