疲れてしまうのは完璧主義者だから?

突然ですが、皆さんは完璧主義者ですか?

「いや、そんなことはない。」とか「完璧主義とは正反対のいい加減な性格だ。」と否定される方も多いと思います。

 

ですが、、、

 

完璧主義の人ほど完璧主義者ではないと否定をされるんです。





なぜかって??

 

完璧主義なのに自分にはできないこと、不完全なことが多すぎるから。

 

できていないから完璧主義者ではないと思ってしまうんですね。完璧主義者なら完璧にこなせるはずだという思い込みがあります。

だけど、完璧主義者ってなにも完璧にできる人ばかりではないんですよ?というかむしろ、不完全だからこそ完璧主義者になりやすいんですよ?

 

・・・

もしかしたらあなたは完璧主義者なのかもしれません。

 

だって、

できない自分に苛立っているのだから。

劣っている自分が許せないのだから。

 

皆さんが自分に対してあきらめていないから、心が弱ってしまうんです。そして心が弱ってしまった時点で完璧主義者の可能性があります。

 

 

心が弱ってしまうというのは、理由は色々あると思いますが、結局は、できない自分に失望してしまったからではないでしょうか?うまくいかないできごとに対して、それでも自分ならなんとかできると思っていたのに、自分が自分の期待に応えることができなかったから落ち込んでいるのではないですか?

 

そのうえでまだあきらめずに闘っているのではないですか?

『自分はできないと認めたくない。」、『自分はまだできると信じている。』、『自分がしないといけない。』と思っている。

 

 

あなたは今は自信がないと落ち込んでいるかもしれませんが、もともとは自分に自信を持っていたのではないですか?

 

良くいえば、自分に自信を持っていた心の強い人。
悪くいえば、自分に過剰な自信をもっていたイタイ人。

 

だったのかもしれません。

 

 

完璧主義者には大きく分けて3つのタイプがあります。

 

① 自分にも人にも厳しく、完全を求めるタイプ。
② 自分には甘く、人にだけ完璧を求めるタイプ。
③ 人には甘く、自分にだけ厳しいタイプ。

 

① は完璧主義者とはと問われたときに、真っ先にイメージするタイプだと思います。
② は周りの人にはあまりいい印象を与えていないかもしれないですね。『人にばかり求めて自分はどうなんだ。』と愚痴をこぼされているかもしれません。
③ は人望がある人が多いと思います。器の大きい人と思われていると思います。

 

・・・で、このサイトを読まれている人は③の人が多いと思います。

 

あなたは実は人望があり、皆から慕われている人だと思います。

 

 

でも、だからこそ問題なんですよね?

 

人には甘く、自分にだけ厳しいというのは、いいことのようにも聞こえますが、実は人を頼っていないということなんです。

なにかうまくいかないことが起こっても人に助けを求めません。うまくいかないことの原因が自分にあると思っているんです。自分がしっかりできていればうまくいくはずだ、自分がしっかりできていないからうまくいかないんだ、と心の奥底では考えているんですね。

 

 

いっそうまくいかないことの原因を人に押し付けられることができたら、こんなに離れ苦しまないんですけどね。純粋に人のせいだと思うことはなかなか難しいですよね?

 

 

うまくいかない原因がAさんにあるとします。周りはAさんができないからうまくいかないとAさんのせいにします。あなたも表面上はAさんのせいだと思っています。でも心の奥底には『Aさんがうまく対応できるように育ててやれなかった。自分がAさんをしっかり指導できていたら今回のことはうまくいってたはずだ。Aさんにしっかり教えてあげることができなかった自分が悪い。』といった思いがあります。

 

③の完璧主義者は少なからず、この思考が入っていると思います。疲れるでしょう?普通にAさんが悪いと思えばいいのに、『Aさんが悪いのは自分がAさんにしっかり指導できていなかったから。しっかり指導できていたらAさんが失敗することはなかった。Aさんではなく、指導できていなかった自分が悪い。』と思ってしまう。

 

チーム一丸となって全力で取り組んだことに対しても『あなたたちはよくやった。あなたたちは悪くない。悪いのはもっとしっかりできなかった自分だ。(あるいはあなたたちをしっかり指揮することができなかった自分だ。)ごめんなさい。』と言われたらどうですか?

 

 

そんなことを言いながら落ち込んでいる人をみたらどうでしょう?

『なにっ?こいつ?』

 

って思いません。

 

人の責任まで勝手に横取りして、勝手に落ち込まんでいる。鬱陶しくないですか?『お前はいつからそんなに偉くなったんだ?お前にそこまで期待してねーよ!!』って思いませんか?

 

・・・

あなたは周りから見たらもしかしたらそんな人に映っているかもしれませんよ?

しんどい思いをして悩んでいるのに、そんな風に思われるのって割に合わないでしょう?

 

損ばかりしているでしょう?

・・・

・・・

もう少し肩の力を抜いてみませんか?

 

 

こう書いてしまうとあなたはすぐに肩の力を全力で抜かないといけないと捉えてしまうかもしれませんが、焦らなくていいです。急に脱力しようとしても難しいです。失敗したら『やっぱり自分はダメなんだ。』と思ってしまうかもしれません。

だからほんの少しでいいんです。

今まで100の力を入れていたのを98にする。

まずはそこから始めてみませんか?

98にするのに慣れてきたら95を目指すといった具合で。

 

少しずつ、少しずつ、力を抜いていきましょう。

 

 

今は自覚はないかもしれませんが、脱力が慣れてくると『ああ、こんなにも力んでいたんだな。』と自覚することができると思います。

 

完璧主義者のあなた、『こうあらなければならない。』と理想をもつことも素敵だと思いますが、その理想に押しつぶされそうなときは、その理想を手放すという選択も視野に入れてみてはいかがですか?

 

今のあなたは、んばりすぎて視野が狭くなっているかもしれませんよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





関連記事:

心が壊れてしまう不安と恐怖。取り返しのつかないことになる前に。

責任感が強いと損をする?人手不足を解消するには。

意地を貫くことに疲れてしまった。でも今更引けない。

しんどいなんて言ったらダメだ!もっとがんばらないと!!

こんな自分はもう嫌だ!性格を変えて生まれ変わりたい!

価値観の違いが許せない!どうしてわかってくれないの!?

しなくちゃいけない使命感とやることができなかった罪悪感

何の取り柄もない私。強い劣等感から解放されるには。

逃げたらダメは間違い!逃げるのは悪いことじゃない!!

自分を責めてしまうことをやめられる魔法の言葉