理想の相手に巡り合えない。条件で選ぶ結婚は幸せが遠ざかる。

結婚って人生の一大イベントの一つかと思いますが、パートナー選びって大変ですよね。スムーズにいく人はとんとん拍子で進むのに、スムーズにいかない人はこじれにこじれます。自分一人で結婚することはできず、必ず相手が必要になります。

そしてある一定の年齢に達しても結婚をしていなければ、『あの人、まだあの歳で結婚していないなんて、どこか問題があるんじゃないか?』といった風潮さえあります。

負け犬、売れ残り、余計なお世話ですよね。

 

『愛さえあれば』で結婚できたらいいのですが、年齢がいってくるとお互いに『条件』がでてくるときもあります。

 

10代の頃はただただ心に従って、恋愛がすべてだという思いさえあったのに、いつの間にか自分の心よりも、条件で結婚を考えてしまうようになっていきます。

相手を好きになったからではなく、理想の相手の条件を満たしているから結婚しようということさえ珍しくありません。

 

男性の場合だと、若い子がいいとか、かわいい子がいいとか、家事が得意な子がいいなどが一般的にありますかね。

女性の場合だと、経済力がある人がいいとか、やさしい人がいいとか、浮気をしない人がいいなどが一般的ですかね。

 

女性の場合は特に出産という問題もついてきますので、30歳を過ぎると焦りが急に出てくるそうです。20代では『まあ、結婚はまだいいかな?仕事も忙しいし。30歳までに結婚したらいいや。』と思っていたら、20代後半になってしまいました。『あれっ?相手がいねえ!』と少し焦りが出てきます。30歳を過ぎるとその感情が一気に爆発するそうです。

男性にしても『独り身のほうが気楽でいいわー。結婚していなくても不自由しないし、好きなことができるし。』と思っていても50代になりました。『最近身体が衰えてきた気がするなー。50でこれだと、70や80になるとどうなるんだろう?怖いなぁ。あれっ!?妻も子どももいないし、どうすんの?誰も俺の面倒見てくれないの?老後にひとり?』と将来が不安になってきます。

 

ある一定の年齢を超えると結婚願望が強くなってくると思います。若い頃ならそれで相手を探して、お互いが好きになって、周りから祝福されて結婚も可能ですが、ある程度歳がいってしまうとなかなかそうはいかないんですよね。

 

 

そもそも結婚をしていることが前提となっており、普段の仕事とか友だちとの交流の中で結婚を意識した交際に発展するのが難しいかもしれません。『あの人いいなー。』と思う人が現れても『どうせ結婚しているだろうな。』とアプローチもせず終わったり、逆にあなたのことを『いいなー。』と思っている人がいてもアプローチされることなく終わってしまうことがあります。

真剣に婚活をしないと、相手さえ見つけられない状態になってしまうんですね。

 

若いころに比べてお互いにしがらみが増え、条件が出てきます。

 

将来が不安だから子どもがほしいと考える50代の男性なら、やはり40歳前の女性を選びたいですし、それが30歳とか25歳とか、若ければ若いほどいいですよね。

経済力のある人と結婚したいと考える30代の女性なら、最低でも年収は1000万ほしいとか、1000万より5000万とか1億の人がいいとなってきますよね。

 

好きだからでなく、結婚しないといけないから、『条件』で結婚をみつめてしまうんです。

 

あなたとしては妥協してやっているという思いがあると思うんです。『本当は好きな人と結婚したかったけど、ダメだったから最低限の条件をクリアしていたら我慢してあげる。』何様だって感じですけど、この思い、心のどこかにありませんか?

 

『条件』で見てしまうと相手に満足することは決してありません。

 

だって世界には、その条件よりももっと上の相手が山のようにいるから。相手より上の物件を探してしまうし、結婚した後にさらにいい物件があり、関係をもてそうなら『なんでこんな相手と結婚したんだろ。早まった。』と後悔してしまいます。

それにね、この『条件』がかなり厄介なんですよね。男女でズレがあるというか。

 

男性は

『若くて、美人で、性格がよくて、胸が大きくて、スタイルがよくて、家事がよくできて、仕事である程度収入があって、親と同居してくれて、交際経験の少ない、俺のことを何よりも大切にしてくれる子』

がいいけど、

『23歳までで、顔は中の上以上で、料理が得意で、性格がよくて、俺のことを大切にしてくれる子』で妥協しよう。

 

女性は

『経済力があって、頼りがいがあって、やさしくて、話していて面白い、医者か弁護士で、高身長で、一流大学をでていて、家事もしてくれて、とにかく一途で絶対に浮気をしない、信頼できる人』

がいいけど、

『年収1000万以上で、身長は180センチ以上で、家事を手伝ってくれて、やさしくて、絶対に浮気をしない人』で妥協しよう。

 

・・・
どうですか??

 

妥協した希望なら、該当する人、結構いると思うんですよ。異性に求めるものとして、無理なものを望んでいないと思うんですよ。クリアする人たくさんいると思うんですよ。

 

 

でも異性から求められることはどうですか?

 

・・・

・・・

『全然妥協になってねー!!!』

って思いませんか?

 

いや、たしかに条件を満たす人は世の中にはたくさんいると思いますよ。数パーセントの割合で。妥協はわかるんですけど、その妥協でさえもスーパーマンです。

『条件で求めてくるのはいいけど、そこまでのものを求めてくるあなたは一体なにをもっているの?』

ですよね?

 

『条件』で結婚相手を見つけようとするのは、刀で斬りあいをしているようなものです。殺すか殺されるか状態になってしまいます。血みどろです。

『条件』だけで結婚してしまうとそんな状態が続きます。疲れます。

 

歪んだ『条件』で見てくる相手に対して、こちらも歪んだ『条件』で見てしまうようになります。

そんな状態で結婚して幸せになれるのでしょうか?

そこまでしてでも、すぐに結婚しないといけませんか?

 

他に相手がいないから。他のよりはマシか。

そんな理由で結婚しても、満足のいく結婚生活は送れません。結婚後にもっと条件のいい相手が出てきます。

結婚することが目的になってしまったら、よっぽどいい相手に巡り合えないとあなたは満たされません。

結婚がゴールになってしまうと、待っているのは不満に満ちた生活です。

結婚はゴールではありません。これから長い道のりを相手と一緒に歩いて行くんです。『条件』で結婚をしてしまうと、相手が『条件』から外れてしまったとき、相手の価値を下げることなくいられるでしょうか?

選ぶのはあなたですが、ここまで待ったんです。どうせなら、妥協した幸せよりも最高の幸せを目指してみませんか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




 

関連記事:

幸せになりたいのに

満足感を得られない。いつまでたっても満たされない心。

弱者には厳しい世界。どうしてこんなに生きづらい・・・

普通の基準って何?普通から外れるのってそんなに悪いこと?

後悔の仕組み。後悔しないで生きるためには。

報われないのは

面接試験。アピールするところがなくて落ちてばかりの自分は。

あきらめられない恋愛は

自分を責めてくる相手には

思い通りにいかない人生を生きるには