嫌われたくないから無理をする。無理をするから恩着せがましくなる。

人から嫌われることってすごく怖いことですよね?

 

嫌われるということは、相手が自分のことを受け入れてくれないということです。

少しオーバーな言い方をすると、自分の存在を否定されているということです。

 

それはすごく怖いことです。

 

 

だから嫌われたくなくて、無理をしてしまうことがあります。




無理をしているから、見返りを求めます。

恩着せがましくなるから、相手から敬遠されます。

その結果、嫌われてしまったと落ち込みます。

 

嫌われたくなかったのに、嫌われてしまうんです。

 

 

これの一番の解決法は、

 

『別に嫌われてもいい!』です。

『嫌いたきゃどうぞ私を嫌ってください。』と割り切ることです。

 

 

でもね、これをするのが本当に難しいです。

 

だって、

 

自分が無理をしてでも、嫌いになってほしくない相手なんですから。

 

 

ありのままの自分では嫌われてしまうからと不安になるほど、背伸びをしてでも相手によく見てもらおうと思うほど、自分にとって重要な相手なのだから。

 

 

特別な人なのだから。

 

 

そう、あなたが嫌われたくないと思っている相手は、あなたの人生において特別な位置にいる人なんです。

あなたの道のわきに生えている数え切れない雑草ではありません。

あなたの道の通路上に生えている大きな木なんです。

 

雑草なら踏みつけることができます。(そもそも通り道に生えていないので、わざわざ踏みに行くまでもなく、無視をすることもできます。)

だけど大木は踏みつけることができません。

あなたにとって嫌われたくない人とは、そんな大木なんです。

 

そんな相手に『別に嫌われてもいい。』と思うようになるなんて大変なことです。

 

 

ありのままの自分で関われば、恩着せがましくなることもなく認めてもらえるかもしれません。

ですが、ありのままの自分で関われば、嫌われてしまうこともあるかもしれません。

 

あなたが今まで背伸びをして相手と関わってきたのなら、それが相手にとってのあなたなんです。

 

背伸びをしたあなたが通常のあなたなんです。

 

 

背伸びをやめてありのままのあなたでいることは、相手からしたら怠けていると映ることもあります。

あなたはもっとできるはずの人なのに、それをしない人。ずさんに扱われていると相手が感じてしまうこともあります。

いつも90点だったあなたが60点になるんです。

それを受け入れてくれるとは限りません。

 

 

むしろそれを受け入れてくれないと思っているから、あなたは今も無理をしているんです。

 

 

無理をすることは当然しんどいので、あなたは無理をすることを減らしていきます。

自分にとって重要だと思っている相手を、自分にとって重要でない相手へと切り換えて、無理をする相手を減らしていきます。

 

 

それでも残っているのが、今の嫌われたくないと思っている相手なんです。

 

どうしても嫌われたくない、絶対に嫌われてはいけない相手なんです。

 

 

家にかかってきたセールスの電話の相手に、この人には絶対に嫌われてはいけないと思う人は少ないでしょう?

少なくとも「今日は電話を掛けていただき本当にありがとうございました。とても有意義な時間になりました。次はいつ頃電話をいただけるでしょうか?予定を開けてお待ちしています。次回もよろしくお願いします。」なんて答える人いないでしょ?

そんなセールスの電話と同じようには扱えないですよね。

 

 

無理をしないと嫌われる可能性が高い相手なのに、無理をすることに疲れてしまったからあなたの心は悲鳴をあげているんです。

 

心が悲鳴をあげるほどやっているから、してやってる感が胸に残るんです。

 

 

相手が自分の思うような反応をしてくれないと『してやってるのに全然応えてくれない!!』と不満ばかりが溜まり、恩着せがましくなってしまうんです。

 

この関係ってもう先がないってわかりますよね?

 

崩壊する未来しかないってわかりますよね?

 

あなたがしていることは、その崩壊を先延ばしにしているだけなんです。

 

 

あなたが無理をして疲れてしまうほど嫌われたくないと願う相手は、嫌われてしまう可能性が高い相手なんです。

それなのに『別に嫌われてもいい!』とは思えなくて、苦しんでしまいます。

 

 

ですが、最終的には『別に嫌われてもいい!』と思わないといけません。

 

自分にとってすごく大切な人であったり、嫌われてしまうと自分が大打撃を受けてしまう相手かもしれません。

 

でもね、

 

あなたが無理をしてまで好きになってもらう必要はないんです。

 

 

あなたが今、なにも無理をせず自分勝手な感情だけで相手と関わっているのなら別です。少しは相手に合わせることもしないといけないと思います。

 

ですがあなたが無理をして、関係を続けるのが苦しくなっているのなら、そこまで相手に合わせるべきではありません。

相手に合わせすぎないと関係を継続できないようなら、そこまでして関係を続ける必要はないと思います。

 

 

無理をするのを少しずつやめていきましょう。

 

 

どうせこのままなら先はないことは、あなたが一番わかっているはずです。

 

 

相手との先を望むなら、無理をするのをやめていきましょう。

 

 

無理をしないと嫌われてしまいますか?

でも無理をしても先はないですよ?

 

無理をするのをやめても嫌われないことは多くあります。

その可能性にかけてみてもいいのではないでしょうか?

 

 

それにね、無理をするのをやめて嫌われてしまうなら、あなたと相手はそれまでの関係だったっていうことなんです。

ありのままのあなたを受け入れてくれない相手のことが、あなたはそんなにも大切なんですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。



関連記事:

どうして皆好き勝手言ってくるの?いい加減にして・・・

恋人に振り回されてしまう。好きなのに疲れてしまうのは。

一生懸命頑張っているのにどうして!?報われない原因とは?

認めてもらいたい人に認めてもらえない。承認欲求の制御法。

苦しくて報われない恋愛。振り向いてもらう為には?

王様と奴隷?わがまますぎる人から離れられないときは?

自分らしく生きられないのはなぜ?自分らしく生きたい。

やることなすこと全部裏目に。あれっ!?どうやって生きていたっけ!?

こんなに尽くしているのに、私を大切にしてくれない恋人。なぜ?

好きな人なのに特別扱いをしてしまい、本当の自分を出せない。

復縁してもいい?復縁に迷って答えが出せない時は?

復縁を迷ったことってありますか?

 

復縁を迷うということは、自分が行動すれば復縁することができると思っているということです。

別れた相手から「もう一度やり直したい!!」と積極的にアピールされているのかもしれませんね。

 

世の中復縁したくてもできない人も多くいます。復縁する方法とかで検索してもめちゃくちゃ出てきますよね?そしてそれを実行したとしても、復縁できるかどうかはわかりません。




別れたくなかったのに振られてしまったり、自分から振ってしまったけどいなくなって初めて相手の存在の大きさを感じたりと、復縁をしたいと思っている人はたくさんいます。

それでもその人たちはなかなか復縁できません。復縁に関しての決定権は相手が持っているからです。こちらは相手が復縁してもいいと思えるようになるように必死でアピールするしかできません。

 

世の中、復縁したくても復縁できない人がたくさんいます。

 

 

そんな中であなたは復縁できる可能性が高い人、復縁に関しての決定権を持っている人なんでしょうね。

 

まさに贅沢な悩みです。

 

 

贅沢な悩みのはずなんですが、いいことばかりではないんですよね。

 

まずね、

 

あなたが気乗りしていないんです。

 

 

自分ではすごく真剣に悩んでいるように思います。

相手のことは嫌いじゃないし、むしろ今も好きは好きだし、一緒にいたら将来幸せになれるかもしれないし。

これがその相手とのラストチャンスになってしまう。これを断ったら二度と復縁はない。

 

すごく悩んでしまいます。

 

・・・

・・・

でも、なんで悩んでいるんでしょうかね?

上の条件なら別に悪いことはありません。

 

悩むまでもなく、復縁すればいいんです。

 

『よかった!』、『うれしい!』と思えばいいんです。

 

 

 

でもあなたは、それを思えなかったんですよね?

