200記事達成記念

いつも心が弱っても読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

週2回ペースの更新ですので、前回の100記事達成記念を書いてから1年近くになってしまいましたね。それでも無事、200記事まで来れてよかったです。

読んでくださる方も少しずつですが増え『ああー、しんどいのは僕だけじゃないんだな。』と励まされています。




今更の説明ですが、このブログでは「」と『』を使い分けて書いています。「」は実際に発言したこと、『』は心の中で思ったことと解釈していただければと思います。たまに強調する意味で『』を使っていることもありますが。。。

 

このブログももうすぐ2年となりますが、最初の頃より書きたいことを遠慮せずに書いているような気がします。

最初の頃はもう少し万人受けするような内容だったと思うのですが、最近はちょっと人を選ぶような内容も増えてきているように思います。独りよがりの内容もあるかと思いますが、綺麗な内容ばかりになってしまうよりはいいのかなとも思っています。

 

このブログは毎日楽しみにして見るものでもないですし、いつかは皆さん卒業されるのだと思います。

それでも今後の長い人生で心が弱ったときに『そうだ。久しぶりに心が弱ってもでも見てみようか。』と気軽に見ていただけるブログとして残していけたらと考えています。

 

数あるブログの中でこのブログにたどり着き、読んでくださっている皆さんには本当に感謝しています。

僕がこのブログを続けていられるのも皆さんのおかげです。

 

今読んでくださっているあなたのおかげです。

 

・・・

なんか、別れの文章みたいになってしまいましたが、やめるつもりはありません。

どこまでできるかはわかりませんが、まだまだ書き続けますので、これからもよろしくお願いします。



関連記事:

はじめに

100記事達成記念

心が疲れたら生きるだけで精一杯!もう頑張れないのに・・・

心が疲れたときって大変ですよね。

元気なときと同じことをするだけでもものすごく気力を振り絞らないといけないし、やった後の疲労も何倍にも感じます。

ただ生きているだけで気力と体力を激しく消耗してしまいます。

他の人にはわからないくらい、見た目では想像もできないほど、疲弊しています。

 

心が疲れてしまうのは、がんばりすぎてしまう人に多いです。

 

自分が無理をしているから、疲れてしまうんです。

無理をしても続けているから、疲れ果ててしまうんです。

 

 

がんばり屋さんに多いんです。




がんばり屋さんなので、なかなか疲れたとは言えません。

 

『疲れていてもがんばらないと!』、『自分がしないと!』思考の人が多いので、なかなか周囲に疲れているアピールができません。また、がんばってやっているうちに責任感のある人というイメージができあがってしまい、どんどん仕事や頼みごとを押しつけられます。

 

これがいきすぎると便利屋さんになってしまいます。

 

やっているうちから新たにやらないといけないことがどんどんと増えていきます。順番にこなしているのに量は減ることがなく、たまっていくばかりです。やってもやっても減らない、増えていく量を見て精神的にますます疲労していきます。

 

それでも

「もう無理!!」、「限界!!」、「自分でやれ!!」

って言葉が出てこないんです。

 

 

『自分ががんばらないと!』と思っているので、そんな言葉を吐くのはダメなこと、恥だと思っています。

だから、

限界になっても弱音は吐きません。

限界近くになってもがんばることをやめません。

 

がんばるのをやめるときは限界を完全に超えて、動けなくなってしまったときだけです。

 

燃え尽きてしまったときだけです。

 

 

その燃え尽きたときでさえ、『何をやっているんだ!がんばらないといけないだろ!』と自分を責めます。

自分いじめが趣味状態ですね。

 

そんながんばり屋さんのあなたですから、一人で抱え込み弱音を吐きません。

 

だから周りも気づかないんです。

あなたががんばっていることを。

 

あなたは平常な状態だと誤解しています。

だから言ってくることがあります。

 

 

「もっとがんばれ!!」

 

これ、うんざりしますよね。

 

 

最近はがんばっている人にはがんばれは禁句だという認識も広がりましたが、それを理解していない人も多いです。

うつ病の人に「がんばれ!!」
震災があった直後の人に「がんばれ!!」
大きな挫折をして立ち直れていない人に「がんばれ!!」

 

 

いやいや、

 

 

既にもう十分がんばっているんですよ。

 

 

こんなことを言ったら『もうがんばってるんだよ!!』、『無責任なこと言うな!!』、『まだがんばらないといけないのか?もう死のう。』ってことになりかねません。

 

ただの励ましだと主張する人もいますが、違います。

普通の状態の人ならがんばれは励ましの言葉になります。『自分のことをよく見てくれている!』と思い、うれしくもなります。力が湧いてきます。

ですが、、、

 

もう既に精一杯がんばっている人にがんばれは『お前はもっとがんばれる!まだまだがんばりが足りない!』と指摘していることになるんです。

 

がんばって苦しんでいる人にがんばれは、励ましの言葉ではなく呪いの言葉です。

 

実際に自分がその立場になってみないとわからないものなんですよね。他人事では無責任なこと言えるんですよ。

逆の立場になってみて初めて、自分がいかに酷いことを言ってきたかがわかるんです。

 

そのことを経験せず、一生理解することなく人生を終える人もたくさんいます。(僕も元々はそっち側の人間でした。)

あなたにもっとがんばれと言ってくる人は、あなたが隠すのがうまくてあなたの大変さが伝わっていない人か、そこまで追い込まれた経験のない人です。

 

 

根性論なんか、もう既に実行した後なんですよね。

 

 

『根性さえあればなんとかなる!』でなんとかできたら、すごく幸せなことですよね?

根性を出しきって、それこそ血反吐を吐いているのにどうにもならないんですよね?

 

なのに、まだ、そんな「がんばれ!」という言葉に振り回されています。

他人の無責任な言葉に悩まされています。

 

 

あなたががんばって苦しんでいるときにさらに「がんばれ!!」は『もっともっと苦しめ!』と言ってくるのと同じことなんです。

 

 

もう、周りに振り回されるのはやめにしませんか?

 

 

もう、自分に許可を出してもいいのではないですか?

 

 

あなたはもう、十分がんばったでしょう?

 

 

だから心が疲れてしまったのに、その事実さえ否定しなくてもいいじゃないですか?

 

心が疲れてしまったことを認めてあげましょう。

 

 

生きているだけで精一杯ですよね。

 

もうがんばることなんてできないですよね。

 

『それでもいいんだ!』と許してあげましょう。

 

 

がんばることができないときは、がんばらなくていいんです。

 

無理をしてまでがんばらなくていいんです。

がんばれるときは、無理をしなくても自然にがんばれます。

 

というかあなたは、

 

今の生活を続けることだけで精一杯がんばっているんです。

 

他のことに割く余裕がないだけです。

 

 

生きているだけで精一杯になってしまうことはあります。

毎日生きているだけで気力と精神力が消耗してしまうこともあります。

 

 

あなたはダメな人間でも弱い人間でもありません。

 

生きているだけでしんどくなってしまったのは、

 

あなたがそれだけ真剣に人生を生きてきたからです。

 

 

そのことをほんの少しでもいいので、あなた自身が思えるようになってください。

急には難しいと思いますが、自分にもう少し優しくなれたらいいですね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

生きているだけでしんどいのは何故?楽な生活には戻れない?

もう疲れた。なにもかもどうでもいいと自暴自棄になったときは?

努力が足りない?頑張っているつもりなのに責められるときは。

もうこれ以上がんばれない。無気力で動けなくなってしまったとき。

何をやっても逆効果!辛くて苦しくてしんどくて悲しくて悔しいときは?

