すぐに行動できない自分が嫌!行動力を身につけるには?

皆さんは行動力、ありますか?

行動力がないと悩んだり迷ったりしているうちに時間だけが過ぎていきます。僕もあまり行動力がないので、行動力がある人をすごくうらやましいと感じます。

 

この行動力ってどうやって身につけるものなのでしょうか?




まず、行動力がないと嘆いている方に覚えておいていただきたいのは、

 

行動力がないことは悪いことではない

 

ということです。

 

 

たしかに行動力がないとチャンスを逃してしまうことがあります。

もう少し前に行動していたら間に合っていたことも、躊躇したりたじろいでしまい、その結果失敗してしまうこともあります。

 

チャンスの時に動くことができず見逃してしまい、次のチャンスが二度と来ないということもあります。

『もっと早くにしていれば・・・』と後悔をすることも多いでしょう。

 

そんなことが何回も続くと、行動力がない自分が嫌になってしまいます。

 

そしてそんな失敗が続いていくと『どうせ自分なんかがやっても失敗するし・・・』と、やる前から成功しないと思ってしまいます。

 

『どうせダメだから。』と挑戦をする前からあきらめてしまいます。

 

自分の能力を過小評価してしまいます。

そんなダメな自分を嫌いになってしまうこともあります。

 

 

でもね、

行動力がないことはいいことでもあるんです。

 

 

行動するのが遅いということは、それだけ思考する時間があるということです。行動力のある人に比べて物事を慎重に考えられます。突発的な思い付きで行動することが少なく、危険をおかすリスクも回避できます。

 

行動力のある人があまり考えずに行動し、大失敗をしてしまうこともありますが、行動力がない人はその大失敗を回避する能力が備わっています。

 

 

行動力がない人は

成功する可能性 10
成功しない・失敗する可能性 80
大失敗する可能性 10

 

行動力がある人は

大成功する可能性 10
成功する可能性 30
成功しない・失敗する可能性 40
大失敗する可能性 20

 

といった感じでしょうか?(あくまで僕のイメージです。)

 

 

行動力がない人は成功する可能性も低いですが、大失敗をしてしまう可能性も低いです。

行動力がある人は成功する可能性も高いですが、大失敗をしてしまう可能性も高いです。

 

行動力がない人はローリスク、ローリターンです。

行動力がある人はハイリスク、ハイリターンです。

 

 

行動力がない人が悪くて、行動力がある人が良いというわけではありません。

 

 

ですが、何も行動せずに終わってしまった場合には、行動力がない人は行動力がある人をうらやましく思います。

 

『もし自分にもっと行動力があったらうまくいったんじゃないか?』という考えを行動力がない人は持っています。

そして、そんな自分にできないことを平然とやってのけることができる行動力のある人に対して、ある種の憧れを抱いています。

そうなりたいという理想の存在になることもあります。




行動力を身につける方法なんですが、

 

①行動力は急には身につきません。

②日頃からの習慣が大事になります。

 

ポイントはこの二つです。

 

すぐに行動できるようにはなりません。

一つ一つの小さいことの積み重ねが行動力を育てていきます。

 

 

行動力がない人はリスクの高さを頭で考えてしまうからです。行動をすることによって『こうなってしまったらどうしよう・・・』と思考がそればかりに行ってしまい、行動する機会を失ってしまいます。

これの解決方法は至ってシンプルです。皆さんもわかっています。

 

勇気を出して行動する。

 

これだけです。

 

・・・
・・・

「それができないから困っているんだ!!」

ですよね?

 

でも結局はそこなんです。

 

少しでも可能性があることなら、成功するために全力でできることをする。行動する。

これが成功確率を大幅に高めます。

 

成功すると『どうせダメだから・・・』という思いが少しずつ消されていきます。

成功体験を重ねていくと、できない自分よりできる自分を信じるようになります。

 

その結果迷いも少なくなり、フットワークも軽くなります。

フットワークが軽くなることにより、さらに成功確率も高くなります。

プラスの循環になります。

 

・・・

ですがここまで行くのは大変です。

 

だって行動力は、成功体験が多いと、乗り越えてきた試練が多いと、自然と身についていくものだからです。

 

行動力がないと悩まれている人は、成功体験よりも失敗体験が多い人です。

 

自分で『行動力をなくしたい!』と選んだわけではありません

 

 

生きていく中で何度も自分に裏切られ、失敗体験を重ねてきたから、行動力がなくなってしまったんです。

 

好きで行動力がなくなったわけではありません。

 

 

成功体験を重ねる?

・・・それができていたら、そもそも行動力はなくなっていません。

 

勇気さえ出せば成功する?

・・・そもそも成功する能力がないんですよ。

 

 

自己否定感が強い人ほどこの壁は大きく、高くそびえたちます。

 

なんでもできる人は行動すればいいと簡単に言いますが、なんにもできない人が行動をするのは簡単なことじゃありません。

恐怖です。怖気づきもします。

 

 

だから、

目標は低くいきましょう!!

 

急に50メートルの壁を登ろうとするからすくみあがるんです。

まずは50センチの台に上がりましょう。そして上がれたら、その事実を確認し、上がれた自分をほめてあげましょう。

 

こうして低い台でも一つ一つ確認をしてみると、意外と行動していることがわかります。行動力がないと嘆いていた自分が、意外と行動していることがわかります。

「おっ!俺けっこうすごいじゃん!?」とほめてあげましょう。

 

自分を十分にほめることができたら、いよいよ本番です。

2メートルの塀によじ登ってみましょう。

成功するか失敗するかがわからないくらいの壁ですね。

いままで『無理かもしれないから。』と挑戦をやめていたものに挑んでみましょう。

 

 

この行動を繰り返すことによって、あなたは以前とは比べ物にならないほど、行動力がある人になると思います。

ただし、その状態になるまでには時間がかかります。すぐには行動力は身につきません。焦らずコツコツといきましょう。

 

慣れるまではあなたは無理をしている状態です。休憩を多くとりながらがんばってくださいね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):