 

 

相手のことは嫌いじゃない【けど】、むしろ今も好きは好きだ【けど】、一緒にいたら将来幸せになれるかもしれない【けど】

これがその相手とのラストチャンスになってしまう【けど】。これを断ったら二度と復縁はない【けど】

 

これが復縁を悩んでいる理由なんです。

 

 

悪くない【けど】、むしろ条件的にはいい気がする【けど】

【けど】、気が乗らないんです。

 

 

条件は悪くないけど、気が乗らないから、悩んでいるんです。

 

 

悩んでいる時点であなたは、実は復縁したいとはそんなに思っていないんです。

 

 

一人のままじゃ寂しい。

相手にそこまで想われて申し訳ない。

こちらの思いが強く出ています。

 

 

答えを言いましょうか?

 

一人のままじゃ寂しいけど、相手じゃ嫌だ。

相手にそこまで想われて申し訳ないけど、こちらはもう冷めてしまった。

 

これが本音です。

 

 

もちろんね、そこまで悩むのは相手のことが大切だからです。

 

一人のままじゃ寂しいけど、相手じゃ嫌だけど、復縁してもいいかな?

相手にそこまで想われて申し訳ないけど、こちらはもう冷めてしまったけど、復縁してもいいかな?

 

ややこしいですが。

 

 

相手のことが大切じゃないなら、あなたは完全に断っています。

 

悩むことすらしません。

 

 

「復縁したい!!」と相手にアプローチされたとしても「無理!!」ときっぱり断るレベルなんです。

それが、『相手が大切だから考えてみよう。』、『可能性にかけてもいいんじゃないか?』と検討材料になっているんです。

 

相手が大切じゃなかったら考えるまでもなく「ノー!!」と言えることが、相手のことが大切だから迷っているんです。

 

 

復縁をしてもうまくいく可能性は少ないけど、もう一度自分たちを信じてみてもいいんじゃないか?

 

ようはこれなんです。

大切だから、高くない可能性にかけるかを悩んでいるんです。

 

ほんとね、どうすればいいんでしょうね?

現時点ではあなたは復縁がうまくいくとは思っていません。そこまで大切な相手だったのならそもそもなんの問題もなく別れることはありません。

 

あなたと相手には、乗り越えられなかった大きな問題があったはずです。

 

その問題を乗り越えることができるかどうかなのですが、あなたにはそれを乗り越える自信はないのでしょう。

既に別れる前にやれるだけのことはやったのかもしれませんね。

相手が想像しているよりもずっと、なんとかしようとがんばったのかもしれませんね。

 

それでもそのときは乗り越えられなかったのですよね?

そこを乗り越えないと復縁がうまくいく可能性がないことは、相手よりもあなたの方がよくわかっているのではないですか?

 

 

復縁をしてうまくいくのは、その問題を乗り越えられたときです。

 

 

その問題を乗り越えられなかったときは、今よりももっと大きなダメージを受けます。

胸の高さからミカンを落とします。ベチャ。別れる前のダメージです。

両手を高く上げてスイカを落とします。グシャッ。復縁後のダメージです。

 

 

復縁後の方が同じことでもダメージは大きくなってしまいます。

 

 

ダメだとわかって別れたのに、それでももう一度信じてみようと希望を抱いて、それでまた同じことを繰り返してしまった絶望。

別れる前より覚悟をして、二人なら今度こそ乗り越えられると信じて復縁したのに、それでも乗り越えることができなかったら?

 

初めから無理な相手だったことになってしまいます。

無駄な努力をした、時間を無駄にした、と思うこともあるかもしれません。

 

そんなことを思いたくない大切な相手なのに。

 

 

悩んでいる時点であなたは、復縁には気乗りしていません。

得られるものより、失ってしまうリスクの方がはるかに高いからです。

 

 

それでも悩んでいるのは、相手がかけがえのない大切な人だからです。

 

 

よく考えてみてください。

死ぬほど悩んでみてください。

考えて、悩んで、苦しんで、あなたの答えを見つけてください。

こんなに悩んでいる時点で復縁をしてもうまくいかないと思っているかもしれませんが、これほどまでに悩めるのは相手のことが大切だからです。

 

今、あなたが悩んでいるのは、本来ならありえないことのはずなのに、それを信じてみようかと思ってしまうほど、大切な相手だからです。

人の意見に流されず、自分なりの答えを見つけてください。

 

その選択があなたの幸せにつながることを祈っています。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。



関連記事:

悩みが解消されない!!どうすればいいかわからなくなったときは?

自分の心がわからない。頑張りすぎて麻痺してしまったあなたに。

恋人に振り回されてしまう。好きなのに疲れてしまうのは。

誰にも相談できない悩み。一人で抱え込むのは悪いこと?

性格が違いすぎる!性格が合わない恋人との付き合い方。

「諦めなければ夢は必ず叶う!」そう信じて、苦しんで・・・

どうしてこうなった?こんなはずじゃなかったのに・・・

本当にあと少し?叶わない夢を諦められないのは。

すぐに行動できない自分が嫌!行動力を身につけるには?

自分さえ我慢すればうまくいったのに。我慢が足りなかったと後悔する前に。

教え方が下手な上司の特徴!あなたが落ち込む必要はない。

皆さんは教え方を知らない上司の下で働いたことはありますか?

人に教えることって簡単なようで難しいものです。教える技術やテクニックが必要になります。

 

上司だからといって教え方が上手だとは限らないんですが、これって意外と大変なんですよね。

 

まずね、

自分がしていることは他人も当然できると思っているんです。

新入社員に対しても、自分を基準に判断するんです。





あれをやってくれという意味で専門用語を使ってくる人もいます。

???

???

その専門用語がわからなくて意味を尋ねると『えっ!?なんで知らないんだ!?』という態度をされることもあります。

 

その職場ならではのルールもあると思います。そこで働いている人にしかわからない常識ですね。

それを知らなくて外れた行動をすると『なんでこんなことも知らないんだ!?これは常識だろ!?』という態度をされることもあります。

 

自分の知っていることが常識、相手も知っていて当然と勘違いしているんです。

 

 

「なんでそんなことも知らないんだ!教えただろ!!俺の言うことちゃんと聞いてたか!?」と怒ってくる人もいます。

 

この場合って勘違いしていることも多いんですよね。

教えたつもりになっているだけで、実際には教えてない。

叱られている新入社員の近くで『いやいや、あんた、まだそれ教えてないよ。無茶言うなよ。』と考えている先輩社員がいるときもいます。

 

その先輩社員が「まだそれは教えてないですよー。」と言ってくれればいいのですが、それを黙っている人も多いんです。

『わざわざ新入社員の肩を持つ必要はない。こちらがにらまれたら大変だ。』と思う人もいます。

 

 

叱られてしまうと自分ができないんだと思い込んでしまいます。

 

他の人はできていることが、自分はできないんだと落ち込んでしまいます。

 

これね、

落ち込まなくていいことなんですよ?

 

 

あなたが全然学ぼうとする気もなく、覚えることを放棄しているときは別ですが、必死で覚えようとしているときに叱られるのはあなたの問題じゃありません。

 

叱ってくる相手の問題なんです。

 

上司や先輩の問題なんです。

 

上司や先輩は部下に仕事を教えるのが仕事なんです。

仕事を覚えてもらうよう導いていくのが仕事なんです。

 

教えるのが上手な人は本当に、あなたに負担がかからないように教えてくれます。

一緒に行動していたら自然と仕事ができるようになっています。

 

こんな風に『仕事を覚えられない自分はダメだ!』、『なんだよ!あいつ!いつも偉そうにしやがって!!』とこちらの心に波風をたてません。

 

それができないのはあなたの責任じゃありません。

上司の責任です。

 

だからもし、きつく叱られたとしてもそんなに気にすることはありません。

 

 

あなたの上司には、あなたを教えるだけの能力がないだけの話です。

 

 

その上司はバリバリに仕事をこなして優秀かもしれませんね。

そんな上司に教えられているのに、自分はちっとも成長しないと落ち込むことがあるかもしれませんね。

 

でもね、

自分でする能力と人に教えてできるようにする能力ってまったく別物なんです。

 

自分では全然ダメだったけど、指導者としては超一流の人もいます。

自分ではすごい実績があったけど、指導者としては全然成功しない人もいます。

 

 

自分でする能力と人に教える能力は別物です。

 

 

