立ち上がろうとする気力がもてないときは

なにか嫌なことがあってひどく落ち込んでしまう。なにかをしようとする気持ちにもなれない。でもこのままではいけないと焦燥感だけがつのってくる。

・・・なのに動けない。

 

こんな体験はありませんか?




しなくてはいけないと思っていても、行動できなくてモジモジ悩んでしまいます。

そんなときはどうすればいいのでしょうか??

 

 

・・・

なにもしなくていいです。

ゆっくりしましょう。

 

 

なにかしなくてはと焦る気持ちはわかりますが、あなたの心は休みたいと訴えています。いま無理に行動しても余計に心を疲れさせるだけです。

あなたの心は休みたいと思っているのですから、身体を無理に動かしてもあなたが思うような結果にはなりません。中途半端なんです。

 

眠たいのを我慢して勉強してもあまり身につかないでしょう?それよりも眠たいときに寝て、スッキリしてから勉強したほうがはかどるでしょう?そのほうが効率がいいとも言われてますしね。

 

ですから、なにかしようとする気力がないときは、

なにもしないでください。

 

 

ただ、なにもしないと思っていると焦りが出てくると思うので、考え方を少し変えてください。

なにもしないことをがんばってしているんだと思ってください。

 

こじつけですが。

でもこのこじつけをすることが大切なんです。

 

焦るなと言われても焦りますよ。心が弱っていない状態なら思う存分休めると思いますが、心が弱っている状態なら素直に休むことも難しいんですよね。『なにもしていないの休んでばかりなんて…』と休むことに罪悪感を感じてしまいます。

 

休むことも苦痛に感じるのに、なにかしようと行動することもできない。

ただ時間だけが過ぎて焦りだけは積もっていく。

 

こうなってしまうと悪循環なんですよね。

 

 

疲れをとるはずの休むことによって逆に疲れが溜まってしまうなんて、あなたの疲れは溜まってばかりで全然減らないじゃないですか?一日や二日ならまだいいですが、一週間、一か月、一年とこの状態が続いたら大変ですよね?心も身体もヘトヘトになって倒れてしまいますよ?

 

・・・

でもどうすれば罪悪感を感じることもなく、思う存分休めるのでしょうか?

 

行動としてはなにもしていないので休めるはずなんです。だけど、身体に気持ちが追い付いていないから、いくら休んでも休んだ気がしないし、純粋に心から休むこともできなくなっているんです。

この状態をなんとかしないといけません。

 

まず、『休んでばかりで…』と焦燥感を感じている人には、これだけは覚えておいていただきたいのですが、、、

 

「休むことは悪いことじゃない」

 

ということです。

 

 

心の調子が悪いときは、休むことが悪いことのように感じてしまうんですね。…で、その悪いことをしている自分はさらに悪い人間だ!と思い込んでしまいます。ダメな方、ダメな方へと進んでいますよね?このまま進んでしまうと今よりももっとしんどい状態になってしまいます。

 

だからそうなる前に思い出してみてください。昔の自分を。罪悪感を感じることもなく、思う存分休めていた自分を。

 

 

心の調子が悪くないときなら休むことによってモチベーションを回復させたり、気分転換になっていたはずです。『休んでしまった自分はダメなやつだ。』なんてイチイチ考えていなかったでしょう?

そのころの感覚を思い出してください。

そして休むことは悪いことじゃないともう一度思い出してください。

 

大体、休まずにいられる人なんかいないですよ??少しも休まずにいたら死んでしまいますよ?休むことは生きていくうえで絶対に必要なことなんです。人間だけでなくあらゆる生物が休まなければ生きていけません。

 

だから休むことを否定しないでください。

 

 

 

自分は休みすぎているからダメですか?

他の人よりもたくさん休んでいるのに、立ち上がれないからダメですか?

 

でもそれは休みすぎではないと僕は思いますよ。

 

 

だって休みたくないあなたが、
休むことが嫌なあなたが、

それでも休まないといけないほど、
それでも動けないほど、

疲れてしまっているってことですよね?

 

 

疲れているのなら休む。当たり前のことです。

 

だから今は思いっきり休みましょう。

やりたいことをやりましょう。

 

 

休むと遅れてしまいますか?

 

大丈夫です。
しっかり休むことによって、あなたならすごい気力が湧いてくると思います。少しくらいの遅れなんか簡単に取り戻せます。

 

あなたは休まずにがんばってきたのですから、疲れたときぐらいはゆっくりしてもいいじゃないですか。休むことによって『こんなにも疲れてたんだなー。』と自覚できると思います。

巻き返しはその後ですればいいんです。あなたなら簡単です。

 

今までがんばってきたあなたにはすごい力が封印されています。休むことによってその封印を解いていきましょう。きっと今のあなたが思っている以上の力があなたの中に眠っていると思います。

 

気力が湧かないのなら、無理せずになにもしないでいましょう。

気力が湧いてきたときに動けばいいんです。

 

あなたなら休んでも必ず良い結果にできます。無駄な時間だったで終わりません。

未来のあなたを信用して、今は回復に専念してみてはいかがですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

なにもやる気がしないのは

もうダメだ。終わってしまったと思ったら。

心が弱ったときは

休んでも休んでも疲れがとれない。休み下手のあなたに効く裏技。

やることなすこと全部裏目に。あれっ!?どうやって生きていたっけ!?

しんどいなんて言ったらダメだ!もっとがんばらないと!!

限界?それとも甘えているだけ?

燃え尽き症候群とは

やらないといけないのに集中力が全然持続しないのは

闘い続けることに疲れてしまったら