ネットで性格分析は危険?気をつけないとドツボにはまる。

ネットでの性格分析って皆さんされたことはありますか?このブログも大別すれば性格分析サイトとも言えるかもしれません。

気になるテーマを見つけて内容を確認し、『自分はこれに当てはまる。』、『いや、これは自分の考え方と全然違うから、これには絶対当てはまらない。』など、文章を読んで自分は当てはまるのかどうかを確認する。自分を見つめなおします。

いくつかの項目を1から5段階でチェックしていき、その結果としてあなたは〇〇〇タイプです。とわかりやすく教えてくれるサイトもあります。10個中6個に該当すればあなたも○○ですって書いているサイトもたくさんあります。




その結果が自分に結構当てはまるときもあれば、『いや、全然当てはまらない。むしろ正反対だ。』と思うこともあるでしょう。「あなたは几帳面な性格です。」と、「あなたは細かいことは気にしない大雑把な性格です。」といったように、正反対ととれる項目のどちらにも、自分がよく該当しているときってありませんか?

どちらか一つに該当していたら自分はこういったタイプなんだなーと納得することもできると思いますが、正反対のタイプに同じくらいに該当すると「どっちやねん!」と言いたくなりますよね。

どちらが本当のあなたなんでしょう?

 

どっちも本当のあなたなんです。
あなたは2面性、もっと多数の人格があります。几帳面で大雑把な性格も、ある面では几帳面になれるし、ある面では大雑把にもなれます。状況に応じて几帳面と大雑把を使い分けているんです。

几帳面だけの人と、大雑把なだけの人、どちらか一つしか持っていない人なんていないんです。割合の大小はありますが、両方とも持っています。

 

だけど、「几帳面な性格です」と診断され、あまりにも該当する部分が多いと『自分は几帳面な性格だから大雑把な性格じゃない。』と思い込んでしまうんですよね。そして、物事を判断するときに『自分は几帳面な性格だから、几帳面な性格ならこういう判断をしないと。』と、自分の思い込んだ性格を前提として判断してしまうことがあります。

あなたの性格で生活をしているのではなく、あなたの思い込んでいる性格にあなたが合わせて生活している状態になります。

あなたは自分で選んでいると思っているかもしれませんが、実は選ばされているんですね。

・・・

こんなのしんどいでしょう?

 

心が普通の状態なら見てもそんなに引きずられないと思いますが、心が弱った状態なら自分が思っている以上に引きずられてしまいます。

 

落ち込んだとき、なにか傷つくことを言われたとき、自分が該当するかもって疑ったときは、情報を仕入れようとすると思います。

気休め程度に見てみたら、そのことについて結構ボロクソに書いてあって、ダメージを受けたことはありませんか?

落ち込んでいた部分が余計に大きくなったことはありませんか?

 

これってあまり気にしなくていいですよ。

 

あなたが調べたキーワードを書いてあるサイトって、あまりいいことを書いていないところも多いと思うんです。というか、『こんな女は怖い。結婚したくない女の5つの特徴』、『モテないのは当たり前。ダメンズの特徴6選』、『関わりあいたくない性格ベスト10』、みたいな感じでマイナスイメージの言葉が多いかと思います。ここがダメで、あれがダメで、とダメ出ししか書いていないと思うんです。それに対しての良いところって書いていないと思うんです。

・・・
まあ、当たり前なんですけどね。

 

だって、わざわざ調べるということは、そのキーワードのせいで自分が今苦しんでいるから。自分にとって都合の悪いキーワードなんだから、良いことを書いてあるところは少ないです。

『違う。自分はそんなのになっていない。』とか、『これをどうしたら克服できるんだろう?』といった、あなたにとって否定をしたい部分、なくしたい部分なんですね。だから、わざわざ、調べたんです。チェックをしたんです。どうでもいいことや、受け入れていることなら、わざわざ、調べません。調べるのにも時間がかかりますしね。その時間を趣味や休息に使うほうがよっぽど有意義です。

 

なかには『こういう性格の人とは関わるな。誰からも嫌われる人の特徴。』(ここまできつい書き方をしているところは少ないと思いますが)と書いてある項目の大半に自分が該当してしまうこともあるかもしれません。でも、これも当たり前です。

 

人間は多面性が必ずあります。

一つの性格だけでできてはいません。多面性が多ければ多いほど、該当するのは当たり前です。むしろ、一つの項目にしか該当せず、他の項目は全く該当しないというのは、それはそれで問題がある気がします。

それに誰にでも当てはまることを書いてあることも多いんですよね。

 

テレビで医療情報番組が増えましたけど、あれで病気の症状を聞いて自分も該当する。『もしかしたら病気なんじゃないか?』って不安になったことありませんか?

自分もそうなのかもって思って見ると、必要以上に該当寄りの答えを選んでしまうんですよね。『あの場合はそんなことないけど、こういう場合になったらそんなことあるな。』と拡大解釈をして納得してしまうんです。

『そうかもしれない。』という疑いから、『そうに違いない。』と思い込んでしまうんです。

 

しんどいのを解消したくて調べても、そんな気持ちになってしまったら余計にしんどいですよ?

だから自分に都合の悪いことを書かれていても、気にしないようにしましょう!

自分に都合のいいことを書いてあったら『やった。そうなんだ。』で軽く終われるぐらいにしておきましょう。

 

鵜呑みにしすぎると危険です。

 

朝のテレビでは星座占いをやっていますけど、あれって番組によって順位バラバラでしょう?ある番組では1位だったのにチャンネルを変えたら、最下位で流れていたってことありますよね。

そのぐらいの気楽な気持ちで考えていただけたらと思います。

あなたのことを知らない人が書いているのだから、正確にあなたに当てはまることは少ないと思います。

 

今の皆さんは朝に星座占いを見て「今日のラッキーアイテムは赤い服です。」と言われて赤い服を着ている状態かもしれません。この状態が続くと「赤い服なんて持っていない!買いに行かないと!」状態になってしまいます。

占いに話が流れてしまいましたが、今のあなたはもしかしたら、占いに生活を支配されている状態と大差ないかもしれませんよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

わたしって気楽なの?「お前は気楽でいいよなー。」と言われたら。

ありのままの自分でいいって本当?こんな自分認められない。

見下してくる嫌な人との関わり方。あなたまで落ちてやる必要はない。

自己否定感とは

過剰反応してくる人間には要注意。言葉を鵜呑みにしてはいけない。

心が弱ってしまうのは弱い人間だから?

人の言葉に過剰反応してしまう。傷つきやすい性格が嫌い。

相談相手がいないときは

外部の影響を受けすぎるのはHSP?生きづらいのは敏感で優しいから。

自信がなくなってしまったときは