自分の実力以上の結果を求められたら?死ぬ気で頑張ればいい?

自分の実力以上のものを求められた経験ってありませんか?

あきらかに『こんなものは無理だ!』と思うことを押し付けられてしまったり、『他に適任な人がいるだろ?』と思うことを「やってくれ。」と頼まれたことってありませんか?

 

これって困るんですよね。

 

自分の能力以上のものだから。





ちょっとやそっとがんばったくらいじゃ無理だって自分でわかってるから。

それこそ全力で、他の全ての時間を捨ててでもやらないといけないとわかるから。

 

それでもできる自信がないから。

 

 

相手が期待をしてくれているからなのですが、その期待と能力に大きな差があると問題があります。

相手は『キミならできる!』なんですが、こっちは『わたしには無理です。』なんです。

 

でもね、あなたは「いや、無理。ありえない。そんなのやらない。」とは言いません。

 

だってなんとかしてあげたい相手なんですから。

 

 

親の「お前ならこの大学に合格できる!」という期待に応えてあげたいんです。E判定が出てもそこからがんばります。

上司の「来月からキミがこの部署をまとめてくれ!」という期待に応えてあげたいんです。自分は人の上に立つ器じゃないと思っていてもがんばります。

彼女から「私に見合う男になって!」という期待に応えてあげたいんです。足りない部分が多すぎてもがんばります。

子どもから「運動会で一番になって!」という期待に応えてあげたいんです。運動音痴で普段身体を動かすことをしなくてもがんばります。

 

 

これらの共通していることとして、すぐにはできないことなんですよね。

 

一週間や二週間でなんとかなることじゃないですし、一年や二年、あるいはそれ以上の間がんばらないといけないことなんです。

 

 

でも相手は、そんな数年後に期待なんかしてないわけです。

 

今してほしいわけです。

 

 

5浪してその大学にいってほしいわけじゃないんです。

5年後に安定して部署をまとめられるようになってほしいわけじゃないんです。

5年後に自分と釣り合う男になってほしいわけじゃないんです。

5年後に「お父さん格好いい!」と言いたいわけじゃないんです。

 

数年後じゃダメなんです。

 

今、結果がほしいんです。

 

 

ならどうするか?

 

『そんなの無理。やめた。』と思えるならいいんです。

 

 

だけどあなたは、そうは思えない人なんじゃないですか?

 

 

普通にがんばっても5年かかるなら、もっともっとがんればいい。死ぬ気でがんばればいい。普通にがんばって5年かかるなら、その5倍がんばって1年でたどり着けばいい。

半年で結果を求められるなら、さらにその倍がんばればいい。

 

 

こういう思考じゃないですか?

 

 

まず不可能ですよね。

そんなことできるわけがありません。

誰でもわかることです。

 

 

だけどあなただけがわからない。

 

 

わからないフリをする。

『絶対にできる!』と心と身体を全力で消耗させます。

 

期待に応えてあげたいから。

 

期待に応えなくちゃいけないと思っているから。

 

 

身体と心を壊しながら必死でがんばります。

 

でももちろんそんなことで今すぐできるようにはなりません。

あなたは自分の無力さと、期待に応えられない罪悪感に押し潰されてしまいます。




これね、答えは、

自分の実力以上の期待には応えちゃいけないんです。

 

相手のただの願望であることに気づかないといけないんです。

相手は相手、あなたはあなた、と、境界線をひかないといけないことなんです。

 

 

期待に応えられなかったら失望されますか?

期待に応えられなかったら自分には価値がありませんか?

 

いいんです。

 

期待に応えられなくて失望されても。

期待に応えられなかってもあなたには価値があるんです。

 

 

これね、

期待に応えられなくても相手は離れないといってるんじゃありません。

期待に応えられなかったら離れていく相手はいます。

 

あなたの大切な人もその中に入ってるかもしれません。

 

 

でもね、それでも仕方ないんじゃないですか?

 

そんなことぐらいで離れていく相手なら、これから先も一緒にいたってしんどいだけですよ?

 

 

あなたがもし、逆の立場だったらどうでしょう?

 

相手があなたの期待に応えてくれなかったからといって離れていきますか?

いかいないでしょう?

 

本当に大切な人なら、希望した大学に入ってくれなくても、部署を全然まとめることができなくても、自分に見合った男になってくれなくても、運動会で一番になれなくても、どうでもいいんです。

 

そんなことぐらいで離れないでしょう?

 

 

それで離れていくような相手なら、今回期待に応えられたとしても、いずれはあなたから離れていきます。

悲しいことですが。

あなたが相手のことを大切に思っているほど、相手はあなたのことを大切に思っていないんです。

 

あなたが一生懸命にがんばっているのに「なにをやっているんだ!まだ足りない!もっともっとがんばれ!!」と言ってくる人は、あなたのことが大切じゃないんです。

自分のことが大切なんです。

だからあなたが期待に応えられないと憤ります。見損なったと離れていきます。

 

あなたのことを大切にしてくれる人なら、「無理しなくていいよ。」、「がんばりすぎだよ。」と言ってくれます。

あなたも大切な相手にはそう言いますよね。

 

もしあなたの環境でそう言ってくれる人がいないのなら、あなたのがんばりを知っているうえでさらに結果を求めてくるのなら、その人はあなたのことが大切じゃないんです。

自分の期待に応えてくれるあなたが必要であって、自分の期待に応えてくれないあなたのことなんかどうでもいいんです。

 

そんな判断をしてくる人なんです。

そんな判断をする人のためにあなたが壊れる必要がありますか?

 

自分のできる範囲で応えていきましょう。

 

実力以上のものを出す必要はありません。

 

 

現時点でもあなたは実力以上のものを出しているはずです。

 

だからこんなに追いつめられているんです。

 

優しくて責任感が強いあなた、もう少し自分中心の思考になってもいいのではないですか?

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):