恋人に振り回されてしまう。好きなのに疲れてしまうのは。

恋人に振り回されて疲れてしまった経験ってありませんか?

好きな人だから自分をよく見せよう、相手に喜んでもらおうと思い相手の望みばかり聞いていたら、『あれ?なんだろ?最近楽しくない。もしかして疲れてる?』といったことになってしまうことがあります。

この場合って結構ややこしいんですよね。




まずね、相手のことが嫌いなのかと言われたらそんなことはないんですよね。

 

むしろ、好きなんです。

大切な存在なんです。

 

だからもっともっと一緒にいたいんです。

いつも一緒にいたいんです。

 

なのに、疲れるんです。

 

 

恋人と別れた後、『ふうっ。』とため息が出るんです。『あれ!?楽しかったはずなのに、どうして?』となってしまうことがあります。

こういう状態の人はちょっと注意してくださいね。自分でため息をついていると自覚できるようになっているときは、かなり疲れている状態です。

 

でもどうしてこんな状態になってしまったんですかね?

 

 

恋人に振り回されすぎてしまったからです。

 

 

あなたの恋人はカウボーイです。ロープを獲物に投げつけ、振り回します。あなたはロープに引っかかった獲物です。しかもね、あなたの恋人は力がめちゃくちゃ強いんです。ほとんどゴリラです。ガリガリのあなたはロープに振り回され、右に左へと引きずられてしまいます。カウボーイに行動をコントロールされた獲物なんです。

モンスターですよね。

 

モンスター彼氏(彼女)です。

 

 

でも、彼らは最初からモンスターだったかというと、そんなことはないんです。

すごく優しかったり、格好よかったり、あなたが惹かれてしまうほどの魅力がある素敵な人間でした。

 

 

恋人がモンスターになってしまった原因は、あなたにもあるかもしれません。

 

 

あなたは自分よりも相手を大切にしてしまったんです。

自分のしたいことよりも、相手のしてほしいことを優先させて行動してしまったんです。

 

 

好きな相手には誰もがそういった行動をしてしまうと思いますが、あなたの場合はブレーキが壊れていたんです。

拒否するよりも受け入れるほうが多かったのだと思います。

自分にとって不都合なことでも、相手にとって都合がいいことなら、そちらをやっていたんじゃないですか?

 

初めのうちはね、相手も感謝していたと思うんです。喜んでくれていたと思うんです。

それがうれしくてこちらもついつい無理をしてしまうんですね。

 

相手が喜んでくれて、相手もこちらを大切にしてくれていることが伝わってきます。『ああ、この人でよかった!』と満たされます。

初めのうちはこれだったと思うんです。

 

相手が喜んでくれてうれしい。『もっと相手の喜ぶことをしてあげたい!』ただこれだけが理由で相手の要望を叶えてきました。相手の喜びがあなたの喜びだったんです。




分かり合えたと思い、あなたはその生活を続けます。

 

2年が経過しました。

あなたは一生懸命相手のことを想って言動をします。

夜中に「会いたい。」と電話をされたら、自分がどんなにしんどくても相手に会いに行きます。用が済んだら「じゃあ。」の一言で終わりです。
デートの待ち合わせで待っていたら「少し遅れる。」と連絡がありました。3時間経って相手が到着しました。ごめんやありがとうの台詞はありません。

こんなことが何回も続きました。

 

・・・どう思いますか?

心がモヤモヤしませんか?

 

『なんで当然のように思っているの?』、『こっちだってしんどいんだぞ!』となりませんか?

 

 

上の例えはまだかわいいもので、

モンスターになってしまった相手はあなたにもっとひどいことを平然としてきます。

 

奴隷かなにかと勘違いしているんじゃないかということを、何の悪気もなく態度に出してきます。

 

 

そこであなたがつらいと訴えると
「どうして?」と「なんで?」とあなたのほうに非があるように言ってきます。

 

あなたを一人の人間として対等にみていないんです。使用人として、奴隷としてみているんです。

 

「お前の価値は自分の言うことを聞いてくれることなのに、どうして逆らうんだ!?」

・・・これが相手の本音なんですよ。悲しいことに。

 

あなたは相手の言うことを聞くのが当たり前の存在で、言うことを聞かないあなたは相手にとってはあなたではないんです。

あなたはただ、相手に喜んでほしくて相手に合わせていただけなのに、それが相手をモンスターに成長させてしまったんですね。

 

 

相手のことを『他の人には優しいのに・・・』とか『こんな性格でどうやって生きているの?』と思ってしまったこと、ありませんか?

 

相手がモンスターになるのはあなたに対してだけなんです。

他の人に対しては人間なんです。

 

 

理不尽ですよね?

 

相手のことを一番に考えて、相手に尽くして、相手に幸せになってほしいと願っているあなたが、一番扱いが悪いんです。

あなたが疲れてしまうのは当然です。

 

たしかにね、人間は親しい人には甘えやわがままがでます。他人には全然求めないことを求めてくることもあります。

相手が遠慮なしだと感じてしまうのは、甘えやわがままの延長かもしれません。

 

ですがこのままの関係を維持することは大変だと思います。

 

一緒にいればいるほど疲れてしまいます。

疲れないようになるためには、一度この関係を壊してしまわないといけません。

 

 

今はあなたが無理をすることでバランスをとっています。

 

 

相手もそれを当然のように思っています。

もしかしたらあなたが無理をしていることに気づいてもいないかもしれません。

 

まずは無理をしていることを伝えてみましょう。しんどいんだと伝えてみましょう。

「当たり前じゃねーぞ!!」と相手に教えてやりましょう。

 

そういったことができる力関係ではないかもしれませんが、あなたは本当にそんな相手と残りの人生を共にしたいですか?今でも疲れているのに、これから長いですよ?

 

もちろん、そう簡単に修正できるような力関係ではないかと思います。あなたと相手が長い年月をかけて築いていったバランスです。

そのバランスを崩してしまうことはお互いに不安があります。

うまくいかないで関係が終わってしまうこともあるかもしれません。

 

でも今の状態は長くは続きません。

 

あなたが不満を感じているから。疲れているから。

少しずつ関係にひびが入り、亀裂が走っている状態です。

 

このままの関係が続けば、いずれ崩壊します。

 

相手のことが大切なら、打ち明けてみませんか?
相手もあなたのことが大切なら、必ず話し合いをしてくれます。

 

それを信じてみませんか?

 

仮に打ち明けても態度を全く変えてくれないような相手や、そもそも話すら聞いてくれないような相手だったらどうですか?そんな相手と一緒にいることがあなたの幸せですか?

 

もう少しあなたの要望を相手に伝えてもいいのではないですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):