いじめられるのは性格の問題?いじめられる方が悪いのかな?

いじめられたことってありますか?

いじめってよく聞く言葉ですけど、その対象になってしまったら本当に苦しいですよね。いじめられたことがない人が想像している何倍も苦しいです。

どうしていじめられてしまうんでしょうか?

 

「いじめられる方にも原因がある!」と言う人っていますよね。

この思考の人はまだ理解できますが、こういう人もなかにはいます。

 

「いじめられる方が悪い!!」

 

いやいや、あなた、何を言っているんだ状態ですが、この思考の人、実際に結構います。




『いじめられる方にも原因がある!』この思考をする人は、実際にいじめられた経験のある人も、現在いじめられている人も思うことがあります。

 

ですが、

 

『いじめられている方が悪い!!』この思考をする人は、実際にいじめられた経験がない人です。もしくはいじめている側の主張です。

 

堂々と主張できる人は、自分がいじめていたことを正当化させようとしているだけです。

 

 

たしかにいじめられている人も『いじめられるのは自分が悪いんだ。』、『自分が悪いからいじめられているんだ。』と感じることもあります。

でもその場合っていじめられすぎて感覚が麻痺している状態なんですよね。

 

最初は『なんで僕ばっかりいじめられるんだ!!』、『どうしてあいつらは俺をいじめてくるんだ!?俺がいじめられるほどの何をしたっていうんだ!?』と怒りをもっていたはずです。

 

その状態が長く続いていくと疲れます。『なんで?』、『どうして?』ばかりの思考が続くと心が苦しいです。

だから、自分を納得させられる答えを用意します。

 

『いじめられるのは自分が悪いからだ。』、『役に立てない自分がいること事態が害のあることなんだ。』と。

 

心の底から思っているわけではありません。

そう思わないとやっていけないから、そう思い込もうとしているんです。

 

自分を納得させるためにそんな思考になっているんです。

 

 

ですからその人たちは「いじめられる方が悪いんだ!」と声高々に主張しません。

そんな主張ができるのはいじめられた経験のない人です。

 

だからあなたがもし、今、いじめられて苦しんでいるのなら安心してください。

 

あなたは何も悪くありません。

 

あなたは被害者です。

あなたは加害者ではありません。

 

ですから、加害者の言葉に惑わされないでくださいね。

 

 

「いじめられる方が悪い!!」と主張してくる加害者なのですが、そういった人たちって全然反省してないんですよね。

 

自分のことを悪いとは思っていないんです。

 

本当に反省している人は『いじめられている方が悪い!!』なんて思考はできないです。

 

 

だから、全然反省していない加害者の言葉に惑わされないでください。

 

バカらしいでしょう?

 

反省をしている人の言葉にならまだいいですが、反省もしていない人の言い分に惑わされて、あなたがつらい思いをするのは。悩むのは。

 

反省をまったくしていない加害者が得をするだけでしょう?




でもね、この「いじめられる方が悪い!!」という言い分、いじめられすぎた被害者も同調してしまうんです。

相手は罪から逃れるため、あなたはいじめられることを正当化するためなんですが、妙なところでシンクロします。

それが「いじめられる方が悪い!!」という主張が残っている理由だと思います。

でもね、これ、現実問題として違うんですよね。

 

 

あなたは『こんなにいじめられるのは自分が悪いからだ。』と思い込みたいんです。

 

なにか大きな理由が自分にあって、それがあるから周りからいじめられているんだと信じたいんです。

 

 

でもね、違うんです。

 

 

あなたがいじめられるのに大層な理由はありません。

 

ただ気に食わないから。

なんとなく。

 

これが理由です。

 

 

『あなたが究極のできない人間で、誰からも嫌われる性格だから。』という納得できる理由はありません。

 

くじ引きのようにほとんど無作為に選ばれてしまっただけです。

あなたは選ばれるために生まれてきた存在なんてことはありません。

 

ただの偶然。

たまたまです。

 

 

やってられないですよね?

ただのなんとなくで、今、こんなにいじめられているんですよ?

過去、あんなに苦しんだんですよ?

 

 

誰でもよかったんです。

 

いじめる対象はあなたじゃなくてもよかったんです。

 

たまたまあなたになっただけなんです。

 

 

あなたの態度が気に食わないとか、あなたの行動に問題があるというのは、ただの後付けなんです。

いじめることを正当化したいがために、あれやこれやと理由をつけて、あなたがいじめられても仕方がない人だと印象づけようとしているだけなんです。

断言します。

 

いじめられる方が悪いなんてこと、100%ありません。

 

 

たしかにあなたにもなんらかの原因はあったのかもしれません。相手をいじめに走らせるきっかけを与えてしまったのかもしれません。

 

でもね、

 

いじめるという手段をとった時点で相手が悪いんです。

 

 

そんな手段をとる前に、もっと色んな方法があったはずです。

その手段を省略していじめるという最低な手段をとったんです。

だから、いじめられる方が悪いという言葉に惑わされる必要はありません。

 

 

あなたは悪くありません。

 

 

いじめられるのって苦しいですよね?

つらい思いの連続ですし、なにをやっても正当な評価をされません。

いじめている相手が思っている何倍も、あなたは傷ついていますよね?

 

そんな理不尽な目にあっているのに、「あなたは悪くなかったんだ。」と言われても納得できないかもしれません。

「あなたの性格が悪いからだ。」、「あなたの行動に問題があった。」と言われた方がまだ納得できるかもしれません。

 

でもね、

 

あなたは悪くないんですよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):