疲れきった心を癒すには日光が大事!散歩、日向ぼっこをしよう!

皆さんはひどく落ち込んだとき、どんなことをして元気を出そうとしていますか?

落ち込んだ状態から通常の状態に戻るためにどんなことをしていますか?

 

一人一人違うとは思いますが、皆それぞれの方法をいくつか持っていませんか?

メジャーなものからなかにはマイナーなものまで。

それこそ自分のオリジナルの立ち直り方を持っていませんか?




ではそのすべてを実践してもダメなほど落ち込んだときはどうでしょう?

 

 

全然立ち直れないほどひどい落ち込みをしたときはどうしていますか?

 

それこそ常時『あぁ~~~。』みたいな感じで、何も手につかないような感じになってしまったらどうしますか?

 

 

僕が実際にやっていたのは日光浴です。

 

 

身体を動かすのも何かを考えることすら難しいときは、這って窓辺に行き、日光浴をしていました。

そこまで行くのが重労働だったんですけどね。(広い家や豪邸ではありません。ありふれた昔ながらの古い一軒家です。)

そこへノソノソとカメのように行き、グタッと横になる。

日のぬくもりを全身で感じていました。

 

これを日課にしていましたね。

 

 

日光の力って皆さんが思っている以上にすごいんですよ。

 

 

最初のうちは日光を浴びていても何も感じなかったのに、そのうち涙が出てくるようになったんですね。

その当時は『もう一生分泣いた。』と思えるくらいに泣いて、ひどく沈んでいた時期なんですが、『まだ涙が出るのか?』と驚きました。

今でもあのときなんで涙が出ていたのかはわかりません。悲しい感覚はなかったと思うのですが、気がついたら涙が出ていました。

日光を浴びて、生きていることに感動していたのかもしれません。

 

僕のスタート地点はこんな感じでした。

 

何も考えずにただ日光のあたるところで仰向けになり、ひたすら天井を眺めるという生活を続けていました。

で、日光浴に疲れたら這いずり回って日光の当たらないところでグダーッとしてました。(日光を浴びるのさえ疲れるのってどんな人間なんだと思いましたが、徐々に回数を増やしていきました。)

こんな状態からでもある程度の域まで回復できたんです。

 

 

日光の力は皆さんが思っているよりもはるかに強いんです。

 

 

元気な人でも影響がありますよね。

晴れの日だと気分がいい。

曇りだと鬱陶しい。

雨だと気分が悪い。



弱っている人は元気な人以上に外部からの影響力が強いんです。

 

 

だからね、落ち込んでいるときって意外と天気の影響を受けるんです。

 

 

普段は全然気にしていないかもしれませんが、ひどく落ち込んだときこそ日光を浴びることを意識してください。

元気なときは気づかないかもしれませんが、日光には人を癒してくれる効果があります。

 

曇りや雨だと日光浴ができないのが最大の欠点ですが。

 

 

動ける元気のある人は、実際に外に出て外の空気を吸ってみましょう。

 

 

できる限り植物の多いところを散歩してみましょう。

速く歩く必要はありません。周りの景色を楽しみながら一歩一歩歩く感触を確かめましょう。

日光が皮膚にあたっている感触、自然の匂い、風の流れを全身で感じてみましょう。

今自分がどこで生きているかを確認してみましょう。

 

地球ですね。

 

この地球なんですが、人間に生きる力と元気を与えてくれるんです。

 

 

普段はそれが当たり前すぎて気づかないものなんですが、心が弱っているときほど意識をすればそれを感じることができます。

落ち込んだときは海を眺めるとか山に登るといった人もいますが、その人たちは地球が持つ人間の回復機能に無意識に気付いているのかもしれませんね。

 

この日光浴や散歩なんですが、これをすれば今日落ち込んでいたのが明日にはよくなっているというような劇的な変化はないかもしれません。

ですが心にしみわたるなにかがあります。何日か続けることによって心の疲れを癒してくれます。

 

 

心の疲れが癒えれば、あなたオリジナルの発散方法が通じるようになります。

 

 

あなたの好きなことを楽しいと感じ、熱中することができます。

通常の生活に戻れるようになります。

 

 

人間ね、落ち込みすぎて疲れすぎたときはなにも感じなくなるんです。

 

 

正気のままだと耐えられないから、防衛本能として感覚を鈍らせるんです。麻酔と同じなんです。

何も感じないから疲れていることにも気づかず、普段通りの生活をしていまい、最終的には限界ラインを越えてしまいます。

 

 

日光はその鈍ってしまった感覚を呼び起こしてくれる役割があるんです。

 

 

自分は疲れているということを実感させてくれます。

立ち直れないときはね、まずは日光浴をしてみましょう。

自分が今、どのくらい疲れている状態であるのかを実感してみましょう。

『ああ、この状態で立ち直ろうとしてたなんてバカだなー。』と思うと思います。

 

 

まずは自分がバカなことに気づくことから始めましょう。

 

 

焦りは禁物です。

すぐに立ち直る必要はありません。

 

 

あなたが立ち直れないのならそれは、まだ落ち込んでおくべき段階だからです。

 

 

何もする気が起きないとき、何もしたくないときは、日光に浴びることだけをしましょう。

『日光浴なんてしたって意味がない!!』と思われるかもしれませんが、その意味のないと思えることを一度試してみてください。

あなたが思っている以上の効果があるかもしれませんよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



もう心が折れた…大きな挫折をした直後にするべきことは?

何もする気になれない。何もやる気になれない。もう動けない。

今までの全てが無駄になった日。人生が終わってからの生き方は?

心が疲れた時の対処法と効果一覧!苦しさから脱出するためには?

疲れているのに気づかなくなったら要注意!頑張りすぎのサイン!

ショックからいつまでも立ち直れない!引きずってしまう性格が嫌い。

『もう生きていくのが辛い!』死んでしまいたい状態になった時は?

挫折してしまったときは

理不尽すぎる現実。言い聞かすのも疲れた。心が壊れそう。

笑えなくなったのは心のSOS!泣けなくなったのは心の死!!

自己犠牲は絶対にしてはいけない!人を大切にしろという言葉の本当の意味。

皆さんは他人を大切にしろという言葉、一度は耳にしたことがありませんか。

「自分のことばかり考えず、他人に思いやりをもって接しろ!」ってうたっている人を見たことはありませんか?

 

・・・

これね、嘘なんですよ?

 

もちろんね、他人に思いやりを持って接することはいいことだと思います。

自分のことばかり考えるなというのも、それが皆できたら素敵な世界になるでしょうね。




でも嘘なんです。

 

ある看板を見たことがあるんです。

その内容は「日々精進し、他人を思いやれる人間になれ!自分のことばかりを考えるな!困っている人を見つけたのなら、自己犠牲をしてでも助け、社会の役に立て!」みたいな感じだったと思います。見たのは半年以上前だったから全然内容が違うかもしれませんが。

 

でも、

自分のことばかり考えるな!
他人を思いやれ!
自己犠牲をしてでも助けろ!

この三点は確実に書かれていました。

 

 

皆さんはこれを読まれてどう思います?

 

 

僕が一番に思ったことは、『これを書いた(考えた)人は他人のことを思いやれない人なんだなー。』って思いました。

また、自分は他人のことを思いやれていると思い上がっている勘違いヤロウだとも。

『他人に求める前にまずはお前がその自分勝手の腐った思考を変えろ!!』って思いました。

 

自己犠牲をしてでも?

この人は自己犠牲を一度もしたことがないくせに、している気になっているんだと思います。

 

 

自己犠牲の上には幸せはありません。

 

 

自己犠牲をやりすぎると廃人になります。

自己犠牲をしてまで人を助けてはいけません!

自己犠牲なんて絶対にやってはいけないことですし、それをやれと強要するなんてもっての他です!!

 

 

自己犠牲をしろと言ってくることってね、「お前は死ね!!」と言ってるのと同じことなんです。

 

 

自己犠牲でボロボロになったことがない人には綺麗な言葉に見えるかもしれませんが、本当に自己犠牲をして大切な何かを失ってきた人にとっては、自己犠牲ほど怖くて嫌な言葉はないと思います。

自己犠牲は甘い言葉ではありません。

自己犠牲をした気になった人が酔いしれるための言葉です。

 

 

【情けは人のためならず】ってことわざがありますよね?

