疲れきった心を癒すには日光が大事!散歩、日向ぼっこをしよう!

皆さんはひどく落ち込んだとき、どんなことをして元気を出そうとしていますか?

落ち込んだ状態から通常の状態に戻るためにどんなことをしていますか?

 

一人一人違うとは思いますが、皆それぞれの方法をいくつか持っていませんか?

メジャーなものからなかにはマイナーなものまで。

それこそ自分のオリジナルの立ち直り方を持っていませんか?




ではそのすべてを実践してもダメなほど落ち込んだときはどうでしょう?

 

 

全然立ち直れないほどひどい落ち込みをしたときはどうしていますか?

 

それこそ常時『あぁ~~~。』みたいな感じで、何も手につかないような感じになってしまったらどうしますか?

 

 

僕が実際にやっていたのは日光浴です。

 

 

身体を動かすのも何かを考えることすら難しいときは、這って窓辺に行き、日光浴をしていました。

そこまで行くのが重労働だったんですけどね。(広い家や豪邸ではありません。ありふれた昔ながらの古い一軒家です。)

そこへノソノソとカメのように行き、グタッと横になる。

日のぬくもりを全身で感じていました。

 

これを日課にしていましたね。

 

 

日光の力って皆さんが思っている以上にすごいんですよ。

 

 

最初のうちは日光を浴びていても何も感じなかったのに、そのうち涙が出てくるようになったんですね。

その当時は『もう一生分泣いた。』と思えるくらいに泣いて、ひどく沈んでいた時期なんですが、『まだ涙が出るのか?』と驚きました。

今でもあのときなんで涙が出ていたのかはわかりません。悲しい感覚はなかったと思うのですが、気がついたら涙が出ていました。

日光を浴びて、生きていることに感動していたのかもしれません。

 

僕のスタート地点はこんな感じでした。

 

何も考えずにただ日光のあたるところで仰向けになり、ひたすら天井を眺めるという生活を続けていました。

で、日光浴に疲れたら這いずり回って日光の当たらないところでグダーッとしてました。(日光を浴びるのさえ疲れるのってどんな人間なんだと思いましたが、徐々に回数を増やしていきました。)

こんな状態からでもある程度の域まで回復できたんです。

 

 

日光の力は皆さんが思っているよりもはるかに強いんです。

 

 

元気な人でも影響がありますよね。

晴れの日だと気分がいい。

曇りだと鬱陶しい。

雨だと気分が悪い。



弱っている人は元気な人以上に外部からの影響力が強いんです。

 

 

だからね、落ち込んでいるときって意外と天気の影響を受けるんです。

 

 

普段は全然気にしていないかもしれませんが、ひどく落ち込んだときこそ日光を浴びることを意識してください。

元気なときは気づかないかもしれませんが、日光には人を癒してくれる効果があります。

 

曇りや雨だと日光浴ができないのが最大の欠点ですが。

 

 

動ける元気のある人は、実際に外に出て外の空気を吸ってみましょう。

 

 

できる限り植物の多いところを散歩してみましょう。

速く歩く必要はありません。周りの景色を楽しみながら一歩一歩歩く感触を確かめましょう。

日光が皮膚にあたっている感触、自然の匂い、風の流れを全身で感じてみましょう。

今自分がどこで生きているかを確認してみましょう。

 

地球ですね。

 

この地球なんですが、人間に生きる力と元気を与えてくれるんです。

 

 

普段はそれが当たり前すぎて気づかないものなんですが、心が弱っているときほど意識をすればそれを感じることができます。

落ち込んだときは海を眺めるとか山に登るといった人もいますが、その人たちは地球が持つ人間の回復機能に無意識に気付いているのかもしれませんね。

 

この日光浴や散歩なんですが、これをすれば今日落ち込んでいたのが明日にはよくなっているというような劇的な変化はないかもしれません。

ですが心にしみわたるなにかがあります。何日か続けることによって心の疲れを癒してくれます。

 

 

心の疲れが癒えれば、あなたオリジナルの発散方法が通じるようになります。

 

 

あなたの好きなことを楽しいと感じ、熱中することができます。

通常の生活に戻れるようになります。

 

 

人間ね、落ち込みすぎて疲れすぎたときはなにも感じなくなるんです。

 

 

正気のままだと耐えられないから、防衛本能として感覚を鈍らせるんです。麻酔と同じなんです。

何も感じないから疲れていることにも気づかず、普段通りの生活をしていまい、最終的には限界ラインを越えてしまいます。

 

 

日光はその鈍ってしまった感覚を呼び起こしてくれる役割があるんです。

 

 

自分は疲れているということを実感させてくれます。

立ち直れないときはね、まずは日光浴をしてみましょう。

自分が今、どのくらい疲れている状態であるのかを実感してみましょう。

『ああ、この状態で立ち直ろうとしてたなんてバカだなー。』と思うと思います。

 

 

まずは自分がバカなことに気づくことから始めましょう。

 

 

焦りは禁物です。

すぐに立ち直る必要はありません。

 

 

あなたが立ち直れないのならそれは、まだ落ち込んでおくべき段階だからです。

 

 

何もする気が起きないとき、何もしたくないときは、日光に浴びることだけをしましょう。

『日光浴なんてしたって意味がない!!』と思われるかもしれませんが、その意味のないと思えることを一度試してみてください。

あなたが思っている以上の効果があるかもしれませんよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



もう心が折れた…大きな挫折をした直後にするべきことは?

何もする気になれない。何もやる気になれない。もう動けない。

今までの全てが無駄になった日。人生が終わってからの生き方は?

心が疲れた時の対処法と効果一覧!苦しさから脱出するためには?

疲れているのに気づかなくなったら要注意!頑張りすぎのサイン!

ショックからいつまでも立ち直れない!引きずってしまう性格が嫌い。

『もう生きていくのが辛い!』死んでしまいたい状態になった時は?

挫折してしまったときは

理不尽すぎる現実。言い聞かすのも疲れた。心が壊れそう。

笑えなくなったのは心のSOS!泣けなくなったのは心の死!!