『もう頑張れない!』と言う人ほど、頑張ることをやめない。

心が病んでしまう。醜い自分は生きている価値がない。

強かったあの頃に戻りたい!弱った自己肯定感を高める方法。

もっと頑張らなきゃいけないのに、頑張れない。自分は怠け者?

悩んでしまう弱い心にさようなら。強い心を手に入れたい!

いつもバカにされて萎縮。鼻で笑われて動けなくなったら?

皆さんは必要以上にバカにしてくる人と関わったことはありますか?

わざわざ態度に出す必要がないことでもしっかり態度に出してきます。

冷たい目線。

鼻で笑う。

なかにははっきり伝えてくる人もいますよね。

「なんでそんなバカなこと、キミはやってるの?」と。





むかつきますよね?

 

やらないといけないことだと思ったからやっているんです。

 

やりたいと思ったからやっているんです。

 

 

その思いを否定して、『バカなことやってるわ、こいつ。ありえねー。アホだ!』と態度に出してくるんです。

 

 

自分のことをバカにしてくる人と一緒にいることは負担になります。

 

一緒にいても全然楽しくないし、相手の視線が気になります。

バカにされる態度が多いと『これをやってもいいんだろうか?』、『これをやったらバカにされないかな?』とイチイチ相手の顔色を伺いながら行動するようになります。

 

それがまた相手にとっては愉快なんですよね。『こいつ、なにをこんなにビクビクしてるんだー。そんなに俺が怖いのかー!笑える!!』と気分を高揚させてしまいます。

ますますバカにしてくることが増えてきます。

 

 

離れたらいいことはわかっているけども、立場上どうしても離れることができないときもあるかと思います。

疲れる人と付き合っていかなければいけません。

 

 

この状態って結構厄介ですよね?

 

 

まずね、相手に伝えても相手が態度を変えることはほとんどありません。ナチュラルにあなたのことをバカにする癖がついているので、それを直そうと思ったら大変なんです。

バカにしている相手のためにそんな負担を負いたくないでしょう?

 

そもそも相手に伝えることすらできない環境も多いです。

 

相手にそのことを伝えると、こちらが不利な立場になってしまうことも多いんです。

同居している両親、職場の上司、部活の先輩、片想いの相手、結婚相手の親、バカにしてくる人ってこういう立場の人が多いです。

 

 

バカにしてくる人って、あなたを対等の人間として見ていないんです。

 

 

バカにしてくることって、つまりは『自分よりお前は下だ!』と思っているからなんです。

相手が上の立場で、自分が下の立場です。

少なくとも相手はそう思っています。

 

 

こちらの意見を言おうとしたら「バカの癖にでしゃばるな!」と一言で終了。聞く耳もたず。あの耳は飾りなんでしょうね。

こちらが困っていることがあっても教えてくれず、『あいつ、困ってるな!面白い!!』、『バカなことをやりだしたぞ!バカの考えてることはわからんわ!(笑)』と喜んでいる。

そのくせ報告に行くと人一倍厳しい言葉で怒鳴ってきます。

 

よっぽど楽しいんでしょうね。こちらをバカにしているときはすごく生き生きしています。

そのぶんこっちは疲れますよね。

『わー、バカにしてくれてる!楽しい!!』なんてならないでしょう?

 

 

バカにしてくる人の相手をしていると疲れます。うんざりします。

 

だけどなかなか離れてくれないんですよね。

こちらが距離をあけようとするとついてきます。

遠くにいたのにわざわざこちらに寄ってきます。

 

バカにするために。

 

 

嫌われている自覚がないんですよね。

空気が読めないんです。

 

 

多少は嫌っているだろうということは相手もわかっていますが、違いますよね?

 

多少じゃありません。

 

すごく嫌いなんです。

 

『あんたが考えている10倍はあんたのことを嫌いなんだぞ!!』と伝えてやりたくなります。

 

・・・

・・・

なんか、悩んでいるのが馬鹿らしく感じませんか?

 

 

あなたは今『どうすればバカにされないようになるんだろう?』、『バカにされても気にしないようにするにはどうすればいいのかな?』といったことで悩まれていると思いますが、

そんな相手のために悩んでやるのって馬鹿馬鹿しいと思いません?

 

だってこちらのことを何も考えずに、ただバカにして気を晴らしたいと思ってズケズケとこちらに踏み込んでくるのだから。

あなたは相手に嫌われていると思っているかもしれませんが、相手はあなたのことが大好きなんですよ。

 

バカにできるから。

 

自分のストレスを発散させられる相手だから。

 

 

相手はあなたの行動や発言がイライラすると思っているのですが、実はそうではないんです。

『あっ、こんな行動してくれた!よしっ!バカにできるぞ!ありがとう!!』
『おっ、その発言は俺にバカにしてくれと言ってるんだな!今日は嫌なことがあったし、特別サービスだ!いつもより3割増しでバカにしてやろう!!』

あなたが餌を与えてくれる魅力的な人だから、あなたのことを注意深く見ているんです。

 

だから、

 

取るに足らない些細なことでも、あなたのことをバカにしてきます。

 

他の人がやっても何も言わないことでも、あなたがやればバカにしてきます。

 

 

あなたはただ、相手のストレスの発散に利用されているだけです。

 

 

本当にあなたがバカで、あなたのことがすごく嫌いなら、バカになんてしてきません。

相手の方があなたから離れていきます。

 

 

あなたにとってはいい迷惑ですよね。

嫌ってくれる方がありがたいです。

無視してくれる方がありがたいです。

無視されるよりはマシだって言葉もありますが、無視された方がマシなくらい相手のことが嫌いなんです。

 

 

まともに相手をしてやらなくていいですよ?

 

 

『あっ、またバカにしてきた。バカにするしかストレスを発散できない哀れな人なんだなー。』と流してあげましょう。

『なんでこの人はこんなにバカにしてくるんだ!』、『どうすればバカにされないようになるかな?』って考えても無駄です。

 

 

相手にとってあなたはバカにする材料を提供してくれるための装置なんです。あなたをバカにしてくる大層な理由はありません。あなたが改善をしたとしても次にバカにするポイントを探してきます。

探すというか難癖、言いがかりです。

 

 

バカにしてくる人には相手をしないこと。流すことが一番です。

 

流すことができないのは、あなたが真剣に相手のことを人として見ているからです。

 

 

でも相手は、あなたのことをただのバカにする材料提供機だと思っています。

こちらを尊重することはありません。

 

そんな人たちを尊重する必要はないのではないですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

見下してくる嫌な人との関わり方。あなたまで落ちてやる必要はない。

いつも叱られてばかり。仕事をなかなか覚えられないのはどうして?

器が小さすぎる!!頭ごなしに怒ってくる相手への対応法!

王様と奴隷?わがまますぎる人から離れられないときは?

どうして皆好き勝手言ってくるの?いい加減にして・・・

どうしてこんなに被害妄想が強いの?惨めな自分が嫌だ。

全否定された時の対処法!問題があるのはあなたじゃなく相手。

彼女がダメ出しばかりしてくるのはなぜ?ブラック彼女に疲れたら。

逃げたらダメは間違い!逃げるのは悪いことじゃない!!

人の言葉に過剰反応してしまう。傷つきやすい性格が嫌い。

『自分なんか認められない!』では勿体ない!人生を楽しむには?

皆さんは今の自分を認めることができていますか?

それとも認めることができませんか?