 

この意味は【情けをかけて手助けをしてしまうと、その人の力は伸びない。その人は何もできないままの人間になってしまう。その人のことを思うなら、手助けをするな!!】って意味です。

 

 

はい、違います。

 

 

【情けをかけること、他人を助けることは、巡りめぐっていつかは自分のもとに返ってくる。人を助けていれば、自分が困っているときに助けてくれる人が現れますよ。】って意味です。

ざっくりですが。

 

最近は正しい認識で使う人が増えてきましたね。クイズ番組とかでも出題されることも増えましたし。

でもね、自己犠牲をする人に言っておきます。

 

 

あなたにとっての正解は上です。本当にその相手のことを思うのなら助けてはいけません。





自己犠牲は他人のためにならないんです。自己犠牲をしてもあなたに返ってくるものなんてなにもありません。

助けるなら自己犠牲なんてことをしてはいけません。

自己犠牲なんて卑怯な手段を使ってはいけません。

 

 

自己犠牲ってね、相手のことを見下しているんですよ。

 

 

相手を自分よりも下に見ているんです。

自分が犠牲になれば相手を幸せにすることができる。助けることができる。

相手にはできないけど、自分にならできる。

 

 

なめてるんですか?

 

 

あなたごときの自己犠牲でそんなことができるなんて思っているのなら、それはうぬぼれです。

ただの自己満足です。

そして勝手に疲れてもらっても、相手からしたらいい迷惑です。

 

 

自己犠牲の先にはあなたも相手もいいことはありません。待っているのは破滅だけです。

 

 

幸せから最も遠い場所にいくだけです。

自己犠牲なんかしてもいいことはありません。

あなたを不幸にするだけですし、相手にとっても迷惑なだけです。

 

 

自己犠牲は絶対にしないでください。

 

 

自己犠牲をしないとどうにもならないような状態なら、相手のことは見捨ててください。

見捨ててくださいと書きましたが、見捨てるもなにもそれが普通なんです。

おかしいのはあなたなんです。

 

 

人間はね、自分を一番に考えないといけないんです。

 

 

「自己犠牲をしろ!!」と訴えている人はいいんです。その人はちゃんと自分のことを第一に考え、自己犠牲ごっごに酔いしれているだけなのだから。

疲れも何もなく、あふれんばかりの満足感をもって幸せな生活をしています。

 

だけどあなたは、そうではないのではないですか?

 

自己犠牲を本当にできる人って、世の中にはいるんです。

本当に自分のことより他人のことを第一に考え、思いやり、行動できる人が。

そんな人たちの心は満足感に満ちてはいません。

 

その人たちの心はいつも疲れており、幸せから遠い位置にいます。

いくら他人の役に立っても満たされることはありません。

そしていつか自分が『誰か助けてくれー!』となります。

 

 

自己犠牲の先に幸せはありません。

 

自己犠牲の先に待っているのは破滅のみです。

 

 

当然ですよね。自分を犠牲にしているのだから。

 

 

簡単に言えばアンパンマンです。(アンパンマンが自己犠牲をしていると批判しているわけではありません。)

アンパンマンってお腹がすいた人に自分の顔をちぎってあげるでしょう?

あなたはそれと同じことをしているんです。

いつか顔が半分ぐらいの大きさにまでなってしまいます。

アンパンマンの場合は顔を交換すれば終わりですが、あなたはそんなことできません。

 

 

人を大切にするよりもまずは自分を大切にしてください。

 

 

本当に人のことを全然考えず悪いことをしている人なら別ですが、あなたは自分のことと同じくらい、もしくは自分のこと以上に人を大切にしてきた人なんです。

自己犠牲なんてくだらないことはやめてください。

 

人のためになることをしたいのなら、自分を大切にした上で、境界線をしっかりと引いたうえでしてください。

それができるようになったら幸せになれる道も見つかると思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



助けたい症候群とは

報われてほしかっただけなのに。どうして不幸な道ばかり選ぶの?

大切な人が苦しんでいるのに救えない!自分の無力さを思い知った時は?

幸せになれないのは不幸になる運命?世界を恨むようになった時は?

助けたいのに助けることができない自分は

助けたいのに助けることができない自分は②

仕事がたまりすぎて終わらない!一人で抱え込んで山積みになったら?

痛みを知っている人間ほど人に優しくなれる!痛みで苦しんでいるあなたに・・・

責任感が強いのは長所?責任感が強すぎると短所に変わる。

一人で抱え込みすぎるのは要注意!周りばかり気にすると押し潰される!!

強い孤独感に襲われる!『どうしようもなく寂しい』を解消するには?

皆さんはどうしようもなく寂しくて、わけがわからないような状態になったことはありますか?

『なんでこんなに寂しいんだろう。』と自問をしてみても答えはでず、どうしてか理由は説明できないけれど寂しくて仕方がない状態におちいったことはありますか?

 

これね、孤独感が原因しているのかもしれません。




孤独感とはね、『わたしは一人ぼっちだ!!』と感じる気持ちのことです。

 

 

実際に一人ぼっちかどうかは問題ではないんです。

 

あなたが寂しいと感じるか感じないかです。

 

 

学生のときに感じる人も多いかもしれませんね。

学校へ通うために引っ越しをして新しい土地に。

期待と不安を抱えながら新生活がスタートしました。

初日に緊張しながら大学へと入ります。

あなたの知り合いは一人もいないところです。

 

周りでは一人の人、何人かで集まって笑い合っているグループがいましたが、あなたはその人たちに声をかける勇気はありませんでした。

今までは黙っていても知り合いが声を掛けたり、スキンシップをとってくれていたのにそれがありません。『あれ?別の国に来た?』というぐらいあなたは一人です。

 

あなたは様子を見ることにしました。

気がつくと一人でいる人の割合があきらかに少なくなっています。

『えっ?・・・みんな、いつの間にそんなに仲良くなったの?』あなたは取り残されてしまいます。

日にちが経つにつれて一人でいる人の割合が減ります。

 

あなたは結局仲のいい人を作ることができず、一人で講義だけを受ける生活をするようになってしまいました。

アルバイトにしてもあなたの「方言が変。」、「なにを言っているのかわからない。」と言われ、バイト仲間とも仕事の必要事項しか話さなくなりました。

 

周囲はあなたを暗い人、人付き合いの悪い人と認識し、ますます話をする機会が減りました。

 

今まで地元で暮らしていたときには仲間と楽しく過ごせていたのに、ありえないくらい会話が減ります。

朝、目が覚めて大学に行って、バイトをして夜遅くに部屋に帰る。

誰もいない暗い部屋にカギを開けて入って、電気とテレビをつけます。

明るい部屋になって話声は聞こえるのに、自分に向けて発せられている言葉が一つもないことに気づきます。

 

休日の日には誰とも一言も話しをしないなんてことも。

今まで実家で暮らしていたときは家族とも何気ない話ができていたのに、それでさえ当たり前のものではなかったことに気づきます。

周りはあなたなんかがいてもいなくても同じように機能して、日常を楽しんでいます。

 

『誰も必要としてくれない。』、『自分は一人ぼっちだ。』、『世界はわたしになんて無関心。』と思ったときに恐ろしいほどの恐怖があなたを支配します。

 

 

これが孤独感の正体です。

 

 

こういった状態に長くいると孤独感がどんどん大きくなっていきます。





上の例では解決方法ははっきりとわかっていますよね?

大学を休んでしばらく地元に帰る。

これが一番簡単な解消法です。

 

地元に帰って友だちと遊んで笑顔を見る。
恋人とおもいっきりデートをする。
家族にわがままを言って甘える。

 

あなたを必要としてくれる人があなたの近くにいてくれたら、孤独感に襲われることは少ないです。

(短期間ではなく長期間です。)

 

とはいえ、なかなかその手段を選べないことも多いんです。

大学を休校して留年や、最終的にはもう行きたくなくなって自主退学。

転勤や結婚ならなおさら難しいです。

簡単に地元に帰れない状況も多いですし、そもそも地元に帰っても家族や友だちもいなくて今の状況と変わらないなんてこともあります。

 

よくね、孤独感から解消されるには「友だちと楽しく過ごすこと。」、「家族と一緒に過ごすこと。」、「没頭できる趣味を見つけること。」なんて言われていますが、本当の孤独感に襲われているときってそれでは全然解決しないんですよね。

 

 

それができないから、それでも満たされないから孤独感に襲われてしまう人もいるんです。

 

 

一人になったらブルブルと震えながら、泣きながら過ごしている人もいるもいます。

誰かとつながりを持ちたいのに、そのつながりがない人、ほんの少しの繋がりでは満足できないようになってしまった人もいます。

そもそも自分でも『なんでこんなに寂しく感じるんだろう?』とわからない状態のときもあります。

 

 

孤独感はね、たとえ自分ですら原因がわかっていなかったとしても、なにかに満たされていないときになります。

 

 

あなたの心が要求しているものが、今現在その時点でないときに発生します。

孤独感は心が満たされていないという証明なんです。

孤独感を解消するには、その満たされていないものを満たす必要があるんです。

それがすぐに手に入るものではないことも多いです。

 

それの正体はというと・・・

 

 

愛です!!