自分でする能力は90だけど、教える能力は10の人もかなり多いです。

反対に、自分でする能力は20だけど、教える能力が80の人も多いです。

 

 

教える能力が低い人は、一般的には器用な人が多いと思います。

必要最低限の指導で自分が覚えてこられたので、部下が覚えられないのは単純に部下の努力が不足しているからだと見てしまいます。自分の教え方に問題があるなんて考えもせず、物覚えが悪い人には必要以上に厳しく責めたてます。それがさらに部下を委縮させていることに気づかずに。

教え方に工夫もせず、誰に対しても同じように教えます。人間は一人一人違うのに、そのことを考えもしません。

また、器用にこなせてしまい苦労した時間が短いので、できない人の気持ちがわからないんです。

極端ですが「ボールが来たらバットをズバッと振って、ガキーンとボールを打って、ダダダダーッと一塁に走れ!!」となってしまいます。

教えている本人はそれでできていたので、それであなたもできると思っています。

 

 

教える能力が高い人は、自分では不器用な人も多いです。

必要最低限の指導で自分が覚えてこれなかったので、部下が覚えられるようにアドバイスを送れます。必要以上に厳しく責めたてることもなく、自分の教え方が悪いのかと反省もし、どうすれば覚えてくれるようになるか考えます。

教え方も一人一人に工夫をし、あなたをしっかりと見て、最適だと思える方法を選んでくれます。

自分が覚えられずに苦労した時間も長いので、できない人の気持ちがよくわかります。

「ピッチャーのフォームをよく見て、ボールの出所をしっかりと見極めて、ボールから目を離さず、振りはコンパクトに・・・」と自分ができるようになった経緯も踏まえて教えてくれます。

 

 

あなたの上司はどちらのタイプでしょう??

 

 

教える能力が低い上司の下には、器用な部下が集まります。

 

・・・

【集まる】というより【残る】ですね。

 

教える能力が低い上司にふるいにかけられ、器用に覚えられる人だけが残ります。物覚えが悪い人は去っていきます。

 

あなたの周りの先輩たちは、そんな優秀な人たちの集まりかもしれません。

そしてそんな先輩たちも教え方が下手です。自分は教え方が下手な上司の下で仕事を覚えたので。

 

教え方を知らない人に囲まれて仕事を覚えるのは大変なことです。

 

 

新しいことを覚えるだけでも大変なのに、人間関係にも悩まないといけません。

『自分はダメだ。』と落ち込んでしまうこともあるでしょう。

 

 

でもそれは誤解です。

 

 

あなたがダメなんじゃありません。

 

部下に仕事を教えるという能力を持っていない上司がダメなんです。

 

 

あなたではなく、相手の能力が足りないんです。

ひどい言い分ですが。。。

でも本当にこれなんです。

 

 

教えるのが上手な人ならあなたに負担をかけることもなく、あなたは仕事を覚えられます。

そもそも、こんなにもあなたに負担をかけている時点で悪いのは上司です。

 

教え方を知らない人に教えてもらうのは大変ですが、『自分はどうしてこんなにダメなんだ。』と思いそうになったときは、『ああ、この人は教えるのが苦手な人なんだな。』と思ってみましょう。

 

あなたは自分の責任だと思っていますが、あなたの問題ではなく相手の問題のことも多いんですよ?

 

あまり振り回されないようになりたいですね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

努力が足りない?頑張っているつもりなのに責められるときは。

いつも叱られてばかり。仕事をなかなか覚えられないのはどうして?

比較ばかりされるのはもううんざり。面倒くさいと感じたら。

息が詰まる!ギスギスした人間関係とミスを許されない職場。

恐怖政治の会社。威張り散らしてくる上司への接し方。

器が小さすぎる!!頭ごなしに怒ってくる相手への対応法!

完璧主義者との関わり方!完璧に応えるのは不可能!!

どうして皆好き勝手言ってくるの?いい加減にして・・・

責任感が強いのは長所?責任感が強すぎると短所に変わる。

全否定された時の対処法!問題があるのはあなたじゃなく相手。

自分を受け入れるには?自己肯定感を高めて楽しく生きる方法!

皆さんは今の自分を受け入れることができていますか?

なかなか自分を受け入れることができずに、苦しい生活を送っていませんか?

 

自分を受け入れることができないと自己肯定感が弱くなっていき、人生に疲れることが増えてしまいます。

自己肯定感を高めれば今よりも楽に人生を送れるとはわかっているのですが、自己肯定感を高めることって難しいですよね。

 

自己肯定感が高い人は自己肯定感なんて持っていて当たり前という感覚で、そもそもこの言葉すら知らない人も多いです。「全然そんなこと意識したことなかった。自分のままでいいなんて考えるまでもなく当たり前のことじゃん?」と意識すらしていません。

 

どうして同じ人間なのにこんなにも違うんですかね?





そもそもね、自己肯定感なんて僕たちは産まれたときから当たり前に持っていた物なんです。

世界に誕生した瞬間から持っていました。

 

赤ちゃんって自己肯定感のかたまりなんですよ。

産まれてきてごめんなさい。

生きてきてごめんなさい。

そんな赤ちゃんなんていません。

 

産まれてきたことを盛大に喜び、人生を満喫します。

 

 

そんな誰もが当たり前に持っていた自己肯定感なんですが、大人になるにつれて削られていきます。

親に怒られ、先生に叱られ、好きな人に振られ、上司にダメ出しされ、自己肯定感がどんどん削られていきます。

 

自己肯定感が低くなってしまうと、自分を受け入れられなくなってしまいます。

 

自己肯定感が低くなってしまうと、ものすごく孤独です。

誰も自分のことを認めてくれないと思い込んでしまうんです。

誰も自分のことをわかってくれる人はいないと思い込んでしまうんです。

 

でもこれは、真実でもあります。

 

誰もあなたのことを認めてくれていません。

 

だって、

あなたが一番自分のことを認めていないから。

 

『このままの自分ではダメだ!だからよく叱られるんだ!』、『このままの自分ではダメだ!できるようにならないと誰も認めてくれない!』

 

 

今の自分を誰よりも認めていないのがあなたです。

 

誰よりもあなたを曇りメガネで見ているのがあなたです。

 

 

『どうせわたしなんて・・・』、『どうせ僕なんて・・・』と思っているから、他の人もあなたのことをそう思っているように感じるんです。

あなたが自分のことを認めていないのに、そんな自分を他人が認めてくれていると思うことは無理でしょう?

 

あなたがその思考をやめることができたら、世界は変わります。

 

 

その思考をやめる方法なのですが、

 

今の自分の全てを認めてあげましょう。

 

何もできない自分を認めてあげましょう。

 

無力な自分を認めてあげましょう。

 

価値がない自分を認めてあげましょう。

 

 

・・・
・・・
「それができたら苦労しねーよ!!」ですよね。

 

言葉にするとこれだけのことなんですが、それができなくなってしまったからこそ自己肯定感が低くなっているのですから。

・・・

・・・

そう、皆さん、これができていないんです。

 

何もできない自分を認めらないんです。

無力な自分を認められないんです。

価値がない自分を認められないんです。

 

できないけど、そんな自分を認められないから、自己肯定感が弱っていくんです。

 

 

自己肯定感が弱って苦しいから、自分を認められるようにがんばるんですね。

できないことをできるように必死にがんばるんです。

毎日気合い入れて、努力して。

それでもなかなか結果が出ず、だけどやめることもできなくて。

 

 

それが間違った方法だとは気づかずに。

 

 

そうなんですよね。この方法で自己肯定感を高めようと思っても、自己肯定感は高まりません。

できないことができるようになったとしても、自己肯定感は高まりません。自己効力感は少しは高まると思いますが、自己肯定感はそれとは直結しません。

むしろできるように必死でがんばるほど、自己肯定感は弱っていくことすらあります。

 

 

自己肯定感とは今の自分を認めることだから。

 

今の自分ではダメだと必死でがんばることはむしろ真逆の行為です。

 

 

 

『もっといい自分に!』と心を追い込んでしたところで、自己肯定感は低くなっていきます。

 

 

『もっといい自分』というのは『今の自分』を否定しているからです。

 

自己肯定感を高めるには今の自分を否定するのではなく、肯定する必要があります。

 

何もできない自分を肯定してあげます。

無力な自分を肯定してやります。

価値がない自分を認めてあげます。

今の自分を受け入れることで、自己肯定感を作る土台が誕生します。

 

 

今の自分、あなたは嫌いですよね?