 

自分を認めることができるか、できないかで、人生は大きく変わっていきます。

 

自分を認めることができると、行動力や発言力が増します。外部への発信力が大きくなります。すると当然周囲への影響力も強くなります。周りから認められることも増え、それが自信にもつながります。自信があるのでネガティブ思考よりポジティブ思考をする余裕ができます。その結果、チャレンジ精神の強い一緒にいて楽しい人になります。

自分を認めることができないと、行動力や発言力が減ります。自分の意見を外部に発信することも少なくなります。するとあなたは、いてもいなくても同じ人になります。自分を認めることができないので、周りもわたしを認めてくれないと思い、自信がなくなります。自信がないのでポジティブ思考ができず、ネガティブな思考ばかりしてしまいます。その結果、チャレンジ精神なんてない一緒にいても楽しくない人になります。




どうですか?

けっこう違いますよね?

 

これが一回だけの話ではなく、生きている間ずっと続きます。

 

かなり人生が違ってきますよね?

 

 

さて、

あなたはどっちでしょうか??

 

 

 

ほとんどの方が認めることができないを選んだのではないかと思います。

 

認めることができている人と認めることができない人の最大の違いは、心の疲れ具合です。

自分のことを認めることができている人は、心が疲れてしまうことが少ないです。

自分のことを認めることができない人は、心が疲れてしまうことが多いです。

 

自分を認めることができるか、できないかで精神的な負担は全然違います。

 

 

あなたの心が疲れている状態なら、それは自分のことを認めることができていないからかもしれません。

 

自分を認めることができる方法なんですが、これってかなり難しいんですよね。

皆さんも調べて、いくつかの方法を実践してきませんでしたか?

その結果、まだ自分を認めることができなくて、この記事を読まれているのではないですか?

 

『自分を認めることって、こんなにも難しいんだ!』と思ったことはありませんか?

そう、自分を認めることってめちゃくちゃ難しいんですよね。

簡単そうに書いたり、言ってくる人もいますが、自分のことを認めることができない人にとっては、それはめちゃくちゃ難しいことなんです。

 

 

そもそもね、

最初は誰もが自分のことを認めているものなんです。

 

認めているというか、そんなこと思いもしないほど当たり前なことなんです。

それが生きていくうちに、つらいこと、大変なこと、責められることなどを体験し、自分に嫌気がさしてくるようになるんです。

 

 

自分に失望して、自分のことを認められなくなるんです。

 

人生経験の積み重ねで、自分のことを認めらなくなっているんです。

 

そんな自分を認められるようになるのは簡単なことじゃありません。

 

 

一度失ってしまった信頼って、取り戻そうとしたらものすごく大変ですよね?

あれと同じです。

 

 

一度自分のことを認められなくなってしまうと、自分を認めることってものすごく大変なんです。

 

 

積み上げていたものが壊れてしまうと、元に戻すためには倍以上の労力が必要になります。

『自分のことを認められないなー。しんどくなったから認めてあげよう。』とあっさりと認められるようになることはありません。

 

自分のことを認めてあげようと思ってもことあるごとに邪魔が入ります。

『こんな自分を認めていたらダメになってしまう。』
『自分を甘やかしてばかりいると、ますますいい加減な人間になってしまう。』

こんなことを思ってしまいます。

 

自分を認めようと思っても、あなたが『自分を認めてはダメだ!』と邪魔をしてきます。

 

 

自分を認めることができないと、普段から自分を否定する癖があります。

習慣的についつい自分を否定してしまいます。

いつも自分を否定されているので、当然自信もなくなります。

自信もなくなるというか、自分の能力自体が劣っているという認識になります。

本当はもっとあなたはできるのに、自分の力を過小評価して動けなくなってしまいます。

 

 

それはあまりにももったいないことだとは思いませんか?

 

 

自分を認めていく方法なんですが、

できていないことばかりに目を向ける癖を意識してやめてみましょう。

 

 

できないことばかりに目を向けると当然、自分は何もできない人になってしまいます。

できない自分を認められたらそれが一番なのですが、それは難易度が高いです。

あなたは何もできない人になっているのですから、自分を認められないんです。

 

 

だから、

自分は何もできないという勘違いを直していきましょう。

あなたは何もできないというのは、勘違いなんです。

 

勘違いというか、できないことにしか焦点を当てていないから、できない人間になってしまうんです。

あなたがあなたを何もできない人間にしているんです。

まずはその習慣を少しずつ変えていきましょう。

 

 

何もできない自分を疑ってください。

 

 

本当に自分は何もできないのかを自問してください。

 

 

何もできない人間なんていません。

あなたは、人より劣っているところが多いのかもしれません。

 

でもそれで、何もできない人間だと評価を下すのは厳しすぎます。

これからもそんな、何もできない自分で生きていかないといけないんです。

 

 

そんなのうんざりしてしまいますよね?

 

 

能力的に今までできなかったことができるようになるのは大変です。

それよりもできていることに気付いてあげるほうが、自分を認める近道になると思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

自分を受け入れるには?自己肯定感を高めて楽しく生きる方法!

何もできない落ちこぼれ。無能な自分との付き合い方。

強かったあの頃に戻りたい!弱った自己肯定感を高める方法。

生きているだけでしんどいのは何故?楽な生活には戻れない?

どうしてこうなった?こんなはずじゃなかったのに・・・

今すぐできる!ストレスに潰されそうになったときの応急措置!!

すぐに行動できない自分が嫌!行動力を身につけるには?

認めてもらいたい人に認めてもらえない。承認欲求の制御法。

こんな自分はもう嫌だ!性格を変えて生まれ変わりたい!

ありのままの自分でいいって本当?こんな自分認められない。

自分に失望した。失意のどん底からもう一度自分を信じるには?

皆さんは自分を信じること、できていますか?

最初は信じられていたかもしれませんが、今は信じることができていないのではないでしょうか?

 

思い通りの結果にならず大きな挫折をしてしまった。

自分ならできると思っていたのに、実際にやってみると『こんなにもできないのか!』と愕然とした。

 

一度自分に失望してしまうと、自分を信じることが難しくなってしまいます。

 

 

もう一度自分を信じてみてもいいんでしょうか??



まずね、自分を信じてみようかと思うということは、あなたは自分を信じてあげたいんだということを覚えておいてください。

挫折を味わって、自分はこんなにもできないヤツなのかと幻滅して、何度も自分に裏切られて。

 

 

それでも自分を信じてあげたいんですよね?

 

それはすごいことだと思います。

 

 

自分に失望し、失意のどん底にいるともう希望なんか見えなくなり、自暴自棄になってしまうものなのですが、それでも『もう一度信じてみようか』と思えることはすごいことです。

 

 

あなたは強い心を持っています。

 

 

自分を信じることができれば、行動力や活動力が大きくなります。その結果、今まで知らなかった世界に足を踏み入れることができます。

 

『どうせできないから。』とあきらめて行動しなかったことが、『やってみようか!』と行動できるようになります。

迷いが少ないので、自分の最善の手段を一直線に実行できます。

可能性が高くないことでも、成功を勝ち取ることができます。

もちろん失敗することもありますが、自信がない人よりも成功率はかなり高いです。

困難なことでも成功率が高いので、当然それが自分の自信につながります。

自信があるので成功率が高い。
成功率が高いので自信がつく。

 

プラスの循環です。

 

 

でもね、なかなかこうはならないんですよね。

皆さんの場合は。

 

