こんなに好きなのに…どうしても諦められない片想いは?

皆さんは片想いの経験をされたことはありますか?

恋はパワーという人もいますが、好きな人がいるだけでなんだか幸せな気分になりますよね。生きていくうえでの刺激になります。

 

でもね、この片想い、いいことばかりではありません。

 

それは、この想いを成就させようと思ってしまったときです。





好きな人なんだから結ばれたい、一緒にいたいと思うのは当たり前なんですが、相手があなたの想いに応えてくれるとは限りません。相手には相手の考え方、想いがあります。

こちらは大好きなのに、相手は自分のことを大嫌いということも少なくありません。

相手にはすでにパートナーがいる既婚者ということもあります。

友だちとしては仲がいいけど、異性としては全然見られないということもあります。

 

相手もあなたのことが好きで、告白して両想いになれたらベストですが、その可能性ってもしかしたらあなたの想像以上に低いのかもしれませんね。

 

この片想いなんですが初めに二つの選択にわかれます。

①相手に想いを伝える。
②相手に想いを伝えない。

 

恋人になってもらおうと行動するか、どうせ無理だからとあきらめるか、どちらかを選ぶことになります。

どちらも苦しい選択です。

 

③相手に想いを伝えて両想いになり交際する。
④相手から想いを伝えられ両想いになり交際する。

この選択肢がほしいのですが、そんなものどこにも保障されていません。

 

②の相手に想いを伝えないことを選べば、あなたのほうからの可能性はなくなります。あきらめるか、④を待ち続けるかしかありません。

 

①の相手に想いを伝えることを選び、③の結果が出た。最高の結果ですね。次のステップにいけます。

でも、①を選び、相手に拒否をされた場合、

⑤恋人になることをあきらめる。
⑥相手に好きになってもらう努力をする。

新たに二つの選択が出てきます。

 

この⑤と⑥の選択が厄介なんです。

告白して振られて、さっぱりして、次の人を見つけようとなれたらいいのですが、『どうしてわたしじゃダメなんだ・・・』と落ち込んでしまうことがあります。

 

好きになってもらうために、努力をします。それでも距離は縮まらなくて、さらに努力をします。『少し距離が近づいた気がする。』と喜びます。自分を捨ててまでさらに努力を続けます。『あれっ!?わたしってどんな人間だったっけ?』疲れがたまってしまいます。

 

 

この片想いって声で聞く響きよりも綺麗なものじゃないんですよね。

透明であまーいものを想像するかもしれませんが、だんだん濁ってきます。苦いものに変わっていきます。

 

『本当に好きならあきらめないはずだ!』、『本当に好きなら、相手に好きになってもらうよう努力をするはずだ!』

こういったことを言ってくる人いませんか?

 

あなたもそう思っていませんか?




たしかにね、
好きなら簡単にはあきらめられません。

 

 

けど、あなたはそんなに簡単にあきらめているんですか?

 

もう、できることは全部やってしまったんじゃないですか?

 

 

あきらめられない片想いという記事を読んでいる時点で、あなたはあきらめたほうがいい、あきらめないといけない、と内心思っているでしょう?

 

がんばれるうちはこういった記事は読まないんです。自分の決意を歪ませるから。

『好きになってもらう方法!』とか『片想いを成就させるには!』といったものを読みます。

 

あきらめられない=あきらめないといけない

です。

 

相手に振り向いてもらおうと思っているときには、このページを読まないです。

ノイズです。雑音です。

頭の中に情報が入るのを拒否します。

 

ここまで読まれている方は、この片想いはあきらめないといけないとわかっている方です。

 

 

いままですごく苦しい思いをされたんじゃないですか?

 

あきらめたくなくて、がむしゃらに走って、結果に絶望して・・・

それでもまた走り出して、さらに多くのモノを犠牲にして、それでも結果は変わらなくて・・・

 

ほんとに理不尽ですよね。

あなたは一生懸命がんばっても報われなかったのに、全然がんばっていない人が横からやってきて、その人を簡単にさらってしまうことさえあります。

 

 

簡単にあきらめようという選択が出てきましたか??

 

 

そんな選択肢なんて、何度も何度も蹴散らしてきたんじゃないですか?

 

それでも、今回こそは、それを選ばないといけないと思ってしまったんではないですか?

 

『本当に好きならあきらめない?』

あきらめないことの大変さも知らないくせに。

 

 

『好きになってもらう努力をする?』

そんなの、とっくの昔にやりつくしてしまった。

 

 

片想いをやり続けるって、簡単ではありません。

 

自分が好きならそれでいいと割り切れたならいいですが、どうしても成就させたいと思ってしまうと、実らない片想いほど苦しいものはないかもしれません。

 

『好きならあきらめないはずだ?』

そうかもしれませんが、こんなに結果が出ないと気持ちもブレてきますよ。

好きでいることが苦しいのなら、嫌いになったと思い込みたくもなりますよ。

好きなのにがんばれなくもなりますよ。

 

10年、20年かけて片想いをしてチャンスを待てばいいのかもしれませんが、真剣に片想いをしたら1年でもすごくしんどいですよね。15年片想いをしたら恋が実るとわかっているのならまだしも、そんな可能性も少ないとわかってくる。

この状態で片想いをするのは本当に大変です。

異常とさえ言えるかもしれません。

 

 

他人が言うほど片想いは楽なものではありません。

自分の人生を壊しても報われないかもしれません。

 

真剣に片想いをするのはしんどいです。

 

 

そんなしんどい状況にいるのだから、あなたが疲れているのは当たり前です。

あなたができなかったのが悪いんじゃありません。

 

こんなに疲れてしまったのは、あなたが誰よりも真剣に片想いと向き合ったからです。

 

それはあなたの強さであり、弱さではないはずです。

よくやったと自分を許してあげましょう。

 

どうしてもあきらめられない片想いをしてしまうのは、ある種の才能だとも思います。

 

そんなに素晴らしい相手と巡り会えてよかったですね。

そこまであなたに想ってもらえて、相手は幸せですね。

そんな素敵なあなたならきっと、幸せな未来が待っていると思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):