 

今の自分、あなたはいいとは思っていませんよね?

 

 

まずはそんな自分を受け入れてあげましょう。

 

 

自分のことが嫌いな自分を拒絶せず、『これでいいんだ。』と受け入れてあげましょう。

 

少しややこしい言い方になりましたが、自己肯定感を高めようとするときは、自分を受け入れられない自分に嫌気がさすんです。

自己肯定感を高めるには自分を受け入れないといけないのに、受け入れることができない自分に腹が立つんです。

 

 

だから、

そんな自分もまとめて受け入れてあげましょう。

 

 

自己肯定感を高めるために自分を受け入れることができない自分を『それでいいんだよ。』と受け入れてあげましょう。

まずはそこからです。

 

自分を受け入れられない自分を受け入れることからスタートします。

 

『自分を受け入れられない自分はダメだ!』、『受け入れないとどんどん苦しくなっていくのに、どうしてこんなこともできないんだ・・・』なんて落ち込む必要はありません。

 

それも込みであなたです。

 

そんなあなたを丸ごと愛してあげてはいかがですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

強かったあの頃に戻りたい!弱った自己肯定感を高める方法。

こんな自分はもう嫌だ!性格を変えて生まれ変わりたい!

何をやっても逆効果!辛くて苦しくてしんどくて悲しくて悔しいときは?

何の取り柄もない私。強い劣等感から解放されるには。

自分に厳しくなれない。自分に甘い自分が嫌い。

何もできない落ちこぼれ。無能な自分との付き合い方。

元気を出さないといけないのに元気が出ない。心が沈んでる時は?

孤立して集団の輪の中に入れない!自分が間違っているのか?

なにもしてあげられなかった無力な自分。後悔と罪悪感。

すぐに行動できない自分が嫌!行動力を身につけるには?

『もう頑張れない!』と言う人ほど、頑張ることをやめない。

もうがんばれないと思ったことはありませんか?

『もう無理だ。』、『もうダメだ。』、『もう限界だ』と心が疲れてしまったことはありませんか?

 

このブログでもそうですが、「こういうときはがんばらなくていいときだ。」、「休まないといけないときだ。」と書いていますよね。

「あなたはがんばりすぎているから、もうがんばらなくていいですよ。」と書いていますよね。

 

そのとき、あなた、

 

がんばることをやめられましたか?





なかなかがんばることをやめられなかったのではないですか?

 

今もがんばることをやめられていないのではないですか?

 

 

このブログを読まれている方は現在進行形で、なにかと戦っている(闘っている)、がんばっている方だと思います。

がんばることをやめていたら、このブログにはたどり着きません。

このブログを読むことのない生活を送っているはずです。

 

あなたは『もうがんばれない。』と思いつつ、まだがんばっているんです。

 

 

 

がんばることをやめるってすごい勇気がいることなんですよね。

 

ものすごく怖いことなんです。

 

 

いままで必死でがんばって、今も苦しい思いをしながらもがんばっているのに、うまくいってないんです。

「がんばらない方がうまくいく!」なんて言われても、そんなこと信じられないんですよね?

 

『がんばらなくてもうまくいくとは限らない。』、『たまたまうまくいく人がいるだけで、自分の場合はがんばることをやめてしまったら終わってしまう。』

こんな風に考えてしまいます。

 

 

あなたは今、ビルの屋上に片手でぶら下がっている状態なんです。

力を抜くと手が離れて下に落ちてしまうから、必死に力を入れて踏ん張っているんです。

 

がんばることをやめることって、この力を入れている手の力を抜くことになるんですよね。

そんなことをしたら落ちちゃいます。死んじゃいます。

だからがんばることをやめられないんです。限界を感じなからも必死でぶら下がり続けるんです。

 

そりゃーそんな状態なら身体なんてヘトヘトになってしまいます。精神なんて発狂してしまいます。

 

 

せめて自転車に乗ることぐらい簡単なことだったらよかったんですけどね。

 

自転車って初めは皆さんうまく乗れませんよね?バランスをすぐに崩して何度もこけそうになりましたよね?

でも、一度乗れるようになると、バランスを崩すことってほとんどないでしょう?

 

乗れるようになってからわかったことは、最初はバランスをとるためにものすごく力を入れてましたよね。こけないように肩や腰、足に腕と、至るところに力を入れてました。

それって逆効果だったでしょ?今はそんなに力を入れて自転車に乗りませんよね?

というか、そんなに力を入れたら今でもバランスを崩してこけそうになりますよね。

 

 

これと理屈は同じなんですよ。

 

あなたの場合は自転車ではなく、ビルの屋上だというだけです。

そう思い込んでいるから、がんばることをやめられないんです。

 

 

あなたは今、生きることに力を入れすぎているんです。

 

だから生きづらいし、うまくいかないんです。

案外ね、力を抜いた方がうまくいくことって、世界にはあふれているんですよ?

自転車にしてもそうですし、泳ぐことにしてもそうです。

 

泳ぐときって身体に力を入れると沈んでいきますよね?

力を抜いてリラックスすればプカーッと浮いてくるのに、力を入れて手足をバタつかせると沈んでいきます。

泳げない人ほど溺れないように必死で手足に力を入れて沈んでいきます。

 

 

がんばりも同じではないですか?

 

 

がんばっているからバランスを崩してこけるんです。

がんばっているから沈んで溺れるんです。

がんばっているから苦しいんです。

 

 

もうがんばれないと思うほどがんばり続けているあなたは、がんばるのをやめたほうがいい段階なのだと思います。

やめたほうがいいというより、やめないといけないレベルかもしれません。

 

 

がんばりをやめるとね、もちろんいいことばかりではありません。

 

あなたが必死でがんばっていたから繋ぎとめられていたものが、あなたががんばることをやめることによって崩壊してしまいます。

どうしても譲れなかったものを、譲らないといけなくなってしまうかもしれません。

『元々無理なことだったんだ。』と脱力感や無力感に襲われることがあるかもしれません。

 

 

でも、それを乗り越えないとあなたは前には進めません。

 

 

目標に向かって楽しくがんばれているうちはいいんです。

でもそれをやりすぎてしまうと、がんばることはしんどくなっていくんです。

それでもがんばり続けると心が悲鳴をあげるんです。

 

 

あなたの心は悲鳴をあげていませんか?

 

 

悲鳴をあげているのに、それを強い意志の力でねじ伏せているのではないですか?

 

 

そのがんばりは破滅へと向かっています。

あなたの心と身体を壊していくだけです。

優しい報酬は得られせん。

 

 

がんばるのを少しずつやめていきませんか?

 

 

急にがんばるのをやめてしまうと、一度に多くのものが変わりすぎてしまいます。

あなたから離れていく人も多いでしょうし、あなた自身が今までがんばってきたこととのギャップで戸惑いを感じます。

 

『こんなことをしていていいのか?』、『あれをしなくちゃいけないんじゃないか?』、『自分はなんてダメな奴なんだ!』と環境の変化にうまく適応できないことがあります。

その結果、『やっぱり今までの生き方が正しかったんだ!』と元に戻ってしまうことがあります。

 

はっきり言ってね、

最初のうちはがんばるのを続けることよりも、やめることの方がしんどいです。

 

あなたの中ではがんばるのは、自分のしなくてはいけないことで、それに従ってずっと生きてきたのだから。

がんばるのをやめるには続ける以上の力が必要になります。

 

 

だから少しずつ行きましょう。

焦らず、一歩一歩、前に出しましょう。

大変な道のりですが、それを乗り越えてがんばるのをやめることができたとき、本当のあなたらしい生活が待っています。

 

生きづらいと感じることも少なくなると思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

もうこれ以上がんばれない。無気力で動けなくなってしまったとき。

一生懸命頑張っているのにどうして!?報われない原因とは?

もっと頑張らなきゃいけないのに、頑張れない。自分は怠け者?

