泣いてばかりの自分が嫌だ。泣いたらダメってわかっているのに。

いつも泣いてばかりの自分に嫌気がさしたことはありませんか?

もう一生分の涙を出し尽くしたと思っても、またドンドンと溢れてくる。

まだ出るのかと驚くとともに、そんな自分に幻滅する。

 

『いつまで泣いてるんだ!泣くんじゃない!!』自分にそう言い聞かせても、止まることはなくて、さらに悲しくなって。

泣いてばかりいる自分を責めたことはありませんか?




これね、

 

泣くのはいけないことだと思っているからなんです。

 

 

泣くのはいけないことだと思っているから気持ちよく泣けないんです。

泣くことによってさらに不快な感情になるんです。

 

 

これって実はしんどいことなんですよ?

 

つらくて、悔しくて、悲しくて、その感情に気付こうとして涙が出てくるのに、『そんな弱音を吐くな!』とダメ出しをするんですね。

 

泣いてばかりだから。

 

 

でも、これって、

 

泣いてばかりのあなたが悪いんじゃないんです。

 

 

そもそも泣くことって簡単じゃないんです。

楽しいときに泣けないでしょ?(嬉し泣きは別として。)

楽しいときに、悲しくて泣けないでしょ?

 

悲しいから泣いてしまうんです。

つらいから涙が出てくるんです。

泣いているときって、もうそれで手一杯になってしまいますよね。

 

すごい感情が心をグルグルと駆け巡って、暴れだして、すごく悲しい気持ちになりますよね。

ひどいときには発作かと思うくらい泣いてしまい、何もできなくなってしまいます。

 

 

それほどあなたは耐えてきたんですよ?

 

そんなに苦しくなるほど、つらい気持ちを我慢してきたんですよ?

 

 

泣いてしまったっていいじゃないですか?

泣いてばかりでもいいじゃないですか?

 

 

泣いてばかりじゃ何も解決しない?

泣いてばかりじゃ前に進めない?

 

これ、違いますよ。

 

 

泣かないと前に進む第一歩が出せないんです。

 

 

本当に泣くのが好きな人なら話は違いますが、あなたは泣いてばかりいる自分を嫌悪しています。

それなのに泣いてしまうのは、それだけあなたがつらい思いをしているってことです。

 

止められないほど、あなたが追い込まれているということです。

気の毒なほど追い込まれています。

 

だけどそのことに、あなたは気が付いていません。

 

『泣くな!』、『甘えるな!』、『弱音を吐くな!』、『負けるな!』、自分に激しくムチを打ち付けます。

つらい思い、悲しい気持ちが見えないようにフタをして、気力を振り絞ります。

 

 

あなたはがんばりすぎていて、普通の基準がわからなくなっています。

 

周りには「しんどいだろ?無理するなよ。」と声を掛けられるのに、自分には『怠けるな!もっと無理をしろ!』と叱責するんです。

かなり面倒な人ですよね。

 

 

もう一度考えてみてください。

 

 

もし、あなたの大切な人が突然泣き出したらどうですか?

「うるさい!泣くんじゃない!!」と怒鳴りますか?

どうしたのかすごく心配になるでしょう?

優しく声をかけるでしょう?

なぐさめるでしょう?

 

 

あなたはそれが、自分に対してはできないんです。

 

泣いたらいけないと思っているから。

 

 

泣き出したら自分を思いっきり否定します。『なんでこんなに弱いんだ!』と情けなくなってしまいます。

 

 

情けなくなんかないですよ。

 

 

あなたはよく耐えてきたんです。

あなたはすごくがんばってきたんです。

 

だけどそれがもう、溢れてきてしまっているんです。

たくさん我慢してきて、もう限界なんです。

一生懸命がんばりすぎて、もう限界なんです。

 

 

今は思いっきり泣きましょう。

 

泣きたくなったら我慢せず泣きましょう。

 

 

今は泣かないといけない期間です。

 

 

泣いて泣いて泣いて、泣きまくりましょう。

たまっていたものを吐き出しましょう。

 

泣いてばかりじゃ前に進めないとは言いますが、泣いて吐き出さないとたまってしまったものが重すぎて動けません。

泣かないと重たくて進めないんです。

 

 

泣いてばかりいるあなたを責めてくる人もいるかもしれません。

 

でもその人は、あなたほど苦しんだ経験がない人なんです。

自分に実際に起こってみないと人の気持ちはわかりません。

「泣くな!」という言葉は簡単に出てきます。

 

今のあなたの立場で、それがどれだけ難しいことか理解できていないだけなんです。

そんな人たちの言葉に惑わされないでください。

あなた自身がその人たちと同じ思考にならないでください。

 

 

大したこともないのに泣いているわけじゃありません。

泣くには泣くだけの理由があります。

 

とめようと思っているあなたが、とめられないほどの大きな理由があります。

 

どうか、それに気づいてあげて下さい。

そのことに気づこうとしてあげて下さい。

 

泣いてばかりの自分を責めないであげてください。

 

あなたはもう、気の毒なほど悲しい思いをしています。

あなたはもう、気の毒なほど苦しい思いをしています。

あなたは今も、つらい思いと闘っています。

 

だから泣いてしまうんです。

 

 

泣いてしまう自分を許してあげて下さい。

 

もう限界まで闘ってきたんですよ?

本当は悲しかったですよね?

本当はつらかったですよね?

本当は苦しかったですよね?

 

 

もう、泣いてもいいんですよ。

 

いつまででも、泣いていいんですよ。

 

壊れそうなくらい泣いて、おかしくなりそうなくらい泣いて、涙が枯れてしまうまで泣いてみましょう。

最後まで泣ききった後に自分の気持ちがわかる瞬間がきます。

 

その気持ちを抱き上げてあげましょう。

『いままでがんばってきたな。』と認めてあげましょう。

これを繰り返すことによって、前に進むための第一歩を踏み出せるようになります。

 

 

今は泣くのを我慢する必要はありません。

 

 

あなたの心はあなたに気づいてほしくて泣いているんです。

心からのSOSです。

 

今はひたすら泣きましょう。

 

今までたくさん無理をしてがんばってきたんです。

せめて今ぐらいはゆっくり泣いてみてもいいんじゃないですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




 

関連記事:

苦しい時こそ笑えは間違い!本当に苦しかったら笑わなくていい。

泣くのは恥ずかしいこと?すぐに泣いてしまう自分が情けない。

心が病んでしまう。醜い自分は生きている価値がない。

障害を受け入れられない情けない自分。どうして立ち上がれないんだろう?

優しすぎるあなたが苦しいと感じているのなら

世界で一番不幸でかわいそうで惨めな自分は

自分を責めてしまうことをやめられる魔法の言葉

大切な人を失ったとき

弱者には厳しい世界。どうしてこんなに生きづらい・・・

もう心が折れた…大きな挫折をした直後にするべきことは?