新生活が不安なのはなぜ?悪いことが待っている?

4月になると新生活になる人も多いのではないでしょうか?

転勤族で転勤を繰り返していたら不安も少ないと思いますが、新しい生活につく習慣がない人や、初めて地元を離れたりする人にとっては今は大変な時期ですね。




『どんないいことがあるだろう!』、『新しい生活をがんばるぞ!』と期待に満ち、やる気満々の人もいると思います。

逆に、『今までの場所がよかったのに…』、『また一からやらないといけないのか。』と不満や不安を抱く人もいるでしょう。

 

新生活・・・良いことばかり起きればいいんですけどね、残念ながら良いことばかりは難しいでしょう。あなたにとって悪いことや納得いかないこと、思い通りにいかないことも待っていると思います。

 

でも、それを今考えても仕方ないでしょう?まだそんな状況になっていないのだから。『もしかしたらそうなるかも・・・』と仮定、イフの話をしたって仕方ないんです。今はまだあなたの妄想にすぎません。

ここで悪い妄想ばかり浮かんでしまうと、新生活への不安や恐怖が倍増します。『うまくやっていけるだろうか?』、『次にいく場所はどんなところなのだろうか?』とか『怖い人はいないかな?』、『予想していたところと全然違うところだったらどうしよう。』と色々なこと考えるようになってしまいます。

 

でもね、これ、はっきり言って時間の無駄なんです。全部あなたの妄想でしかないから。あなたは答えを知らないから。いくらあれこれ悩んでも全くの無駄な時間で終わってしまいます。

ある程度は想定しておくことも必要だと思うんです。これからのことで起きそうなことの可能性を検討しておくことは。そうすることによって、その事態に直面したときの焦りは少なくなります。

 

ですが、必要以上に起こりうる可能性を考えること、妄想レベルまでいってしまうことはあなたに良い影響を与えません。妄想レベルまでいくと良いことはもちろん、悪いこともたくさん想像してしまいます。

悪い想像をたくさんしてしまうと、動くことができなくなります。想像に現実が侵食されるとでも言うのでしょうか、悪い想像ばかりしてしまうと足がすくんでしまうんですね。現実にはまだ起こっていないのに。単なる妄想にすぎないのに。

 

・・・

どうせなら良い方向に考えませんか?

今の時点では良くなるか、悪くなるかなんてわからないんです。やってみないとわからないけど、今の時点ではやることができない。

 

それなのに悪い想像ばかりして『怖い』、『嫌だ』と思っていてもどうしようもありません。そんな考えで身動きがとれなくなってしまうのならいっそ、自分に良い想像ばかりしてみませんか?

 

『新しい生活はきっとうまくいく。』

『運命の出会いが待っているかも。』

『そこで皆から好かれる人気者になれる。』

などなど、自分の都合のいいことだけ想像してみませんか?

 

不安をごまかすためのものですが、良いことも悪いこともどちらが起きるかわからないんです。なら、楽しいほうに考えたほうが得でしょ?

 

 

今までの生活と一転する人もいると思います。初めて一人暮らしをするという人も多くいるでしょう。『ちゃんとできるかなー』という不安があるのは仕方ないことです。

だって、一度もやったことがないのだから。初めてのことに挑戦するときできるかどうか不安になるのは当たり前です。今までは家族がしていてくれたことも自分一人でしなくてはいけません。今まではあなたがしなかったことを家族がサポートしてくれていましたが、これからはあなたがしないといけません。あなたがしないと誰もしてはくれません。

 

新しい生活になるということは覚えないといけないことがたくさんあります。今までの常識では通じないことも多いでしょう。知らないことを覚えていくこと、新しい環境に適応していくことはとても疲れます。

もちろん、環境に適応するのが速い人、遅い人と個人差はありますが、新しい生活に慣れるまでは大変なことに変わりありません。今の自分ではできないことを一つ一つ学習していかないと疲れは溜まる一方です。

 

ある程度、今までの経験を生かせるのならいいのですが、全く畑違いの分野の場合は覚えるのは本当に大変です。『周りは適応しているのに自分だけが適応していない。』と感じることもあるかもしれません。同じ場所を走っているのに自分だけ周回遅れとでも言いましょうか、自分だけ一人取り残されたと感じることもあるかもしれません。

そこで焦りが生じてしまうんですね。『早く追い付かなきゃ!』と。でもね、あなたは怠けていたわけでもないんです。気持ちの持ちようだけでなく、実際の技術や技能の問題でもあります。それがすぐに周りと同じようにできることはありません。やってきた人とやってこなかった人との差は1か月や2か月で埋まる差ではありません。

 

でも、永遠にその差が埋まらないということはありません。あきらめずに続けていたらできるようになります。他の人にできてあなたにだけできないというこは少ないはずです。ただ、できるようになる前にあきらめてしまうこともあります。それほどできないことをできるようになることは難しいことなんですね。

 

でもそれができるようになったとき、今のあなたではできなかったことが一つできるようになったということです。今のあなたより成長したあなたになれるということです。

新生活を怖いと思うよりも、新たに挑戦する機会を与えられたと捉え、ワクワクした気持ちで臨みたいものですね。

 

心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。





 

関連記事:

思っていた仕事じゃなかった。自分には合わない。辞めたい。

敷かれたレールの上しか歩くことができない臆病な自分は

仕事を辞めたいのに

幸せになりたいのに

卒業を寂しいと感じるのは

全然言うことを聞かない部下、使えない部下への指導法

当たり前の生活が一変。障害を受け入れる過程。

報われないのは期待しすぎているから?報われないと嘆く前に・・・

変わりたいのに変われないのは

恐怖政治の会社。威張り散らしてくる上司への接し方。