 

 

はい。冗談でもなんでもなく。真面目にです。

 

 

あなたはもっと愛がほしいんです。

 

 

あなたを満たしてくれるほどの大きな愛がほしいんです。

孤独感に襲われているときはね、少しの愛じゃ落ち着けないんです。

自信をなくしてしまった自分に大きな愛を与えてくれる人がほしいんです。

 

 

まずはね、あなたがあなたを愛してあげましょう。

 

 

『こんな自分を愛せるわけがない。』とか『もう十分自分のことを愛している。』
とかではないんです。

 

 

今のあなたの愛では、あなたが満足していないんです。

 

 

他人に任せてしまうのも一つの方法ですが、それだとまたすぐに孤独感が襲ってきます。

 

 

孤独感に襲われたときって本当に怖いですよね。

誰かに近くにいてほしいし、誰かに必要とされたいです。

でもいつもそんな都合のいく人ばかりではありません。

だからあなたがあなたに愛を与えるしかないんです。

 

 

孤独感に襲われているときってあなたは、孤独感を追い払おうとしていませんか?

 

 

『そうか。寂しいんだね。わたし。いいよ。たくさん泣いて。』って心に言ってあげていますか?

寂しい気持ちにちゃんと寄り添ってあげていますか?

『寂しい気持ちになるな!!』と突き放していませんか?

 

 

孤独感はね、あなたに受け止めてもらいたいんです。

 

 

寂しいって気持ちを。

逃げないでほしいんです。

見捨てないでほしいんです。

目をそらさないで真正面から向き合ってほしいんです。

 

本当に寂しい気持ちと向き合うことってすごく大変です。

感情がユラユラ揺れますし、ヒステリックになってしまう場合などもあります。

でもね、あなたは寂しいと感じているんです。

 

 

その気持ちをしっかりと受け止めてあげましょう。

 

 

孤独感に襲われたときはこの言葉をあなたの心に優しく、ゆっくりと、抱きしめるように囁いてください。

『孤独になっても大丈夫だよ。わたしがいーっぱい愛してあげるから。』

この呪文を繰り返し唱えてください。

 

あなたの心に「愛しているよ。」と何度も何度も、しつこいくらい伝えてあげてください。

あなたの心をあなたの大きな愛情で癒してあげてください。

あなたの心は、本当はあなたに一番愛してもらいたいのかもしれませんよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



誰からも認めてもらえない。愛されない。寂しい心を潤すには?

誰もわかってくれない孤独感!本当は辛いんだと叫びたかった!!

新生活が不安なのはなぜ?悪いことが待っている?

ただわかってほしかっただけなのに・・・どうして伝わらないの?

信頼していたのに裏切られた!心に穴が開いたときは?

孤独感とは

誰からも必要とされない自分。自分の居場所を見つけるには?

温度差を感じる恋愛。どうしてこんなに寂しいの?

満足感を得られない。いつまでたっても満たされない心。

恋人がいなくて寂しい。一人は嫌!誰でもいいからそばにいてほしい。

好きだけど怖い!彼がいないと生きていけない!DV男を信じるのは?

皆さんはDVを受けたことはありますか?

そもそもDVってなんの略称か知っていますか?

 

何年か前にCMでもしていましたよね。

DVとはドメスティック・バイオレンスの略称です。日本語訳では配偶者暴力、家庭内暴力と訳されます。

 

でもこれ、家庭内だけで起こるものではないんですよ?




まだ結婚していないカップルにも当てはまります。

 

DV防止法なんて法律もあるし相談窓口もたくさんある、わりとメジャーな問題です。

暴力と訳されていますが、僕自身は虐待だと思っています。

 

これは僕の妄想?です。

 

こんな言葉はどこにも定義されていませんが、暴力って言うと一過性のものを想像しませんか?喧嘩をして殴る、蹴る。これが暴力だと思うんです。(別に喧嘩している必要はありませんが。)

で、虐待というと常習性のあるものを想像しませんか?日頃からずっと重ねてやっていること。その中には殴る、蹴るの暴力も含まれます。

 

 

暴力は一回目でも暴力。虐待はその暴力がずっと続いている状態。

 

 

僕はそう考えています。そのため訳も「一回でもしてはいけないよ。」という意味を兼ねて暴力にしているんじゃないかと。

 

でもね、DVって、ほとんどの場合が続くんですよね。DVが一回だけで終わったとしても、それはただの喧嘩だと見られがちです。

DVにも種類があります。ここでは代表的なものを3つ紹介します。(勝手に虐待と名称変更しています。正式名称は暴力です。)

 

 

身体的虐待

 

これはもう説明するまでもありませんね。殴る、蹴る、叩く、投げつけるなど、直接身体にダメージがいく暴力です。物を使ったものもあります。後であざや腫れになっていたり、出血、骨折などがあります。

 

 

精神的虐待

 

これは身体ではなく心の方の暴力ですね。ひどい言葉を投げつけられたり、一人の人間として尊重してもらえないなどといったものや、嫌がって拒否をしても無理やりやらされるといったものがあります。

 

 

経済的虐待

 

はい。お金です。あなたから金銭を横取りしたり、通帳から勝手にお金をおろされていたり。金食い虫です。

 

 

周りからしたら「そんな男(女)からは早く離れなさい!!」です。

 

 

でもあなたは、まだそんな人から離れてないですよね?

 

 

どうしてでしょうか?

あなたに悪影響を及ぼす相手です。

人としての尊厳を無視され、最低のことを毎日のようにされています。

その人と一緒にいるとあなたの心も弱ってきているはずです。

 

・・・

・・・

それなのに、どうしてなんでしょうか??

 

なぜ、まだ一緒にいるんですか??

 

 

相手のことを信じているからです。

 

 

相手のことを信じたいと思っているからです。

お互いに好きなんだと信じたいからです。

 

なったことがない人にはなぜそう考えるのか不思議ですよね?

 

 

でもね、このDVをしてくる相手って、めちゃくちゃ優しいんですよ。思いやりがあるんです。

 

 

本当に洗脳されているのかと思うくらい(実際にはされているわけですが)、この人がたまに言ってくれる「好きだ。」、「ごめん。」という言葉が、まっすぐに頭の中に入ってくるんですよ。

 

周りの「やめときなさい!!」って言葉よりも、すごく心に響くんですよ。





『ああー、この人は心の底からわたしのことを好きだと言ってくれてる。ひどいことをされるときもあるけど、これがこの人の本心なんだ。』って。

『この人は素直になれない弱い人なんだな。僕にだけ本当の自分をさらけ出してくれてるんだ。やっぱり僕は特別なんだ。ごめんな、なかなかわかってあげられなくて。傷つけてしまったな。』って。

 

いやいやいやいや、「あんた何言ってるねん!?」状態なんですが、本当に演技でもなく心の底からそう思えるんです。

 

 

そしてずっと一緒にいて疲れていきます。

 

 

『どうして受け入れてあげることができないんだろう?』と自分を責めます。

『彼の方がわたしよりつらいはずなのに、わたしがその想いをわかってあげなくちゃいけないのに、わたししかできないのにどうしてこんなに彼のことを怖いと思っているんだろう?』と自分を責めます。

 

・・・

・・・

答え、この中に出ていますよね。

受け入れたくないからです。

 

彼のことが怖いからです。

 

 

答えが出ているのにその答えを無視して、あなたは自分責めを続けます。

 

 

『わたしは何もしてあげられないから、せめて虐待されても優しく受け入れてあげられる人になろう。』

こんなのね、つらいに決まってます。

 

なぜそこまで信じるんですか?

いいえ、違いますね。

 

 

なぜそこまでして信じようとしているんですか??

 

もうあなた、本当はボロボロでしょ?

 

好きだから。

いままでのことが無駄になるから。

離れるのが怖いから。

中途半端には終わるわけにはいかないから。

救いたいから。

自分の責任であり、義務だから。

わたし以外には受け止めてくれる人間なんて現れないから。

色々あると思います。

 

でもド直球はこれじゃないですか??

 

彼にわたしのことを大切で特別な人であると思っていてほしいから。

 

 

安心してください。

あなたは大切ですよ。イライラを発散させる道具として。

 

安心してください。

あなたは特別ですよ。ここまで都合のいい人間はなかなかいません。

 

 

ほんとね、やってられないですよね。

 

こんなこと認めるわけにはいかないじゃないですか?