自信がないから『やってみよう!』とすぐに行動には移れません。実行中も『本当にできるだろうか?』と迷いながら行動します。

迷いがあるので、行動中も余計なことばかり気になってしまいます。

可能性が低くないことでも失敗してしまうことがあります。

もちろん成功することもありますが、自信がある人よりも成功率はかなり低いです。

難しくないことでも成功率が低いので、当然自分に自信が持てなくなってしまいます。

自信がないから成功率も低い。
成功率が低いので自信がなくなる。

 

マイナスの循環です。

 

 

ここから抜け出す方法なんですが、

一度、自分を徹底的に信じてみることです。

 

『俺にできるかな?』じゃなく『俺ならできる!!』と徹底的に信じてみることです。

 

過去の失敗が多い人ほど、自分を信じようと思っても『でも』、『だけど』と思考にノイズが入ります。

ほんとにね、一回『できる!!』と思うまでに『でも』、『だけど』が10回以上浮かんできます。

『できる!!』が埋もれて見えなくなってしまうほどの『できない。』が襲ってきます。

 

その『できない。』を払いのけましょう。

奥深くに隠れている『できる!!』を探し出しましょう。

 

過去の失敗はすべて忘れてください。

 

所詮は過去のあなたにすぎません。

過去のあなたにできなかったからといって、今のあなたにもできないという道理はありません。

 

 

今のあなたは過去のあなたより強くなっています。

 

 

信じてください。

 

 

信じてあげてください。

 

 

何度も打ちのめされたのに、まだ立ち上がろうとするあなたを。

 

 

ものすごい勢いで吹き飛ばされてしまったのに、それでもまだ立ってみようかと思えているあなたを。

 

 

なかなかいないんですよ?

 

自分を信じられなくなるまで打ちのめされたのに、それでももう一度自分を信じてみようかと思える人は。

 

行動に移れていませんか?

そりゃ、今の状態では行動なんかできませんよ。

あなたは重体だったんですから。

 

それでも行動してみようと思えたことがすごいんです。

 

 

自分に甘すぎますか?

自分に甘いのなら、こんなに苦しまないでしょう?

自分に甘いのなら、挫折なんかしませんよ。

 

挫折なんか流して、自分のことを信じられていたはずです。

 

 

あなたは自分に厳しい人なんです。

 

 

自分に厳しすぎて一度は完全に折れてしまったんです。

 

 

一度は完全に折れてしまったのに、再度立ち上がろうとしているのが今のあなたなんです。

『もう一度自分を信じてもいいんじゃないか?』と悩んでいるのはその段階です。

 

ここまでたどり着くのはすごく苦しかったはずです。

いくつもの葛藤があったはずです。

今も自分を信じるのは怖いはずです。

 

それでもそれらを乗り越えて、もう一度自分を信じてみることを選んだあなたはすごい人なんです。

 

だから信じてみてあげて下さい。

 

そんなすごいあなたを。

 

 

疑うことなんかする必要はないです。

誰が何と言おうと、あなたはすごいんです。

 

もう一度心から自分を信じることができたとき、あなたは自分の信じられないくらいの力を感じるようになります。

あとはその勢いに乗っちゃいましょう!!

 

『信じてみてもいいのか?』と悩んでいるうちは力を無駄に浪費しています。

そこまで思えたあなたはもう少しなんです。

 

あともう少しであなたは、以前のあなたとは比較にならないくらいの力で復活できます。

 

よく言われる「挫折を経験した人間の方が強い!!」ってやつですね。

あなたはもう少しで挫折を乗り越えようとしています。

 

信じてみていいのかと不安になる気持ちはわかります。信じてまたダメだったら今以上に苦しい思いをすることになります。

今でさえ立ち直るのにこんなに時間がかかっているのに、さらに深いダメージを負ってしまうかもと考えると足がすくみます。

もう一度自分を信じて、それでもダメだったら、もう二度と立ち直れないと思ってしまうかもしれません。

 

 

ですがそれでも、

 

あなたはもう一度自分を信じてみたいんです。

 

 

大けがをしてしまう危険があるけど、もう一度信じてみたいんです。

 

たしかに一度徹底的に自分に裏切られると、自分を信じるのが怖くなります。

ですがその怖さを踏まえた上でも『信じてみようか。』と思えたあなたはすごいです。

 

きっとあなたなら挫折を乗り越えて、一段階上の自分になれるはずです。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。



関連記事:

信頼していたのに裏切られた!心に穴が開いたときは?

なにもしてあげられなかった無力な自分。後悔と罪悪感。

何もする気になれないのは燃え尽き症候群?やる気を出すには?

もう心が折れた…大きな挫折をした直後にするべきことは?

すぐに行動できない自分が嫌!行動力を身につけるには?

大恋愛からの大失恋!受け入れられない絶望から立ち直るには?

自分に厳しくなれない。自分に甘い自分が嫌い。

心が弱ってしまうのは弱い人間だから?

自信がなくなってしまったときは

信じたいのに

悲しくて仕方ない!悲しみに押し潰されそうになったときは?

どうしようもなく悲しくて悲しくて仕方がない気持ちになったことはありますか?

 

これって本当に大変ですよね。

 

胸がズキズキと痛むし、「ああああーっ!!!」と思わず叫びたくなるほどの強烈な感情が流れてきます。

何をしていてもモヤモヤです。イライラです。




この悲しくて仕方ないときって、自分をなんとかコントロールしようとするんです。

 

悲しみにとらわれてしまわないように。

怒りに身を任せてしまわないように。

 

自分をなんとかして保とうと、流れ込んでくる感情に反抗するんです。

 

それが余計に自分の心を苦しくしてしまうんです。

 

 

あのね、

 

悲しくて仕方ないときは、しっかり悲しまないといけないんです。

 

悔しくて仕方ないときは、しっかり悔しがらないといけないんです。

 

 

たしかに、その感情を抑え込む技術や平静を保つ方法はいくつかあります。

でも結局それは、自分の心を押し殺してしまうことになるんです。

 

つまり我慢してしまうことになるんです。

 

 

どうしようもなく悲しくなってしまうのは、今まで我慢して、我慢して、我慢していたものが、ふとした瞬間にはじけてしまったからなんです。

 

それをさらに我慢して押し込んだところで、あなたの負担は大きくなります。

 

 

次に悲しみが襲ってくるときは今回の分もプラスに上乗せされます。さらに強い感情で襲ってきます。

 

そのときはさらに我慢をしますか?

 

 

我慢をずっと続けていけば、悲しみに流されてしまうことはありませんか?

ずっと我慢をしていけば、いつかは悲しみを忘れることができますか?

 

それの積み重ねが今のあなたではないですか?

 

 

あなたは今まで悲しいことがあっても自分をコントロールし、制御してきたのではないですか?

 

 

あなたは普通の人よりも、我慢をする技術がすごく高いのだと思います。

どうしようもないほど抱え込んで、動けなくなるほど溜め込んで、それでも我慢をしてきたのではないですか?

 

 

それが限界を迎えてしまったんです。

 

だからこんなに悲しいんです。

 

 

今までに我慢して溜めていたものが、容量がいっぱいになり、こぼれだしてきたんです。

この場合は感情にフタをしてはいけません。

フタをしたところですぐに外れてしまいます。

 

 

悲しい感情と向き合いましょう。

 

 

スッキリするまで感情をこぼしましょう。

 

自分の気持ちから目をそらさず、真剣に向き合いましょう。

 

自分の気持ちをしっかり理解してあげましょう。

 

 

悲しい思いをするのは皆つらいものです。

悲しい思いなんかしたくありません。

 

だけど、悲しい思いなんかしたくないからといって、その思いにフタをして見て見ぬふりをしても意味はありません。

あなたの深い部分に悲しみが蓄積され、大変なことになってしまいます。

 

 

部屋が汚れているからといって、押し入れにゴミを次々に押し込んでいったらどうなりますか?

