価値観の違いが許せない!どうしてわかってくれないの!?

価値観の違いを許せなくなってしまったことはありますか?『なんでそんな考え方をするんだ!』、『どうしてわかってくれないんだ!』と悲しくなってしまったことってありませんか?

・・・

あれってどうして悲しくなってしまうんですかね?

 

わかってもらいたいから

ですよね?




価値観は人によって様々です。生きていくうえで色々な経験をし、自分なりの価値観を築いていきます。

一人ひとりバラバラで全く同じ価値観は一つもありません。

 

自分の常識が相手の非常識だったり、相手の常識が自分の非常識だったりってことはよくあります。本当に正反対だと思える価値観で生きている相手もいます。

 

普通はね、価値観の違いなんてそれほど問題にならないんです。まあ、『なんなの、この人?』と少し不快な気分になるかもしれませんが、『そんな考え方、そんな価値観じゃダメだ!』と思うことは少ないです。

 

他人だから。

人それぞれの価値観で生きていることがわかっているから。

 

相手の価値観を変えることは難しいことだと、小さいころから理解していますし、他人の価値観を変える資格が自分にはないこともわかっています。

 

仕事の取引先の担当が新しい人に変わり、お互い挨拶をしました。初対面なのに「あなた性格暗そうですね。もう少し明るくなってくださいよ。僕まで暗い気持ちになってしまう。」・・・失礼ですよね。まさに余計なお世話です。こういったことを言ってしまうと場の空気が凍ってしまいます。

それが親友ならどうですか?「お前、性格暗いよなー。もう少し明るくなったらモテるのに。もったいない。」・・・こういった会話したことありませんか?

この二つの違いはなんでしょう?(ともに暗い性格はダメという価値観です)

 

あなたとの関係性ですよね。あなたから遠い人には、あなたの価値観をわかってもらおうとは思わないんですね。相手があなたの態度に大激怒しているなら話は別ですが、通常の状態では遠い他人に価値観をわかってもらおうとは思いません。わかってもらうほうが大変だし、手間だから。相手があなたを誤解していたとしても『別にそれでいいや。』と思ってしまいます。

でも、あなたから近い人なら話が違います。家族、恋人、友人、といった近い関係の人にはあなたは、相手にあなたの価値観を知っていてほしいんです。

それなのに、相手があなたの価値観をわかってくれないから悲しいんです。

 

どうしてもわかってもらいたいのに、どうしてもわかってくれないから許せなくなってしまうんです。

 

『話せばわかってくれるはず』、『きっと真剣に話せば理解してくれるはずだ
』と信じているんですね。

 

・・・
けど、ごめんなさい。理解してくれることはありません。それは幻想です。

 

少なくとも『わかってくれるはず』とか『理解してくれるはず』と思っている間は、わかりあえることはありません。

だって、あなたが相手を理解しようとしていないから。

 

『あいつならきっとわかってくれる。』・・・そうですね、期待してしまいますよね。あなたの価値観をちゃんとわかってほしいほど大切な人なのですから。価値観を認めてもらえたときは心が安らぎますよね。満たされますよね。

でも無理です。この状態ではわかりあえないです。

 

あなたが相手が自分の価値観をわかってくれないと思っているときは、相手もあなたが私の価値観をわかってくれないと思っています。

お互いに譲れない部分なんです。

 

それなのに自分の正当性だけを主張して、相手に歩み寄ってもらおうとする。自分は一歩もその場から動かずに「早くこっちにこい!」と手招きしている。

横暴な人ですよね?「俺は変わらないから、お前が変われ!」と押し付けてくる人なんですから。

 

そんな状態で、あなたのなにを知ってもらおうというんですか?

無理ですよね。

 

本当にあなたの価値観を相手にわかってもらおうと思ったら、相手が自分を理解してくれないと責めるより、まずは自分から相手の価値観を理解しようとしましょう。むこうから歩み寄ってくれるのを待つのではなく、こちらから歩み寄っていきましょう。

 

言うは易く行うは難しですが、それでも意識はしてみましょう。その意識に相手が気づいてくれることもあります。

 

価値観の違いが許せないというのはね、相手のことをもったいないと感じているんです。そこを改善してくれたらもっと好きになれるのにという意思表示です。相手のことをもっと好きになりたいんですよ。本当に大切な存在だから。

 

だけどそれだけに、どうしても譲れないことができてしまうときもあります。自分の価値観の中でどうしても許せないことを相手がしていることもあります。『そんなことをするなんて、わたしの大切なあなたじゃない!』と否定したくなるのもわかります。

『なんで僕の大切な人なのに、こんなことをしてしまったんだろう。』、『どうしてわたしの大切な人が、こんな思考回路をもっているの?』と情けなくて泣きたくなるときもあるかと思います。

 

でもそれは、あなたの価値観に照らしての判断なんですよね。相手の価値観を無視して、「わたしの近くにいるのならそんな最低なことはしないでよ!はずかしい!」と言っているんです。

そんな大切な相手を、本当の意味では認めていない。相手のありのままではなく、自分の都合のいいような人になってほしいという願望です。

 

価値観なんてね、違っていて当たり前なんです。拒絶したくなるような価値観もなかにはあります。近しい人がそんな価値観を持っていたら、悲しくなってしまうこともあります。

でもそれは、自分の価値観で正誤を判断しているにすぎないんです。

 

価値観に正誤はありません。

 

お互いに分かり合えない価値観も確かに存在します。だけど、その理解できない価値観をわかろうと、歩み寄ろうとすることが、その大切な人との関りでなによりも大切なことではないですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

変わってほしいと願うのは

大切な人なのに変わってほしいと思ってはいけないの?

わかってくれていると思っていたのに、わかってくれていなかった

疲れてしまうのは完璧主義者だから?

普通の基準って何?普通から外れるのってそんなに悪いこと?

相手から傷つくことを言われたときは

泣きたいときは

信じたいのに

孤独感とは

大切な人を失ったとき