 

 

都合のいいピエロだと思いたくなくて、あなたは今がんばって信じようと必死なんです。

 

これを認めてしまったら『いままでの期間、本当に何をやっていたんだ!!』ってなってしまいます。時間という2度と取り戻せない大切なものを、あなたはがんばって捨てていたんです。

これを認めてしまったら『こんなにわたしのことを思ってくれている彼を裏切ることになる!!』じゃないですか。

 

でも、もう限界がきていますよね。

 

 

信じていたかったのに、もはや信じられなくなっていますよね。

 

 

だいたいね、『信じていたかった』って過去形なんですよ。

本当は誰よりもあなた自身が認めているはずです。

 

彼といると緊張しませんか?

彼がいると発言をすごく考えてしていませんか?

彼といると冷や汗が出てきませんか?

まるで職場のすごくきつい上司ですよね。

 

信じることをやめることはとても怖いことです。

おまけに長ければ長いほど依存や愛着といったものまでできてしまいます。

 

 

無理をして信じるの、つらくありませんか?

 

 

あなたの心は本当は、その人から離れたいと思っていませんか?

裏切られた回数の方が圧倒的に多かったはずです。

傷つけた回数よりも何倍も傷つけられてきたはずです。

 

信じることに疲れたらやめてしまってもいいんですよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



暴力をふるわれても構わない。私は必要とされている。

主従関係のある恋愛は続かない!対等に見てくれない傲慢な相手には?

苦しくて切ない恋愛依存症。どうして抜け出せない?

交際期間が長い相手との関係に疑問を感じたら

お互いに傷つけ合う恋愛。彼女(彼)じゃないとダメなのに!どうして?

離婚した方がいい?この人とはもう無理だと思ったら?

恋人に振り回されてしまう。好きなのに疲れてしまうのは。

自分さえ我慢すればうまくいったのに。我慢が足りなかったと後悔する前に。

優しすぎるあなたが苦しいと感じているのなら

信じていたのに浮気、不倫された。ずっと騙されていた。裏切られた。

親の七光り。生まれた環境の違いでこんなにあっさりと抜かれるの?

皆さんは親の七光りを遺憾なく発揮する人間と関わったことはありますか?

 

親が相当な権力を持っていて、「いい?あの子には絶対に逆らっちゃダメよ!あの子に逆らったらお父さんとお母さん、この町で暮らしていくことができなくなるから。あなたも転校なんてしたくないでしょ?」と小さい頃からしつけられている人もいるとは思いますが、一番に七光と関わる可能性があるのはこの場所じゃないでしょうか?

 

職場。

 

働く場所で七光りに出くわしてしまう可能性が一番高いと思います。




親が事業をしていたら、その事業を継ぐというカタチですね。

 

これってかなり大変です。

 

教育が行き届いている人なら別ですが、甘やかして育てられている人も多いです。

親の会社なのにまるで自分の会社のように言いたい放題、やりたい放題、わがまま放題です。

事実、このまま自分の会社になるケースも多いです。

 

 

あなたは50歳の課長です。高校を卒業してから30年間その会社のためにがんばってきました。

 

 

新入社員のときは上司にすごく厳しく指導されました。仕事がなかなか覚えられなくて苦労しました。

でも、毎日しっかりメモをとり、家に帰ってからはその日の出来事の復習、翌日家を出る前にはしなきゃいけないことの予習をしていました。

初給料を貰ったときの喜びと、あまりの少なさに愕然とし、お金を稼ぐのは大変なことなんだと改めて思いました。

 

二年目に初めて後輩ができました。「仕事を教えるのも仕事だからやってみろ。」と教育係をすることになりました。従順で飲み込みのいい後輩くんです。『教えるのって楽でいいなー。』と思っていました。

 

三年目にあり得ないくらいの大失敗をしてしまいました。『やっぱり私はこの仕事にむいてないんだ。』と、叱られては落ち込み、励まされては泣きそうになりました。

 

五年目になり、また新人の教育係をすることになりました。『まあ、簡単な仕事だから大丈夫だろう。』と思っていると、今度の新人君、トラブルメーカーです。常識がずれている、ミスをたくさんする、教えたことを全然覚えない、メモをとらない、クレームの嵐、空気が読めず問題発言連発です。『私はこんな大変な仕事を楽だと考えていたのか!?こんなのもうどうしようもないじゃないか?』と自分のことよりも頭を悩ませます。

 

そんなこんなで十年目、あなたの努力が報われます。係長に出世しました。職場をまとめ、指揮する補佐になりました。わからないことがあればあなたを頼る社員も増えました。仕事は難しくなりましたが、やりがいもあり、楽しくできていました。

 

二十年目、課長に昇進です。なにごとも順調で、いい将来を予感し出します。もちろん責任は前とは比べ物にならないほどのし掛かってきますが、それを誇りに思ってました。上が自分のことを以前よりよく見るようになったこともわかります。ここから出世コースへの参加だと思いました。ライバルの誰よりも働き、実績を出し、アピールします。

 

二十九年目、ある職員が入ってきます。社長の一人息子です。34歳です。今まで親が金持ちなのをいいことに遊び呆けていました。アルバイトの経験すらありません。思った通りまったく使えません。全然やる気が見られず一般常識もかけている。そのくせ自己主張は人の三倍。あなたは頭が痛くなりました。しっかり指導したいところですが、社長の息子ということで下手なことはできません。

 

三十年目、ついに運命のときです。部長職が空きました。あなたは社長室に七光りくんと一緒に呼ばれます。あなたは『ついにここまできた!俺が部長だ!だけど、俺の空いた席にはコイツが座るのか。ただの七光りにできるのか?これからも苦労させられそうだ。』など考え事をしていると、耳を疑う言葉が入ってきました。

 

「七光り、仕事のことも慣れてここがどういうところかわかったろ?お前もそろそろ人の上に立つことをしっかりと覚えておいた方がいい時期だ。○○くん、これからも課長としてしっかり息子のサポートをしてやってくれ!」と言われました。

 

・・・

・・・

『えっ!?』



そうです。部長になるのはあなたじゃありません。七光りくんです。

 

 

あなたは課長のままで七光りくんの部下になりました。

 

 

『ふざけるな!!』

 

 

ですよね。

 

『いくらなんでも早すぎるだろ!こんなやつにそんな重要なポジションがこなせるわけがない!!』

『わたしの三十年は、こんなボンクラのたった一年にさえ劣るのか!!』

 

・・・

・・・

そうなんです。

 

 

あなたの三十年はこんなボンクラの一年に負けるんです。

 

 

お偉いさんの子どもという理由だけで。

あなたが再び七光りくんの上司になることはありません。

 

 

抜かれて終わり。

 

 

抜き返すことはできません。

 

 

年下で常識や会社の仕組みをしていない上司に頭をペコペコ下げ、ご機嫌を伺う毎日の始まりです。

あなたのこれからの一番の仕事は、七光りくんのご機嫌を伺うことになってしまいます。

 

親の七光りと思われたくなくて必死にがんばっている人ならいいのですが、その地位に甘えてバカ息子状態の人もいます。

そんな人のご機嫌をとりながらペコペコするのがあなたの仕事になります。

 

七光りくんは「改革だー!!」と無茶なことばかりします。

部下の不満はどんどんたまります。

そんな七光りくんの盾となるのがあなたの仕事なんです。

 

 

社会って理不尽なときがあります。

 

 

生まれたときからスタート地点が大きく違うこともありますし、望んでいた環境に生まれてこなかった人もいます。

 

 

いくら努力しても覆らないこともあります。

 

 

そこでムキになっても仕方ないですよ?

それも踏まえて人生だと楽しんでみてはいかがですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



どんなに頑張っても絶対に勝てない相手。それでも負けたくない!!

悔しくて悔しくて仕方ない!醜い嫉妬をコントロールする方法は?

中間管理職の恐怖。周りは敵だらけ。誰も味方がいない。

頑張りが壊れる日、努力が無駄になる日、積み重ねが崩れる日。

自分のことしか考えていない人、すごくわがままな人との付き合い方。

嫌われる上司の特徴!高圧的、威圧的で無能!偉そうで態度がでかい!!

イケメン、美人、金持ち、若い人には敵わない。嫉妬を抑えるには?

恐怖政治の会社。威張り散らしてくる上司への接し方。

物覚えの悪い職員に仕事を覚えさせるには

無駄な努力で時間を捨てた。努力が全て水の泡になってしまった時は?

世界で一番大切な人が亡くなった。もう生きる意味なんてない。それでも?