意地を貫くことに疲れてしまった。でも今更引けない。

『まだ大丈夫!』って本当に?いつまで?実は危険な思考。

何もできない落ちこぼれ。無能な自分との付き合い方。

「諦めなければ夢は必ず叶う!」そう信じて、苦しんで・・・

努力と頑張りの違いとは?頑張りすぎても破滅するだけ。

お前はよくやった。十分がんばったと言われても・・・

限界を超えてがんばりたいときは

生きているだけでしんどいのは何故?楽な生活には戻れない?

生きているだけなのにしんどいと思ったことってありませんか?

とくになにかをしたわけではなく、ただ日々を過ごしている。

それなのにどうしてこんなにも疲れてしまうんだろうと思ったことはありませんか?

 

これね、

あなたが人生を楽しめていないからなんです。





人生を楽しむことって順調なときには当たり前にできていることなんですが、大きな挫折を味わってしまったり、我慢ばかりして生きていくとできなくなってしまうんです。

 

『どうやって楽しんだらいいんだろう?』

『他の人がすごく楽しそうに生きている気がする。』

『どうして?わたしはこんなに苦しいのに・・・』

『楽しくなくてもいいからせめて、疲れないように生きたい。』

 

こういったことを考えてしまいます。

 

 

ものすごく追い込まれていますよね?

 

 

なにか原因がはっきりとわかっていたら対応もできるのに、どうしてこんなに疲れるのか自分でももうよくわからなくなってしまった。

ただ日々を生きているだけでクタクタ。なにかをしようとする気力も湧かない。

時間を過ごすだけで精一杯。

 

充実感なんて全然感じられず、人生に面白みなんて全くない。

ただ日々を暮らすだけで苦痛。

なんのために生きているのか?

苦しむために生きているのか?

 

こんな人生に意味なんてあるのか??

 

他の人は皆まぶしい世界で生きているのに、自分だけがひどく濁った世界で生きている気がする。

まぶしい世界に憧れるとともに、自分には不釣り合いの場所だとあきらめてもいる。

 

 

重いです。

 

 

普通に充実した生活をしている人からしたら、めちゃくちゃ重い人です。

「深く考えすぎだよ。」なんて言葉も出てこないほど、引かれます。敬遠されます。

 

 

でも重くなってしまうのも仕方ないことなんですよ。

好きで重くなっているわけじゃありません。

 

重くなってしまうには、重くなってしまうだけの理由があります。

 

 

『理由なんてない!生きているのが苦しいだけだ!』と思う人もいるかもしれませんが、

それが理由なんです。

 

 

生きているのが苦しいから。

 

生きているのが楽しくないから。

 

生きているのがつらいから。

 

これが理由なんですよ?

 

 

苦しいから、楽しくないから、つらいから、しんどいんですよ。

 

そしてしんどいから、思考が重くなります。

思考が重くなるから余計に、苦しい。楽しくない。つらい。

だからどんどんしんどくなっていきます。

 

負のスパイラルですね。

 

 

この状態から脱出するのってすごく大変なんです。

 

 

しんどくなくなれば、思考も軽くなります。

思考が軽くなれば、疲れも激減します。

 

理屈ではこれだけです。

 

簡単でしょ?

 

 

ですが、これを実際に実行しようと思ったら、めちゃくちゃ難しいです。

だって苦しい、楽しくない、つらい、しんどいからスタートするから。

 

ゼロからのスタートではなくマイナスからのスタートです。

 

 

このマイナスをゼロにするまでが、ものすごく大変なんです。
(ゼロにさえたどり着けたら、そこからプラスにしていくことはわりとできます。要領もよくなっていますしね。)

 

マイナスをゼロにする作業が一番難しいです。

 

 

あなたは今、大きな波に流されています。

苦しい、楽しくない、つらいといった波です。

 

このまま流されていたら今までと同じです。

生きているだけでしんどい人生を過ごさないといけません。

 

 

だから少しだけ抵抗するんです。

『今日は昨日より悪くない一日だったんじゃないかな?』
『今日のテレビ、面白かったな。また来週も見よう。』
『今日もしんどい一日だったけど、昼ご飯を食べに行った店、美味しかったな。』

といった具合で、今日の楽しかったこと、良かったこと、悪くなかったことなどを振り返るんです。

 

 

どんなにくだらないこと、些細なことでも構いません。

 

とにかく今日自分に起きた出来事で、悪くなかったことを真剣に振り返ります。

 

・・・

・・・

実はこれをやったところで効果はほとんどありません。

 

苦しい、楽しくない、つらいという波の方が大きいので、ほんの少しだけ抵抗しても波に逆らうことすらできません。

 

でもこれが、

まったくの無意味なことではありません。

 

 

これをずっと続けていきます。

これを何カ月も何年も続けていきます。

何千回、何万回と繰り返していきます。

 

そうすることで少しずつですが、波が小さくなっていきます。

波が小さくなっていくと、少しだけ余裕が持てるようになります。

余裕を持てるようになると、楽しさに気づく可能性が増えるんです。

 

アンテナの感度が良くなるとでもいいましょうか。以前は受信することができなかった楽しさを受信できるようになってきます。

 

ここまで来てようやく、少しずつ人生に楽しみができてきます。

やる気がほんの少し回復します。

生きる意味がぼんやりと見えてきます。

 

 

ここまで来るのには時間がかかります。

 

昨日今日でできることではありません。

 

 

生きているだけでしんどい生活を続けていかないといけません。

 

 

だから今は、そんな自分を認めてあげましょう。

 

 

生きているだけでしんどい自分のことを認めてあげましょう。

 

 

『生きているだけでしんどいなー。ほんとなんなんだろ?でもがんばって生きているよな。』と今の自分のことを認めてあげましょう。

 

生きているだけでしんどいのは、あなたが自分のやりたいことよりも、自分がしないといけないことを優先させて生きてきたからです。

別にあなたがする必要もないことまで、自分がしないといけないことだと思いがんばってやってきたからです。

 

そんな生活をしてきたら、疲れてしまうのは当たり前です。

 

 

今まで大変でしたよね。

 

 

あなたの思いやりに救われてきた人はきっといます。

今度はそんなあなたを少しずつ救っていきませんか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

何をやっても逆効果!辛くて苦しくてしんどくて悲しくて悔しいときは?

元気を出さないといけないのに元気が出ない。心が沈んでる時は?

もう疲れた。なにもかもどうでもいいと自暴自棄になったときは?

弱者には厳しい世界。どうしてこんなに生きづらい・・・

どうしてこうなった?こんなはずじゃなかったのに・・・

苦しくて報われない恋愛。振り向いてもらう為には?

一生懸命頑張っているのにどうして!?報われない原因とは?

無職のままだと居心地が悪い。働かないって悪いこと?

しなくちゃいけない使命感とやることができなかった罪悪感

やらなくてはいけないのに動けない。やる気が出ないのはなぜ?

完璧主義者との関わり方!完璧に応えるのは不可能!!

完璧を求めてくる人と過ごした経験はありませんか?

なにかにつけて「違う。そうじゃない。もっとこうしないと!」とイチイチ指摘してくる人と生活をしたことはありますか?

 

これってめちゃくちゃ疲れますよね。

 

親しい間柄で冗談として言ってくるのならまだいいのですが、『こいつをちゃんと導いてやらないといけない!』と本気で思われてしまったら大変です。

相手が鬼軍曹状態になってしまいます。




完璧を求めてくる人は色々です。

あなたの両親だったり、結婚相手だったり、恋人だったり、友人だったり、上司だったり、先輩だったり、顧客だったり。

とにかく色んな種類の人間が、あなたに完璧を求めてきます。

「なんでこんなこともできないんだ!ちゃんとしろ!!」と鋭く指摘してきます。

 

 

この完璧を求めてくる人って、できていないことばかりに目がいっていませんか?

