もう心が折れた…大きな挫折をした直後にするべきことは?

大きな挫折をしてしまったことってありますか?

挫折をした直後は本当につらいですよね。小さな挫折ならまだ、次につなげようとがんばれますが、大きな挫折をしたときって本当に心が折れてしまいます。

 

生きている価値を見出せなかったり、周りの景色がすごく濁ったものに見えたりと、やるせない気持ちを抱えて生活しないといけません。

挫折は人を成長させると言われていますが、挫折した直後にはそんなことは考えられません。

 

『やった!挫折した!これでまた人間として成長できるぞ!!』

大きな挫折をした直後にこんなこと考えられる人間、いません。

こんなことを思える人がいるのならそれは、本当の挫折を知らない人でしょう。

挫折した気分に浸かっている人です。

 

 

本当に挫折してしまったときは、何も考えられなくなります。

 

頭が真っ白です。

なにも考えたくないと心が拒否をします。

しばらくは放心状態です。

 

 

そのあとには葛藤ですね。

 

挫折した現実の結果を否定したい気持ち、それを受け入れようとする気持ちが莫大な情報量でやりとりされます。

頭がフル回転します。

 

その後に少しずつ、否定をしたい気持ちから現実を受け入れようとする気持ちに移っていきます。

現実なんだと頭が整理できたら次は、無力感、絶望感がすごい勢いで襲ってきます。

 

 

これらのステップを踏まないと、挫折を乗り越えるためのスタート地点に立てないのですが、このスタート地点にたどり着くまでがすごく大変なんです。

 

スタート地点なのにめちゃくちゃ遠くにあります。

 

何千メートル、何万メートルも離れています。

平坦な道ならまだいいのですが、山あり谷ありの道のりです。

 

スタート地点につくまでにフラフラです。

 

 

挫折をしてからしばらくは全てに嫌気がさします。

自分が幸せじゃないように思い、周りの人が幸せそうに見えます。

 

 

でもこれは、

あなたがそれだけ真剣に取り組んでいたからです。

一生懸命だったからです。

 

 

なによりも真剣に、誰よりも熱心に取り組んでいたから、挫折してしまったんです。

 

適当に流していたら、挫折なんかしません。

真剣にやっていなかったのなら、心なんか折れません。

 

今、挫折して、心が折れそうになっているのは、

 

あなたが本当に、本気だったからです。

 

 

そのことばかりを考えて、そのことを中心に生活をして。

ちょっとやりすぎなくらい、真剣だったからです。

だからダメージが大きくなっているんです。

 

あなたが本気で全力だったから、大けがをしてしまったんです。

 

 

竹馬を想像してください。普通の人、普通の状況なら、地面から高さ30センチほどで竹馬をやっています。バランスを崩したところで片足を地面につけばバランスはとれます。(なにもできずに後頭部から地面に直撃して大けがというケースは少ないと思います。)片足がついたところで怪我もなく『さあ、もう一度やろう!!』とすぐに次の行動に移れます。

 

ですがあなたは普通の人ではありません。

 

残念ながらあなたは特別な人です。

 

あなたも皆と同じように竹馬をやっています。やっていることは同じです。ただ一つ決定的な違いがあります。

 

それは・・・

あなたが地面から20メートル離れた高さで竹馬をやっていることです。(竹馬が長いと解釈してくださいね。)

そんな高さで竹馬をやっている人なんかほとんどいません。100人に1人?1000人に1人?あるいはそれ以上?

 

そんな状態であなたは竹馬に乗っていました。

バランスを崩します。

上空からものすごい勢いで地面にたたきつけられます。

大けがをしてしまいます。

当然のことです。

 

その高さから落ちたら、重傷、重体です。

しばらく動けないのは当たり前です。

 

でもあなたは、意識が回復するとすぐに動こうとしてしまいます。

 

周りの人が竹馬から落ちても再挑戦をしているのを見ているから。

みんなががんばっているのを見ているから。

 

『自分だけが怠けるわけにはいかない。』

『自分だけが弱い人間になるわけにはいかない。』

そう思って再度立ち上がります。

 

足の骨なんてもう、折れているんです。

腕の骨なんてもう、折れているんです。

それでも激痛に耐え、立ち上がります。

生まれたての小鹿のようにプルプル震えています。

 

 

これが今のあなたの状態です。

 

 

立てるわけがない状態なのに、無理して必死で立っているんです。

 

倒れてしまったら二度と立ち上がれないような気がして・・・

大切なものを何か失ってしまうような気がして・・・

 

 

もうね、今はがんばろうとしなくていいと思いますよ?

今は立ち直ろうと考えなくていいと思いますよ?

 

無理して強引に立ち上がったところで、また倒れてしまうのは目に見えています。

 

 

今のあなたはベッドで安静にしておかないといけない時期です。

あなたはお医者さんの指示に従わずに、ベッドから抜け出して走り回ろうとしています。

安静にしていてください。

 

あなたがそこまで大けがを負ってしまったのは、他の人よりも高い位置で取り組んでいたからです。

あなたが動けないのは、誰よりも真剣に行動してきたからです。

 

 

これは甘えですか??

 

・・・
・・・
周りを見渡してください。

 

あなたのように挫折をした直後の人が、心から楽しそうな笑顔で生活していますか?

あなたのように挫折をした直後の人が、退屈そうな顔で毎日を生活していますか?

 

皆、あなたのように苦しんでいると思いますか?

 

あなたにそれができますか?

 

 

あなたは挫折と向き合うのに必死で、心から笑えなくなっているはずです。退屈だと感じる余裕もあなたには残されていないはずです。

表情なんてもう死んでいませんか?

 

いまは安静にしときましょう。

頭で余計なことを考えるのも禁止です。

 

理想は『ボーっと』です。

 

 

今のあなたなら気を抜いたらそんな状態になれるのではないですか?

 

気を抜きましょう!

行動するのはそのステージをクリアしてからです。

まだ先です。

 

 

今休んでしまうとこのまま一生立ち直れませんか??

 

 

休まないといけない状態で立ちあがっていたあなたなら、立ち直らないまま終わることのほうが難しいと思いますよ?

回復を待ちましょう。

挫折から本当に立ち直ったとき、あなたは誰よりも力のある人になると思います。

 

よく言われていることですが、挫折を体験した人間は誰よりも強くなれます。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




 

関連記事:

何もする気になれないのは燃え尽き症候群?やる気を出すには?

強い喪失感の克服法。失ってしまったものが大きすぎて・・・

障害を受け入れられない情けない自分。どうして立ち上がれないんだろう?

当たり前の生活が一変。障害を受け入れる過程。

大恋愛からの大失恋!受け入れられない絶望から立ち直るには?

どうしても譲れないものを譲るには?たった一つの方法とは?

折れない心との向き合い方。今の過ごし方。

苦しい時こそ笑えは間違い!本当に苦しかったら笑わなくていい。

世界で一番不幸でかわいそうで惨めな自分は

私がいくら願っても手に入れられないモノを簡単に手放せるアイツ。許せない!