皆さんは世界で一番大切な人を亡くしてしまった体験はありますか?

 

生きることと死って、遠いようで意外と近い距離にいるんですよね。

小さい頃は人の死を経験しなくても、年月が経っていくうちに人の死を経験していきます。

大人になっても誰一人人の死を経験しなかった人なんて一人もいません。

 

死って悲しいですよね。



その人ともう二度と会うことができなくなります。

 

 

日常にその人がいたのなら、その人がいない日常が始まります。

そして、その人のいない日常に慣れていきます。

 

普通の知り合いの死であってもすごく悲しいことなんです。

 

 

それがもし、ただの知り合いじゃなく、大切な人だったら?

あなたにとってどうしても失いたくない存在を亡くしてしまった体験はあるでしょうか?

 

おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、弟、妹、パートナー、息子、娘、孫、ひ孫、彼氏、彼女、親友、心から尊敬していた人、対象は人によって違いますが、絶対に失いたくなかった人を失ってしまったことってありますか?

 

 

大好きで、大切で、その人のいる生活が当たり前で。

 

 

その人の存在が自分にとってとても大きくて、本当に自分よりも大事だとはっきり言える人を失ってしまった体験はありますか?

 

その人を亡くしてしまうことって、ものすごくつらいことなんですよね。

「残された方がつらい。」という人もいますが、本当にそれなんです。

 

 

まだね、その人が寿命で大往生とかならいいんです。

つらいけど納得できます。

いずれみんながくぐらないといけない門だから。

あなたもいずれくぐる門だから。

その人だけが特別にくぐらないといけない門ではありません。

 

 

ですが寿命まで生きられることなく、人生を終えてしまう人もかなりたくさんいます。

 

 

事故、病死、自殺、災害、殺される、今思いつくのはこれぐらいなんですが、他にもまだなにかありますかね?

要は、本当はまだ生きていける年齢のはずなのに、死神からお迎えが来てしまった場合です。

 

これね、かなり大変です。

 

 

全然過去にならないんですよね。

いつまでたっても現在進行形なんです。

いなくなって1ヶ月経つのに。1年経つのに。10年になるのに。

後遺症が残るんです。

ずっとつらいという後遺症が。

 

 

いつまで経っても『もう一度会いたい。』、『あの頃に戻りたい。』という強い気持ちが消えません。

 

 

実際に後を追うという選択をする人もいます。

それほどその人がいない世界は苦しいんです。

 

 

世界で一番大切な人を失った後も生きていかないといけないものなんでしょうか?

 

自分よりも大事だと心から思える存在をなくしてまで、生きていかないといけないのでしょうか?

 

 

生きていかないといけないと思います。

 

 

あなたはあなたとして生まれたのだから。

あなたの命を他人にゆだねたらいけません。

 

 

きれいごとなんかじゃないですよ?





むしろ僕はあなたに「地獄を味わえ。」と言っています。

それほどね、つらいことなんです。そこまで大切だと思える人を失ってしまうのは。自分の半身をもがれるのと同じなんです。

 

毎日のように思い出して、その人のことを考えないことなんてないというくらいその人のことを考えて、『あのときああしていれば。』、『もっとしてあげたらよかった。』、『どうして自分はこんなにも無力なんだ。』と後悔して、毎日目が痛くて頭が割れそうになるほど泣きます。

地獄です。

 

人生にもし、リセットボタンがあるのなら、それこそ何億回も何兆回も押し続けます。

 

 

そんな地獄をあなたは生きていかないといけないんです。

 

 

あなたの人生なのだから当然、波もあります。

 

すごく良いことがあって一番最初に話を聞いてほしい人、もういません。

すごく嫌なことがあって愚痴を伝えたい人、もういません。

孤独を感じたときに顔を見たい、会いたいと思えた人、もういません。

 

 

『あの人がいてくれたら。』と思ってしまうものなんですよね。

 

 

いなくなってしまってね、寂しいんですよ。

いなくならないでほしかったんです。

代われるのなら代わってやりたかった。

自分も一緒についていきたかった。

 

 

置き去りにされるのがこんなにもつらいことだなんて思いもしなかった。

 

 

時間が経つごとにあの人との思い出がかすむのならよかったのに、時間が経てば経つほど、あの人の存在を思い知る。

寂しいのにもう会えない。

穴を埋めようにも埋まらない。

 

あの人さえいてくれたら自分は満たされるはずだったのに、どうしていてくれないんでしょう?

あの人の代わりなんているはずがなかったのに、どうして失ってしまったんでしょう?

 

 

あの人がいなくなってから、あの人の力の大きさを思い知ります。

 

 

自分が思っていた以上に大きくて大きくて大きくて。

あの人がいなくなった後の生活は苦しくて苦しくて苦しくて。

『少し冷静になってきた。』、『落ち着いてきた。』と思うときでも気を緩めたら涙が出ている。

ずっとこんな状態で生活しないといけないのかと不安にもなります。

 

 

もしね、亡くなったのがその人じゃなくて、あなただったらどうでしょう?

 

 

そしてその人が今のあなたと同じように苦しんでいるとしたら、あなたはどうしますか?

なんて声をかけるでしょう??

『向こうからきてくれないのだからこちらからいくしかない!』思考になってしまうのはわかります。僕もかってそういう想いになったこともあります。

 

 

でもね、こちらから行ってもその人には会えませんよ?

 

 

一生懸命生きてきた人と、途中で生きることをやめてしまった人が同じ場所に行けるなんて思わないでください。

なによりね、たとえその人の場所に行けたとしても、その人に蹴り返されます。「ふざけるな!!」って全力で。

ボッコボコのボコです。

 

焦らなくてもね、いずれあなたにもお迎えはきます。

早まることなんかしなくていいです。

その人がいなくなった後もしっかりと生き抜いて、あなたの順番が来たときに土産話として持っていってあげましょう?

 

その方がその人とも楽しくお話ができると思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



強い喪失感の克服法。失ってしまったものが大きすぎて・・・

大切な人との突然の別れ。現実逃避ばかりしてしまう。前を見れない。

家族が自殺した。救えなかった悲しみと怒りに向き合うには?

過去にとらわれて何が悪い!過去を振り切れない時は大切にすればいい。

大切な人を失ったとき

死にたくなるのは頑張っている証拠!恥じることなんかない!!

理不尽すぎる現実。言い聞かすのも疲れた。心が壊れそう。

大好きだった恋人に振られた。生きる気力がなくなった時は?

信頼していたのに裏切られた!心に穴が開いたときは?

どうして自分だけこんな目に。悲劇の主人公になってしまったら?

辛いのは闘っているから。苦しいのは頑張っているから。譲れないから。

皆さんは『こんなにつらいことってあるんだ。』と思うほどの体験をしたことがありますか?

皆さんは『なんでこんなに苦しいんだ。』と思うほどの体験をしたことがありますか?

 

なんでそんなにつらくて苦しいんですかね?

 

 

抵抗しているからですよ。



抵抗して受け入れることができていないからです。

 

 

つらいのに負けないように闘っているからつらいんです。

苦しいのに負けないようにがんばっているから苦しいんです。

抵抗をやめて受け入れることができたら、つらさからも苦しさからも解放されます。

 

 

ではどうして抵抗をやめて受け入れないんでしょうか?

 

それでも譲れないものだからです。

 

 

譲れば楽になれるとわかっているのに、絶対に譲れないものだからです。

譲ればつらさも軽減するとわかっているのに、そんなことくらいでは譲れないものだからです。

譲れば苦しさもなくなるとわかっているのに、それでも譲ってしまうなんて無理なことだからです。

 

 

あなたは自分のしっかりとした芯があるんじゃないですか?

 

 

『こういう人間でありたい。』という理想があり、『こんな人間にはなりたくない。』という規律がある。

今回譲ってしまうとそこに影響が出るところだからじゃないですか?

 

 

あなたは強い人ですね。

 

 

譲れないものを譲らないなんて。

でもね、生活をしていたらどうしても譲らなくてはいけない場面に出くわしてしまう人がいるんです。

 

すべての人がそれに出くわすとは言いません。

譲りたくないものを譲らなくても生活できる、または譲ろうかと悩む状況が訪れずに一生を終える人もたくさんいます。

残念ながらあなたは、絶対に譲れないものを持っていて、それを譲らないといけないか悩む状況にまで来てしまったんですね。

 

 

あのね、悩んでいる時点でこれ、譲らないといけないんです。

 

 

そもそも絶対に譲れないものなんだから、譲らなくてもいい状況なら悩みさえしないんです。

絶対に譲らなくてはいけない状況なのに譲れなくて、それで限界を迎えてしまったからあなたは悩んでいるんです。

 

 

このまま悩み続けると心を壊します。

 

 

そして苦しみの地獄から抜け出せず、最悪命を絶つこともありえます。

そんな状況です。

でもあなたは、ここでそれを譲ってしまったら、あなたは未来の自分を許せないのでしょうね。

 

もはや何を書いているのか意味不明感があるかもしれませんが、そこまであなたは面倒くさい人なんですよ?