 

 

あなたは中学生です。国語のテストで90点とりました。クラスで3番目の点数でした。

あなたの親にテストを喜んで見せました。「国語のテストで90点とったよー!クラスで3番だった!」ほめてもらえると思っていました。

 

すると親たちが言うわけです。

「どうして100点じゃないんだ!」と。

「クラスに2人も上がいるじゃないか!」、「勉強時間が短かったんだ!努力が足りない!!」

親たちはあなたをほめるどころか、けなしてきます。

 

あなたは結局、親からほめてもらえませんでした。

『90点じゃ親は満足してくれないんだ。100点をとってやる!』

あなたは前以上にがんばります。

 

これで100点をとることができたらいいのですが、とれませんでした。前以上にがんばったのに、84点と点数も順位も落としてしまいました。

親は言います。「前より下がってるじゃない!何をしてたの!?」

 

・・・

・・・

ほんとに完璧を求めてくる人が近くにいると疲れますよね。

 

90点でクラス3位でも、84点でクラス6位でも、十分すごいでしょ?

そのことにまったくふれず、ダメ出しをしてきます。

いい加減にしてほしいですよね。

 

叱られて伸びる人もいますが、それは見返りが必要になると思います。

「よくやった!」という言葉や態度がないと、叱られて伸びる人も伸びなくなってしまいます。

 

 

ほんとね、完璧を人に求めてくる人って、教え方を知らない人なんですよね。

 

自分のことだけしか考えていないから、あなたの気持ちなんて想像もしていないんです。

 

 

上のテストの例なら「なにをやっているんだ!」、「努力が足りないからだ!」、「こんな恥ずかしい点数で満足するな!」と怒鳴りつけるよりも、「すごいじゃん!よくがんばったねー!次は目指せ100点だ!!」の方がやる気が出ませんか?

 

がんばったことに関しては評価をしてもらいたいですよね。たとえ結果がよくなかったとしても、ある程度の成果が出たのなら、その成果の部分を評価してもらいたいですよね。

 

でも、それをすることが完璧を求めてくる人はできないんです。苦手なんです。

自分の望む結果だけに目がいき、それに届かなかったら価値なんてないという考えなんです。

 

 

要するに子どもと同じなんですよ。

 

 

おもちゃ売り場で床に寝ころがって「あのおもちゃ買って!買ってー!!」と手足をバタバタさせている子どもと同じなんです。本質は。

『わたしの期待する結果を出してくれないと許さない!!』と駄々をこねているだけなんです。

 

 

完璧を求めてくる人には大別して二つのタイプがあります。

 

一つは『自分は完璧にこなしているんだから、お前もそれくらいできるだろう。』と思い込んでいるタイプ。

もう一つは『自分はなにもできないから、お前が完璧にやってくれないと困るんだ!』と過剰な要求をしてくるタイプ。

 

 

どちらのタイプにしても共通していることとして、

完璧を求めてくる相手って、全然完璧じゃないですよね?

 

 

完璧を相手に求める人ほど、欠点が多いです。

完璧に近い人ほど、相手に完璧を求めることは少ないです。

 

ありのままのあなたを評価してくれて、なにか問題があったらさりげなくフォローをしてくれます。

完璧を求めてくる相手はそれができない人なんです。

それなのに口だけは達者なんです。声が大きいんです。態度がでかいんです。

 

完璧を求めてくる人は限度を知りません。上のテストの例で90点からがんばって100点を取ったとしても満足しません。

ずっと100点をとり続けないといけないんです。

少しミスをして98点になってしまうと極端に責めてきます。

 

 

この完璧を求めてくる人の最も怖いところは、

相手は自分が正しいことをしていると思っていることです。

 

 

周りの人が迷惑に思っている、自分のせいで心を疲労させているとはまったく思ってもいないことなんです。

自己分析が苦手で、他者の気持ちを考えることも苦手なんです。

 

完璧を求めてくる人に完璧に応えようと思っても不可能です。

 

 

「あなたのことを思って言っているんだ。」と言ってくる人もいるかもしれませんが、違います。

 

 

あなたのことを思ってなんか全然言ってません。

 

自分にとって都合のいいあなたになるように言ってきているだけです。

 

 

あなたが完璧な人を相手にして疲れるのは、あなたが相手の存在を無視できないからです。

自分勝手な押し付けをしてくる人に対しても、なんとかしてあげたいと思っているからです。

 

あなたは、相手の要望や期待に応えてあげたいと思える優しい心の持ち主です。

ですが、もう少し、自分中心に生きてみてもいいのではないですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

努力が足りない?頑張っているつもりなのに責められるときは。

比較ばかりされるのはもううんざり。面倒くさいと感じたら。

認めてもらいたい人に認めてもらえない。承認欲求の制御法。

全否定された時の対処法!問題があるのはあなたじゃなく相手。

自分の芯がない!流されてばかり!意思がない!ブレない軸がほしい!!

責任感が強いのは長所?責任感が強すぎると短所に変わる。

一生懸命頑張っているのにどうして!?報われない原因とは?

彼女がダメ出しばかりしてくるのはなぜ?ブラック彼女に疲れたら。

外部の影響を受けすぎるのはHSP?生きづらいのは敏感で優しいから。

変わらないといけないのに変われない自分。自己嫌悪の解消法。

苦しくて報われない恋愛。振り向いてもらう為には?

皆さんは報われない恋愛をしたことはありますか?

 

こっちからの一方通行の好きだけで、相手はあなたのことなんかなんとも思ってない。

既婚者と交際をするようになって、その人と結婚したくてもその人は家族を捨てる気はまったくない。

相手にとってあなたはただの都合のいい存在なだけで、あなたに対する優先順位はかなり下。

 

これらに共通していることとして、あなたが相手と一緒にたどり着きたい理想の場所があるのに、相手がそれを断固として受け入れてくれないということです。

 

なら、どうしますか?




がんばるしかありませんよね。

 

相手の好きって気持ちが足りないから、理想の場所に行こうとしてくれないんです。

もっと好きになってもらえれば、その場所に行けるはずなんです。

 

なら、がんばるしかありません。

 

 

努力して、努力して、努力して、自分のことを好きになってもらうしかありません。

無理をして、無茶をして、心がズタズタになってでも、自分のことを好きになってもらうしかありません。

 

途中にね、何度も何度もささやいてくる自分がいるんですよね。

『もう無理なんじゃないか?』、『ここまでしても振り向いてくれない。』、『ありのままの自分でいいじゃないか。』といった思いがでてきます。

あなたがつらい思いをしていればしているほど、こいつが出てくる回数は多いはずです。

 

それほどまでに苦しい恋愛をしています。

 

ありのままの自分でいい?

そんなの言い訳ですよね?

 

ありのままの自分でいたら届かないんです。

ありのままの自分で届かないのなら、見栄を張るしかないでしょう。

 

背伸びした自分を見せるしかありません。

 

 

もっともっと魅力のあふれた人間になるよう、努力するしかありません。

 

もっと好きになってもらえるように、相手の趣味を勉強します。

もっと好きになってもらえるように、相手の好みの外見にイメチェンします。

もっと好きになってもらえるように、相手のことを怒らせないようにします。

もっと好きになってもらえるように、相手の願望を次々に叶えていきます。

 

あなた自身の気持ちを無視してまで。

 

 

いや、これは正確には違いますよね?相手の願望を叶えていくことが、あなたの願望につながるわけです。

つまり、

相手の願望を叶えたら、あなたのことをもっと好きになってくれるんです。あなたが理想としている場所に近づけるんです。

 

 

本当にそうですか?

 

距離、縮まっていますか?

 

むしろ距離が遠退いた気さえしませんか?

 

 

前以上に距離が離れていますよね。

 

本当のあなたのことを見てくれていないからです。

仮面をかぶったあなたのことを見ているからです。

素顔ではなく、仮面で一緒にいるから、距離が遠くなっているんです。

 

 

このままがんばっていっても、報われることはありません。

 

 

たとえ一時的に報われたとしても、それは長くは続きません。

 

 

あなたががんばりすぎているからです。

がんばりすぎてしんどい思いをしているからです。

無理をしている状態をいつまでも続けられません。

 

報われない恋を報われるようにするためには、無理をしないことが大切です。

 

・・・

・・・
『ちょっと待てよ!』ですよね?

 

無理をしないと報われないから無理をしているのに、それをやめてしまったら報われませんよね?

 

そうなんです。

 

現時点ではあなたの報われない恋が報われる可能性は少ないです。

 

たかが一月や二月無理をすれば報われる程度の恋なんですか?