ぷーんと匂いますよね。

ずっと放置していたら悪臭が充満してしまいます。

次にゴミを押し込もうとして押し入れをあけたら、ドバーッとあなたに大量のゴミが襲い掛かってきます。それこそ量が多ければ身動きすることさえできず窒息するほどの。あなたは臭いゴミの中で一生を終えます。

 

悲しみを我慢して押さえつけてしまうと、そんな状態になってしまいます。

 

 

悲しくて仕方ないときは、しっかり悲しみましょう。

 

我慢なんかする必要はありません。

気丈に振る舞う必要もありません。

 

自分は悲しいんだということに気づいてあげましょう。

 

 

心はあなたに気づいてほしくて悲しいという感情を発しているのに、あなたが無視をしてしまったら心は弱ってしまいます。

 

家族が悲しそうにしていたら、どうしたのか不安になりますよね?

恋人が悲しそうにしていたら、こちらまで悲しくなりますよね?

友人が悲しそうにしていたら、自分を頼ってほしいと思いますよね?

 

 

大切な人が悲しそうにしていたら、優しく声を掛けますよね?

素知らぬ顔をしてほっておかないですよね?

 

あなたは他人には優しく声を掛けられても、自分のときは素知らぬ顔で無視するんです。

 

 

どれだけ自分のことが嫌いなんですか?

 

自分に対して厳しすぎますよ?

 

 

心が悲しんでいるときは無視をせず、悲しい思いをしている自分にしっかりと向き合ってあげて下さい。『悲しいんだね。』と共感をしてあげて下さい。

『悲しむな!』と冷たく突き放さないでください。

 

それほどまでに悲しくなることって、普通はないんですよ?

 

 

あなたががんばって、無理をして、我慢して、それでもまだがんばっているから悲しくなっているんです。

あなたはそこまでがんばったんです。

 

 

悲しさに押し潰されそうだからといって、それを克服しようとは考えないでください。

悲しみをコントロールする方法はたしかにあります。

あなたも普段は使っていたはずです。

 

むしろ今回の悲しみは、そのコントロールが上手さが生んでしまったものなんです。

 

本当は、悲しさに押し潰されそうになる前に気づくべきだったんです。

あなたがどれだけ悲しい気持ちを感じていたのかを。

どれだけ悲しみを我慢するためにがんばっていたかを。

 

 

悲しみに押し潰されそうになってしまったら、一度悲しみに押し潰されてください。

 

すごく怖いことでもありますが、目をそらさずに向き合ってください。

とてつもない悲しみかもしれません。

ですが途中でとめようとしないでください。

悲しみを出し切ってください。

 

 

その悲しみはあなたが今までがんばってきた証拠です。

 

その悲しみは今もあなたががんばろうとしている証拠です。

 

 

それほどまでにあなたはがんばってきたんです。

それほどまでにあなたはがんばろうとしているんです。

 

今は悲しみに向き合ってあげませんか?

こんなときぐらい自分に優しくしてもバチは当たりませんよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。



関連記事:

泣いてばかりの自分が嫌だ。泣いたらダメってわかっているのに。

苦しい時こそ笑えは間違い!本当に苦しかったら笑わなくていい。

もう疲れた。なにもかもどうでもいいと自暴自棄になったときは?

どうしてこうなった?こんなはずじゃなかったのに・・・

元気を出さないといけないのに元気が出ない。心が沈んでる時は?

どうしてこんなに被害妄想が強いの?惨めな自分が嫌だ。

今すぐできる!ストレスに潰されそうになったときの応急措置!!

心が病んでしまう。醜い自分は生きている価値がない。

世界で一番不幸でかわいそうで惨めな自分は

こんな自分はもう嫌だ!性格を変えて生まれ変わりたい!

仕事に行きたくない!仕事に行くのが苦痛でたまらないときは?

『仕事に行きたくない。』と思ったことってありませんか?僕もね、仕事人間ではないのでけっこう思います。

 

この『仕事に行きたくない』のがただの気分で言えているうちはいいんです。

『今日は身体がしんどい、行きたくないなー』と思えてる時点では、さほど問題はありません。

大なり小なりみんな思っていることです。

 

だけどこれが常時そう思っている状況なら、問題があるかもしれません。

問題があるというより、早めに対処しないと大変なことになってしまうかもしれません。



どうして仕事に行きたくないのでしょうか?

 

自分のやりたくない仕事を金をもらうために仕方なくやっている。

仕事自体には不満はないが、職場での人間関係が最悪で疲れてしまう。

嫌いな上司いつも叱られて、今日も叱られに行かないといけないのかと憂うつ。

最近振られた恋人と同じ部署で空気が重い。

 

理由は色々ですね。

 

 

あなたにはどんな行きたくない理由がありますか?

 

 

仕事に行きたくないですよね。

 

なら、

 

仕事に行かなくていいんじゃないですか?

 

 

すごく投げやりな答えになりましたが、実際問題、どうしようもないくらい仕事に行きたくないのなら、

 

仕事に行かなくていいんです。

 

最終手段はこれです。

 

 

あなたはその仕事に行かなくてはいけないと思っていますが、別に行かなくてもいいんです。

行くか行かないかの判断はあなたがしたらいいんです。行かないといけないことなんてないんです。

 

別にね、仕事を辞めたからといって死にはしません。

生活は苦しくなるかもしれませんが、すぐには死にはしません。

 

 

でもね、

行くのが苦痛の仕事を続けると死んでしまうことがあります。

 

行くのが苦痛で出勤中にボーッとして交通事故。
気力を根こそぎ吸いとられ自殺。

 

 

行くのが苦痛な仕事を辞めてしまうより、続ける方が死亡リスクは高いです。

 

本当に仕事に行くのが苦しい状態なら辞めてもいいんです。

意地を張って死んでしまってはなにもできなくなります。

 

 

そうなる前に仕事を辞めましょう。

 

 

でもあなたは今、そうならないようにがんばっていますよね。

 

 

仕事を辞めないですむ手段があるなら、その手段を実行していますよね。

やりたくもない仕事を『金のためだから!』 と割り切ってしていますよね。

人間関係にまいっていても、少しでも快適な空間になるように努力してますよね。

いつも叱ってくる上司のことは嫌いだけど、そんな嫌いな上司の下で一生懸命働いていますよね。

元恋人が同じ部署で新しい恋人を見つけても、それでも職場に行っていますよね。

 

仕事に行くのが苦痛で、朝起きたら『今日も行かないといけないのか。』とうんざりする。

 

それでもがんばって仕事に行ってますよね。

 

 

それはすごいことだと思います。

 

 

当たり前のことと思わず、自分をほめてあげましょう。

 

実際ね、仕事に行きたくないからとすぐに辞めてしまう人もいます。

あなたほど苦しんで、葛藤する前に辞めてしまう人も大勢います。

あなたが当たり前だと思っていることは、意外とすごいことなのかもしれませんよ?

 

 

ただし、それをやり過ぎてはダメです。

 

 

食欲がなくて朝食を食べれなくて、『これから仕事だ。嫌だなー。』と考えて下痢になって、気分が悪くなって嘔吐して。出勤途中にめまいがして立っていられない。

 

こんな状態になってしまったら、がんばってはダメです。

こんな状態になってしまうと、心と身体が壊れていきます。

 

 

この状態になったらなんとかする方法を探すよりも最終手段。仕事を辞めるための行動に移りましょう。

 

仕事に行く前にコーヒーや紅茶を飲んでリフレッシュ。
仕事終わりに豪華な夕食など自分へのご褒美を用意。
通勤途中に好きな音楽を聴き精神を高揚させる。
金を儲けるためと感情を殺してマシンのように働く。
仕事後は適度に運動して汗を流す。
半身浴やアロマでリラックス。
映画や読書で現実逃避。

 

こういったことはもうされているでしょう?