命や心が天秤にかかっているのに、それでも自分の芯を優先して動いているんですから。

 

あれですよ?

目の前には拳銃を持った銀行強盗。「動くな!手をあげろ!!」と叫びます。

他の人たちは怖くて手をあげます。

それが一番正しい行動だと思います。

 

でもあなたはなんと・・・

『強盗に屈するのは嫌だ!』と手をあげていないんです。

こんな状態です。

 

これがあなたがスーパーマンで強盗を倒せる力があったらいいのですが、あなたは残念なことに一般人なんです。拳銃を向けられて内心ちびるほどビビっているんです。恐怖で腰を抜かしそうになるのをなんとか防いでいる状態なのに、さらに虚勢をはっているんですね。

強盗は手をあげないあなたをにらみます。「聞こえないのか!?手をあげろ!!」とさらに大声であなたにむかって怒鳴ります。



これね、素直に最初の段階で手をあげることができていたら、ここまでの恐怖を味わうこともなかったと思います。

 

 

あなたが強盗に反発しているから目をつけられて、銃口をむけられて、ものすごーいちびるような恐怖を体験しているんです。

強盗に従順になっていたらあなたはその他大勢と一緒になれるのに。

抵抗してしまったがために特別扱いをされて、他の人が体験するようなことがないひどい目にあっているんです。

抵抗しすぎると最終的には鉄砲でバーンです。

 

ちょっと内容がぶっ飛びましたが、基本的にはこれと同じことだと思うんです。

 

 

自分の芯を優先させていつまでも譲ることができないと、いつまでもつらい思いをするし、苦しくて仕方がない日々が続きます。

 

 

最終的にはバーンです。

心が壊れます。

 

現実ってときに、本当に理不尽ですよね。

つらくて苦しくてしんどくて、あがいてもがいて這いずり回って、それでも譲らずにがんばって努力して抗っても、必ずしも報われる結果になるとは限らないんです。

 

 

ここまで闘っている人は、どうにもならないことで闘っているのかもしれませんね。

 

 

現実は最終的には「受け入れろ!」ということを押し付けてきます。

あなたに選択肢なんかなく、現実は強制してきます。

そんな過保護はこちらは望んでいないんですけどね。

 

いずれはね、抵抗することをやめないと生きていけないんです。

心が壊れて、命も危うくなってしまうからです。

 

 

どうにもならないことなのか、まだなんとかなることなのかの判断基準を誤ってはいけません。

 

 

一生闘い続けられるわけでもありません。

 

 

でもね、この状態まで来ると冷静な判断がとれなくなっていることも多々あります。

 

 

これだけつらい思いをして闘っているのに、『なにをやってるんだ!?この怠け者!!』

あれだけ苦しい思いをしてもまだがんばっているのに、『どうしてもっとがんばらないんだ!!』

 

自分のことを不甲斐ないと思い、徹底的に責めます。

 

 

自分ができれば譲らなくて済むのに、自分がやらないから譲らないといけない状況に追い込まれているんだと錯覚してしまうんです。

この場合の自分がやらないは、やらないんじゃないんです。

既にやっているけど、それでもできないことなんです。

 

 

あなたは自分を責めることが習慣になって忘れているのかもしれませんが、過去の自分を振り返ってみてください。

 

 

がんばっていませんでしたか?

 

 

あんなにも努力して無茶をしていたのに?

こんなにボロボロになるまで闘ってきたのに?

もう十分すぎるほどがんばったんじゃないですか?

 

あなたほどがんばれる人はなかなかいないと思いますよ。

 

そんなにがんばっているのに自分を責めて傷ついて・・・

本当に不器用な人です。

 

 

それでもがんばって生きていますよね。

 

 

つらいのに、苦しいのに、譲れないのに、どうにもならない地獄のような状況なのに。

そんな状況なのにがんばって生きているんです。

 

譲れるようになるまではまだまだ時間がかかるのかもしれません。

それほど大切なものなのかもしれません。

 

でもどうか、そんながんばって生きているあなたを、あなた自身が責めることがないようにお願いします。

あなたにまで見放されてしまうとあなたがかわいそうすぎます。

あなたが今の状況を乗り越えて、これが将来の自分の力になることを心から願っています。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



どうしても譲れないものを譲るには?たった一つの方法とは?

どうしようもできないこと。どうにもならないこと。それでも・・・

『もう生きていくのが辛い!』死んでしまいたい状態になった時は?

理不尽すぎる現実。言い聞かすのも疲れた。心が壊れそう。

どんなに頑張っても絶対に勝てない相手。それでも負けたくない!!

家族が自殺した。救えなかった悲しみと怒りに向き合うには?

自分ではどうにもならない現実に遭遇してしまったら

痛みを知っている人間ほど人に優しくなれる!痛みで苦しんでいるあなたに・・・

死にたい衝動に襲われる!生きているのが辛くてたまらない!

心が疲れた時の対処法と効果一覧!苦しさから脱出するためには?

眠くて仕方ないのはストレスが原因かも?頭の使い過ぎに注意しよう!

皆さんはいくら寝ても『眠くて眠くて仕方ない!』ときってありますか?

一般的にはストレスがたまりすぎたり、嫌なことがあったりすると全然眠れなくなるという認識の方が強いかと思いますが、その正反対の人もいるんです。

 

僕もそっちの人間です。




ストレスがたまりすぎたり、嫌なことが続いたりすると、眠くて眠くて仕方なくなるんです。

普段よりも簡単に寝付けるくらいです。

 

実際には深い睡眠ではなく、浅い睡眠なので疲れがとれることもなく、眠ってスッキリということもありませんが。

ストレスの発散も期待しているほどの効果もなく、起きているときは常時だるい、ボーっとしている状態です。

 

 

寝る前より疲れていると感じるくらいです。

 

 

疲れやストレスをとるための睡眠じゃなくて、現実世界が嫌すぎるから何も考えなくていい夢の世界へ逃避すると言ったほうが適切かもしれません。

心が思考を停止することを望んでいるのに頭が考えることをやめないから、あなたが壊れてしまわないように身体が睡魔を作り出しているんです。

 

あなたが自分が壊れそうなのにもかかわらず、それでも悩んで考えてをやめないから、心と身体があなたが壊れる前に強制終了させてくれているんです。

 

実はありがたい機能なんです。

 

 

そのくらいあなたは限界なのではないですか?

 

ストレスの要因と必死に闘って、悩みをなんとか解消しようとずっと脳をフル稼働させます。

それでも答えは見つからず、ずーっと悩み続けます。

 

心と身体があなたを守るために強制終了させてくれるのですが、あなたは無駄に根性がすごいんですね。

 

 

なんと、眠っている間も考え続けようとするんです。

 

 

心と身体が緊急停止命令を出しているのに、あなたは根性でそれに抗うんです。たとえ眠っていても。無意識でも。

 

 

眠っている間も頭を働かせます。

 

 

だから眠りが浅くなり、なにかの刺激があるとすぐに目が覚めます。

普段は起きないようなほんの小さな物音にも反応し、起きてしまいます。

眠っている時間は長くても、頭を休めている時間が普段よりも少ないからほとんど休めていないんです。

 

 

僕は普段はね、あんまり夢を見ないんです。(夢自体は見ているのですが起きて1秒後にはどんな夢を見たかなんて忘れています。)

でもね、ストレスがたまっているときや悩み事が多いときって、めちゃくちゃ夢を見ます。(あくまで僕個人です。)すごいリアルで現実でも起こりそうなものをよく見ます。そして細部までめちゃくちゃ覚えています。

 

小学生のときとかの夢も見るんですけど、もう顔も覚えていないような人の顔がしっかりと出てきて、その人の名前を呼ぶんですね。しかもその名前が当たっています。起きてから『ああ、そういえばそんな子もいたなー。名前なんかまだ覚えていたんだ。』と自分にびっくりするくらいです。

一緒のクラスになったこともない全然共通点もない子ですら、顔の特徴や名前を覚えていて恐怖しました。

しかも毎晩のように学生時代の夢や最初に入った職場の夢など、過去の夢ばかり見ていました。本当に過去に起こった出来事のような妙なリアリティーさえあって・・・『なに?これ?そんなに過去に戻りたいのか?バカ!』って思っていましたね。

 

多分具体的な夢を見ることで現実逃避をしていたんだと思います。




ちょっと脱線しましたが、皆さんはストレスがたまってしまったらどうしていますか?