そんな状態ならあなたはとっくに報われていますよね。

こういったサイトを見ることもなく、報われて、今は幸せな生活を送っているはずです。

 

 

あなたの報われない恋愛は、すぐに報われることはありません。

 

 

一生懸命無理をしたところで結果は変わりません。

 

むしろ無理をすることで、その恋の終了が早くなってしまいます。

 

 

報われない恋愛を報われるようにするためには、マラソンをしなければいけません。

一生懸命無理をしてしまうと100メートル走になってしまいます。

 

結果は目に見えていますよね?

 

マラソンでスタート開始直後から10秒間全力疾走。そんなの最後までもつはずがありません。

息が苦しくなって、心臓がバクバクいって、腕と足の振りが小さくなります。そして走っていられなくなり立ち止まります。

 

 

一生懸命無理をしてすぐに報われたのならそれは、あなたのことをしっかり見てくれていない相手です。

 

あなたのことを自分にとっての利用価値があるかないかで判断している相手です。

本当にあなたのことを考えてくれている相手なら、あなたが無理をしていたら止めてきます。

 

すぐに「よくやった!」、「好きになった!」と報われてしまったのならそれは、あなたのことを考えてくれていない相手です。

 

あなたじゃないとダメな人ではありません。

 

あなたじゃなくてもいい人なんです。

 

 

本当に報われたい恋愛なら、今は報われないことを理解しましょう。

 

それでも報われたい恋愛なら、まだまだ時間がかかることを覚悟しましょう。

 

 

報われない恋愛が続くうちは、まだまだつらい思いをたくさんします。

今以上に苦しい場面が訪れることもあるかもしれません。

それでもその相手がいいですか?

 

 

それでもその相手がいいのなら、もう少し肩の力を抜きましょう。

長い距離を進まないといけないのに、最初から張り切りすぎるとすぐにガス欠ですよ?

がんばりすぎ注意です。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

恋人の一番になれない苦しい恋愛。どうすれば一番になれる?

恋人に振り回されてしまう。好きなのに疲れてしまうのは。

苦しくて切ない恋愛依存症。どうして抜け出せない?

一生懸命頑張っているのにどうして!?報われない原因とは?

性格が違いすぎる!性格が合わない恋人との付き合い方。

こんなに好きなのに…どうしても諦められない片想いは?

届かない恋は

「諦めなければ夢は必ず叶う!」そう信じて、苦しんで・・・

誰にも相談できない悩み。一人で抱え込むのは悪いこと?

自分を安売りすると、とんでもない赤字になる。借金地獄で苦しむ前に。

孤立して集団の輪の中に入れない!自分が間違っているのか?

グループの中で孤立してしまったことってありませんか?

学校だったり、部活動だったり、職場だったり、家庭だったりと、僕たちは普段色々な集団の中で生活をしています。

この集団生活がうまくいっているうちは何も問題はないのですが、このグループの中で孤立をしてしまうとかなりしんどいです。

まずね、

孤立ってめちゃくちゃ怖いことなんですよ。





人間って、自分の敵だと認識した相手にはどこまでも冷たくなれるんです。虫ケラやゴミクズ扱いならまだましですが、それ以下になってしまうことも多々あります。

『同じ空気を吸うのも嫌だ』状態になってしまうこともあります。

 

そういった人たちには、あなたや人間の常識なんか通用しません。なんの悪気もなしに平然と、人を傷付ける行動をごく自然にとれるようになるんです。

 

 

孤立している人に対してよく、孤立してしまう方にも原因があるって言われてますよね。

「孤立させている相手も好きで孤立させているんじゃないんだ。孤立されても仕方ない原因があるから孤立してしまうんだ。」

・・・

これって的外れな意見だと僕は個人的には思います。

 

 

だって、

孤立されても仕方ない原因があったとしても、孤立させてしまわない方法なんていくらでもあるでしょう?

 

 

その方法を相手がとらない時点で、問題があるのはあなたじゃなく相手なんです。

 

 

『いじめる方よりいじめられる方が悪い』ですか?

『人を殺す方より殺される方が悪い』ですか?

『自殺の原因を作った相手より自殺をした人の方が悪い』ですか?

 

全然話が違うと思うかもしれませんが、突き詰めていけば同じなんです。

 

 

『孤立させる方より孤立する方が悪い』なんて絶対にありえません。

 

 

あなたは絶対に悪くありません。

 

あなたの周りが悪いんです。

 

 

この場合、あなたの周りが悪いというより、あなたの周りが正常な判断をできていないといった方が正確かもしれません。

 

まずね、人って怖いもので集団心理が働くんです。

リーダーの思考が感染していくんです。

 

リーダーが一人のターゲットをいじめだすと、他の人もその人をいじめるようになります。

『リーダーがやっているから。』理由はただそれだけです。

 

リーダーと集団の数人がその人をいじめるようになります。そうするとそれがさらに感染します。

『皆がいじめているから。』たったそれだけの理由です。

 

段々とその割合が大きくなってしまいます。最悪なときはその集団の全員が、その人のことをいじめるようになってしまいます。

 

でも、その最初のスタート地点は、

『他の人がやっているから。』です。

 

 

なんか、『自分の意見はないのか?』とツッコミたくなる内容ですが、いじめている人はそのことに全然気付かないんですよね。

中には気付いていて嫌々やっている人もいますが、ほとんどの人は気付いていません。

 

そのターゲットのことを、自分が気に食わない奴だからいじめているんだと思っています。自分の感情でいじめているんだと思っています。

 

それが自分の感情ではないと気付かずに。

リーダーの感情だということに気付かずに。

 

なんか、マヌケな人たちですよね。他人の感情を自分の感情だと勘違いして行動している。

自分がマリオネットの操り人形だと気付かずに、自分の意思で自由に生きていると思っているのだから。

 

 

別にその人たちを責めているわけではありません。僕もその立場にいたこともありましたから。

集団の中だと気が付きにくいんです。

皆がしていると自分もしていいような気がしてくるんです。

 

『赤信号みんなで渡れば怖くない』って皆が笑う馬鹿げた言葉ですが、これなんです。

集団で特定の人をいじめている人たちは、赤信号をみんなで渡っているんです。

そのことに渡っている当人たちだけが気付かないんです。

 

 

あなたは間違っていません。

 

間違っているのは正常な判断ができなくなってしまった周りです。

 

 

これの解決法なんですが、

一番の解決法はその集団との縁を切ることです。

 

輪の中に入れなくて悩んでいるのならば、別に輪に入る必要はありません。

そこから抜けちゃいましょう。

 

それがおそらくあなたにとってベストな解決法です。

 

 

もちろん、自分は今の状況を不快に思っていることをしっかり伝えるとか、輪の中に入れてもらうようにコミュニケーションをとっていくといった方法もあります。

 

でもこれ、めちゃくちゃ大変です。

 

 

あなたを一度敵と認識してしまった相手は、あなたに対して極めて強い態度で接してきます。

あなたが下で自分が上だと心の底から思っています。

 

それが一人や二人ならまだいいですが、十人、二十人となってしまうと威圧感もすごいです。

あなたを見る冷たい視線をはっきりと感じられます。

 

そんな中で自分のはっきりした意思表示をすることって、口で言うほど簡単なことではありません。

そんな中でコミュニケーションをとっていくことって、想像以上に精神を消耗させます。

 

はっきりと意思表示をしたところで、『生意気だ!』とさらに孤立がひどくなるかもしれません。

相手に合わせてコミュニケーションをとっても、『なに?こいつ?』とケチをつけられることもあるかもしれません。

 

とにかく、

あなたのすべてにイライラする状態なんです。

 

 

この状況を変えようと思ったら、並大抵の努力では追い付きません。血反吐を吐くがんばりが必要になります。

それでも状況が変わるとは限りません。

 

 

そうじゃないですか?

 

あなたは既に血反吐を吐くがんばりをしていませんか?

 

それでも変わっていないんじゃないですか?

 

 

ただその場所に行くだけで『来るんじゃねーよ!』と態度に出されて、話し掛けると『なんだよ!話し掛けてくるなよ!めんどくせー!』とオーラを出されて、それでもがんばっているんじゃないですか?

