『生きていてごめんなさい!』強くなりすぎた自己否定感には?

『生きていてごめんなさい。』、『生まれてきてすみません。』と思ったことはありますか?

冗談では口にされる言葉ではありますが、本気でこう思ってしまったことってありますか?

 

『自分が生きていることで社会の迷惑になっている。』、『自分さえ生きていなければ家族をあんな目にあわせることなんてなかったのに。』と真剣に思ってしまうことがあります。

 

この思考、かなり危険です。





簡単に口に出して満足できているうちはいいですが、本当に心から思って口に出さない状態が続くと本当に危険です。

生か死か、本当の境界線上にいます。

 

 

この状態にいるときは、なにもしてはいけません。

 

生きることと、本当に自分がしたいことだけにして、後は全部中止です。

 

 

仕事しているのなら、休みましょう。休めない職場なら辞めましょう。

育児をしているのなら、相手にすべて任せましょう。してくれないのなら家を出ていきましょう。

姑の言動にノイローゼになっているのなら「うるさい!ババア!ババアはでしゃばるな!隠居してジジイと仲良くしてろ!」と言っちゃいましょう。

イジメられて死にたくなってるなら、イジメてくる相手をおもいっきり殴りに行きましょう。素手が怖いならバットでも持って。

 

なんか、めちゃくちゃ書いてますよね。

それをやったら今後の生活に響くことは確実ですし、人としてやったら終わりだろってことも書いてます。

 

 

でもね、今のあなたはそれぐらい危険なんです。

 

緊急事態なんです。

これぐらいしてもいいんです。

というか、自分の身を守るためにはこれぐらいしないとダメなんです。

 

じゃないとあなたが死んじゃうかもしれません。

 

 

まあでも、実際にこれをする人はこの記事を読まれていないと思います。

 

こういうことができる人は、生きていてごめんなさい思考になることは少ないです。

こういうことができない人だから、生きていてごめんなさい思考になってしまうんです。

 

そんなこと当たり前だと思うかもしれませんけど、意外とそうじゃないかもしれませんよ?

こういうことができないことって、実はあなたが思っているよりもすごいことかもしれませんよ?

 

もう少しだけ自分のやりたいように生きてみてもいいのではないですか?





この生きていてごめんなさい思考なんですが、あなたは自分を責めてるんです。

世界に馴染めない、適合できない自分を。

 

この生きていてごめんなさい思考なんですが、あなたは世界を責めてるんです。

あなたを受け入れてくれない、優しくない世界を。

 

 

生きていてごめんなさい思考の根本は謝罪なんかじゃないんです。謙虚さじゃありません。

 

怒りなんです。

 

 

世界に適合できない自分への怒りなんです。

自分に理不尽なことをしてくる世界への怒りなんです。

 

生きていてごめんなさい思考には、悲しみとともに怒りと恨みが入っています。

 

 

通り魔とかでよく「誰でもよかった。」という言葉をすることがありますよね?

ワイドショーとかではあまりの人間性のなさや異常さにひどく引かれますよね。誰もがふざけるなと怒りをあらわにします。

 

でも、あなた、

 

犯人の気持ち、少しはわかりませんか?

 

 

誰でもいいから発散させるためにやったという気持ち、本当に理解できませんか?

 

 

その犯人たちが実際どうなのかはわかりませんが、理解できると少しでも思ってしまった人は、そこまで追いつめられてあるんです。

もうなにもかもめちゃくちゃになってしまえ!』と。

怒りや恨みが臨界点を突破しているんです。

 

 

それでもやってないあなたはすごいですよ。

 

 

まずね、ほとんどの人が誰でもよかったなんて気持ちは理解なんかできないと思います。

理解なんかできなくて普通なんです。

 

恨みをもった特定の誰かならまだ理解できると思います。

でも、なんの恨みもない人や、そこで初めてあった人に危害を加えるなんてことは理解できません。

 

 

これが理解できてしまうってことは怖いことなんです。

 

 

誰でもよかったは本当のことなんですが、それだけじゃないんですよね。

誰かじゃなきゃダメだったんです。

相手は誰でもよかったんです。でも、誰かがいないとダメだったんです。

この心にたまってしまった黒いものを少しでも減らすためには。

 

 

生きていてごめんなさい思考になるということは異常です。

 

 

自己肯定感が極端に低くなっています。

 

それほどあなたはがんばってきたんですよね?

 

自己肯定感をどんどん削りながら。

どんどん増えてくる自己否定感と闘いながら。

 

生きていくのがしんどいですよね?

毎日毎日、これでもかっていうくらいの苦しさを味わいますよね?

 

 

それでも、懸命に生きているあなたはすごいと思います。

 

 

ヤケを起こさず人生と向き合っているあなたはすごいんです。

あなたはきっと、自分で卑下するほど悪い人ではないと思いますよ?

 

少なくともあなたよりも生きていて害のある人はたくさんいると思います。

そんな人ほど生きていてごめんなさい思考にはならないんです。

 

 

もう少し気楽に考えてみましょう。

 

 

あなたがいることによって誰かの迷惑になっているかもしれません。

でも、あなたがいることによって誰かの力になれていることもあるのではないですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):