誰もわかってくれない孤独感!本当は辛いんだと叫びたかった!!

誰も自分の気持ちをわかってくれないと思ったことはありませんか?

 

疲れていて優しい言葉が聞きたいと思って話をしても、「いやそれはお前が悪いよ。」とショックなことを言われた体験はありませんか?

あれって結構きついですよね。




この人なら自分の望んでいることを言ってくれると思っていた相手が、自分の望んでいる言葉とは正反対のことを言ってくる。

結構ショックです。

「えっ・・・!?」となってしまいます。

 

つらい状態だったものが、相手の反応でよりつらい状態になってしまいます。

 

まだ、そういう反応をする相手が一人だったらいいのですが、何人もの人がそういった反応をしてくることもあります。

自分が正しいと思っていたものが、世間の常識として少数派。
そこまではいかなくても周りの認識では少数派。

といったことがあります。

 

これ、結構ショックです。

 

自分の考えが否定され、間違っていると指摘されます。

自分は正しいのだと確認したかったのに、その想いが打ち砕かれます。

 

たったそれだけのことなのですが、孤独感に襲われます。

 

 

自分は、相手に、こういう反応をしてくれることを期待していたのに、そういう反応を相手はしてくれなかった。

相手は自分のことを理解してくれていなかったんだ。
自分は相手のことを理解していなかったんだ。

こういった気持ちがあふれてきます。

 

その相手があなたと親しい人であればあるほど、孤独感は強くなります。

距離感が近い相手ほど、わかってくれなかったときの落胆は大きくなります。

 

ここで相手は自分と違う人間なんだから、そういうこともあると流せたらいいのですが、受け流せなかったら大変です。

『どうしてわかってくれないんだ!!』という気持ちが強くなります。

 

 

自分が正しくて相手が間違っているという思いが出てきます。

そうなると相手との戦いです。

 

相手に理解してもらおう、相手に正しい評価をしてもらおうと奔走します。

がんばってしまうんですね。

 

 

それで相手がすんなり自分の望む評価をしてくれたらいのですが、なかなかそううまくはいきません。

 

 

がんばっても、なかなかわかってくれません。

がんばってもがんばっても、わかってくれません。

 

こうなってしまうともはや意地です。

相手にわかってもらうことが自分の使命です。

 

 

がんばってもがんばってもわかってくれないのなら、さらにがんばるだけです。

今まで限界までがんばっていたのなら、そのリミッターを外して、限界を超えてがんばるしかありません。

 

この状態は本当に苦しいです。

だって、あなたがわかってほしいと思うほど大切な相手が、あなたの敵になるんです。

 

大切な人と戦っていくことになります。

大切な人との戦いは、自分との闘いよりも苦しいかもしれません。

 

 

あなたは相手にわかってもらおうとがんばり続けます。

しんどいのに無理をして。

やめたいと思うことも何度もあって。

 

 

でもやめてしまったら報われないから、がんばり続けます。

身体に鞭打って。

歯を食いしばって。

折れそうになる心に何度も何度も語り掛けて。

 

 

無理していることが麻痺してわからなくなっても続けます。

糸が切れそうになるのを気合だけで乗り越えます。

 

 

それでもなかなか相手はわかってくれません。

自分だけががんばって疲れているのに、そのことに相手は全然気づいてもくれません。

 

 

なら、相手がそのことに気がつくように、さらにがんばるだけです。

相手の考え方が気に入らないのなら、気に入るような考え方ができるように相手の心を変えればいいだけです。

相手がわかりやすい結果がほしいなら、死ぬほどがんばって結果を出すだけです。

・・・
・・・
そんなことをしても、あなたは報われません。

 

 

むしろやればやるほど、不満は溜まっていきます。

『こんなにしているのにどうして?』、『がんばっているのにどうして認めてくれない!』

やればやるほど、やるせない気持ち、孤独感が強くなります。

 

 

本当はね、つらいんですよね?

 

がんばるの疲れちゃったんですよね?

 

すごくすごく悲しいんですよね?

 

 

でもそんな弱気なことを言っていたって、何かが変わるわけじゃないから言葉に出さず抑え込んで、歯を食いしばりながらがんばっているんですよね。

だけど望んだ結果が出なくて苦しんでいる。

・・・
・・・
もう、がんばらなくていいですよ?

がんばってもわかってくれないのなら、がんばらなくていいですよ?

あなたはもう十分がんばったじゃないですか・・・

 

 

がんばるの、やめにしませんか?

 

がんばるのをやめるのは怖いですか?

がんばるのをやめると、うまくいかなくなってしまいますか?

 

大丈夫です。

がんばっていても、あなたはうまくいってません(笑)

 

 

がんばっているのに、うまくいかないんじゃありません。

がんばっているから、うまくいかないんです。

 

 

あなたがつらい思いをしている原因は、がんばっているからです。

 

現状をなんとか打開しようとしているあなたのがんばりが、あなたをこんなに苦しめているんです。

生きづらい原因はあなたががんばりすぎているからです。

 

少しだけがんばるのをやめてみませんか?

 

 

今のあなたは自分の首を自分で絞めて『苦しい!苦しい!』と言っている状態です。

手の力を緩めてあげましょう。首からそっと手を放してあげましょう。

 

力を一度抜いてみることで、あなたがどれだけがんばってきたかが実感できるようになります。

あなたは、あなたが思っている以上に、がんばってきたのだと思います。

 

つらかったですね。

 

もう、がんばりすぎるのをやめてもいい頃なのではないですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

わかってくれていると思っていたのに、わかってくれていなかった

価値観の違いが許せない!どうしてわかってくれないの!?

認めてもらいたい人に認めてもらえない。承認欲求の制御法。

孤独感とは

全否定された時の対処法!問題があるのはあなたじゃなく相手。

信じたいのに

意地を貫くことに疲れてしまった。でも今更引けない。

交際期間が長い相手との関係に疑問を感じたら

誤解が解けない。すれ違いで相手に失望されたときは。

全然言うことを聞かない部下、使えない部下への指導法