これ以上の工夫をもうされているでしょう?

 

 

それでも成果はほとんど出ないほど仕事に行きたくないんですよね。

なんとか行こうとする気力が出てくるようにがんばっているけど、もう行きたくないと思ってしまうほど追いつめられているんですよね?

 

仕事に行かなくていいじゃないですか。

 

そこまで無理をしてその場所で働く意味もないでしょう?

 

 

たしかに仕事を辞めてしまうと不都合は起こるかもしれません。

お金の面にしてもそうですし、周りの目があるかもしれませんし、あなたがやりたい職種だったのかもしれません。

 

でもね、そんなことをわかった上で、

あなたは仕事に行きたくないんですよ?

 

 

お金に困っても仕事に行きたくない。
周りにどう思われようと仕事に行きたくない。
もうこの職種に就くことは難しいかもしれないけど仕事に行きたくない。

 

これが本音じゃないですか?

 

 

不都合があるからがんばって仕事に行っているけど、たとえ不都合になったとしても仕事に行きたくないのではないですか?

なら行かなくていいんですよ。

あなたに合った場所は他にあるんです。

 

 

想像してみてください。

1年後、行きたくない仕事に我慢をして行っているあなたを。

 

 

想像してみてください。

10年後、行きたくない仕事に我慢をして行っているあなたを。

 

 

想像してみてください。

30年後、行きたくない仕事に我慢をして行っているあなたを。

 

 

そんな未来、想像するのも怖いでしょ?

 

 

今の職場で続けていかないといけないことはないんです。

あなたがこれから先、何年間その職場で働くことができるのかはわかりませんが、結構長いんじゃないですか?

『あと半年我慢すれば定年だ。退職金もたくさんもらえる。』こんな状態なら、『あと少しの辛抱だ。がんばろう!』と気力を保てると思います。

 

でも、そうじゃないんですよね?

 

ゴールが遠いから苦しいんですよね?

 

辞めてもいいんですよ?

 

 

仕事なんて大層な理由がなくても辞めていいし、辞めたくなったらいつでも自分の勝手に、自分の都合で辞めたらいいんです。

 

無責任かもしれませんが、

どんな仕事であっても、あなたが心を壊してまでその場所にこだわる必要はありません。

 

 

仕事を辞めたらいけないことはないんです。

あなたの判断で自由に決めたらいいんですよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。



関連記事:

『まだ大丈夫!』って本当に?いつまで?実は危険な思考。

自分らしく生きられないのはなぜ?自分らしく生きたい。

孤立して集団の輪の中に入れない!自分が間違っているのか?

明日からが憂鬱で仕方ない!サザエさん症候群になったら?

教え方が下手な上司の特徴!あなたが落ち込む必要はない。

息が詰まる!ギスギスした人間関係とミスを許されない職場。

思っていた仕事じゃなかった。自分には合わない。辞めたい。

全然言うことを聞かない部下、使えない部下への指導法

中間管理職の恐怖。周りは敵だらけ。誰も味方がいない。

一生懸命頑張っているのにどうして!?報われない原因とは?

マイペースで大人しい人は攻撃されやすい!大人しいからって何も考えてないわけじゃない!!

マイペースで大人しい性格で苦しんだ経験ってありませんか?

 

マイペース=大人しいということはないのですが、大人しい人は他者に発信するのが苦手なので、自分を貫く人、何を考えているのかわからない人、何も考えてない人、周囲に合わせられない人と誤解をされてしまいます。

マイペースと大人しいはよく一緒にされますが、本当は違うんです。




大人しいからマイペースだと周囲の人は思い込んでしまうんです。

 

大人しくてもマイペースじゃない人も多いですし、騒がしい人でもマイペースな人も多いです。

マイペースなのに騒がしくしているから、周囲がそれに気づかないんです。

 

 

大人しいとよく誤解をされます。勝手な解釈をされます。

こちらが何も言い返さないのをいいことに、ひどく理不尽なことを言ってきたり、上から目線で容赦なく責めてこられたことはありませんか?

 

大人しい性格だと攻撃を受けやすくなってしまいます。

 

他の人には大して怒ることもない人が、自分だけには頭ごなしに怒ってくることもあります。

あなたが大人しく反応していると、「これだけ言ってもまだわからないのか!」とさらに高圧的になってしまう人もいます。

マイペースな相手には、厳しく言わないと伝わらないと思ってしまいます。

 

もう、うんざりしますよね。

 

 

まずね、大人しい性格ではない人にわかっていただきたいのは、

 

大人しい性格=何も考えていない

大人しい人=従順な人

 

ではないということです。

 

 

大人しい性格の人は無闇に発信をしないだけで、普通の人と同じように物事を考え抜く能力はあります。

むしろ発信していないぶん、普通の人よりも深い思考を持っていることもあります。

思考があるということは、普通の人と同じように傷つきます。疲れます。

 

 

でもそれを、無闇に発信しません。自分の中で抱え込みます。

 

大人しい人は我慢することが得意です。

 

我慢をすることが得意なので、言い返すことも少ないです。

言い返すことが少ないので、周りは『こいつには強くでていい。』、『こいつは何を言っても理解しない!もっと厳しく言わないと!!』といった認識になってしまいます。

 

でもね、

 

大人しい人は何も考えてないわけじゃないんです。

 

 

僕もね、小さい頃から大人しい子という評価を受けてきました。大人になった今もどこに行っても大人しい人と認識されています。

でも、このブログを読んでくださっている人は僕のことを何も考えてない人と思ってはいないでしょう?(考えが浅いとかはあるかと思いますが。)

めちゃくちゃ自分の言いたいことを書いていますよね、僕。

 

 

大人しいからといって、何も考えてないわけじゃないんです。

 

大人しいからといって、いい子ちゃんというわけではないんです。

 

 

相手に発信することを人よりしないだけで、どす黒いことを考えていることもたくさんあります。

 

大人しいからといって従順だとは限らないんです。

 

大人しくても攻撃的な人はいます。

 

 

ただそれを発信しないから、相手は調子にのってしまうんです。

勝手にあなたより自分が上だと勘違いされて、自分は正しいことを教えてやっているんだとばかりに価値観を押しつけてきます。

黙ったままでいるとそれがエスカレートしてきます。

 

 

一度、反撃してみませんか?

 

 

あなたが自分の主張をあまりしないがために、周りは調子にのっているんです。あなたに対してはチンピラになってしまいます。

そんな調子にのっている人たちに、あなたが従順な人じゃないことをわからせてあげませんか?

 

 

我慢をしすぎてしまうと大変なことになってしまいます。

 

 

というか、もう、大変なことになっていませんか?

今までは堪えることができていたのに、今回はそれが難しいんじゃないですか?

 

 

我慢の限界が近いんじゃないですか?

 

 

あなたはものすごく遠慮していますよね?

 

 

『言いたいことを言ってしまったら周りに引かれる。』、『言いたいことを言ってしまったら終わりだ。』と。

相手をひどく傷つけてしまうことを恐れています。

 

 

そう、言いたいことをすべて言ってしまったら、相手が傷つくことはわかっているんです。

我慢して我慢して、爆発寸前。

 

かなり攻撃的な性格になっていますよね?