 

ストレスを発散させて終わりですむくらいの軽いストレスならいいのですが、それがたまりにたまって発散が追いつかない場合はどうでしょうか?

昨日ストレスを発散させたのに、今日は昨日発散させた以上のストレスを与えられたらどうしますか?

 

 

ストレスの原因自体を解消しようとします。

 

 

ストレスの発散が追いつかないから、そのストレスがたまる原因自体をどうにかしようとするんです。

発散させるよりもストレスがこない方が効率的です。

 

 

そのストレス源が(ストレッサーといいます。)解決のできないことならどうしますか?

 

 

何度か色々な方法を試したけど、それでも解決できないことならどうします?

 

悩みますよね?

すごく考えてなんとかしようと思ってしまいますよね?

脳をフル回転です。

 

ところで皆さん、学校の授業中にものすごい睡魔に襲われたことがありませんか?

先生が教えてくれているんだけど眠くて言葉が右から左へとすり抜ける。

何を言っているのかわからない。まるで呪文を唱えているように思える。

 

 

こういうとき、眠くなりませんでしたか?

 

 

楽しいことには脳は活発に動いてくれるんですけど、わからないことや苦痛を伴うことには脳はおやすみモードにはいってしまうんです。

解決できないストレスや悩みを抱えていると、脳はあなたが思っている以上に常時力を使っているんです。

 

 

頭がオーバーヒートです。

 

 

睡眠は熱くなりすぎた脳を冷却するための時間なんです。

だから『眠れ!』と指導が入り、眠くて眠くて仕方がなくなるんです。

 

こういうときの手段なんですが、

 

あなた一人で考えることはやめましょう。

 

 

周りに相談し、協力もしてもらいましょう。

それでもどうにもならない場合、ストレッサーから逃げてください。

ストレッサーに戦いを挑んでも残念ながらあなたの手に余るということです。

 

周りのことや今後のことなんて何も考えなくていいです。

とにかく一刻も早くストレッサーから逃げてください。

 

 

それは無責任なことや負けでもなく、人間として当然のことです。

 

 

あなたの命に関わります。

自分の命を最優先に行動してください。

 

異常事態に既になっています。

緊急事態に既になっています。

 

どうかそのことに早く気づいてください。

 

逃げ遅れてしまうとあなたが考えている以上に大変なことになりますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



今すぐできる!ストレスに潰されそうになったときの応急措置!!

心が疲れた時の対処法と効果一覧!苦しさから脱出するためには?

悩みが解消されない!!どうすればいいかわからなくなったときは?

ストレスの発散が追いつかない!何をやっても楽しくないときは?

考え事のし過ぎで注意力散漫?自分の行動が怖くなった時は?

誰にも相談できない悩み。一人で抱え込むのは悪いこと?

頭が全然働かないのは病気?うつ病かもしれないと思ったら?

一人で抱え込みすぎるのは要注意!周りばかり気にすると押し潰される!!

大切な人との突然の別れ。現実逃避ばかりしてしまう。前を見れない。

取り返しのつかないことをしてしまった。どうすればいいの?

ショックからいつまでも立ち直れない!引きずってしまう性格が嫌い。

皆さんは人生でものすごーくショックな出来事を体験したことがありますか?

思い出す度に吐き気がこみ上げてご飯も喉を通らない。

ベッドに横になってもまったく睡魔が押し寄せない。

少しでも気を緩めたら涙が出ている。

 

こんな出来事を体験したことがありますか?




夢であればどんなによかっただろうと思い、神様にお祈りをし、その度に夢じゃない現実に絶望する。

 

生きているのがつらくて苦しくてしんどくて、それでもがんばっているのに心は全然立ち直ってくれない。

本当に記憶喪失の人には悪いですが、『こんな記憶なくなってしまえ!』、『すべてを忘れさせてください。』と願うようになってしまう。

こんな出来事を体験したことがありますか?

 

 

これね、まだ立ち直らなくていいですよ。

 

 

そんなに自分に厳しくならないでください。

 

 

無理して立ち直ったところでどうせすぐに転びます。

というか、実際、立てないでしょ、あなた。

 

ほんとに心にグサッと傷ができ、一生跡が残ることもあります。

 

 

立ち直ることってあなたが思っているほど簡単なことではありません。

 

 

だって、一度倒れてしまったんだから。

 

 

想像してみてください。

あなたは歩いています。あるとき、足をつまずいて大転倒しました。腕で支えることも間に合わず顔からドバーンです。足首を捻り、ほかにも擦り傷だらけです。

 

この状態から再び歩けるようになるのってすごい力が必要ですよね?

腕に力を入れて上体を起こし、片足を曲げて膝に力を入れて伸ばす。重心が前にいくので、そのまま倒れないように背中の後ろに重心を持っていく。両足でしっかりと地面を踏みしめ、バランスをとる。

いくつか省略して書きましたが、これだけの身体動作が必要になります。

 

そのまま歩き続けている方がよっぽど楽でしょう?

 

 

立ち直るのはね、すごく力のいることなんです。

 

 

一度で立ち直れたらいいのですが、腕に力が入らずもう一度顔から地面にグシャなんてこともあります。

立ち上がってみたもののバランスがとれず、後ろにそのまま倒れて後頭部を、、、なんてこともあります。

こけるときのショックが強ければ強いほど怪我もしています。

 

立ち直るのって皆さんが想像している以上に難しいんです。

 

それにね、ショックから立ち直ろうとしてがんばっている皆さんは、こんなことも思っているんじゃないんですか?

『どうしていつまでも引きずっているんだ!』、『いつまで落ち込んだままでいるつもりだ?早く立ち直れ!!』と。

 

 

そう、自分責めが始まっているんじゃありませんか?





真面目ですねー。

立ち直らなくていいんですよ、まだ。

 

周りに迷惑をかけている?

迷惑だと思っていないから助けてくれてるんじゃないですか?

 

家族に「いつまでも落ち込むな!シャキッとしろ!!」と怒られている?

家族はあなたじゃありません。わかってくれないのならこの場合は他人です。

 

仕事に集中できない?

そうですよね。できないですよね。うっかりミスの連続です。

 

だから早く立ち直りたいんですよね。

 

立ち直れる段階じゃないのに、焦ってまで。

 

 

あなた一人で誰にも負担や迷惑がかからず、お金も自然に入ってきて生活に全然困らないんだったら、まだ立ち直ろうとはしていませんよね?

そりゃー、苦しさはあるのでそれからは逃れたいでしょうが、こんなにも焦っていませんよね?

 

 

焦るから、逆に立ち直れなくなってるんですよ?

 

 

『立ち直ろう!』、『立ち直らないと!』とがんばっているから立ち直れないんです。

 

 

心に力が入りすぎている状態です。

 

 

『明日は早いんだ!もうこんな時間だ!早く寝ないと!!』って思ったことありませんか?

 

そして『寝よう。』、『寝よう。』と思ってもなかなか寝つけない。むしろ覚醒してきている気さえする。

時計を見るとあれから一時間が経過しています。『何をやってるんだ!早く寝ないと!!』

 

これ、簡単に眠れますか?

心に力が入りすぎているときは眠れないように、立ち直ることも難しいんです。

 

 

立ち直るためには、

 

意識しない。リラックス。だるー。

 

この3つが必要になります。

 

 

だけどあなたは『立ち直らないとダメだ!』という思いが強いんです。

 

周りから「ゆっくりしてもいいよ。」と言われて「ありがとう。」と口に出せても、内心では『ダメだ!ここで甘えてしまってはいけない!こんなによくしてもらっているのに、それでも立ち直れないなんて申し訳ない。』と思っているんです。

周りから「いつまでそんな状態でいるつもりだ!どうしてそんなに弱いんだ!!」と言われて涙を流しても、内心では『本当にその通りだ。あれからこんなに時間が経っているのに。いつまで自分を甘やかせば気がすむんだ?やればできるのに悲劇に酔っているだけなんじゃないのか?』と賛同しているんです。

 

まったく・・・

 

頭が固すぎです。真面目すぎです。頑固すぎです。

 

 

『もうちょっと融通が利かないのか?』です。

 

 

そしてそのことを自分でもわかっています。

それでもできないんですよね。

 

価値観や人生観、性格、あなたを作り上げていた大切なものが、今回ばかりはあなたの邪魔をしています。

『そのうちなんとかなるさー。』と心から思えていたら、もうショックからはとっくに立ち直っていますよ?

