相談相手がいないときは

誰かに相談をしたいのに、適切な相談相手がいないときってありませんか?

元々の交友関係が少なく相手がいなかったり、近しい人には相談できない悩みであったり、誰にも相談できない悩みであったり、カウンセリングを受けるのも抵抗がある。電話相談窓口で解決できるほど簡単なものではないと思えてしまったり。

僕もそうでした。軽い相談ならできる相手が結構いるのですが、本当に深刻な相談になるとその相談内容だけに誰にも相談することができませんでした。




さて、そんな人はどうすればいいのでしょう?

 

残念ながらそんな状況の方には近道はありません。自分で乗り越える以外、道はありません。第一、あなたしか知らないことですからね。誰にも言っていないのに誰かに救ってもらうことを期待しても無駄でしょう。

 

あなたを救えるのはあなただけです。

 

でも、どうすればいいのか?

 

①ネットで匿名の掲示板などに相談する

お互い知らない相手なのですから、身構えることなく軽い気持ちで相談できると思います。それこそ誰にも相談できない悩みも相談することができると思います。
これも一つの手ですが、注意事項として、どこまであなたの悩みに真摯に考えてくれる人がいるかということです。顔もわからず、あなたの性格も知らず、あなたがどれほど悩んでいるかもわからず、自分に発言責任のない人が、どれだけ真摯にあなたのことを考えて答えてくれますか?
あなたの相談内容を見て、あなたを本当に助けてあげたいと心から思い返事をしてくれる人がどれだけいるでしょう?

 

②テレビや本などを見る

ドラマや映画、漫画や小説、ドキュメンタリー番組や心理関係の本を見るのもいい方法だと思います。気軽にできますし、なにより気分転換にもなります。がんばっている映像を見たり、読むことで自分もがんばろうと意欲が湧くことがあります。
ただ、残念なのはこの方法は自分の意識を変える方法ではないので、一時的なものなんですよね。見た直後はモチベーションも上がり、『やってやろう!』という気持ちになりますが、悲しいことにやる気の持続力が短いんです。やってみて、実際に難しいとわかる。すると『あー、ダメだ。』という気持ちの方がやる気を上回ってしまうんですね。
自分に対して直接語りかけてくれているわけではなく、物語等を通して間接的に語りかけてくるだけなので、影響力が少ないんです。だからやる気も持続しないんです。でも、回数を重ねれば落ち込んだ気持ちも薄れていくと思いますし、やる気も少しずつ湧いていくると思います。

 

③サイトやブログを見る

今回の目玉商品です(笑)。これが僕には一番効果がありました。気軽にできるし、読むくらいなら「あー、こういう考え方もあるんだなー。」と参考になりますし。
ええ。今、皆さんがやっていることです。相談相手がいないときというタイトルで今日のブログを書きましたが、一番効率の良いことを皆さんはすでにやっています。できています。この方法を続けていただけたらと思います。

ただ一つ、できている皆さんには今更かもしれませんが・・・

 

『一つのサイトに固執しないでください!』

 

お気に入りのサイトがいくつかあるかもしれませんし、その一つに僕のサイトをいれてくれたらありがたいのですが、決して一つのサイトだけを見て終わるということはしないでください。○○○というキーワードで検索したらたくさんの検索結果が出ると思います。そしたら何カ所かサイトを読み比べてください。似たようなことを書いているサイトも多くありますが、他のサイトとは全く正反対の意見を書いてあるサイトもあると思います。A、B、Cのサイトでは『○○をするには□□したらいい』と書いてあるのに、Dのサイトには『○○をするには□□はダメだ。□□をするとかえって悪くなる』と書かれているかもしれません。そのときは両方のサイトを読み比べてください。そして、自分が納得した方のサイトを正しいと思ってください。(正しいは言い過ぎかもしれませんが、これでいいんだレベルくらいには思ってください。)

心の問題で正解というものはありませんこの『心が弱っても』というサイトでも『○○というのは□□が△△になって』と仰々しく書いていますが、これが正解だということもありません。一人一人心は違うので、あなたに当てはまることもあれば、全く見当違いのことを書いていることもあるでしょう。読むときの気持ちや経過時間によっても納得できる、できないは違ってくるでしょう。同じ記事を読んでも昨日の自分は『なんだ、これ。ろくなこと書いてない』と思うかもしれませんが、今日の自分は『あ、これ、いいこと書いてるじゃん!』となるかもしれません。

 

・・・

一貫性がないですかね?

でもそれでいいと思うんですよね。心が強い時にコロコロ気持ちが変わってしまうのは問題かもしれませんが、心が弱っているときって自分でもびっくりするくらい気持ちが変わることもあるんですよね。

 

たとえば

一昨日→しんどい。何もしたくない。
昨日→がんばるぞー。
今日→やっぱ無理。しんどい。
明日→全然しんどくない。なにを悩んでいたんだろう。
明後日→昨日の自分はなんであんなこと思っていたんだろう。もう無理じゃん。

 

こういった状態になることも珍しくないんですね。むしろ僕のサイトにまでたどり着いている時点で、こういった状態になるほど深刻な方も多いのではないかと思います。それこそ藁にもすがる思いですよね。

 

ただ完璧にあなただけに特化したサイトって悲しいことにないんですよ。それこそ自分で作らない限り。それをしても過去の自分と今の自分の考え方や捉え方が違ったりで、あなたにとって都合のいいことだけを書いてくれているサイトは一つもありません

 

ですから、今の自分に都合のいいことを書いてくれているサイトや記事を探しましょう。一つのサイトに執着する必要はありません。それこそ○○に関してはAのサイトの③の記事を読む。□□に関してはBのサイトの⑧の記事を読む。Cのサイトの⑤の記事は毎日読むが、⑥の記事は二度と読まない。
といった感じであなたにとってのベストな記事を組み合わせてください。

 

一人で戦っているのは本当に苦しいんですよね。誰もわかってくれないと自分の殻に閉じこもってしまうこともあります。理解者を作れれば一番なのですが、それができないときもあります。そんなときはあなたの味方を勝手に作ってください。Dサイトの①の記事は私の味方、Eサイトの⑨の記事は俺の敵と勝手に決めてください。そしてあなたの味方になった記事を何回も何回も読んでいただけたらと思います。

できればこのサイトが、そんながんばっているあなたの少しでもお役に立てたら幸いです。

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

誰にも相談できない悩み。一人で抱え込むのは悪いこと?

心が弱ってしまうのは弱い人間だから?

重たい心を軽くするには

ネットで性格分析は危険?気をつけないとドツボにはまる。

悩んでしまう弱い心にさようなら。強い心を手に入れたい!

わかっていてくれると思っていたのに、わかってくれていなかった

泣きたいときは

暴力を振るわれても構わない。私は必要とされている。

孤独感とは

闘い続けることに疲れてしまったら