それほど言いたいことがたまっているんですよ?

 

 

我慢しないといけないと思っているのに、我慢をすることがすごくしんどくなっているんです。

 

それほどあなたは苦しんでいるんです。

 

 

このままだといつか爆発します。

あなたが考えているよりもさらに最悪の形で。

 

 

大人しくても、言わなくてはいけないことは言わないとダメなんですよ?

 

あなたがこんなに苦しんでいることを、少しはわかってもらいましょう?

 

 

あなたが我慢すれば丸く収まると思っているのかもしれませんが、

 

何故あなたが我慢をしなければいけないんですか?

 

 

あなたが黙っていることをいいことに、言いたいことを言っている人が得をしています。

そんなのはずるくないですか?

 

我慢をして生活をするのも悪いことではないと思いますが、限界まで我慢するのはよくありません。

あきらかにやりすぎです。

 

 

少しずつあなたの考えを周りに伝えていきませんか?

 

あなたがなにも話さずにわかってもらおうというのも、虫のいい話です。

ちゃんと自分で伝えてわかってもらいましょう。

 

あなたの苦しみに理解をしてくれる人はきっといます。

相手に伝えることによって、あなたの心が少しでも軽くなれたらいいですね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

どうして皆好き勝手言ってくるの?いい加減にして・・・

器が小さすぎる!!頭ごなしに怒ってくる相手への対応法!

人の言葉に過剰反応してしまう。傷つきやすい性格が嫌い。

八つ当たりでいつも人を傷つけてばかり。なんで我慢できないの?

『まだ大丈夫!』って本当に?いつまで?実は危険な思考。

誰もわかってくれない孤独感!本当は辛いんだと叫びたかった!!

相手から傷つくことを言われたときは

自分らしく生きられないのはなぜ?自分らしく生きたい。

自分を責めてくる相手には

どうしてこんなに被害妄想が強いの?惨めな自分が嫌だ。

信頼していたのに裏切られた!心に穴が開いたときは?

信頼していた人に裏切られた経験はありますか?

夫や妻、恋人や親友、親や子ども、上司や部下など、信頼していた相手に裏切られてしまったことってありますか?

 

これって絶望ですよね。

 

心にぽっかりと穴が開きます。





あなたにとって近い人であればあるほど、信頼していた人であればあるほど、

裏切られたときのショックは強くなります。

 

まるで胸をナイフで刺されたかのような痛みに襲われます。

信用しきっていた相手に裏切られることは、何よりも怖いことです。

 

 

よく聞く例としてはやはり男女関係が多いですかね?

信じていた夫や彼氏、妻や彼女の不倫や浮気。どれくらいのペアがこれを経験するかわかりませんが、よくある話ですね。

ですがこれ、当人たちにとってはよくある話ではすまされないんですよね。

 

大問題です。

 

 

この相手は絶対に自分を裏切らないと信じていた相手に裏切られたんですから。

今まで信じて生きてきたものが破壊されます。

 

自分もしているのに怒ってくる人もいますが、自分がしていない場合は本当にショックを受けます。

自分はしていないから、相手もしていないに違いないと思い込んでしまうものなんですよね。

 

なんの根拠もないのですが。

根拠のない自信があったはずです。

それが粉々に壊れてしまいます。

 

 

不倫や浮気の場合はこれだけで止まらないことも多いです。

浮気相手が自分の親友。

この最悪のケースがわりと多くあります。

 

親友に恋人を紹介した数ヶ月後。

結婚式に呼んだ親友が数ヶ月後。

なんてこともあります。

 

親友もあなたと相手との関係を知らなければ、相手へ怒りをぶつけることもできますが、親友はあなたと相手との関係を知っていることもあります。

あなただけが知らないパターンです。

 

考えるだけで恐ろしいですが、親友と相手があなたに隠れて、共謀して交際しているパターンです。

秘密の関係を共有している。あなたには知らされていないことを親友は知っているんです。

この恐ろしいパターン、かなり多いんです。

 

このパターンになってしまうと、ショックは言葉では表せないくらい大きくなります。

どちらか片方に裏切られるだけでも大変なのに、両方に裏切られるのですから、やるせない怒りと悲しみがあなたを襲います。

 

親友の方が交際期間が長いこともあります。結婚はせずあなたには黙っていただけで、あなたと相手が交際する前から親友と相手は交際していたというパターンです。

怖いですね。

 

 

どちらにしてもあなたよりも深い秘密を共有しています。

 

 

信じていたのに。

 

 

相手を信じていたら信じているほど、強いショックを受けます。

 

 

ほんとに世界が一変します。

『そんなはずは。』、『今まで一体なんだったんだ!?』

 

世界が一変したことに戸惑いを覚えます。

否定したい気持ちと、現実として受け入れないといけない気持ちがせめぎあいます。

心が葛藤します。

 

それがあなたが裏切られたと思っている気持ちです。

 

 

これね、

 

あなたが相手に期待していたからなんですよ。

 

 

相手に期待していなかったら、裏切られたと感じることもないんです。

 

 

・・・

・・・

ですがそれはあまりにも寂しいですよね?

 

 

人を信頼することもなく、自分だけしか信じない。確かにそれで人から裏切られることもなくなりますが、それはあまりにも寂しい人生だと思います。

信頼させてくれる相手と出逢うことが、その人と一緒にいることが、なによりもの幸せじゃないですか?

 

期待するなといっても難しいですよね。

 

勝手に期待していただけ?

期待が高すぎた?

 

 

そんなことを言っても、

期待をしてしまうほどの信頼関係が築けていると思っていた相手なんです。

期待してしまうのも無理はありません。

 

期待値が高かったのかもしれませんが、まったく期待せずに生きる人生ほど空虚なものはないでしょう?

 

一緒にいると幸せを感じてほしい。

それくらいの期待が高望みなんでしょうか?

それすらも望んではいけないことだったんでしょうか?

 

 

つらいですよね?

 

 

でもこれは、

 

あなたが今も相手のことを信じたいと思っているからなんです。

 

 

信頼していたのに裏切られて、ひどい目に遭わされて怒りと悲しみがこみ上げて苦しんでいるはずなのに、まだ、相手のことを信じていたいんです。

 

それが苦しみの正体です。

 

 

相手のことを嫌いになりたくないから、それを必死で否定しているから、あなたは苦しんでいるんです。

どうでもいい人だったらこんなにも苦しみません。

 

 

ここからの選択は2つになります。

 

もう一度その人を信じてみるか、

その人に期待することはせず距離を置くか。

 

どちらかになると思います。

 

 

もう一度信じてみるのは怖さがあります。

もう一度信じてみようと思って、実際にもう一度信じることができて。でもそこでまた裏切られたら?

今よりもはるかに大きなダメージを受けてしまいます。

 

 

期待することはせず距離を置くのは寂しさがつきまといます。

期待するのをやめるということは、今までの相手との関係を壊すということです。元の関係に戻ることはなく、新しい関係を目指すということです。

これ以上ダメージを受けることはありませんが、受け入れるまでは苦しみが継続します。

 

どちらかを選ぶことになります。

 

 

この選択も簡単にできたらいいのですが、迷いに迷うこともあります。

簡単に答えを出すことができず、疲れてしまうこともあります。

 

 

まったく「いい加減にしてくれ!!」ですよね。裏切られて苦しんでいるのに、さらに今後をどうするかで苦しみます。

 

ただそれは、

 

あなたにとって相手が大切な人だったからです。

大切じゃなかったら悩むまでもなく切り離しています。

 

 

悩んでしまったらどちらを選んでも、しばらくはモヤモヤが続くと思います。

自分がひどい目に遭ったのに、それだけでも大変なのに、さらに重荷を背負わされます。

 

ただそれは、相手があなたにとって特別な人だったからだということも忘れないでください。

 

あなたが選んだ答えが幸せにつながることを祈っています。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。



関連記事:

どうしてこうなった?こんなはずじゃなかったのに・・・

わかってくれていると思っていたのに、わかってくれていなかった

復縁してもいい?復縁に迷って答えが出せない時は?