 

誰もわかってくれる人がいなくて、自分の方が間違っているのかと悩みながら。

ここで離れてしまったら、人間として逃げてしまうことになるのではないかと考えながら。

 

 

本当に、そこまで合わせてでもいなくちゃいけない場所なんでしょうか?

 

本当に、身も心も削りながらでもいなくちゃいけない場所なんでしょうか?

 

 

なにも今すぐその場所から離れろと言っているわけではありません。

でも、『いつでも離れていいんだ。』ということは覚えておいてください。

そう思っておくだけでも心は随分軽くなると思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

全否定された時の対処法!問題があるのはあなたじゃなく相手。

誰もわかってくれない孤独感!本当は辛いんだと叫びたかった!!

見下してくる嫌な人との関わり方。あなたまで落ちてやる必要はない。

逃げたらダメは間違い!逃げるのは悪いことじゃない!!

比較ばかりされるのはもううんざり。面倒くさいと感じたら。

努力が足りない?頑張っているつもりなのに責められるときは。

認めてもらいたい人に認めてもらえない。承認欲求の制御法。

どうして皆好き勝手言ってくるの?いい加減にして・・・

明日からが憂鬱で仕方ない!サザエさん症候群になったら?

王様と奴隷?わがまますぎる人から離れられないときは?

自分の時間がない子育て。育児ノイローゼになった時は?

子育てって大変ですよね。赤ちゃんの頃はもちろん、ある程度大きくなるまでは本当に大変です。

自分ではなく、子ども中心の生活をしないといけません。

 

赤ちゃんや小さい子どもは一人で生きていくことはできないので、自分と子どもの人生を背負わないといけません。

自分の人生が背負えているときは問題ないと思いますが、自分の人生さえ重くて引きずっている人もいます。

それなのにさらに荷物を背負わないといけません。




一般的にはお母さんが育児ノイローゼになりやすいと言われています。

お父さんより子どもと一緒にいる時間が長く、自分一人の時間を持ちにくいからです。

 

赤ちゃんのうちは本当に子どもから目を離せられません。

少し目を離したすきに命の危険さえあるときもあります。

予想だにしなかったことが起こることもあります。

 

赤ちゃんのことを第一に考えて生きていかないといけません。

 

かわいいと思えているのなら、より充実した生活を自分にもたらしてくれますが、なにかのきっかけでそれが壊れてしまったら大変なんです。

赤ちゃん中心の生活が負担になるんです。

子どもを育てることがあなたの負担になるんです。

 

いわゆる育児ノイローゼですね。

 

 

この育児ノイローゼなんですが、実はすごく大変なんです。

 

しんどいからってやめるわけにはいかないんです。

がんばり続けないといけないんです。

今日の時点でもうヘトヘトなのに、明日も明後日もこの生活を続けないといけないんです。

気に入らない赤ちゃんだからといって『こいつ、いらねー。』と簡単に捨てることはできません。

 

 

ある一定の年齢までは、親は自分の子どもを育てる義務があります。

 

逃げ場がありません。

 

 

やっと寝てくれてほっとひと息つこうとしたら、ギャーギャーギャー泣き出す。

おしっこかなと思ってみても出ていない。ミルクかなと思っても泣き止まない。

あやしてもあやしても泣き止まない。

 

赤ちゃんがまるでモンスターのように見えてしまい、パニックになってしまいます。

思わず、「泣いてないで説明して!」と言いたくなってしまいます。

 

・・・

いや、泣くのが赤ちゃんの意思表示なんですけどね。

 

ただ、こういう思考になってしまうこともあるわけです。

 

 

自分ではもう対応できないから。

 

自分ではやれることはやったのに、それでも泣き止んでくれないから。

 

赤ちゃんが『お母さん、僕の気持ちわかってよ!』、『お父さん、わたしのことちゃんと考えて!』と要求してくるから。

 

「もうやってるだろ!」と言い返したくなります。

 

 

仕事で疲れているからと育児にまったく無関心の夫。

お兄ちゃんなのに全然言うことを聞いてくれずに、問題行動ばかり起こす子ども。

気分転換に遊びに行こうとすると「子どもをほったらかして遊びに行くつもり!?」と怒鳴ってくる親。

 

毎日毎日がんばっているのに、「親なんだからして当たり前。」の一言で終わりねぎらいの言葉もない。

友人に食事に誘われたので行ってもいいか尋ねると「親の義務を放棄するのか!?」と飛躍して捉えられる。

 

 

ほんとね、ノイローゼにもなりますよ。

 

 

『お前らは好き勝手やってるじゃん!?こっちの大変さも知らないくせに!!』と言いたくなりますよね。

 

友人に相談したり、子育てサロンに行くなどの対応もありますが、育児に理解をしてくれる人が周りにいないとそれさえできません。

出かけること一つにしても気を遣い、電話も必要最低限です。

 

周りに頼れなくて一人で抱え込み、心の余裕なんかなくなります。

 

どんどん心が腐っていくのがわかり、周りの能天気さが許せなくなります。

 

 

この環境で子育てをしていくことって、かなり大変です。

あなたの大変さを理解してくれないんですよね。

 

 

子どもがやっと寝静まった頃に帰ってきて、子どもの寝顔を見て幸せそうな顔をする夫。

『こっちがどれだけ大変かも知らないくせに、幸せそうにするな!!』と言いたくなりますよね?

 

弟の子育てだけでも手一杯なのに、やんちゃが過ぎるお兄ちゃん。

『お兄ちゃんでしょ!?どうしてそんなに問題ばかり起こすの!?いい子にしてなさい!!』と言いたくなりますよね。

 

 

『わたしがこんなにつらいのに、どうしてあなたはそんなに幸せそうなの?』

『わたしが困るところを見て喜んでるの?そんなにママのことが嫌いなの?』

 

 

こっちの気持ちを理解してくれないモンスターのように感じてしまいます。

何を考えているのかわからない悪魔のように思ってしまいます。

 

でもね、これってすごく単純なことなんです。

 

 

夫の立場からすると『仕事が大変でもこの寝顔のためならがんばれる。』、『明日からもがんばるぞー!』とエネルギーを充填しているだけなんですよね。

お兄ちゃんの立場からすると『弟のことばかりで、僕のことを全然かまってくれない。』、『ママ、僕をもっと見てよ!!』とお母さんの愛情がほしいだけなんですよね。

 

ただそれだけのことなんです。

 

 

でもこれは、

お母さんが悪いというわけではありません。

 

お母さんはそういったことにも気づけない、あるいは気づいていても対応できないほど、追い込まれていたんです。

 

 

本当は子育てが大変なんだと家族に訴えてみましょう。

それでも聞き入れてくれないのなら、泣きながらでもいいですし、怒りながらでもいいです。

 

本当はつらかったのだと言ってみましょう。

本当は困っているのだと言ってみましょう。

 

わかってほしいのだと伝えてみましょう。

 

 

あなたは今まで我慢して生活をしてきたのではないですか?

あなたがそこまで追い込まれているのなら、改善をしてもらわないといけません。

 

あなたが我慢すればいいという話ではありません。

 

 

 

あなたは責任感が強く、真面目でがんばり屋さんなんだと思います。

 

今までよくがんばってきましたよね。

今もまだ、一人でがんばろうとしていますよね?

 

 

でももう、一人で抱え込みすぎるのはやめにしませんか?

もう限界だと主張する権利があなたにはあると思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。




関連記事:

子育てを全くしない夫。どうして私だけが苦労しなくちゃいけないの!?

誰にも相談できない悩み。一人で抱え込むのは悪いこと?

誰もわかってくれない孤独感!本当は辛いんだと叫びたかった!!

責任感が強いのは長所?責任感が強すぎると短所に変わる。

今すぐできる!ストレスに潰されそうになったときの応急措置!!

一生懸命頑張っているのにどうして!?報われない原因とは?

自分のことしか考えられないのはなぜ?思いやりを持ちたい!!

自分さえ我慢すればうまくいったのに。我慢が足りなかったと後悔する前に。

しんどいなんて言ったらダメだ!もっとがんばらないと!!

こんなに尽くしているのに、私を大切にしてくれない恋人。なぜ?