 

 

そしてそれもわかった上で自分責めです。

 

 

『どうしてもっと楽観的な思考ができないのか?』、『なんでこんなに自分は石頭なのか?』と原因を自分にばかり求めます。

それで満足できればいいのですが、あなたはその度に傷ついて。

 

それでもそれと闘って。。。

 

ほんとにすごいと思います。

 

 

そりゃーそんな状況になったら簡単には立ち直れません。

 

 

むしろこじらせて悪化もします。

面倒くさい性格ですね。

 

でもそれがあなたですよ?

 

 

そこがあなたのいいところでもあるはずですよ?

 

 

あなたの性格は小さなショックには強いですが、本当に大きなショックからはなかなか立ち直れない性格なのかもしれません。

 

でも、あなたはがんばっていますよ?

今もがんばっていますよ?

そのことに気づいてあげていますか?

 

自分を叱るばかりじゃなく、たまにはほめてあげてくださいね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



大恋愛からの大失恋!受け入れられない絶望から立ち直るには?

大切な人との突然の別れ。現実逃避ばかりしてしまう。前を見れない。

障害を受け入れられない情けない自分。どうして立ち上がれないんだろう?

信じていたのに浮気、不倫された。ずっと騙されていた。裏切られた。

自分に失望した。失意のどん底からもう一度自分を信じるには?

無駄な努力で時間を捨てた。努力が全て水の泡になってしまった時は?

家族が自殺した。救えなかった悲しみと怒りに向き合うには?

もう心が折れた…大きな挫折をした直後にするべきことは?

ショックを受けてトラウマに。心の傷を癒すこともできない時は?

利用するだけ利用されてポイ捨て。あんなに尽くしたのに・・・

心が強い人は開き直りがうまい人。鈍感力が低い人は心が疲れる!

皆さんは自分のこと心が強い人間だと思っていますか?

おそらくこのページを見られているほとんどの人が『心が弱いなー』と悩まれていると思います。心が強い人はこんなページなんてスルーします。

 

一体皆さんはいつから心が弱くなったのでしょう?

そしてなぜ、心が弱くなってしまったのでしょう?




もちろん原因は一人一人違いますが、

 

 

責任感が強すぎたからじゃないですか??

 

 

やらなければいけないという想いが強すぎたからではないですか?

心の奥に理想としている自分、確固たる自分があって、その自分に恥じないようにがんばって行動してきたからではないですか?

そしてその理想の自分と現実の自分のギャップが、埋められようもないほど大きく広がってしまったからではないですか?

 

 

そしてそんな自分を許すことができない。

 

 

心の中で誰よりもひどい言葉を自分に投げつけます。

自分で自分のことを何よりも否定している。

 

 

だから心が弱くなってしまったのだと思います。

 

心が弱くなったというより、打たれ過ぎて疲れてしまったといった方が正確かもしれませんね。

 

 

この心が疲れてしまうのってね、真面目に考えすぎているからなんですよ?

能天気に何も考えていなければ、心ってめちゃくちゃ強いんです。

少しくらいのことなんかではびくともしません。

 

 

政治家の人ってみんな恐ろしく心が強いと思いませんか?

どんだけ国民からバッシングをされて、国中から猛批判を受けても涼しい顔をしていますよね。

「記憶にございません。」、「そんな発言はしていません。」と黒に限りなく近いグレーでも悪びれることなく堂々としています。

 

あれが普通の人だったら、あんな態度とれないと思うんですよね。

 

少なくとも僕はできません。

あれほど皆から責められたら、堂々とすることなんかできません。

「すみません!」、「申し訳ありません!」、「許してください!」と謝ることで精一杯になると思います。

というか、謝ることもできないかもしれませんね。

 

あまりに批判の嵐がすごくてパニック状態で終わるかもしれません。

『政治家の人は本当にすごいなー。』といつも感心しています。
『あんなふうになりたいなー。』といつも思っています。

(嫌味でもなんでもありません。)

なかには打たれ弱い政治家もいますが、政治の世界でのし上がっていくには打たれ強さが必要なんでしょうね。

 

 

さて、そんな打たれ強さなんですが、その正体ってなんでしょう??

 

 

鈍感力です。

 

 

いちいち周りに反応しない。

『勝手にほざいてろ!』、『自分は無関係だ。』、『ただの傍観者なんだから。』

 

 

つまり自分は周りに責められている当事者ではないんです。

 

 

『なんでこの人たちは、わたしは悪くないのにお前の責任だと責めてくるのかな?頭が悪いのかな?かわいそうな人たちだ。』

 

 

まあ、簡単に言うと開き直りですね。





『それをしていたら何が悪い!』、『お前には関係のないことだ!』、『俺のやることにいちいち口を出してくるな!』、『わたしを批判するお前たちが悪い!』

 

この思考をナチュラルに持っています。

自分に言い聞かせる必要もなく、自然とこの思考になります。

 

自分は正しくて間違っているのは周りです。

 

批判をされている自分は批判をされるようなことをやっていなくて、批判をされることでもないのに批判をしてくる周りがおかしいんです。

 

 

これが心が弱らない究極の思考だと思います。

 

 

ある人と口論になりました。あなたはイライラしすぎてその人の顔面にストレートパンチ!!周りで見ていた人は「あなたが悪い!!」と口々に言っています。

でもあなたからしたらそうではないんです。

 

 

自分に殴られるような口答えをした相手が悪いんです。

 

 

4歳~8歳くらいはこの思考回路ではないですかね?

○○くんがムカつくことを言ったので殴った。誰かが先生を呼んできます。先生はあなたに聞いてきます。

「どうして〇〇くんを叩いたりしたの?」

どうしてって○○くんがムカついたからです。○○くんが僕を怒らせたからです。

 

そのことを先生に言うと、

「だめじゃない!そんなことで叩いたりしたら!」

反対に怒られました。

『僕は悪くないのに。』、『悪いのは○○くんなのに。』

『なんでこっちが怒られるの??悪いことをしたのは向こうだよ?』

 

 

心が弱らない最強の思考です。

 

 

自分は悪くない!

悪いのは相手だ!

おかしいのは周りだ!

 

 

この3つを心の底から思うことができれば、心が弱ることはほとんどありません。

 

性格は歪むかもしれませんが。

 

 

周りから批判ばかりされる環境にいるとね、開き直りができなくなってくるんです。

 

 

開き直るとさらに周りからの反発を買い、開き直ることが悪いことのように思ってしまうんですよね。

『もういっそのこと開き直ってしまおうか?』という考えが頭に浮かんでも、『いやいやいや、それはいけないことだ。無責任だ。』と拒絶するんですね。

 

 

あのね、開き直るのってね、別に悪いことではないんですよ?

 

 

多分、責任感が強い人ほどこの【開き直る】って言葉は嫌いなワードだと思います。

 

開き直ることを無責任と勘違いしているかもしれませんが、開き直ると無責任はまた違った言葉です。

無責任とはやるべきことをやりもせず、初めから責任を放棄していることです。

 

 

開き直りはやるべきことをやってもできず、自分が責任に潰されてしまわないようにするための救済手段です。

 

 

無責任と開き直りは全然違うものなんです。

鈍感力が高い人ほど無責任なのですが、残念なことにあなたの鈍感力は低いようです。

 

 

あなたは無責任にはなれません。

 

 

だからあなたは開き直る力を手に入れていきましょう。

その最初の一歩が開き直るのを受け入れることです。

悪いことではない。自分を壊さないためにも必要なことなんだと理解することです。

 

 

実際、人生には開き直らないといけない場面が訪れます。

 

 

そのときに開き直ることができないと、あなたの心は崖下に落ちてしまいます。

そんなことになるぐらいなら開き直ってみませんか?

心を壊すほど高い代償はこの世界にないと思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):



責任感が強いのは長所?責任感が強すぎると短所に変わる。

優しすぎるあなたが苦しいと感じているのなら

疲れてしまうのは完璧主義者だから?

誰も悲しまないように。優しい人ほど無理をして自分を責める。

悩んでしまう弱い心にさようなら。強い心を手に入れたい!

罪悪感を感じてしまうのは

頑張りすぎ注意!「みんな頑張って生きているんだ!」って言葉の罠!

嬉しいと楽しいの違いって何?嬉しいよりも楽しい重視の生活を!

過剰反応してくる人間には要注意。言葉を鵜呑みにしてはいけない。

自分が悪いことをした、責められている気がするのは何故?答えは・・・