自分ではどうにもならない現実に遭遇してしまったら

自分ではどうにもならない現実・・・皆さんは遭遇したことがあるでしょうか?気づかずに素通りできたら楽なのですが、そうもいかないときもあります。

現実の理不尽さを感じるときって、本当に心はいろんなことを考えてしまうんですよね。

 

無力感絶望感無価値観、自己嫌悪感、自己否定感罪悪感、嫉妬心など様々な感情が心の中をグルグル渦巻いてしまいます。

コップに絵の具を入れてかき混ぜているところを想像してみてください。それも黄色や白色などの明るい色は一切なく、黒色とか茶色とか、自分の中で暗いイメージの色を入れているのを想像してください。何種類もの暗いイメージの色を入れ、しっかりとかき混ぜます。さて、できた色はどんな色でしたか?

暗く濁った色を想像しましたよね。

どうにもならない現実に遭遇したとき、あなたの心はそんな色をしています。

 

現実の理不尽さって本当に怖いです。きれいごとなんか一切通用せず、ただただ現実を突きつけてきます。

努力でどうこうできるものではなく、あなたを救ってくれる救世主が現れるわけでもありません。

希望なんてものは全く見えず、ただ見えるのは絶望の現実だけ。

 

こういうときってどうすればいいんでしょうか??

 

受け入れるしかありません。

 

あなたがいくらどうにかしたいと悩んでも、どうにもできないことなんです。受け入れるしか方法はありません。

 

絶対に譲れないもの、譲ってしまいましょう。
絶対に妥協できないこと、妥協しちゃいましょう。

どうにもならないとわかっていることで悩むのっていいことないんです。

いくら悩んでも、答えはどうにもならないんだから。

 

1+1=2ですよね?これをあなたが「2じゃダメだ!3のほうがいい!」と主張しても誰も受け入れてくれないですよね。それこそ命がけで、3だと主張しても、「明日から1+1=3にしよう!」とはなりません。いくら本気で主張しても頭がおかしい人で終わってしまいます。

大げさな例えを書きましたが、これと同じではないですか?結局は。

 

結局はどうにもならないことなのに、あなたは受け入れることができないのだから。

これのね、最終結論はどうにもならないことは、どうにもならないってことなんです。夢も希望もない話ですが、どんなに夢や希望を持ってもどうにもなりません。

 

あきらめましょう。自分ではどうにもならないことなのだから。

このままずっと受け入れられずに苦しみ続けていたら、あなたが壊れてしまいます。

 

まだね、ほんの少しでも望みがあればがんばれるんです。『負けたくないー!』と心を奮い立たせることもできます。モチベーションも大変ですが、維持することができます。その結果、少しの可能性でも実現できることがあります。

 

けど、可能性がまったくないと思っているときは、心を奮い立たせるのも難しいです。その心を作るのに膨大なエネルギーを使ってしまいますし、その心を維持しようとするのにも膨大なエネルギーを消失します。

 

浴槽いっぱいに水を張るのって時間がかかりますよね?でも水を抜くときって簡単じゃないですか?栓を外したらあっという間に水が抜けてしまうでしょう?あれと同じです。時間をかけて心を奮い立たせても、すぐに抜けていきます。

 

あなたは今、そんな状態なのではないですか?

そんな状態なのにまだ、受け入れずに闘っているのではないですか?

何度水がなくなってしまっても、何度も一から水を張りなおしているのではないですか?

 

 

簡単には受け入れられないですよね。

簡単にはあきらめられないですよね。

簡単には認められないですよね。

・・・

・・・

でも、できないんですよ?

でも、どうにもならないんですよ?

あなたがどれだけムキになっても、どうにもならないという事実は変わらないんですよ?

 

 

現実は理不尽です。
ムキになってもあなたが疲労してしまうだけで、どうにもならない結果には変わりありません。

・・・

あなたが今悩んでいるのは、そのことをあなたも理解しているからじゃないですか?

 

このまま足掻き続けても結果が変わることはないけど、あきらめてしまったら受け入れなければならないから、悩んでいるのではないですか?

 

なんとかなる可能性があり、それを信じることができれば一心不乱に向かっていけます。悩みも当然ありますが、それに勝る希望があるため、思い悩むよりも希望に向かって行動できます。

 

でも、可能性がゼロのことだったらどうでしょうか?

可能性がゼロ。
もう既に過去に起こった出来事で、結果として現在がある。

 

過去に起こってしまった出来事自体をなかったことには絶対にできません。いくら後悔しても絶対に変えることはできません。『過去に戻りたい!』と真剣にタイムマシンを作ろうとしますか?

 

あなたにできるのは、その過去の出来事をどう受け取るか。そしてこれから過去の出来事を受けて、どう生活していくかだけです。

 

いくら足掻いていもどうにもならないことは、この世界には存在します。どんなに受け入れたくないことでも、受け入れなくてはいけないときというのが存在します。

映画ならバッドエンドを迎えて終わりですが、あなたの人生はバッドエンド後でも続きます。終わりません。

あなたができるのはバッドエンドをハッピーエンドに撮影しなおすことではありません。

バッドエンドを受け入れて、バッドエンド後をどう生きていくかです。

 

もちろん、すぐに受け入れることは無理だと思います。簡単に受け入れられることなら、そもそもこんなにも悩みませんし。あなたにとってどうしても譲れない部分でもあるのでしょう。

でも、いつまでも拒絶していたらあなたが壊れてしまいます。壊れてしまう前に少しずつ、少しずつでいいんで、受け入れる心を作っていただけたらと思います。

受け入れることによって、今まで見えていなかった部分が見えてくるかもしれませんよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




 

関連記事:

強い喪失感の克服法。失ってしまったものが大きすぎて・・・

無力感から抜け出す方法

大切なものが二つ。どちらかを手放さなくてはいけないとき。

もうダメだ。終わってしまったと思ったら。

思い通りにいかない人生を生きるには

泣きたいときは

幸せになりたいのに

自分が許せない!この苦しみから解放されるたった一つの方法。

折れない心との向き合い方。今の過ごし方。

信じたいのに

足掻くのは間違い?あきらめるのが正解?