泣いてばかりの自分が嫌だ。泣いたらダメってわかっているのに。

元気を出さないといけないのに元気が出ない。心が沈んでる時は?

信じたいのに

誰もわかってくれない孤独感!本当は辛いんだと叫びたかった!!

幸せになりたいのに

もしかして浮気してる?信じたいのに疑ってしまうのは。

価値観の違いが許せない!どうしてわかってくれないの!?

罪悪感が消えない。自分は幸せになってはいけないと思ったら?

『自分は幸せになってはいけないんだ。』と思ったことはありますか?

 

お父さんの期待に応えられなかった。こんな自分は幸せになってはいけない。

お母さんを助けられなかった。こんな自分は幸せになってはいけない。

妻に負担をかけて自殺させてしまった。こんな自分は幸せになってはいけない。

夫を裏切って不倫してしまった。こんな自分は幸せになってはいけない。

彼氏の理想の彼女になれなかった。こんな自分は幸せになってはいけない。

親友を見捨ててしまった。こんな自分は幸せになってはいけない。

などなど。




この自分は幸せになってはいけないというのは、想像以上に厄介なんです。

まずね、

無意識に自分に苦しい選択をしてしまいます。

 

 

本人は自分の意思でやりたいことを選んでいると思っているのですが、自分につらい選択をわざわざ選んでしまいます。

相手を幸せにできなかった罪人なのに、そんな自分だけが幸せになることは許されない。幸せになってはいけない。

こんな思考回路ができてしまいます。

 

 

自分はやらないといけないことをできなかったのに、そんな極悪人の自分は罰せられないといけない。

 

これが罪悪感の正体です。

 

 

自分さえしっかりできていたら、相手は幸せになれてたはずなんです。

 

自分がしっかりできなかったから、相手を不幸にしてしまったんです。

 

 

改めて言葉にするとすごく傲慢ですよね。

でもこの罪悪感って、あなたが優しい人の証明でもあります。

 

相手のことを思いやる気持ちが強い人が抱く感情なんです。

相手のことをなんとも思わないような人が、『自分がしっかりできなかったから相手を幸せにできなかった。』なんて思うはずがありません。

 

 

そこには必ず相手のことを思う優しさがあったはずです。

 

 

『なんとかしてあげたかったのに、できなかった。見捨ててしまった。』
『自分の判断が間違っていたために、相手にすごく迷惑をかけてしまった。』

これって相手のことを思っているから出てくる気持ちなんです。

自分のことだけしか考えていないような人なら、罪悪感を感じることはありません。

 

 

 

この罪悪感ってかなり厄介です。

 

なかなか消そうと思っても消えません。

罪悪感を乗り越えるのは、口で言うほど簡単なことではありません。

 

 

このなかなか消すことができない罪悪感なのですが、消すことができないうちはすごくしんどいです。

 

自分のことを犯罪者だと思っているのだから。

 

 

たとえ社会的には無罪となっても、自分の中では有罪なんです。

罪は償わないといけない。だけど誰もその機会を与えてくれない。

 

ではどうするか?

 

 

自分でその機会を作るしかないんですよね。

 

誰も罰してくれないなら、自分が罰するしかないんです。

 

 

自分は悪いことをしたと決めつけて、徹底的に自分をいじめ抜きます。

社会的には無罪なこともずるをしていると思い、そのぶん、より厳しく自分を痛めつけます。

 

『お前は罪人だ!』、『罪を償え!』『怠けるな!』、『幸せになるな!』

 

こんなことを心の底では考えています。

これがあなたが物事を判断するベースとなります。

 

 

なにを選択するにしても『自分は罪人だから・・・』と考えて行動するようになります。

 

自分は罪人だから、これはしてはいけない。

自分は罪人だから、これはしなくてはいけない。

 

なにを判断するにしても罪人の義務と責任で判断をしてしまいます。

自分のしたいことややりたくないことで判断をすることが、できなくなってしまいます。

 

こうなってしまうと人生の目的が贖罪となってしまいます。

罪を償うために生きて、罪を償うまでは幸せになってはいけなくて、罪を償う為にも不幸を背負い込まないといけません。

 

 

でも罪悪感を感じてしまう人は自分に厳しい人が多いんです。

 

 

人のせいにすることができずに、自分のせいにしてしまう人たちなんです。

そんな自分に厳しい人たちが罪を許せるようになるには、一体どれくらいの時間がかかるでしょう?

 

その過程であなたはもうボロボロになっているんですよね。

 

 

でもこの罪悪感は心の奥に居座ってしまい、なかなか取れません。

無意識に不幸になる選択をしてしまい、どんどん生きるのが苦しくなってしまいます。

自分に罪なんてないんだということを理解できればいいのですが、そんなことをしてしまったらいい加減な人間になってしまうと思ってしまいます。

 

 

罪悪感から解放されるにはスッキリすることが一番だと思います。

 

『わたしには罪はないんだ。考えすぎていただけか(笑)』
『こんなにも罪を償ったんだ。もう罪はなくなった!』

 

スッキリすることができたら罪悪感が消えていきます。

 

 

そのスッキリするための方法なのですが、、、

 

誰か相談できる相手がいる人は相談をしてみましょう。

 

 

罪悪感は一人で抱え込んでしまっているから苦しいんです。話を聞いてもらうだけでも罪悪感が減っていきます。気持ちの整理ができてきます。

 

一番効果があるのは罪悪感を感じている対象に「なんだ?お前、そんなこと考えていたの?バカだなー!」と笑い飛ばしてもらえたら一番なのですが、現実はそんなにうまい話ばかりあるわけではありません。

「そうだよ!お前のせいだよ!お前のせいでこっちはこんなに苦しんでいるんだよ!絶対に許さないからな!一生かかってでも罪を償ってもらう!!」なんてこともあります。

 

だからまずは、

 

自分の味方になってくれそうな相手に相談してみましょう。

 

 

客観的な事実は関係なく、あなたの味方になってくれるであろう相手を選んで、相談してみましょう。

 

一人で抱え込んでいると罪がどんどん大きくなっていくことがあります。

反省を全くしていない人になら罪をわかってもらう必要もあるかと思いますが、あなたの場合は反省のし過ぎです。

心を壊してまで罪を抱える必要はないのではないですか?

 

 

あなたは幸せになってもいいんですよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。



関連記事:

なにもしてあげられなかった無力な自分。後悔と罪悪感。

自分らしく生きられないのはなぜ?自分らしく生きたい。

優しすぎるあなたが苦しいと感じているのなら

生きているだけでしんどいのは何故?楽な生活には戻れない?

心が病んでしまう。醜い自分は生きている価値がない。

泣いてばかりの自分が嫌だ。泣いたらダメってわかっているのに。

誰にも相談できない悩み。一人で抱え込むのは悪いこと?

自傷行為をする人を救うには。一人で抱え込みすぎないで。

期待を裏切ってしまった。消えない罪悪感を消す方法。

世界で一番不幸でかわいそうで惨めな自分は