心が疲れたら生きるだけで精一杯!もう頑張れないのに・・・

心が疲れたときって大変ですよね。

元気なときと同じことをするだけでもものすごく気力を振り絞らないといけないし、やった後の疲労も何倍にも感じます。

ただ生きているだけで気力と体力を激しく消耗してしまいます。

他の人にはわからないくらい、見た目では想像もできないほど、疲弊しています。

 

心が疲れてしまうのは、がんばりすぎてしまう人に多いです。

 

自分が無理をしているから、疲れてしまうんです。

無理をしても続けているから、疲れ果ててしまうんです。

 

 

がんばり屋さんに多いんです。




がんばり屋さんなので、なかなか疲れたとは言えません。

 

『疲れていてもがんばらないと!』、『自分がしないと!』思考の人が多いので、なかなか周囲に疲れているアピールができません。また、がんばってやっているうちに責任感のある人というイメージができあがってしまい、どんどん仕事や頼みごとを押しつけられます。

 

これがいきすぎると便利屋さんになってしまいます。

 

やっているうちから新たにやらないといけないことがどんどんと増えていきます。順番にこなしているのに量は減ることがなく、たまっていくばかりです。やってもやっても減らない、増えていく量を見て精神的にますます疲労していきます。

 

それでも

「もう無理!!」、「限界!!」、「自分でやれ!!」

って言葉が出てこないんです。

 

 

『自分ががんばらないと!』と思っているので、そんな言葉を吐くのはダメなこと、恥だと思っています。

だから、

限界になっても弱音は吐きません。

限界近くになってもがんばることをやめません。

 

がんばるのをやめるときは限界を完全に超えて、動けなくなってしまったときだけです。

 

燃え尽きてしまったときだけです。

 

 

その燃え尽きたときでさえ、『何をやっているんだ!がんばらないといけないだろ!』と自分を責めます。

自分いじめが趣味状態ですね。

 

そんながんばり屋さんのあなたですから、一人で抱え込み弱音を吐きません。

 

だから周りも気づかないんです。

あなたががんばっていることを。

 

あなたは平常な状態だと誤解しています。

だから言ってくることがあります。

 

 

「もっとがんばれ!!」

 

これ、うんざりしますよね。




最近はがんばっている人にはがんばれは禁句だという認識も広がりましたが、それを理解していない人も多いです。

うつ病の人に「がんばれ!!」
震災があった直後の人に「がんばれ!!」
大きな挫折をして立ち直れていない人に「がんばれ!!」

 

 

いやいや、

 

 

既にもう十分がんばっているんですよ。

 

 

こんなことを言ったら『もうがんばってるんだよ!!』、『無責任なこと言うな!!』、『まだがんばらないといけないのか?もう死のう。』ってことになりかねません。

 

ただの励ましだと主張する人もいますが、違います。

普通の状態の人ならがんばれは励ましの言葉になります。『自分のことをよく見てくれている!』と思い、うれしくもなります。力が湧いてきます。

ですが、、、

 

もう既に精一杯がんばっている人にがんばれは『お前はもっとがんばれる!まだまだがんばりが足りない!』と指摘していることになるんです。

 

がんばって苦しんでいる人にがんばれは、励ましの言葉ではなく呪いの言葉です。

 

実際に自分がその立場になってみないとわからないものなんですよね。他人事では無責任なこと言えるんですよ。

逆の立場になってみて初めて、自分がいかに酷いことを言ってきたかがわかるんです。

 

そのことを経験せず、一生理解することなく人生を終える人もたくさんいます。(僕も元々はそっち側の人間でした。)

あなたにもっとがんばれと言ってくる人は、あなたが隠すのがうまくてあなたの大変さが伝わっていない人か、そこまで追い込まれた経験のない人です。

 

 

根性論なんか、もう既に実行した後なんですよね。

 

 

『根性さえあればなんとかなる!』でなんとかできたら、すごく幸せなことですよね?

根性を出しきって、それこそ血反吐を吐いているのにどうにもならないんですよね?

 

なのに、まだ、そんな「がんばれ!」という言葉に振り回されています。

他人の無責任な言葉に悩まされています。

 

 

あなたががんばって苦しんでいるときにさらに「がんばれ!!」は『もっともっと苦しめ!』と言ってくるのと同じことなんです。

 

 

もう、周りに振り回されるのはやめにしませんか?

 

 

もう、自分に許可を出してもいいのではないですか?

 

 

あなたはもう、十分がんばったでしょう?

 

 

だから心が疲れてしまったのに、その事実さえ否定しなくてもいいじゃないですか?

 

心が疲れてしまったことを認めてあげましょう。

 

 

生きているだけで精一杯ですよね。

 

もうがんばることなんてできないですよね。

 

『それでもいいんだ!』と許してあげましょう。

 

 

がんばることができないときは、がんばらなくていいんです。

 

無理をしてまでがんばらなくていいんです。

がんばれるときは、無理をしなくても自然にがんばれます。

 

というかあなたは、

 

今の生活を続けることだけで精一杯がんばっているんです。

 

他のことに割く余裕がないだけです。

 

 

生きているだけで精一杯になってしまうことはあります。

毎日生きているだけで気力と精神力が消耗してしまうこともあります。

 

 

あなたはダメな人間でも弱い人間でもありません。

 

生きているだけでしんどくなってしまったのは、

 

あなたがそれだけ真剣に人生を生きてきたからです。

 

 

そのことをほんの少しでもいいので、あなた自身が思えるようになってください。

急には難しいと思いますが、自分にもう少し優しくなれたらいいですね。

 

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。

 

関連記事(一部広告):