折れない心との向き合い方。今の過ごし方。

いま皆さんは『しんどいなー。』『つらいなー。』『なにかやる気がでるようにならないかなー。』とサイトを見ておられると思います。なかには『自分なんてもう・・・』と思われている方もいるかもしれません。悩んでいるのに誰にも相談できないという方もいらっしゃるでしょう。

そして『こんなのを見てるから自分はダメなんだ。よくなろうという努力もせず、自分を慰められる記事を探してる。』とまで思われている方もいるかもしれませんね。




そんなあなたに一言。

 

「あなたはダメな人なんかじゃない!!」

 

 

だってこのままじゃ駄目だと思い行動しているから。ブログの記事を読むのも立派な行動なんですよ?

あなたは今、現実につらい思いをして心が折れそうになっています。でも、まだ折れてないんですよ。あなたの心は『まだ負けたくない!』と叫んでいるんですよ?

つらい思いをしてもまだがんばろうとしています。立ち上がろうとしています。

 

あなたと同じ境遇なら心が折れてしまう人もいると思います。

けど、あなたの心は折れてない。

 

折れそうになっても歯を食いしばってがんばっています。

つらいことから目をそらさず、向き合っています。

 

それを当たり前のことだと思わないでくださいね。それはきっとすごいことだから。そんなことができるあなたはダメな人なんかじゃありません。

 

あなたは本当はとても強い心を持った人なんです。ただ、そんなあなたでさえ、心が折れてしまいそうなほど、今回のことはショックなことだったのでしょう。自分を責めているかもしれませんが、もう少し自分に優しく接してあげてください。あなたは既にがんばっているのに『まだ足りない。』、『もっとやらなきゃ。』では疲れてしまいますよ?

 

心が折れるほどの経験というのは、できればしたくないですよね?

本当に自分にとってはすごくつらくて苦しいことだから。こんな思いなんかしたくないって思ってしまいますよね?

でもね、この心が折れそうになる経験っていうのは後ですごい力を発揮するんです。

 

例えば、あなたが5年後またつらい経験をするとしましょう。そのときに今回のこの経験が自信になるんです。5年後のあなたは『あのときはつらくてもなんとか乗り越えられたんだから今回も大丈夫だ。なんとかなるよ。』、『あのときに比べたら今はまだ全然マシじゃないか。』といった感じでポジティブに物事を考えられます。5年後のあなたが今と同じくらいのつらい状況に陥ったとしても、それを乗り越えられた経験があるからあなたは思うんです。『今度も大丈夫だ。』と。その大丈夫には全く根拠がないんですけどね。なぜか、そう思えてしまえるんです。そして実際になんとかしてしまえるものなんです。

 

身体がケガや骨折をしたらその部分がより太く頑強になって復活しますよね。それが心にもいえるんです。今回の心が折れそうになった経験が未来のあなたの心を強くするんです。そう考えると少しわくわくしてきませんか?

あなたは今、つらい出来事があって苦しんで、傷ついて、それでも心が折れずにがんばっています。心が折れていないから、闘い続けているから苦しいんです。その経験は必ず将来の自分のためになります。

つらい思いをして終わりでは決してありません。人間として絶対成長できるはずです!

 

「神様は乗り越えられる人間にしか試練を与えない。」とはよく言われることですが、人間の這い上がる力、底力はものすごいんですよ。どんなにつらい試練を与えられたって、その試練にあらがってやろうとする力があなたの奥底で眠っています。

挫折を経験した人間のほうが強いと言われることもありますが、人間の復活力をあなたなら体験できると思います。折れないであがこうとする強い心を持ったあなたなら。。。
きっと今回の試練をよい経験にすることができるでしょう。あなたがより素晴らしいあなたになれることを願っています。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

心が壊れてしまう不安と恐怖。取り返しのつかないことになる前に。

闘い続けることに疲れてしまったら

足掻くのは間違い?あきらめるのが正解?

叶わない夢との向き合い方

わかってくれていると思っていたのに、わかってくれていなかった

心が弱ってしまうのは弱い人間だから?

もう心が折れた…大きな挫折をした直後にするべきことは?

強い喪失感の克服法。失ってしまったものが大きすぎて・・・

当たり前の生活が一変。障害を受け入れる過程。

強かったあの頃に戻りたい!弱った自己肯定感を高める方法。