やることなすこと全部裏目に。あれっ!?どうやって生きていたっけ!?

生きるのがすごく難しいと思った経験はありませんか?

こっちがよかれと思ってやったことが相手にとって迷惑であったり、このぐらいやらなくていいだろうと思ってやらなかったことが後から大問題。

甘く考えていたせいで取り返しのつかない事態になってしまうこともあります。

自分の選んだことがすべて不正解のように、全てが悪い方向に流れていく。




まるでなにかに呪われているんじゃないかというほど、試練ばかりが襲い掛かる。

なんとか乗り越えたと思って一休みしようと思ったら、さらに大きな試練がやってくる。

いままでと特に生活を変えたつもりはないのに、外れクジばかり。

 

『運?』

 

『たまたま?』

 

何か悪いことした?

 

底なし沼にはまってしまったかのように動けば動くほど沈んでいく。『なら動かなければいい。』とじっとしていても、お前の選択は間違いだと言わんばかりにどんどん沈んでいく。

 

一体どうしろと??

 

これね、原因がわからないことも多いと思うんです。

『自分の心が弱っているから受け取り方の問題か?』とも思うんですけど、『普通に心が万全の状態であったとしても同じだ。そもそも心の問題じゃない。』と思うこともあります。

 

世界から嫌われてしまったのかと思うほど、次々に試練が襲い掛かり、自分にとってよくないことばかりがおこる。昨日がどん底だと思っていたのに、今日はそれを超えてくる。

原因がわかれば対策も立てられるけど、大事な歯車がどこかに飛んで行ってしまったんじゃないかと思うほど噛み合わず、崩れていく。

『これが原因かも!?』と対策を立て実行するも、それをあざ笑うかのように違う角度から攻めてきます。まるで誰かが「明後日の方の努力ご苦労さん。」と言ってきているよう。

 

「そんなにわたしが嫌いか!!」

と叫びたくなってしまいます。

 

『いままでどうやって生きてこれたんだろう?』と思えてしまうほど、生き方がわからなくなってしまう。

いままで道を歩いてきたと思っていたのに突然なくなり、自分がどこにいるのかわからなくなってしまいます。迷子になってしまいます。

 

どうやって生きていましたっけ?





こうなってしまうとなにもかもに不安になってしまうんですね。テレビのドッキリ番組ではないですけど、次になにが起こるのかビクビクしてしまいます。

 

いままではある程度予想ができていたんです。

自分にとって都合が悪いことが起こりそうだったら、それを回避するように歩いてこれたんです。

段差があるからこのままだとつまづく。『足を高く上げよう。』と調整して生活してきたんです。

 

それが急に真っ暗になってしまうんですね。

なにも見えません。段差がどこにあるのかわかりません。

地面がひび割れているところもわかりません。溝も見えません。

 

目を閉じて何歩か歩いていただいたらわかると思うんですが、なにも見えない状態で歩くことってすごく怖いんですね。

前が見えない不安、障害物がどこにあるのか見えない恐怖、ちゃんと前に進んでいるのかわからない疑心、、、心を容赦なくいじめてきます。

 

 

これの解決方法って至ってシンプルです。

 

『いちいち気にしない。なるようになれ!』です。

 

 

悪いことばかり起こる?

まあ、そういうこともあるんでしょう。

 

いままではうまくいっていたのに・・・

いままでが運がよかっただけでしょう。

 

 

なんか投げやりと思えるかもしれませんが、わりと真面目です。

 

『こんなもんだ。』と思いましょう。

 

 

どうしようもならないこと、世界にはあります。

不条理なこと、世界にはあります。

どうにかしようと思ったって無理なときは無理なんです。

 

そんなもんなんです。

 

 

これにムキになってしまい、『次はなにが起こるんだ!』、『対策をしっかり立てないと!』と考えてしまうと、心がずっと緊張している状態になるんです。

 

 

あなたは外を歩いているとします。

曲がり角があります。その角で誰かが自分を「わっ!!」と驚かそうとしていると考えてしまいます。

犬を散歩している人が向かいから歩いてきます。飼い主のヒモから抜け出し、噛みついてくるんじゃないかと想像してしまいます。

看板の下を歩いています。この瞬間に看板が落ちてくるんじゃないかと上ばかり注視してしまいます。

 

 

結局はこれと同じなんですよね。

上に書いた3つってほとんどが可能性が低いことなんです。でも絶対に起こりえないことでもないんです。

曲がり角を歩く機会も、散歩中の犬とすれ違う機会も、看板の下を通る機会もめちゃくちゃあります。数えきれないんです。

なのに、その一回一回に『もしかしたら』を考えて、頭を使う、身体をこわばらせる。

 

 

めちゃくちゃ効率悪いでしょ?

 

 

石橋を叩いて渡ると言えばまだいいですが、これはあきらかにやりすぎです。

石橋を徹底的に叩いて壊している状態です。

 

余計な力を入れすぎです。

 

一度心の力を抜いてみましょう。

あれこれ考えるのやめてみましょう。

 

悪いことばかり起きて八方塞がり状態になってしまうこと、あります。

未然に防ごうとしても防げません。

 

こういった状態で考えすぎても意味はありません。疲れるだけです。

『運命』なのか『偶然』なのか『バチ』なのかはわかりませんが、

 

なるようにしかなりません。

 

深く考えずに流れに身を任せるのもありだと思いますよ?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):